ノースリムはグランドキャニオンの上級スポット!その分広がる絶景はレア物!

2017年11月5日 (2017年11月7日最終更新)

アメリカのグランドキャニオンは、自然が生み出した美しい世界遺産。そんなグランドキャニオンで上級者におすすめなの観光地がノースリム!今回は、アメリカのグランドキャニオンの中でも、珍しい絶景が楽しめるノースリムの魅力に迫ります!

目次

  1. アメリカグランドキャニオンの絶景を楽しむノースリム
  2. アメリカグランドキャニオンのノースリムってどんなとこ?
  3. アメリカグランドキャニオンノースリム観光の時期
  4. アメリカグランドキャニオンノースリムへのアクセス
  5. アメリカグランドキャニオンノースリムの宿泊施設
  6. ノースリム観光の基本情報
  7. ノースリムの絶景スポット1:ブライトエンジェル・ポイント
  8. ノースリムの絶景スポット2:ノース・カイバブ・トレイル
  9. ノースリムの絶景スポット3:ケープロイヤル
  10. ノースリムの絶景スポット4:ルーズベルト・ポイント
  11. ノースリムの絶景スポット5:ワルハラ・オーバールック
  12. グランドキャニオンノースリム観光で人気のミュールツアー
  13. グランドキャニオンノースリムのトレッキング時の注意
  14. グランドキャニオンノースリム観光の心得
  15. グランドキャニオン ノースリム観光におすすめの服装
  16. グランドキャニオンノースリムで世界の絶景を満喫しよう!

アメリカグランドキャニオンの絶景を楽しむノースリム

@dlundphotoさんの投稿
23347972 562239004118644 2730666092841140224 n

グランドキャニオンは、1979年アメリカアリゾナ州で世界遺産に登録されました。自然が織りなす絶景が人気の観光地グランドキャニオンで、穴場としておすすめなのがノースリム。有名なサウスリムに比べて、マイナーなイメージのノースリムですが、上級者ならではの楽しみ方がいっぱい。今回は、そんなノースリムの情報満載でお伝えします。

アメリカグランドキャニオンのノースリムってどんなとこ?

@laurenmmmkayさんの投稿
23164298 277647166090330 7206245104464429056 n

アメリカの絶景を楽しめるグランドキャニオンは、コロラド川に分断された自然の景勝地。観光で人気のサウスリムと、ノースリムの2つのエリアから形成されています。断崖絶壁の絶景は、約4000万年から始まったコロラド川による浸食によって削り出された深い峡谷です。一番古い地層は、およそ20億年前のものだそうです。

@mikemasek.herbalistさんの投稿
21879367 1708125009260363 3382984999908147200 n

アメリカの国立公園の中でも人気のグランドキャニオンですが、観光でよく知られているエリアはサウスリム。年間500万人から600万人の観光客が訪れるため、かなり混雑し、せっかくの絶景も人だかりでちょっと残念という声もあります。それに対し、ノースリムは、どちらかというとマイナーな観光地で、グランドキャニオンの穴場とも言えます。

アメリカグランドキャニオンノースリム観光の時期

グランドキャニオンは、年間を通してアメリカ人だけでなく、世界各国から多くの観光客が訪れます。観光の中心地であるサウスリムは、標高2000mのコロラド高地にあり、国立公園は通年開園しています。それに対して、標高2500mにあるノースリムは、冬は雪が降るので閉鎖され、夏の間のみ期間限定で開園されています。

@the_milky_wheyさんの投稿
23161270 529616727380437 3314566299731886080 n

ノースリムの開園時期は、積雪のない5月中旬から10月中旬となります。24時間開園しています。ベストシーズンは、夏場となる7月から8月ですが、サウスリムも合わせて観光するなら、この時期は宿泊施設を予約するのも難しいほど混み合います。アリゾナは日差しが強いので、シーズン初めの5月かシーズン終わりの秋頃に観光するのがおすすめです。

アメリカグランドキャニオンノースリムへのアクセス

静けさの中で自然の絶景を楽しめるノースリムへのアクセスは、レンタカーなら、フェニックスやフラッグスタッフからのアクセスがおすすめです。車でノースリムに入る場合は、1台あたり$25の入園料を支払います。サウスリムと同じ料金です。フェニックスからの所要時間は、約6時間半。フラッグスタッフからなら4時間ほどです。

