姫路のゆかたまつり!2018年の日程や屋台情報などくまなく紹介!

2017年11月5日 (2017年11月8日最終更新)

兵庫県姫路市は、真っ白な「姫路城」や5月に開催される「姫路お城まつり」等で有名ですが、6月に開催される「姫路のゆかたまつり」でも有名なのです。この「姫路のゆかたまつり」の由来、そして2018年のお祭りの日程や屋台情報等も合わせてくまなく紹介していきます。

目次

  1. 浴衣を着て「姫路のゆかたまつり」に行こう!
  2. 「姫路のゆかたまつり」の由来について
  3. 「姫路のゆかたまつり」の現在
  4. 「姫路のゆかたまつり」の由来・長壁神社の歴史
  5. 「姫路のゆかたまつり」世界文化遺産姫路城
  6. 「姫路のゆかたまつり」姫路城に伝わる伝説
  7. 「姫路のゆかたまつり」浴衣まつりとお城まつりの違い
  8. 「姫路のゆかたまつり」2018年の日程
  9. 「姫路のゆかたまつり」イベントの紹介
  10. 「姫路のゆかたまつり」浴衣を着て行くと特典が
  11. 「姫路のゆかたまつり」大人気の屋台情報
  12. 「姫路のゆかたまつり」通行・交通規制情報
  13. 「姫路のゆかたまつり」交通アクセス
  14. 「姫路のゆかたまつり」基本情報
  15. 「姫路のゆかたまつり」の新しい楽しみ方

浴衣を着て「姫路のゆかたまつり」に行こう!

@topwater21さんの投稿
13562103 876456259165414 1557282799 n

夏の風物詩である全国のゆかた祭りは、実はこの「姫路のゆかたまつり」が由来です。姫路市で毎年6月22日から24日迄の日にちに開催される「姫路のゆかたまつり」の由来、そして2018年の開催の日にち・時間・場所・屋台情報等、まとめて詳しく紹介して行くので、皆で浴衣を着て2018年の「姫路のゆかたまつり」に行きましょう。

「姫路のゆかたまつり」の由来について

@toramaruhime_さんの投稿
13423540 1641456259506630 10308822 n

「姫路のゆかた祭り」とは、毎年夏至の6月22日から24日の3日間、兵庫県姫路市で開催される日本の夏を象徴する物の1つである「ゆかた」のまつりです。1742年に姫路城主の榊原政岑が、領地替えの時に城内の「長壁神社」の御分霊をうつし、その時に「遷座祭」という祭りをしたのが「姫路のゆかたまつり」の由来だと言われています。

1741年の徳川七代目将軍吉宗が天下をとっていた時代、姫路城主の榊原政岑が「享保の改革」の中、贅沢三昧していた為、吉宗の怒りを買い城主の座を追われる事になりました。追われる前に「長壁神社」の御分霊を移し、「遷座祭」という祭りを行う事を急に決定しました。因みに、浴衣は現在とは違い当時は寝間着として扱われていました。

@toramaruhime_さんの投稿
19429224 199686930559222 371689703906213888 n

「遷座祭」が急な決定だったので、町民は祭り用の衣服を用意出来ず参加をためらっていた所、榊原政岑が「浴衣で参加して良い」とのお触れを出したので、町民も浴衣を着て祭りに参加したのが由来となってます。それから、夏の祭りには浴衣を着ていくという習慣が日本各地で始まり、現在は浴衣が日本の夏を代表する物の1つとなっています。

「姫路のゆかたまつり」の現在

全国の「ゆかたまつり」は、この「姫路ゆかたまつり」が由来で、当時はこの場所では「ゆかたまつり」と呼ばれていましたが、全国で「ゆかたまつり」と呼ばれる祭りが増えたので「姫路ゆかたまつり」と名称を変え、現在は「長壁神社」周辺の場所に沢山の屋台が並び色々なイベントも行われ、約20万人もの人で賑わうようになりました。

