オーベルジュって何?おしゃれな雰囲気を楽しめるおすすめの施設紹介!

2017年11月6日 (2017年11月10日最終更新)

オーベルジュとは、宿泊施設を備え、食材の質や産地にこだわった料理を提供するレストランのことです。美食の国フランスが発祥の文化ですが、今では日本にもたくさんのオーベルジュがあり、温泉を備えたりそれぞれの魅力で宿泊者を楽しませています。

目次

  1. 日本のオーベルジュをご紹介!
  2. オーベルジュとは
  3. 日本初のオーベルジュ「AUMIRADOR」
  4. 箱根「ザひらまつホテルズ&リゾーツ仙石原」
  5. 伊豆「arcanaizu」
  6. オーベルジュフォンテーヌブロー熱海
  7. まるで南仏「葉山ホテル音羽の森」
  8. 京都の和オーベルジュ「柚子屋旅館」
  9. 星野リゾートロテルド比叡
  10. 奈良のスパニッシュオーベルジュ「akordu」
  11. 北海道のオーベルジュ「マッカリーナ」
  12. 長崎の小さな迎賓館「オリーブベイホテル」
  13. 高松「オーベルジュドゥオオイシ」
  14. 北海道「日高オーベルジュナチュラルリゾートハイジア」
  15. 福島「オーベルジュ鈴鐘」
  16. 一度は泊まってみたいフランスの「AubergeDuVieuxPuits」
  17. オーベルジュで贅沢な時間を過ごす

日本のオーベルジュをご紹介!

@yumiyumi173さんの投稿
22860400 140963246631566 5446053432232247296 n

日本でも、様々なスタイルで楽しめるオーベルジュがたくさんあります。関東では箱根や館山、葉山など、東京都心からも気軽に行ける場所にある他、京都や四国、北海道、九州など、地方ならではの美食を堪能できるオーベルジュが全国にあります。魅力溢れるおしゃれなオーベルジュをご紹介していきましょう。

オーベルジュとは

@liberte_aubergeさんの投稿
22857642 285747271944386 6497331147050057728 n

オーベルジュとは、郊外や地方にある「宿泊設備を備えたレストラン」のことを言います。その土地でその土地の食材を使った料理を楽しむために、お目当てのレストランへわざわざ出かけ、食べた後はレストランに併設している客室に宿泊するというのがオーベルジュの楽しみ方です。

オーベルジュの歴史

オーベルジュの発祥はフランスです。その歴史は中世までさかのぼると言われます。美食とワインの国にふさわしく、帰りのことなど気にしないでおいしいお料理とお酒を楽しめるというスタイルが流行し人気になりました。日本でも、箱根に初めてのオーベルジュが出来て以来、温泉も楽しめるオーベルジュなど様々な宿泊が出来ます。

日本初のオーベルジュ「AUMIRADOR」

一度は泊まってみたい日本で初めてのオーベルジュ

@m.a.k.i_chanさんの投稿
15802624 117016362138420 6320015818826448896 n

日本で初めてのビストロのお店を東京に開いた伝説のシェフ勝又登氏が、1986年に箱根に開業したのが日本初のオーベルジュ「AUMIRADOR」です。芦ノ湖畔に佇むこの建物は、ボルドーのシャトーをイメージした棟と、バリ風の棟、そしてガーデンテラスを望むメインダイニングのある本館と、おしゃれな雰囲気も人気です。

AUMIRADORの客室

@baba_au_kazuさんの投稿
14474406 319424205081194 3014880412578086912 n

客室は、ヨーロッパの保養所で過ごすようなあたたかくてロマンティックな雰囲気のフレンチスタイルのお部屋か、アジアンテイストのバリ風のお部屋かを選ぶことができます。おしゃれな館内にはテレビや時計、冷蔵庫などを設置していないので、関東に居ながら時間や日々の喧騒を忘れてゆったりとした時間を過ごすことができます。

AUMIRADORのお料理

@takashidashiさんの投稿
13413415 152605998488423 523272043 n

AUMIRADORでいただけるのは、伝統的なフレンチと和の技法を合わせた新しいフランス料理です。シェフが地元の生産者の方に会って厳選した食材を使った、地方でしか味わえない料理というテーマで提供される一皿一皿は、世界中の美食家に愛されてきました。繊細な盛り付けの美しさも人気の理由です。

