デュークスワイキキは朝食・ランチビュッフェが人気!夜メニューもご紹介!

2017年10月18日 (2017年10月27日最終更新)

「デューク・カハナモク」は伝説のサーファーで、オリンピックで金メダルを3個取っている水泳選手でもあります。デュークスワイキキの店名はその名前が由来です。店内には彼の写真などがが飾られています。サーファーにとって、デュークスワイキキは特別な店となっています。

目次

  1. ハワイといえばワイキキ!といえば「デュークスワイキキ」
  2. 「デュークスワイキキ」でのんびりと朝食・ランチビュッフェを
  3. バラエティ豊かなメニューが人気の「デュークスワイキキ」
  4. ワイキキビーチはプライベートビーチ「デュークスワイキキ」
  5. 「デュークスワイキキ」ビュッフェ朝食
  6. 「デュークスワイキキ」のランチビュッフェ
  7. 「デュークスワイキキ」のディナー
  8. 「デュークスワイキキ」のデザートも最高
  9. 「デュークスワイキキ」バーのカクテルも最高
  10. 「ハッピーアワー」を楽しみましょう
  11. 朝も昼も夜も「デュークスワイキキ」

ハワイといえばワイキキ!といえば「デュークスワイキキ」

ハワイに来て最初にワイキキの浜辺やカラカウア通りを散歩する人も多いのではないでしょうか。きれいな空と海、明るくて爽やかな海風は、気持ちがいいです。そのワイキキ・ビーチの中心にある、デュークスワイキキレストランを紹介します。

Original朝日グリル!ハワイのローカルフード・オックステールスープを食べるならここ!
Originalニーマンマーカスでハワイのお土産を買おう!おすすめの限定品は何?

「デュークスワイキキ」でのんびりと朝食・ランチビュッフェを

ワイキキの浜辺はKuhio Beach Hula Mounを中心に西側をワイキキ・ビーチ、東側はクヒオ・ビーチと呼び名が分かれています。デュークスワイキキはワイキキ・ビーチをプライベートビーチのようなところにあるアウトリガーワイキキビーチリゾートの1階にあります。店の中はサーフィンに関する写真が多く、サーファーにとっては特に楽しい場所です。

@dukeswaikikiさんの投稿
20986627 336016453492585 6961929789661773824 n

植物アレルギーの原因とされるタンパク質のグルテンについては、グルテンフリーの材料を使用しています。食中毒に対しても十分な注意をしており、熱を加える料理にはしっかり加熱しています。ちなみに日本では小麦の食品表示義務はありますがグルテンの法的な表示義務はありません。

バラエティ豊かなメニューが人気の「デュークスワイキキ」

朝食やランチビュッフェには行列が

@theskyonjan9さんの投稿
22069879 1558231820882206 4055724883034767360 n

バラエティに富んだ多くのメニューが、デュークスワイキキの人気の秘密です。朝食やランチビュッフェやディナーのメニューに加え、アラカルトやトロピカルカクテルなどいっぱい。メニューの一品料理を選べるアメリカン料理のアラカルトは見た目にもきれいです。

サーフィンの前の腹ごしらえに

@dukeswaikikiさんの投稿
11856574 864245063610727 1251392516 n

朝日の中に爽やかな風や美しい昼の海、サーフィンした人が集まるバー、夜にはライブ演奏もあるロマンチックなサンセット、一日中楽しめるデュークスワイキキです。ここにいるだけでハワイのリゾートが満喫できます。ハワイリゾートそのもののイメージが目の前に広がっています。

ワイキキビーチはプライベートビーチ「デュークスワイキキ」

朝食やランチの時間が心地よい

@alissa_pstillさんの投稿
21568830 1949687458603807 6351592938077683712 n

ワイキキのメインストリートであるカラカウア・アベニュー沿いにあります。オープンテラスからは、ワイキキビーチが目の前に広がり、ダイヤモンドヘッドも見えます。ハワイリゾートビーチのベストポジションで食事ができます。ゆっくり落ち着ける雰囲気は贅沢すぎるほどの心地良さです。ハワイに来た実感を感じます。

@tkamakemdanceさんの投稿
21689954 2042753222613085 6541005578561388544 n

ビュッフェスタイルの朝食はAM7:00からPM10:30、ランチビュフェはAM11:30からPM14:30、ディナーはPM16:45からPM22:00までです。ビーチから直接水着でも立ち寄れるバーはAM11:00からPM24:00まで。

