「さざえ堂」見どころは?福島の会津にある不思議な二重螺旋構造の建築を体験!

2017年10月10日 (2019年9月12日最終更新)

自然が形成する不思議な形に感嘆の声をもらすこともありますが、人間は時としてとてもおもしろい建築物を作ることもあります。福島の会津にある二重螺旋構造で知られる「さざえ堂」もその一つです。不思議な建築物「さざえ堂」の魅力についてのまとめ情報です。

目次

  1. 福島にある二重螺旋構造のさざえ堂
  2. さざえ堂へのアクセス方法
  3. さざえ堂の拝観料金や時間などについて
  4. 不思議な建築物さざえ堂とは?
  5. さざえ堂の前に存在した二重螺旋構造
  6. 建立された当時のさざえ堂
  7. さざえ堂に行ったら行きたい場所
  8. さざえ堂のある飯盛山の密かな人気スポット
  9. さざえ堂拝観の際におすすめのグルメ
  10. 会津若松に行ったらさざえ堂もチェック!

福島にある二重螺旋構造のさざえ堂

14590865 1693687270856220 1739737513255239680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
86moquette

福島県会津若松市には「さざえ堂」という二重螺旋構造で有名な仏堂があります。正式名称は「円通三匝堂」(えんつうさんそうどう)ですが、そのユニークな螺旋構造や概観がサザエに似ているということからそういった建物はよく通称で「さざえ堂」と呼ばれているそうです。「さざえ堂」についてチェックしていきましょう。

Original会津若松のグルメおすすめ特集!人気の名物やB級グルメも美味しい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
会津若松は福島県の会津地方にある中心都市で、色々な名物があることでも知られています。最近では...

さざえ堂へのアクセス方法

さざえ堂の所在地は福島県会津若松市一箕町八幡弁天下1404で、白虎隊の墓所のある飯盛山の中腹になります。公共交通機関でのアクセスの場合、まちなか周遊バスあかべぇを利用して「飯森下」で下車徒歩5分のところにあります。自動車の場合は会津若松インターチェンジより約15分となってります。

さざえ堂の拝観料金や時間などについて

さざえ堂は年中無休で、現在の拝観料金は大人400円、高校生300円、小中学生200円となっております。また学校の修学旅行で拝観する場合は特別料金の設定があるとのことです。拝観時間は季節によって変わり、4月から12月は朝8時15分から日没、1月から3月は朝9時から夕方4時までで、詳細はウェブサイトを参照してください。

バスを利用する方は、さざえ堂を含む会津若松の人気スポットの入場券がセットになったまちなか周遊バス一日フリー乗車券の利用がお徳です。また一日フリー乗車券は他にも特典がついており、特定の観光施設が入場割引、若松駅前のカフェでドリンクが2割引になったりします。フリー乗車券は会津バス若松駅前案内所などで販売しています。

不思議な建築物さざえ堂とは?

福島県会津若松市の飯盛山に1796年建立されたさざえ堂は、高さは16.5メートルで一辺が3.4メートルの六角形の三層構造になっている建築物です。その見所はやはり二重螺旋のスロープが内部に用いられた建築物だということです。この不思議な建築物は外観もどこが一つの層なのかわかりにくいのもさることながら、驚かされるのはその内部です。

14723480 1243645942365738 6774169126744096768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
skunk103

めずらしい建築物を拝観せずに記念写真だけ撮って去られる方もいらっしゃるそうですが、内部の二重螺旋を体験してこそのさざえ堂です。さざえ堂は世界で唯一上りもも下りも階段がない、一度通ったところは二度通らないというのが特徴だそうです。しかも由緒あるお寺は靴を脱ぐのが基本ですが、こちらは土足のまま行けてしまうという気軽さです。

中に入ると驚かされるのは外が見えること、ここはお堂だというのを忘れて何かの展望台かと錯覚してしまいます。そして階段ではなくスロープになっているため油断しようものならふらふらとしてしまいます。歩きやすいような歩きにくいような、なんだか複雑な気分になってきます。勿論降りてくる人にはその二重螺旋構造により全く出会いません。

さざえ堂の前に存在した二重螺旋構造

18444038 211110032728826 3736919107149234176 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
luigi_0516

メディアで取り上げられたりすると必ずといっていいほど出てくるのがレオナルド・ダビンチの存在です。建立された1796年以前に二重螺旋階段の設計がレオナルド・ダビンチによって存在していたということ。そしてそのダビンチの設計が蘭書によって日本に伝わったということなのです。しかしこのことは物証もないため定かではないとのことです。

22278175 1862684274046218 3725508517210095616 n
camera1128

さてそのダビンチの二重螺旋が存在するというのがこちらフランスのシャンボール城です。フランス王フランソワ1世のために建てられたシャンボール城の設計は、ダビンチ自身がしたものではないのですが、ダビンチはフランソワ王の客人であり、ダビンチの死後の1519年からの建設期間中にダビンチの設計のアイデアを取り入れて建設したといわれています。

18382429 1584431051591216 7789550930831081472 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
miyumiyu1231

ダビンチの二重螺旋階段の設計が、時と場所を超え会津のさざえ堂に取り入れられたかどうかの真偽はわかりませんが、シャンポール城の二重螺旋階段は今でもこの城の見どころとなっており、その不思議な構造で世界中からの観光客を魅了しています。フランスに行く機会があればさざえ堂と比べてみるのもいいでしょう。

建立された当時のさざえ堂

22070047 142609573019318 3423195042079047680 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tamapiyo0829