@rikimaru_0615さんの投稿
19367811 1933348633606282 3345511672243552256 n

「姫路のゆかたまつり」が開催される日にちは、雨季の時期と重なるので雨が降らないか心配な所ですが、基本的に「姫路のゆかたまつり」は雨天でも決行となります。しかし、子どもゆかたパレードの通常のコースや場所、時間や内容など変更になる場合があります。荒天中止のお知らせは下記の通りで、自動対応となっています。

住所:兵庫県姫路市本町68 
電話番号:079-282-2012

「姫路のゆかたまつり」の由来・長壁神社の歴史

@kins___さんの投稿
19425151 1560716577306457 5687222619066073088 n

「長壁神社・おさかべじんじゃ」は兵庫県姫路市立町にある播磨国大社二十四社の1つで毎年6月22日から24日の日にちにかけて行われる「姫路のゆかたまつり」の由来となった神社です。「長壁神社」は「姫路城」が建てられる以前から姫山にあり「小刑部宮・おさかべ宮」という地主神を祀っていて沢山の町民がこの場所を参拝していました。

姫山には「刑部大神・おさかべ大神」等の神社がありましたが、豊臣秀吉が天守閣建城の為「刑部大神」を町外れの場所に移しました。関ヶ原の戦いの後に、池田輝政が新城主となり1608年に新天守閣が完成する頃、色々な異変が起き始め1611年には輝政が病に倒れ刑部大神の祟りとの噂が流れた為、池田家は「長壁神社」を城内に戻しました。

@birdlandrecords0595さんの投稿
19228673 311194029331519 3104201949784834048 n

しかし、豊臣秀吉が姫山に天守閣を築き、その後、池田輝政が姫路城を築いたので、武士以外「長壁神社」へ参拝する事が出来なくなってしまいました。1742年に姫路城主の榊原政岑が「長壁神社」の神を町民も自由に参拝できるようにする為、城内にあった御分霊を現在の商店街の脇道にある場所にも遷し「長壁神社」として祀ったのです。

@sarumamabooさんの投稿
21826954 2027269390927532 5813159160493113344 n

姫路城の天守最上階、6階の場所にも現在「長壁神社」は祀られていて、1年に1度しか姿を現さなく城主の前にだけ現れ城の運命を告げているという「長壁姫」の話も残っています。城と運命を共にすると言われていた「長壁姫」が消えると城は滅びると言われていた為、城主は大切に祀っていました。姫路城は焼失を免れた天守の中の1つです。


「長壁神社」には、光仁天皇・白壁王の王子刑部親王とその王女富姫の御二柱が祀られています。「長壁神社」が遷され祀られるようになった経緯や理由には色々な興味深い伝説があり代々語り継がれていますが、現在では「長壁神社」は城内と総社境内の2つの場所に存在し二社併存となり、火災・災害などの災いの神として崇められています。

住所:兵庫県姫路市立町33

「姫路のゆかたまつり」世界文化遺産姫路城

@japanairlines_jalさんの投稿
23164086 127234414632372 394124383972491264 n

姫路市は、白鷺・シラサギが優雅に羽を広げたような姿から「白鷺城」という愛称がついた「姫路城」が有名です。平成5年12月、国宝「姫路城」は日本国の木造建築の最高傑作であり保存状態も良く世界的に特に優れているとの理由でユネスコの世界遺産委員会で正式に指定され、奈良の法隆寺と一緒に日本初の「世界文化遺産」になりました。

2009年に「姫路城」の大天守保存修理工事が始められ、2015年の3月末に一般公開が始まりました。公開当時は沢山の人がその美しい真っ白な「姫路城」を見に、この場所に足を運びましたが白鷺城ならぬ「白すぎ城」として話題になりました。約400年も前は、「白鷺城」という愛称の様に、本当にこれだけ真っ白だったのかもしれません。