@agencia_itravelさんの投稿
23161450 2044849732468737 3374792616078999552 n

バスでのアクセスなら、サウスリムからノースリムまで、トランスキャニオン・シャトルが、1日1便シャトルバスを運行しています。こちらは、予約が必要ですのでご注意下さい。サウスリムからノースリムまでの所用時間は、4時間半ほど。料金は、片道なら80ドル、往復150ドル。ノースリムとサウスリムの両方を観光するのにおすすめです。

アメリカグランドキャニオンノースリムの宿泊施設

@thetidewillturnさんの投稿
23101848 1455380097831494 1130569631510036480 n

グランドキャニオンの中でも、観光客の多いサウスリムには、いくつかのホテルや宿泊施設がありますが、ノースリムには、1ヶ所しか宿泊施設がありません。断崖絶壁に建つ「ノースリム・ロッジ」は、ノースリムたった一つのホテルとして有名です。ノースリムの開園時期と合わせて5月中旬から10月中旬の期間限定で運営されています。

ノースリム周辺には、他に宿泊施設がないので、ノースリム・ロッジは、予約を取るのが難しいホテルとも言えます。予約は13ヶ月前から受け付けされていますので、できるだけ早く部屋を予約することをおすすめします。ホテルの周囲は、グランドキャニオンにぐるりと囲まれており、自然の絶景を思う存分楽しむことができます。

@macp_maryさんの投稿
23101710 184169938800367 5734882879012339712 n

宿泊客が朝食で利用するレストランからは、ガラスの向こうにグランドキャニオンの絶壁が見渡せます。レストランでは、ぜひ窓側の席をゲットして、雄大な自然を楽しみながら、素敵な朝食をいただきたいものです。ホテルの周辺には、他に食事をできる施設がありませんので、チェックイン時に、夕食の予約をしておくことをおすすめします。

ノースリム観光の基本情報

ここからは、ノースリム観光の基本情報です。ノースリムへ到着したら、まずノースリム・ビジター・センターへ行きましょう。こちらのセンターは、先ほどご紹介したノースリム唯一の宿泊施設「ノースリム・ロッジ」からすぐ近くです。サウスリム同様、ノースリムにもトレッキングができるトレイルがたくさんあります。

@rmangenoisさんの投稿
23101665 144041919558437 970171260342370304 n

ビジターセンターでは、トレッキング情報の他、おすすめのビューポイントについての情報もゲットしましょう。後ほど詳細をご紹介しますが、ノースリムには、13のトレイルがあり、それぞれにおすすめのポイントがあります。続いては、ノースリムの絶景スポットについて、ポイント毎に詳細をお伝えしていきます。

ノースリムの絶景スポット1:ブライトエンジェル・ポイント

@vitek.matelaさんの投稿
23279531 1648420971876117 5758188681525460992 n

ノースリムの絶景スポット1は、ブライトエンジェル・ポイントです。ノースリムのビジターセンターからすぐそばにスタート地点があります。トレイルの長さは、全長約800mで片道15分ほどのハイキングで到着できます。初心者でも気軽にトレッキングを楽しめます。絶景ポイントとして、初めてノースリムを観光する方におすすめのコースです。

@ihikealotさんの投稿
23098864 1546773688676682 9025369332930052096 n

ブライトエンジェル・ポイントは、突き出した崖にある小さなポイントです。ノースリムへの観光客自体が少ないので、比較的空いています。このポイントから、断崖絶壁に沿ってブライト・エンジェル・トレイルが続いています。このポイント周辺では、グランドキャニオンに生息する野生のリスや野鳥を観察することもできるのでおすすめです。

ノースリムの絶景スポット2:ノース・カイバブ・トレイル

@theworldofyonさんの投稿
23416556 385332705220272 6352633960840822784 n

ノースリム絶景スポット2は、ノース・カイバブ・トレイルです。グランドキャニオン国立公園のサウスリムとノースリムを繋いでいる有名なトレイルで、世界中のハイカーが集まる人気スポット。ノース・カイバブ・トレイルは、全長23Km。断崖絶壁のコースを降りながら、グランド・キャニオンの一番下にあるコロラド川まで行くことができます。

ノースリムからサウスリムまでの行程は、1日では到達不可能です。通常は、谷底にあるファントムロッジを予約するかキャンプします。キャンプには、滞在許可証が必要で、申請はインターネットで4ヶ月前から行えます。一泊二日の日程で、トレイルをトレッキングし、翌朝ブライトエンジェル・トレイルを登るのが、一般的な観光コースです。