今でも現存する不思議な建物のさざえ堂は、昔は現在のその景色が見られたり、降りてくる人と出会わない、階段がないという見どころ以外に、もとは庶民のためのお参りの場所だったそうです。今でこそバスや電車が発達して多くの人が見どころ満載のお参りを楽しむことが出来るようになりましたが、昔の庶民にとってはとても困難なことでした。

11190099 586942328113480 200583505 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
suzunashiro

当時の飯盛山には正宗寺というお寺があり、そちらの住職僧郁堂のアイデアによりそんな庶民の願いを解決するべく建立されたとのことです。そのため建立当時の庶民にとっての一番の見どころは安置された西国三十三観音像だったそうです。参拝者がこのお堂をお参りするとなんと一箇所で33箇所のお参りが出来てしまうという画期的な場所でもありました。

さざえ堂に行ったら行きたい場所

13694746 1615205008791738 632234953 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tadashitakakusagi

さざえ堂にまで行ったら是非立ち寄りたいの近くにあるさざえ堂近くの売店です。こちらでは代々墓守をしてきた家の方が経営する売店があり、そちらで「会津白虎士魂ここに眠る 忠烈 白虎隊」のという御朱印が頂けます。見どころ万歳の史跡を周りつつこういった御朱印を頂くのもなんだか目的が出来て楽しいものです。

14712328 1575937199089300 3851246549543682048 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
210yellow

ただ年中無休のさざえ堂ですが、墓守の方がご不在のためこんなこともあるようです。そういう時は残念ですがそのほかの見どころのある場所に立ち寄り、別の種類の白虎隊の御朱印を頂きます。墓守の方による白虎隊の御朱印を含めると、エスカレーター横の売店や宇賀神堂裏の売店で御朱印三種類が飯盛山ではいただけるそうです。

さざえ堂のある飯盛山の密かな人気スポット

11809823 1516359321989208 846750294 n
ayaccooooo

飯盛山の見どころはさざえ堂を始め、白虎隊十九士の墓などたくさんありますが、ちょっとマニアに受けている隠れスポットがあります。それは山の中腹にある宇賀神堂のおみくじです。巫女様のからくりが運んでくれる昭和の頃ゲームセンターにあったようなおみくじの機械なのですが、かなりレトロだとマニアから評判のおみくじだそうです。

そしてそのおみくじにある注意書きがまた笑いを誘います。「巫女様ご高齢につき、おみくじを運びきれない場合がございます。」とあるので利用するときちんと運んでくれるかどうかなんだか変に緊張してしまいます。昭和生まれの方にはなつかしいおみくじ、平成生まれの方に見たこともないけどレトロでかわいいと評判のようです。

さざえ堂拝観の際におすすめのグルメ

14677231 1850688495150032 847118583296163840 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
skunk103

エレベーターを使えば楽な石段ですが、やはり観光は歩きまわることが多いので疲れることは勿論お腹も空きます。そんなときに楽しみなのがやはり地方で味わえるグルメです。会津若松といえばソースカツ丼が有名ですが、それ以外にも飯盛山に来たときにも食べたい会津若松グルメを少し紹介します。

A3f6a17fb3c507a19bbc84522fa9d0d4 s会津若松ソースカツ丼ランキング!おすすめ店で美味しい名物を味わおう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
会津若松のソウルフードともいえるソースカツ丼。会津若松には伝統ソースカツ丼の会まであり、会津...

あわまんじゅう

13166890 1103778529682633 718775534 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
aya_2201

2度と災難に「アワ」ないようにと作られた饅頭だそうで、主原料はもち米とあわです。出来立てはその食感に癒されるほどふわふわで、やさしい甘さのあんこが中に入っています、そしてかむとあわのプチプチ感がありリピーター多いお菓子だそうです。作り方は今もおちょこにいれて作るのでちょうどいい大きさのお饅頭です。

732aa7d0626c439449ed863f241bdb61 m会津若松観光のおすすめスポットは?名物グルメやお土産も紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
会津若松といえば戊辰戦争と会津藩の白虎隊のイメージが強いですが、実際に調べてみると"こんなに...

馬旨丼

13129273 1087898314603100 1319040649 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
naoko_iimori

飯盛山の中腹にある飯森分店のお食事どころで食べれる「馬旨丼」(うまうまどん)です。一見見た目は牛丼にも見えますが、会津産の馬肉を柔らかく煮込んで味噌仕立てで仕上げてあります。馬肉が名物の会津若松にピッタリのこちらのグルメは、山歩きの後には体力回復に最適のがっつり美味しい丼です。

Fa70f4393695298a9cac7ef16259a1be s会津若松のおすすめランチ特集!バイキングからおしゃれランチまで! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福島県の中でも、有数の観光地の会津若松市。一年を通して数多くの観光客が訪れる会津若松市には、...

会津若松に行ったらさざえ堂もチェック!

今度の旅行は福島県の会津若松市でいかがでしょうか?福島県会津若松市は今回ご紹介したさざえ堂のほかにも歴史好きにはたまらない観光名所の宝庫です。さざえ堂の不思議な構造をじっくり観察するのもよし、各地の残る史跡を散策して歴史を感じるのもよしです。福島県会津若松市であなただけの楽しみ方がみつかりますように。

002会津若松城「鶴ヶ城」で歴史を学びながら観光しよう!白虎隊の物語とは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
福島県の会津若松にある城が「会津若松城」です。「鶴ヶ城」と呼ばれ親しまれている城です。会津若...

関連記事

1184.thumb
この記事のライター
mikiwild
おいしいものにたくさんめぐりあえますように。

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

会津・奥会津の新着のまとめ