日比谷オクトーバーフェストとは?混雑状況や開催場所など楽しみ方を紹介!

2017年11月2日 (2017年11月7日最終更新)

ドイツのミュンヘンが本場のオクトーバーフェストですが最近では日本でも大人気のイベントとなっています。今年の9月に開催された日比谷オクトーバーフェストも連日大盛況でした。そんな日比谷オクトーバーフェストを大解説します。是非来年開催される時に役立ててください!

目次

  1. ビール好きにはたまらないオクトーバーフェスト!
  2. そもそもオクトーバーフェストはどんなお祭り?
  3. ドイツの6大公式ブリュワリー!
  4. 2017年日比谷オクトーバーフェスト1:「概要」
  5. 2017年日比谷オクトーバーフェスト2:「出店店舗」
  6. 2017年日比谷オクトーバーフェスト3:「ビールの種類」
  7. 2017年日比谷オクトーバーフェスト4:「注目店舗」
  8. 2017年日比谷オクトーバーフェスト5:「フードメニュー」
  9. 日本中で開催されているオクトーバーフェスト
  10. 日比谷オクトーバーフェストは魅力がいっぱい!

ビール好きにはたまらないオクトーバーフェスト!

@travel.punsさんの投稿
23161125 545659605775641 8503757189897256960 n

オクトーバーフェストとはミュンヘンで開催されるビール好きのための、ビールのためのお祭りです。ドイツでは世界最大級の規模で毎年開催しています。開催時期は通常9月の中頃から2週間程となっています。日本では初夏から秋にかけていろいろな場所で開催されています。これから日比谷公園で開催された時のメニューや値段、混雑状況も含めてを詳しく解説します!

Originalドイツ料理の東京のおすすめ店!安いランチは人気!地ビールにソーセージも!

そもそもオクトーバーフェストはどんなお祭り?

@thiagocalmonさんの投稿
23348291 177896116121312 4070457445493768192 n

ドイツでオクトーバーフェストが始まったのは1810年です。当時のドイツ皇太子ルードヴィヒとザクセン皇女の結婚をミュンヘン市民が祝ったお祭りがオクトーバーフェストの起源と言われています。名前だけ聞くと10月に開催されるイメージですがなぜ9月に開催されるかご存知でしょうか。

@madeleine_kazdaさんの投稿
23347396 177538692826828 458347820223561728 n

それは10月に新しく仕込むビールのために、中身の入った樽を全て空ける必要がありました。そのため、9月中旬頃から10月初旬にかけて開催されるようになったと言われています。またドイツ、ミュンヘンで開催されるオクトーバーフェストではお祭りでテントを出せるブリュワリーが6社だけとなっています。どのビールブリュワリーもそれぞれ長い歴史を持ったビール会社です。

Originalオクトーバーフェスト!本場ドイツでビール三昧!楽しみ方を伝授!

ドイツの6大公式ブリュワリー!

日比谷公園でも販売!「アウグスティーナ」

@chez_verenaさんの投稿
23161729 145297642759014 5306848298013818880 n

アウグスティーナー醸造所はミュンヘンで最も古いビール醸造所です。1294年にアウグスティーナー修道院が創立され、その修道院の中でビール醸造が始まりました。それが1328年のことです。およそ690年の歴史があります。また第二次世界大戦で工場が被害にあいましたが修繕され現在に至っています。

「レーベンブロイ」

@tomo.y1623さんの投稿
22802263 178351812579145 5136794329263636480 n

レーベンブロイも600年以上の歴史を持ったビール醸造所で、6大公式ブリュワリーの1つです。ビールの原料は麦芽とホップと水のみ、副原料を使用しない伝統的ミュンヘン式のビールです。レーベンブロイは日本でライセンス生産されているので普段でも比較的手に入りやすいビールです。ちなみに、レーベンブロイはドイツ語で「獅子のビール」という意味です。

日比谷公園でも販売!「ハッカープショール」

@type760さんの投稿
18645816 133095647248917 573625244959375360 n

ハッカープショールは1417年に創業されたビール醸造所です。濃厚なドイツビールを飲みたいと思った時におすすめなのがハッカープショールです。あまり日本で販売しているところがあまりないのでビールなのでオクトーバーフェスト等のイベントで見かけた際にはぜひ試していただきたいビールです!

「シュパーテン」

@andi_turowskiさんの投稿
22280589 1498646156881707 3653956509542383616 n

シュパーテンは1397年に創立されました。上面発酵のエールが主流だった19世紀に、下面発酵酵母の分離に成功しました。日本でも最もよく飲まれている「ラガービール」を発明したブルワリーとして有名です。またドイツのシュパーテン醸造所で開催される見学ツアーでは長い歴史を感じることができます。

「ホフブロイ」

ホフブロイは1589年に設立されました。アルプスの丘陵地帯地下150mのピュア・ウォーターを使用し、厳選した上質な麦芽とホップで醸造する、伝統的かつハイレベルな技術で個性豊かな味わいを造り出したビールです。オクトーバーフェスト以外にもビアホールでホフブロイを提供しているお店もあるので是非探してみてください!

日比谷公園でも販売!「パウラーナー」

パウラーナーは1634年に創業しました。現在でも世界各国からのビールの技術者や観光客が訪れる伝統ある醸造所です。またビールの種類もで人気があります。日比谷公園で開催されたオクトーバーフェストでも出店され常に混雑をみせていました。イベント期間中には多くの人がパウラーナーのビールを堪能しました。

2017年日比谷オクトーバーフェスト1:「概要」

日比谷公園オクトーバーフェストは2017年9月1日から10日までの10日間開催されました。平日は16時から、土日は10時からオープンです。場所がらオフィスビルがたくさん立ち並んでいるので平日の夜には仕事帰りに寄って行かれる人で混雑していました。イベントへの入場料は無料です。土日は混雑を避けてオープンからビールを楽しむのもおすすめです!