@peace_maker1989さんの投稿
23164094 1457824360997309 6608226571272585216 n

縄張と言われる設計・構成・仕組みで、城の守りの要塞の良さが決まります。姫路城の縄張は、抵抗・防御線が3重の螺旋形で出来ていて、江戸城と姫路城だけに見られる複雑で巧妙な造りとなっています。姫路城はこの400年、戦や近代の戦災に見舞われる事も無かった為、城の保存状態がとても良く珍しい建築設計も多く貴重な文化遺産です。

平成29年10月24日から平成30年1月15日の予定で、姫路城東側通路の三の丸広場から美術館方面への連絡通路は復旧・拡幅工事が再開しますので人も車両も通行禁止となります。三の丸広場でのイベント準備・開催期間等の場合は工事を中断し、大晦日と元日は通行可能となります。「姫路城」に関するお問い合わせは姫路城管理事務所迄です。

住所:兵庫県姫路市本町68番地 姫路城三の丸広場北側
電話番号:079-285-1146 

「姫路のゆかたまつり」姫路城に伝わる伝説

神代の昔、大汝命は自分の子、火明命が乱暴者なので海へ出た時に島に置き去りにしましたが、火明命は怒って突風を起こし船を沈没させました。船や積荷等が流れ着いた場所に「船丘」「犬丘」「筥丘」「琴丘」等14個の丘の名が付けられ、蚕子・ひめこの流れ着いたところが日女道丘・ひめじおかで、今、姫路城のある姫山だと伝わってます。

@marochan758さんの投稿
18300264 206009269908198 1394882296862998528 n

「姫路城」城内の上山里丸という広場にある「お菊井戸」が、あの有名な「播州皿屋敷」に出てくる井戸だと伝えられています。この「播州皿屋敷」の話はとても有名な怪談となっているので詳しい話は省きますが、お菊は「於菊大明神」として十二所神社の境内にある「お菊神社」に祭られています。

清十郎は造り酒屋の息子で19歳の時、姫路本町の米問屋但馬屋に奉公に出てそこの娘・お夏と恋仲になりますが、2人の恋は許されず駆け落ちします。しかし捕えられ清十郎は25歳の若さで処刑されます。お夏は悲しみのあまり発狂し清十郎の姿を求めて町をさまよい歩きました。この悲劇の2人の霊をなぐさめる比翼塚が野里の慶雲寺にあります。

木下家定が城主の時、城に妖怪が出ると噂があり、姫路に寄った宮本武蔵に妖怪退治の命を下しました。武蔵が灯を持ち天守閣に登り明け方まで番をしていたら美しい姫が現れ「我こそは当城の守護神・刑部明神。貴方が今宵参った為妖怪は恐れて退散した。褒美にこの宝剣を取らす」と言い白木の箱に入った郷義弘の名刀を残し姿を消しました。

「姫路のゆかたまつり」浴衣まつりとお城まつりの違い

姫路市は、5月開催の「姫路お城まつり」も有名ですが、6月開催の「姫路のゆかたまつり」との違いが分かる人は少ないかもしれません。「姫路お城まつり」は「姫路城」の祭りとなりますが、「姫路のゆかたまつり」は「姫路城」の祭りではなく「長壁神社」が由来の祭りで、「長壁神社」へ参拝する為の祭りとなります。

@kazuoki.photoさんの投稿
19436807 1375662032481586 2936900208962830336 n

「姫路お城まつり」の規模の方が「姫路のゆかたまつり」よりも大きいですが、歴史的に言うと「姫路のゆかたまつり」の方が「姫路お城まつり」より長いのです。どちらの祭りも、兵庫県姫路市を代表する初夏の祭りとして有名ですので、両方とも始まった由来は違えども、この2つの祭りの意味を理解して子供も大人も楽しんで貰いたいです。

「姫路のゆかたまつり」2018年の日程

毎年恒例の、初夏の訪れを告げる「長壁神社」由来のお祭り「姫路のゆかたまつり」が来年の2018年6月22日から24日までの日にちにわたり開催されます。時間は、午後4時30分から午後9時30分迄です。また開催場所は長壁神社・城南公園周辺・商店街となります。「姫路のゆかたまつり」は毎年6月22日から24日までの日にちに行われます。

