コナコーヒーバターがハワイのお土産で人気沸騰中!おすすめの使い方は?

2017年10月16日 (2017年10月22日最終更新)

あの、ハワイコナ地方を産地とする有名ブランドのコナコーヒーがブレンドされたコナコーヒーバターをご存知でしょうか。コーヒー好きにはたまらないコナコーヒーがバターに入っている、と聞くだけで興味が湧くことでしょう。興味津々のコナコーヒーバターを探求しましょう。

目次

  1. ハワイのお土産コナコーヒーバターを知ろう!
  2. コナコーヒーバターの原料のコナコーヒーって?
  3. コナコーヒーの産地はハワイのどこ?
  4. コナコーヒーブランドについて
  5. これがコナコーヒーバター
  6. コナコーヒーバターを食べてみる
  7. ハワイのコナコーヒー農場
  8. コナコーヒーバターはハワイのお土産に最適
  9. コナコーヒーバターが買えるのはハワイのみ?
  10. コナコーヒーバターはコーヒー好きを惹きつける

ハワイのお土産コナコーヒーバターを知ろう!

@hawaaii_08_kanaさんの投稿
18251362 100319697208658 8314823541346271232 n

ハワイのコナコーヒーはコーヒー通でなくても知っている高級コーヒーの銘柄ですね。その知名度を生かしてコナコーヒー100%で製造されたものがコナコーヒーバターです。現在ハワイで人気沸騰中で、ハワイ観光のお土産ランキングで№1になっています。意外とさっぱりしているという風味や価格、取扱店など人気の元を探ってみましょう。

コナコーヒーバターの原料のコナコーヒーって?

@ucchiemamaさんの投稿
22429962 283667018791187 6741431511624450048 n

ホワイトハウスの晩餐会で出されたことでも知られている最高級のコナコーヒー。値段は少々高めですが、そのまろやかで優雅な味わいの人気は不動です。ジャマイカのブルーマウンテンと双璧と言われますが、コナコーヒーの生産量が世界のコーヒー生産量に占める比率はたったの1%以下だと言われています。値段には代えられませんね。

コナコーヒーの産地はハワイのどこ?

アメリカ合衆国ハワイ州ハワイ島のコナで栽培されているコーヒーを総称してコナコーヒーと呼んでいます。アメリカ合衆国ではコーヒーの生産事業を展開しているのはハワイ州だけのため、コナコーヒーの農場があるハワイ島西海岸には多くの観光客が訪れます。また、ホワイトハウスの晩餐会では必ずコナコーヒーが提供されています。

コナコーヒーの生産地はなぜハワイ島なの?

@mira_hawaii_loveさんの投稿
22426906 124650684865315 6634250581277933568 n

ハワイでのコーヒー栽培は、1817年にスペイン人によってカウアイ島に移植されたのが始まりとされています。1825年にマノアで、1828年にコナでも栽培が始まりましたが、天災害や害虫による被害などによって次第に衰退し、コーヒーの栽培に気候風土が最も適していたコナ地方に農園が集中して根付いて発展していきました。

コナコーヒーベルトと呼ばれるコナの生産地

@chi.ha.runrunrunさんの投稿
16790387 204709286672591 8530021593517129728 n

コーヒーベルトと言われるのは、ハワイ島のマウナロア山とフアラライ山にかけての海抜600m以上の地域に広がっている帯状の地域で、コーヒーの木の生育に必要な栄養条件や環境が全てそろっています。また通常コーヒー豆は機械で収穫されますが、コナコーヒーの場合は栽培から収穫まで一貫して手作業で完熟の果実のみ収獲しています。

コナコーヒーブランドについて

@kazhalugotoさんの投稿
22426786 521376781540801 843088134445989888 n

コナコーヒーの定義ってあるんでしょうか。コナコーヒーと呼べるのは100%コナ地方で生産されたコーヒーのみがコナ製品とされます。それ以外ではコーヒー製品で10%以上のコナがブレンドされている場合にコナコーヒー・ブレンドと明記されるようです。安価なコナコーヒーは10%のコナと他のコーヒーのブレンドということですね。

8dd7c9ffc78f3423355b7f77820ed35a sハワイのコナコーヒーはお土産の定番におすすめ!種類や銘柄も豊富!

これがコナコーヒーバター

コナコーヒーバターって、あまり馴染みがないという方もいるかもしれません。コナコーヒーバターというのは100%コナコーヒーを使って生成されたバターのことを言います。最初はファーマーズ・マーケットから始まったということですが、瞬く間にハワイでの取扱店舗が増えて、日本人観光客にも人気沸騰中のおすすめのお土産です。

そもそもコーヒーバターってどこから?

@marinka_1207さんの投稿
19764392 323640561426167 3587303642220199936 n

当初ハイアットリージェンシーのファーマーズマーケットで、コナコーヒー100%にクリームと少量の塩と砂糖だけで作られたのがスタートらしいです。しかし、カフェラテを食べているようなマイルドでさっぱりとした味が受けて、瞬く間にハワイを席巻しました。そして、2016年のハワイ土産ランキングで1位のおすすめ商品になりました。

コナコーヒーバターの値段は?