Original日比谷公園のイベントまとめ!日程や時間をはじめおすすめ情報をお届け!

2017年日比谷オクトーバーフェスト2:「出店店舗」

9月に開催された日比谷オクトーバーフェストではドイツの6大公式ブリュワリー「ハッカープショール」や「パウラーナー」を含む、国内外合わせて14店舗が出店しました。それぞれのお店がたくさんの種類のビールやビアカクテルを用意しています。良い天気のなか大勢の人がビールを片手にイベントを楽しんでいました。

@nobmiyamotoさんの投稿
18879338 134672297089986 1543573733938036736 n

日比谷オクトーバーフェスト出店店舗一覧はヴァイエンステファン、アインガー、エルディンガー、ハッカープショール、クロンバッハ、東北SAKEフェスタ、ゾラホフ、アルコブロイ、パウラーナー、ヴァルシュタイナー、ヴェルテンブルガー、シュナイダーヴァイセ、シュパルター、富士桜高原麦酒の14店です。

2017年日比谷オクトーバーフェスト3:「ビールの種類」

オクトーバーフェストで飲めるビールにはいくつか種類があります。「ヴァイツェン」は50%以上の小麦麦芽を使用した白く濁ったビール。フルーティーで個性的な香りが特徴です。「ドゥンケル」は黒あるいは焦褐色のラガービール。口に含むとモルトの香りが強くホップの苦みと香りは控えめです。「黒ビール」はこげ茶から黒のビール。焼いた麦芽の香ばしい風味があります。

「ラガー系」は下面発酵して作られたビールです(ピルスナー)。下面発酵は発酵が進むと酵母がタンクの底に沈んでいきます。5度前後の低温で発酵し、発酵期間は7〜10日です。北ドイツでよく飲まれています。世界で最も飲まれているビールで、日本の大手ビールもこのタイプです。そのほか、ジュース等で割ったビアカクテルも用意しています。

2017年日比谷オクトーバーフェスト4:「注目店舗」

ハッカープッショール

ここからは日比谷オクトーバーフェストで出店した店舗の中からいくつか紹介します!まずは6大公式ブリュワリーである「ハッカープショール」です。メニューは4種類のビールと4種類のビアカクテルを販売していました。ビールの値段は500mlで1400円です。1ℓは2500円と少しお得になっています。ビアカクテル類は300mlで1000円となっていました。

富士桜高原麦酒

国内から参加した富士桜高原麦酒は山梨県河口湖で製造している地ビールです。富士山天然水とドイツで学んだ醸造士が造り出す本格的なドイツスタイルのビールです。販売されたビールの値段はヴァイツェンが300mlで800円、500mlで1100円でした。そのほかプレミアムピルスナー2017verは500mlで1200円。また毎日数量限定でシークレットビールの販売もありました。

パウラーナー

@megumi__thさんの投稿
22430417 346264085835094 1501534383591391232 n

パウラーナーでのビールの値段はヴァイツェン、ラガー、ドゥンケルともに300mlが1100円、500mlが1400円で販売していました。常に混雑していた店舗の1つです。またパウラーナーではユニークなメニューもありシェッファーホッファーグレープフルーツというビールにグレープフルーツゼリーと氷が入った商品も販売していました。ちなみに値段は1400円です。

ヴァイエンステファン

世界最古の醸造所としてしられるヴァイエンステファンは1000年以上の歴史があります。販売されたビールの値段はラガー系のオリジナルヴァイリッシュマイルドは500mlで1500円。ヴァイツェンのヴィタスは300mLで1000円、500mlで1400円でした。そのほか、ドイツの白ワインもメニューの中にありました。

2017年日比谷オクトーバーフェスト5:「フードメニュー」

オクトーバーフェストでビールの次に欠かせないものと言えばフードメニューです。販売されていたメニューの中からいくつか紹介します!まずドイツと言えば、ソーセージです。「オクトフェス名物!メガ盛りソーセージ畑」という数種類のソーセージとポテトが大量に入った商品が販売されていました。見た目も値段も豪快な2300円です。

@miyuki_itachan630さんの投稿
19050863 314938088938065 6490253324414091264 n

そのほかムール貝やフライドポテト、野菜スティック、またレディースセットも販売されていました。もちろんザワークラウトもあります。そしてユニークなメニューとしては、パンケーキもありました。「ミュンヘン風ふんわりふっくらパンケーキ」の値段は800円です。ビール売り場に負けないくらい食べ物を販売しているエリアも混雑していました。

日本中で開催されているオクトーバーフェスト

@junko714さんの投稿
22857696 495016074218747 3967236221591093248 n

今回が日比谷公園で開催されたオクトーバーフェストについて紹介しましたが最近では初夏から秋にかけて日本中で開催されどのイベントも混雑をみせています。日比谷公園のオクトーバーフェストはもちろんのこと、住んでる地域で開催されるオクトーバーフェストもぜひ探して行ってみてください。ますますビールが好きになるかもしれません!

日比谷オクトーバーフェストは魅力がいっぱい!

@yuka8321111さんの投稿
18879746 1505223872884153 1342799874164260864 n

9月に日比谷公園で開催されたオクトーバーフェストについて解説しました。日本ではなかなか味わえないビールから日本が誇るビールまでたくさんのビールが集結したイベントはビール好きにはたまらないイベントです!大きなビールグラスを片手にソーセージなどのおつまみをぜひ堪能してください。ぜひ来年開催される際には足を運んでみてください!

関連記事

東京駅・日本橋・大手町の人気ランキング

東京駅・日本橋・大手町の新着のまとめ

© 2017 TravelNote