「姫路のゆかたまつり」イベントの紹介

@gnfjg042さんの投稿
19379610 565975576859836 91166096811360256 n

「姫路のゆかたまつり」のイベントの場所は「地域ふれあいステージIN城南」、日にちは6月22日から24日迄、時間は15時から20時半迄で色々なイベントが行われます。雨の場合は中止となります。イベントは子供から大人まで楽しめる様なゲーム・歌・ダンス等があり、子供会と婦人会から食べ物や飲み物を扱った模擬店も出店します。

ゆかたパレード

@pinchan2508さんの投稿
19379694 1880066735566533 5516576949851389952 n

姫路市消防音楽隊を先頭に、地元小学生や姫路お城の女王の「ゆかたパレード」があります。パレードの場所は、姫路城三の丸広場・桜門橋・大手前通りの西側・西二階町商店街・長壁神社・城南公園となり、雨天の場合は城南公民館・長壁神社・城南公園となります。「ゆかたパレード」の日にちは、6月22日で時間は5時10分頃スタートです。

オープニングセレモニー

@yossan_acさんの投稿
13423625 1637824889869368 1494105820 n

「姫路のゆかたまつり」のイベントは、「ゆかたパレード」が終わると「長壁神社」のそばの城南公園という場所で、「姫路のゆかたまつり」の開会を告げる「オープニングセレモニー」が姫路ゆかたまつり振興協議会によって行われます。日にちは6月22日で、時間は午後6時からとなります。

地域ふれあいステージin城南

「オープニングセレモニー」が終わった後、城南公園の「地域ふれあいステージin城南」という場所で、南中ソーランと太鼓演奏・子どもミュージカルとシャンソン・よさこい・浴衣ファッションショー・音楽の演奏・総踊り等の盛り沢山の催し物が開催され沢山の人で盛り上がります。日にちは6月22日から24日迄、時間は未定です。


姫路城のライトアップ

@toramaruhime_さんの投稿
13534249 1739994652943612 1578915798 n

「姫路城」では、日没から午前0時迄の時間帯に夜間のライトアップがあり訪れる人達を楽しませてくれます。ライトアップの電球は全部で279灯もあり年に2回交換します。ライトの色も時期によって変わり、4月1日から10月31日までが白色系で、11月1日から3月31日までが暖色系を使用して美しい「姫路城」を演出し、訪れる人を魅了します。

「姫路のゆかたまつり」浴衣を着て行くと特典が

浴衣を着て「姫路のゆかたまつり」に行くと色々な嬉しい特典が付いてきます。その内容は姫路城・好古園・姫路市立動物園・姫路市立美術館・兵庫県立歴史博物館・姫路文学館は入場無料。ただし、美術館・姫路文学館・県立歴史博物館は常設展のみです。姫路駅発着・神姫バスの料金半額。ただし、深夜バス・高速バス等一部路線を除きます。

姫路OS・大劇シネマ・シネ・パレス山陽座などの映画鑑賞料金が1100円となりますが、通常版のみです。3Dは別途追加料金がかかり、4DXは対象外となります。また、書写山ロープウェイ往復乗車料が2割引となり、各商店街での販促キャンペーンの割引や、記念品の配布などの嬉しい特典がついてきますので皆で浴衣で行きましょう。

「姫路のゆかたまつり」大人気の屋台情報

@shiromaruyaさんの投稿
18722549 2311755479049962 4420433748961525760 n

以前の「姫路のゆかたまつり」の屋台や露店は、800店舗もの屋台や露店が並ぶ関西最大級の物凄い規模でした。しかし、2014年から姫路神農会の解散に伴い規模が縮小されてしまい、100店舗前後の屋台と露店の規模となってしまいました。以前と同じ場所に立って比べてみると、少し寂しい感じになってしまいました。