@dan_p_wilsonさんの投稿
18161128 283739508703970 4706869760791412736 n

片道7.5kmのローリング・スプリングスまでを折り返すハイキングも可能ですが、所要時間は7時間から8時間かかるため、かなりハードなスケジュールとなります。特に帰り道は、930mの断崖絶壁にある急斜面を登らなければならないので、かなり厳しい日程です。ファントムロッジは、通年オープンしていますが、予約は非常に難しいです。

ノースリムの絶景スポット3:ケープロイヤル

@dylanjk35さんの投稿
23279784 155071881895846 8690786114941747200 n

ノースリムの絶景スポット3は、ケープロイヤルです。ケープロイヤルのトレイル・スタート地点までは、ビジターセンターから車で約50分ほどかかります。曲がりくねった車道を1時間近く進むのかと思うと、少し億劫な気がしますが、地元のレンジャーも一押しの「ノースリムへ行ったら絶対に行くべき絶景ポイント」と言われています。

ケープ・ロイヤルのトレイルコースは、全長1kmほど。所要時間は、片道30分ほどと比較的軽いトレッキングコースです。トレイルは舗装されているので、初心者でも気軽に歩くことができるので、おすすめです。このトレイルの絶景ポイントとして有名なのが、エンジェルスウィンドウ・ポイントです。巨大な壁岩にぽっかりと穴が空いています。

@katerinavoropaevaさんの投稿
14134495 1423336344346695 8822215 n

天使の窓と名づけられたその穴からは、コロラド川の眺望を楽しめます。そして、エンジェルスウィンドウ・ポイントを過ぎた先にあるのが、絶景ポイント、ケープロイヤル・ポイントです。対岸には、サウスリムのデザートビュー・ポイントがはるか彼方に見渡せます。ノースリム一番の絶景ポイントです。

ノースリムの絶景スポット4:ルーズベルト・ポイント

@as.the.garden.goesさんの投稿
23161816 510797049275692 1619069711289417728 n

ノースリムの絶景ポイント4は、ルーズベルト・ポイントです。ルーズベルト・トレイルは、500mほどの短いトレッキングコースで、どなたでも気軽に楽しめます。ループ状になっているこのトレイルでは、野性の植物が数多く観察でき、ノースリムの中でも自然を満喫できるトレイルと言えるでしょう。リードをつけていれば犬も入ることができます。

ルーズベルト・ポイントでは、木々が生い茂っており、他のポイントに比べると岩が渓谷に突き出していないため、若干視界が遮られますが、それさえ気にならないほどの絶景がパノラマのように広がっています。特に有名なのが、ルーズベルト・ポイントの東側にそびえるトリットル・ピークと呼ばれる巨大な尖塔のような岩です。一見の価値ありです!

ノースリムの絶景スポット5:ワルハラ・オーバールック

@pritha_photographyさんの投稿
23160904 370093140079694 1856964595445399552 n

ノースリムの絶景ポイント5は、ワルハラ・オーバールックです。ケープロイヤルへ向かう道の少し手前にあるワルハラ・オーバールックは、古代アメリカ大陸に住んでいた民族が農耕を行っていたコロラド川のデルタ地帯を含む遺跡も見える絶景の展望台です。近年の調査で、付近に居住区跡も発見されています。

@mygrandcanyonparkさんの投稿
22860884 501177723580389 4248683865129877504 n

ワルハラ・オーバールックは、ケープロイヤルからそう遠くない距離にあるので、先にケープロイヤルへ向かい、ケープロイヤル観光が終了した帰り道に、立ち寄って写真を撮るのがおすすめです。ケープロイヤルは、観光客も多く立ち寄るためトイレもあります。ワルハラ・オーバールックまでは、ケープロイヤルから車で数分です。

グランドキャニオンノースリム観光で人気のミュールツアー

グランドキャニオンのノースリムで観光客に人気があるのが、ミュールと呼ばれるラバ(馬とロバの混合種)に乗ってトレイルを巡るツアーです。サウスリムにもミュールツアーがありますが、ノースリムでミュールツアーが楽しめるのは、アンクルジム・トレイルです。全長3kmの道のりを、往復3時間ほどかけてミュールでのんびり巡ります。