AUMIRADORの温泉

@amanocciさんの投稿
923989 1058781774193368 1681180985 n

箱根に佇むオーベルジュらしく、関東有数の名湯元箱根源泉の天然温泉も楽しむことができます。効能は疲労回復や冷え症の改善などです。中庭が望める大浴場のほか、ジャグジーやサウナなどの設備もあります。スパも併設してあるので、温泉で温まった後はエステでリラックスするのもおすすめです。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根159-15
電話番号:0460-84-7229

%e7%ae%b1%e6%a0%b9箱根・芦ノ湖の観光おすすめスポット特集!遊覧船やロープウェイも人気!

箱根「ザひらまつホテルズ&リゾーツ仙石原」

レストランが作り上げるホテル

関東だけでなく、全国、そしてパリにも店を構えるフレンチレストランひらまつグループによる「滞在するレストラン」というコンセプトのオーベルジュです。全11室のスモールラグジュアリーホテルは、美しき日本の桃源郷とうたわれる程。贅を尽くした美食と、源泉かけ流しの温泉が心からのくつろぎを約束してくれます。

「ザひらまつホテルズ&リゾーツ仙石原」の美食

@hiramatsuhotels_resorts_sengokさんの投稿
19765031 131716170749328 6988849755614871552 n

ひらまつ伝統のイタリア料理にフレンチの技法を加えた、シェフ自慢のお料理はおすすめです。旬を大切にして全国から取り寄せられる食材は、季節感あふれる一皿へと変身を遂げます。連泊の場合は、初日はイタリア料理、2日目はフランス料理、という様にジャンルがかぶらないようなホスピタリティも完璧です。

「ザひらまつホテルズ&リゾーツ仙石原」の客室

@hiramatsuhotels_resorts_sengokさんの投稿
23101775 368571300247960 7170776160727465984 n

ピカソやシャガールなどが飾ってあり、本物のアートと触れ合えるのもこのオーベルジュの魅力です。すべての部屋に温泉がひいてあり、大涌谷温泉の白濁のにごり湯、または、姥子温泉の無色透明の単純温泉という関東屈指の2種類のお湯を楽しむことができるのも特徴です。富士山を望める客室もあり、人気を集めています。

住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1245-337
電話番号:0460-83-8981

伊豆「arcanaizu」

関東屈指の人気オーベルジュ

@yayoi_2303さんの投稿
17439367 269969300122063 2524595314325716992 n

arcanaizuは、食事もホテルの雰囲気も最高の関東屈指のオーベルジュです。森に囲まれた施設の隣にはは清流も流れていて、大人が大自然で寛げるということをテーマにしています。洗練されたおしゃれな雰囲気とお籠り感から、カップルにおすすめしたいオーベルジュでもあります。

arcanaizuの客室

@pinacchi1209さんの投稿
17596346 179744412541530 2576355094786211840 n

全室スイート仕様の客室には、お部屋に露天風呂が備え付けてあります。満天の星空の下、渓流を眺めながら入る温泉は心からリラックスできます。暖炉のある部屋、テラスが広いおしゃれな部屋など様々こだわりの部屋の種類は多様で、好みに合わせて選ぶ楽しさもおすすめのひとつです。

arcanaizuのお料理

@taku.yamamoto61さんの投稿
22344440 148489219089562 3481203128076861440 n

森に囲まれたダイニングでいただけるお料理は、伊豆の豊富な海の幸と山の幸をふんだんに使った五感を刺激するエモーショナルフレンチ。味も、見た目も芸術の域とも言えます。体に優しい朝食もおすすめで、この朝食を食べたいが為に何度も宿泊するという人もいるほどの人気です。

住所:静岡県伊豆市湯ヶ島1662
電話番号:0558-85-2700

オーベルジュフォンテーヌブロー熱海

熱海でリゾート気分

相模湾を一望できる高台に位置し、全室オーシャンビューという客室も人気のオーベルジュです。お部屋の露天風呂では、海を見ながら源泉かけ流しの熱海の湯でリラックスできます。アメニティはホテルのオリジナル製品で、オーガニックで香りも良く人気があります。おしゃれなお土産としてもおすすめです。