「デュークスワイキキ」ビュッフェ朝食

予約なしでも大丈夫

@kyo_no_hawaiiさんの投稿
21224450 856122657890966 3427536618360143872 n

ブレックファーストビュッフェは18ドル。予約なしでは入れます。新鮮な野菜や肉、チーズなど使っています。エッグベネディクトやスクランブルエッグ、パンケーキやフレンチトースト、ポルトガルのソーセージやベーコン、果物、グリーンサラダなど多くの種類があります。

オムレツコーナーは行列ができます

@wakihoiさんの投稿
21980543 1738039266492913 6738376651710660608 n

パンやマフィン、ベーグル、コーヒー、紅茶なども。味噌汁があるのは日本人にとってありがたい。オムレツコーナーは、シェフが見事な手さばきで5つのフライパンをあやつり作ってくれます。2分ほどでできるのであっという間です。人気はミートラバー、スパニッシュ、ベジなど。ピーマン、ジャガイモ、トマト、玉ねぎの入ったスパニッシュにはハラぺーニョやオリーブも入っていて美味しいです。

「デュークスワイキキ」のランチビュッフェ

食材の、魚・豚肉・鶏肉・パスタ・新鮮な野菜は全て地元で作られたり獲られた物です。メニューも充実しており、アイランドスタイル・フィッシュ、テリヤキチキン、カルアポーク、サラダやフルーツなどいろいろ。目の前で料理してくれるパスタやパニーニ(イタリア風の温かいサンドイッチ)は、行列ができていることが多いです。

カルアポークサンドイッチ

@zoneeatsさんの投稿
19121843 503665983298902 92994339835215872 n

カルアポークは豚を丸ごとバナナやティートリーの葉で包み地面に穴を掘り蒸し焼きにした、ハワイ伝統の料理で儀式やお祝いに出されました。カルアピッグとも言います。ほぐれやすい肉は一緒に蒸したキャベツと合い、とてもおいしいです。コラーゲンタップリで女性におすすめします。

Chicken Katu

@anneventurous.appetiteさんの投稿
21227898 1141198762679730 3769004020383875072 n

衣に細かく砕いたマックナッツを混ぜて揚げたチキンカツです。ソースは日本のように上からかけるのではなく、好みの量を付けて食べるディッピングソースがカップに入っています。サラダはポテトサラダ。チキンカツをそのまま食べると、ナッツの風味が有りとてもおいしいです。ディッピングソースもスパイスが効いています。

「デュークスワイキキ」のディナー

おすすめは「サンセットディナー」

@suzanonthegoさんの投稿
21149681 1845517885461642 6460659917412892672 n

サラダバーが豪華です。いろいろな種類の葉野菜やパスタ、ピラフ、フルーツ、パンが並んでいます。メイン料理のサーロインステーキは3cm近い厚さ、でもやわらかく肉汁が美味しい。焼き上がりの香ばしさもいいです。ハワイならではのフリフリチキンとガーリックシュリンプもおすすめ。

バハ・フィッシュタコス

@hungryhungrybetchesさんの投稿
22220829 487574018274794 602192391000031232 n

バハ・フィッシュタコスは肉厚の白身魚を揚げて、やわらかいソルティーヤ(ソフトシェル)で包んだものです。サクサク感のある衣に包まれて、魚の旨みがしっかり閉じ込められています。トマトの酸味と辛い味ののワカレモは絶妙。ワカレモはキューバ料理のソースのサルサの1種類。アボガドをベースにタマネギ、ライム、コリアンダーを加えたクリーム状ソースにしたもので、タコスの味を南国風にしています。

マンゴー・バーベキュー・ベビーバックリブ

@hawk5752さんの投稿
22582339 881710305327330 1616082930902237184 n

ベビーバックリブは特製のバーベキューソースがリブの両面にしっかりしみ込んでいます。肉がやわらかく、骨からすぐ離れるほど。ゆっくり時間をかけて焼き上げているのでナイフやフォークが要らないほど。甘味と風味が効いた、特製ソースのマンゴー・バーベキュー・ベビーバックリブも人気があります。