@ali_tambunanさんの投稿
22794594 127063174719292 1544218107881455616 n

アンクルジム・トレイルを徒歩で歩くと、あちこちに「馬の糞」のようなものが落ちて、ハエがたかっていたりします。ミュールツアーの一行とすれ違う場合は、ミュールを興奮させないように、静かに道を譲って下さい。ノースリムのミュールツアーは、Trail Ridesが運営しています。人気があるので、予約はなかなか難しいかもしれません。

グランドキャニオンノースリムのトレッキング時の注意

@ennuivetteさんの投稿
22857550 1463013763819354 5486354854127337472 n

ノースリムのトレイルコースには、カイバブ・トレイルのように距離の長い厳しいトレッキングコースもあります。上級者向けのトレイルもありますので、自分の体力と相談しながらコースを選んで観光しましょう。救助や自然保護のため、グランドキャニオンには、ナショナル・パーク・サービスが管轄するレンジャーが巡回しています。

また、トレッキングを行う場合は、天候にも注意しましょう。できるだけ晴天で、風の強くない日を選び、雨や雷の予報が出ているときは、トレッキングを中止しましょう。グランドキャニオンでのトレッキングは、侵食、風化を続けているトレイルを歩くため、落石や地滑りなど、自然災害と隣り合わせ。頭上からの落石には特に注意が必要です。

@kennyweeksさんの投稿
22351968 762295813938850 1540399546947862528 n

岩陰や木陰を見つけたら、こまめに休憩をとり、糖分や塩分のある食品を摂取することも大切です。カイバブ・トレイルでのハイキングの場合は、夏場なら体を冷やすために、クリークに入るのもおすすめです。湿度は10%ほどしかありません。険しい自然の中を10時間以上歩き続ける過酷なトレイルですので、十分にペース配分して歩いてください。

グランドキャニオンノースリム観光の心得

@eswaleさんの投稿
23279598 1926149954303279 5655371974822592512 n

ノースリムは、サウスリムに比べると観光客が少ないと言われますが、それでも年間50万人から60万人の人が訪れると言われています。人間が訪れることによって、そこに住む動物たちの生態系に悪い影響を与えることがあります。かわいい野生動物に遭遇しても、餌を与える、捕まえる、傷つけるなどの行為を決してしないようにしてください。

@franksandresさんの投稿
23161009 2035323313409398 6258638043222114304 n

また、自然の織りなす絶景の中にはかわいい哺乳類や、美しい鳥類だけでなく、危険な生き物も生息しています。砂漠のノースリムでは、毒性のあるサソリやタランチュラ、毒蛇等に遭遇する可能性もあります。中には数時間内に血清を打たなければ命に関わる場合もあります。危険な生き物に遭遇した場合は、慌てず静かにその場から立ち去って下さい。

グランドキャニオン ノースリム観光におすすめの服装

グランドキャニオンのあるアリゾナ州は、かなり乾燥しています。夏場の日中は灼熱の太陽に照らされますが、春先や秋口は、砂漠であるが故に非常に温度差が激しく、肌寒く感じることもあります。帽子やサングラスなどの日よけの他、上着を持っていくことをおすすめします。また、トレイルを歩くために、ハイキングシューズを履いていきましょう。

@dogkharmaさんの投稿
22637794 138262646901224 7812206260547223552 n

ついでながら、長いトレイルを歩く場合は、飲料水の他に、軽食(エナジーバーと呼ばれるスナック等)を持ち歩くことをおすすめします。実は、ノースリムでは、年間300人近い観光客が、レスキュー隊に有料で救助されています。トレイルをハイキングする際は、自分の体力と相談し、時間に余裕を持ってハイキングを楽しみましょう。

グランドキャニオンノースリムで世界の絶景を満喫しよう!

@tropicalyouthさんの投稿
21985219 1823070417985112 7643125342407753728 n

アメリカが誇る世界遺産グランドキャニオンのノースリム情報はいかがでしたか?ノースリムは、サウスリムに比べて観光客が少ないため、自然が生み出した数々の絶景を独り占めできるチャンスがたくさんあります!上級者向けのトレイルもあります。百聞は一見に如かず!ぜひ、ノースリムで世界の絶景を満喫してください。

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%8b%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%81%ae%e8%a8%98%e4%ba%8bグランドキャニオン国立公園!その見どころやベストシーズンはいつ?

関連記事

© 2017 TravelNote