@shumario1223さんの投稿
13437148 522331951292981 1821163696 n

「一つの屋台に長い行列が出来たりして買うのが大変」だとの声もありました。そこで2016年から「姫路のゆかたまつり」では子供会や婦人会等の地元の団体の屋台等が並ぶようになりました。また近くの商店街等の場所でも色々なサービスが行われて、以前と比べて屋台が減ったとは言え、まだまだお祭り気分を味わえ楽しむ事が出来ます。


@keikochi51さんの投稿
13402174 1557582201212442 699424425 n

2018年の屋台出店日の日にちは6月22日から24日迄で、時間は16時30分から21時30分迄です。露店や屋台の日にちや時間帯は基本的にお祭りと同じ日にちや時間帯となります。場所も長壁神社や城南公園、そして立町周辺でお祭りと同じ場所です。露店の公募や詳細のお問い合わせは、姫路ゆかたまつり露店運営協議会出店事務局迄です。

住所:兵庫県姫路市西二階町37・ハレオ2階
電話番号:079-226-8588

「姫路のゆかたまつり」通行・交通規制情報

@kaorufukuyamaさんの投稿
13413299 1632935907023470 951402843 n

「姫路のゆかたまつり」では、沢山の人達による混雑や渋滞を避ける為、駅前の通路等を通行規制、まつり会場周辺で交通規制を実施します。通行規制はキャッスルガーデン・キャッスルビュー・連絡デッキ・駅前芝生広場等が対象となります。交通規制は長壁神社周辺道路・姫路駅東側ロータリー・山陽百貨店付近道路が対象となります。

「姫路のゆかたまつり」交通アクセス

@nguyenanhhuyさんの投稿
19425126 263936400751201 5907714514781995008 n

電車でのアクセスは関東方面や遠方から来る場合、新幹線で「新大阪」へ、「新大阪」からはJR神戸線「姫路駅」で下車します。「長壁神社」まで徒歩で約10分です。「姫路城」へは徒歩で約15分です。お祭りの期間中は交通規制がしかれ「長壁神社」周辺の道路は16時から22時の時間が歩行者専用となります。その為、車は通行禁止となります。

「みゆき通り」「お溝通り」は、終日車両は通行禁止になるのでバスもタクシーも使用出来ません。姫路駅周辺は終日バスとタクシー以外の一般車両は通行禁止となりますので、その周辺道路は物凄い混雑が予想されます。車を使用するよりも電車での利用をおすすめしますが、車で来たい方は遠くの駐車場に止めて歩く事をおすすめします。

「姫路のゆかたまつり」基本情報

@misaki__nakayamaさんの投稿
13423405 1653070638340976 1529277134 n

「姫路のゆかたまつり」の開催場所は、長壁神社・城南公園周辺・商店街です。「姫路のゆかたまつり」についてのお問い合わせは、姫路ゆかたまつり振興協議会事務局・観光振興課までとなり、住所・電話番号は下記の通りです。また、姫路城周辺、イベント会場等の場所でのドローンでの撮影は安全の為、禁止となっています。

住所:兵庫県姫路市本町68 
電話番号:079-287-3652

「姫路のゆかたまつり」の新しい楽しみ方

@tekutekuhimejiさんの投稿
19367296 1958290297736868 5881368897625522176 n

長い歴史を持つ「長壁神社」「姫路のゆかたまつり」「姫路城」は、全てが繋がっていて姫路の地元の人達に大切に守られ祀られてきました。そして今も、この地に息づいています。2018年は「姫路のゆかたまつり」の由来、そして姫路市の歴史等を理解した上でお祭りに参加してみると、今迄とは違う新しい祭りの楽しみ方が見つかるはずです。

Himejijou姫路観光人気おすすめスポット・ベスト21!子供も楽しめる場所から穴場まで!

関連記事

関連するキーワード

兵庫県の人気ランキング

兵庫県の新着のまとめ