「デュークスワイキキ」のデザートも最高

KIMO'S オリジナル フラパイ

@bon_appetit_foodieさんの投稿
22277425 1994828150801020 6051653123867410432 n

何層にも重なったチョコレートクッキークラトに、マカダミアナッツアイスクリームやアメリカンデザートソースの定番のホットファッジ、トーストマックナッツ、ホイップアイスクリームが添えられています。朝食の後でもランチの後でも、さらにディナーにも、おいしいデザートです。やみつきになり何度も食べに来るリピーターの多い人気メニューです。

「デュークスワイキキ」バーのカクテルも最高

水着で裸足のまま入れるバーは、サーファーにも人気があります。思いっきりサーフィンを楽しん後、バーのカウンタで仲間と話をするサーファーたち。カウンターのカクテル越しに見える、沖合でサーフィンを楽しんでいるサーファー、まるで映画のワンシーンのようです。

サーファーにも人気のカクテル「デュークス・マイタイ」

@y_k808さんの投稿
21434003 274627179698980 8255106036889812992 n

左側は「デュークス・マイタイ」。オレンジキュラソーとラム酒をハワイアンジュースで割ったものですが、名前のマイタイ(インドネシア語で最高の意味)の通りおいしいです。別名「トロピカルカクテルの女王」。テキーラにハイビスカスシロップを加えパイナップル、ライムをのせた「サウスウェル」も人気があります。サーフィン帰りに寄る人も多いです。

「ハッピーアワー」を楽しみましょう

「ハッピーアワー」はカクテルがおすすめ

@hulagrillwaikikiさんの投稿
21480336 116333129053744 7727800639828262912 n

デュークスワイキキの2階の姉妹店の「フラグリル」では、ハッピーアワーが楽しめます。ハッピーアワーとはレストランやバーなどの飲食店が客の比較的少ない時間帯にワインやカクテルなどのアルコール類を安い価格で提供するものです。ハッピーアワーは夕方から始まります。

ハッピーアワーは人が集まる時間

ハッピーアワーという言葉は仕事の同僚などと帰りにレストランなどに集まって楽しむという意味にも使われます。ワイキキには、気楽にハッピーアワーを楽しめるビーチフロントレストランがあまりありません。フラグリルはカジュアルにハッピーアワーを楽しめるレストランです。

サーフィンする人もサーフィンしない人も

フラグリルはワイキキの中心にあり目の前がビーチにつながっています。隠れ家的なレストランで、あまり日本人の観光客もきません。ハッピーアワーを楽しめるのは、店内に入ってすぐ左側にあるバーです。カバナ風のバーカウンターの他に、ワイキキビーチを見下ろせるバーテーブル席や家族連れでもゆっくりできるテーブル席があります。

@dukeswaikikiさんの投稿
14373963 1754791574787027 291159732826144768 n

ワイのビールでも人気の高い濁りビールの「フラ・へーフェンヴァンツェン」は4ドルです。このビールはフラグリルともう一店のみ。ハッピーアワーのメニューには4種類のカクテルがあります。ブルーハワイ、マイタイなど4ドルから11ドルの値段は安いです。

「ハッピーアワー」のメニューもいろいろ

@hulagrillwaikikiさんの投稿
21980577 135027253791402 3605563270477381632 n

蟹クリームコロッケをワンタンで包んだ「クラブ・マカでミアンナッツ・ワンタン(9ドル)」、「トリュフフライ(5ドル)」はパルメザンチーズとトリュフオイルのフライドポテトです。「ココナッツカラマリ(9ドル)」はココナナッツの衣で揚げたイカフライ。「ベイビーバックリブ(11ドル)」、「海老天ぷらタコス(8ドル)」等いろいろあります。

「ハッピーアワー」は開始直後がおすすめ

フラグリルのハッピーアワーは、月曜から木曜日の午後3:00から午後6:00、金曜日から日曜日までは午後2:00から午後6:00までの時間です。テーブル席は人気があるのでハッピーアワー開始直後の時間に行くのがおすすめです。姉妹店のデュークスワイキキのライブが聞こえきて楽しめます。借景ならぬ借音?

朝も昼も夜も「デュークスワイキキ」

ワイキキビーチは多くの人が集まり思い思いの時間を楽しみます。泳ぐ人、サーフィンをする人、海を眺める人など。デュークスワイキキは朝、昼、夜、いつでもおいしい料理や飲み物を提供してくれます。ハワイの真髄が体験できるデュークスワイキキです。

関連記事

ハワイの人気ランキング

ハワイの新着のまとめ

© 2017 TravelNote