「オーベルジュフォンテーヌブロー熱海」のお料理

@fontaine_bleau_atamiさんの投稿
18382676 647101532146148 1583592985071714304 n

相模湾で獲れる新鮮な魚貝を使ったお料理が人気のフレンチは、野菜やフルーツも伊豆産にこだわっています。帝国ホテルで腕を振るったオーナーシェフが手掛ける芸術の一皿は、関東に居ながらにしてリゾート気分を高めてくれます。ダイニングからも、もちろん一面の海が望めます。

住所:静岡県熱海市下多賀1484-5
電話番号:0557-68-3303

まるで南仏「葉山ホテル音羽の森」

ウエディングにも人気のオーベルジュ

絶景のテラスや、関東に居るとは思えない南仏プロヴァンスの様なおしゃれなエントランスが撮影などにも使われる海辺のオーベルジュです。雰囲気が良いので女子会やランチだけの利用も人気ですが、リゾートウェディングの会場としても使うことができます。おいしいお料理とあたたかなパーティー、そのまま宿泊できるのも便利です。

葉山ホテル音羽の森のレストラン

@yucco320iさんの投稿
18095243 1791388651190228 1457330558706122752 n

なんといってもおしゃれな雰囲気が人気のダイニングは、宿泊者以外のカフェ利用も可能です。葉山牛を使った葉山バーガーやパティシエ特製のオリジナルケーキが人気。もちろん宿泊のディナーも好評で、三浦半島の海の幸をふんだんに使ったブイヤベースなどがいただけます。

住所:神奈川県横須賀市秋谷5596-1
電話番号:046-857-0108

京都の和オーベルジュ「柚子屋旅館」

和の趣をたのしむオーベルジュ

@kana.pon.stampさんの投稿
20184153 117365302220494 93106730539417600 n

オーベルジュは関東だけではありません。こちらは京都らしく日本の古都の趣を存分に堪能できるジャパニーズオーベルジュです。八坂神社にも近い立地で観光にも便利ですが、街の喧騒とは無縁の静寂のひとときを過ごすことが出来ます。屋号にちなんだ柚子風呂の大浴場もおすすめです。

柚子屋旅館のお食事

@reinapanaさんの投稿
17126542 1083616091783833 4947775043359735808 n

幻の柚子と言われる水尾の柚子や京野菜を使った体にも優しいおばんざいと、竈で炊くごはんがこの上ない贅沢なお食事です。お豆腐や湯葉、京都牛などこの土地ならではの食材を使った心からのおもてなしで、国内からの宿泊者はもちろんのこと、外国からの観光客にも人気のオーベルジュです。

住所:京都府京都市東山区祇園町八坂神社南隣545
電話番号:075-533-6369

Img 03京都八坂神社を観光!縁結びのお守り効果やランチもご紹介!

星野リゾートロテルド比叡

比叡山の麓の山のオーベルジュ

@hoshinoresort_hotelhieiさんの投稿
20589588 169545356923024 7216719949878788096 n

比叡山の麓、琵琶湖を一望する絶景スポットに佇む星野リゾートが展開する「ロテルド比叡」は、都会の喧騒から離れた非日常の時間を提供してくれます。館内にあるライブラリーでは、琵琶湖や比叡山にまつわる本を読みながら自由にお茶をいただくことも出来ます。

ロテルド比叡のお料理

ロテルド比叡のお料理の特徴は、フランス料理に近江の発酵文化を取り入れているということ。奈良時代から伝わる伝統食「鮒鮓」をアレンジした一皿はワインとの相性も抜群です。冬場はジビエを楽しむこともできるのですが、なんとツキノワグマが登場することも。季節が変わるごとに行ってみたくなるオーベルジュです。

ロテルド比叡のアクティビティ

@hoshinoresort_hotelhieiさんの投稿
22709215 323573351450468 2980308047559131136 n

ロテルド比叡では宿泊客の為のアクティビティが用意されているのですが、中でも人気なのが、国宝の延暦寺根本中堂での「朝のお勤め体験」です。通常参拝できない朝に勤行を体験でき、その後は、僧侶のお話しを聞くことができます。8割の宿泊客が参加するそうです。他にもソムリエのワインテイスティング講座などもおすすめです。