@ur48さんの投稿
14564989 270705983323644 5377634775005659136 n

コナコーヒーバターの値段は5oz入りの容器のものが1個9.99$で、おすすめの値段として4個パックされているのが36.99$です。原材料は100%コナコーヒー、クリーム、塩、砂糖です。原産地はハワイ。すべてハワイの現地で生育したコーヒー豆を使用して製造も現地ですから安心ですね。冷蔵庫保存で6か月間はおいしく食べられるそうです。

コナコーヒーバターの使い方

コナコーヒーバターの使い方は単に食パンやベーグルにぬる食べ方ばかりではないようです。他の使い方として、普通のコーヒーにちょっと入れるとカフェラテのようなバター珈琲になりますし、ステーキを焼いた時のソースの中に隠し味として入れるとコクが出るのでおすすめです。パスタもいいですね。いろんな使い方を試してみましょう。

コナコーヒーバターを食べてみる

使い方は、食べる5分から6分くらい前に冷蔵庫から出しておくと柔らかくなり、ぬり易くて美味しくいただけます。食べた方は、普通のバターよりあっさりとしていておいしい、という感想が多いようです。ちょっぴり甘さもあってカフェオレのような味とホイップクリームのような食感なので、工夫次第でいろんな使い方ができそうです。

ハワイのコナコーヒー農場

@akachero48さんの投稿
21147594 285899301890365 1583284146858360832 n

ハワイ島には大小合わせると400に及ぶコーヒー農園があるようです。一言でコナコーヒーと言っても400に及ぶ農園から収穫されたコーヒー豆の総計であるわけですね。純正のコナコーヒーはアラビカ種の在来種であるティピカ種で、特徴のある酸味に柔らかな苦みが加わり、甘い香りと豊かなコクも更においしさをグレードアップしています。

ハワイのコナコーヒーの木

@808mountainさんの投稿
22500620 318282008581414 8021557595212873728 n

コナコーヒーの木はアラビカ種の在来種であるティピカ種である、というふうに上述しましたが、在来種のティピカ種は中南米に移植されたアラビカ種が起源で、香りが強くて上品な酸味と甘味を持っています。しかし、その年によって収穫量は安定せず病虫害にも弱いとされています。そのため近年は高級品向けとしての栽培になっています。

ハワイのコナコーヒーの花

春になるとコナ地区のコーヒーベルト一帯は一面が白いコーヒーの花で覆われてとても美しい景色になります。その情景がコーヒーの枝に雪が積もっているように見えることから地元の人々は「Kona Snow(コナの雪)」と呼び親しんでいます。早春から5月くらいまでの期間です。香り高いコナコーヒーを実らせる花は甘酸っぱい香りがします。

ハワイのコナコーヒーの花の副産物はちみつ

@sweets_salon_priereさんの投稿
17587484 1306418362739215 2988962548394491904 n

コーヒースノーと呼ばれる白い可憐な花は、美しいばかりでなく貴重な副産物をももたらしてくれます。それはコーヒーはちみつです。白いコーヒーの花はとても香りがよく美しいのですが、花が咲いている期間が短いのでミツバチによるはちみつの生成も短い期間になってしまいます。そのため、採集したはちみつもとても貴重な品ですね。

コナコーヒーバターはハワイのお土産に最適

@alohastreetcom_hawaiiさんの投稿
22500491 298918247270897 2297468862368579584 n

ハワイのお土産といえばマカダミアナッツのチョコ、という定説を覆すように登場したのがコナコーヒーバターですね。多めに買い込んでも荷物としてかさばらないですし、賞味期限も6か月(22度以下)という長い期間設定になっているので、慌てて周囲に配らなくては、という心配もなく、帰りの飛行機でもスーツケースに入れて持ち帰れます。

OriginalABCストアはハワイのコンビニ!店舗や営業時間は?お土産も買えて便利!

コナコーヒーバターが買えるのはハワイのみ?

コナコーヒーバターの販売はハワイ限定になっているようです。ですからハワイ観光の際にお土産に買って帰ってご親戚やご近所、お友達などに差しあげると喜ばれると思いますのでおすすめします。日本で買えそうな通販関係サイトにもコナコーヒーバターの商品は紹介されていないようです。たまにあっても驚くような値段だったりします。

コナコーヒーバターが買えるショップその1

@hawaii_an_helloさんの投稿
17332865 1865984866951252 3785456313517998080 n

コナコーヒーバターの人気が沸騰した現在では多くのショップで適正の値段で販売されています。以下に5軒紹介しておきます。1. ファーマーズ・マーケット(ワイキキビーチウォーク) 2. ファーマーズ・マーケット(ハイアット・リージェンシー) 3. ニーマン・マーカス 4. Island Vintage Coffee 5. Coffee Bean & Tea Leaf。

コナコーヒーバターが買えるショップその2

@kt20131222さんの投稿
18580904 815075005318128 1069220722380898304 n

コナコーヒーバターの買えるハワイのショップその2として5軒を紹介します。6. ABS Stores 7.コナ・マウンテン・コーヒー店 8. JTB Oli Oli ステーション 9. JTBトラベル・プラザ 10. ライオンコーヒー本店 11. 居酒屋「たこの木」 12. ハワイのコンビニ(ローソン)シェラトン・ワイキキ・ホテル内。以上10軒を紹介しました。

コナコーヒーバターはコーヒー好きを惹きつける

@kimsooja_soojaさんの投稿
19984575 281917265615413 2885481603524460544 n

コナコーヒーは従来から入手しにくい高級品として知られ、コーヒー通の間で人気の品でした。しかし、ここへ来て昨年あたりからコナコーヒーバターの人気が沸騰して、ハワイ観光のおすすめ品第1位に躍り出ました。値段もそれなりで使い方も簡単ということもあって、この人気は簡単に衰えそうもありません。ハワイ観光の折には手に取って見られたらいかがでしょう。

関連記事

関連するキーワード

ハワイの人気ランキング

ハワイの新着のまとめ

© 2017 TravelNote