住所:京都市左京区比叡山一本杉
電話番号:0570-073-022

奈良のスパニッシュオーベルジュ「akordu」

復活を遂げた名店

奈良の至宝と言われたスパニッシュレストラン「akordu」が、オーベルジュとして復活を遂げました。前の店舗の時代から関西の美食家の間にはファンが多く、復活を喜ぶ声が多く聞かれました。東大寺旧境内跡地という奈良らしい土地で、宇宙がコンセプトだという想像もつかない様な素晴らしいお料理がいただけます。

人々を魅了する「akordu」のお料理

@magic_mackeeさんの投稿
17437482 233161843824321 7701046897699454976 n

東大寺の森の中のダイニングは、庭の眺望も好評です。そしてなんと言っても、独創的なスペイン料理が前akordu時代からのファンを離しません。「枯れ葉と落ち葉」や「水面の月、スミレの海」など不思議な題名のお料理ですが、香り、色彩、素材の持ち味を最大限に引き出した芸術的な一皿は、五感を刺激してくれます。

「akordu」の宿泊

@ituogourmetさんの投稿
16230281 256400541462593 984336736794443776 n

「akordu」に宿泊できる客室はわずか1室のみです。ダイニングの2階にある客室は、若草山を真正面に望み、東大寺へと続く350坪の敷地には鹿も現れることがあります。同じくに2階には50席のアットホームなウエディング会場も備えています。ぜひ関東からでも訪れたいオーベルジュです。

住所:奈良県奈良市水門町70-1-3-1
電話番号:0742-77-2525

北海道のオーベルジュ「マッカリーナ」

各国のファーストレディーも堪能したお料理

2008年の洞爺湖サミットで各国のファーストレディーがランチをしたことでも有名なのがこの「マッカリーナ」です。敷地内で栽培している野菜をふんだんに盛り込んだフレンチは、野菜とはこんなに濃い味がするのかと驚くほど新鮮な味わいです。羊蹄山の湧き水と風がこの野菜を育てると、シェフは言います。

マッカリーナの宿泊

@kikizillさんの投稿
19227836 1245211412254349 9215592158864605184 n

マッカリーナは決して豪華絢爛な施設ではありません。宿泊棟は4部屋のみ。しかしシンプルなお部屋だからこそ、そびえ立つ羊蹄山を存分に楽しむことができるのです。この地にあって人工の華美さは必要がなく、関東ではなかなか体感できない大自然の恵みを味わうことが何よりの贅沢な時間です。

住所:北海道虻田郡真狩村緑岡712-3
電話番号:0136-48-2100

長崎の小さな迎賓館「オリーブベイホテル」

海の上のオーベルジュ

長崎の大島に佇む「オリーブベイホテル」は、造船所が経営するオーベルジュです。魅力はやはり美しい入り江を一望にできるロケーション。そして、造船所経営ならではのアクティビティとして、宿泊ゲスト限定でクルージングを楽しむことも出来ます。将棋の名人戦が行われたことでも有名になりました。

オリーブベイホテルの美食

@sora.kozasayasuhiroさんの投稿
16110835 357857334586021 5393008430053064704 n

大島の海の幸と、自家菜園の野菜やハーブを使ったお食事は、和食か洋食かを選べるスタイルが人気です。プールを眼下にしてのダイニングで、ランチには西海の海鮮丼や長崎和牛のロース丼などカジュアルなメニューも用意されています。フレンチもクオリティの高さに定評があります。

隈研吾氏デザインの建物

@relaxationplusnagasakiさんの投稿
13129689 1597961940522094 326493198 n

建築家の隈研吾さんがデザインされたこともオリーブベイホテルの特筆すべき点です。おしゃれな外観ですが、宿泊エリアも洗練されていて贅沢な設計です。窓は全面ガラスを採用していて、美しいベイビューが思う存分楽しめます。バスルームからも絶景が望めて、リゾート気分が盛り上がります。

住所:長崎県西海市大島町1577-8
電話番号:0959-34-5511

高松「オーベルジュドゥオオイシ」

瀬戸内海のプライベート空間「オーベルジュドゥオオイシ」は、絶品フレンチが人気のオーベルジュです。シェフが毎日仕入れに行く海の幸を使った南仏風のディナーも人気でなのすが、海を眺めながらおしゃれなテラスでいただく自家製パンの朝食は一番のおすすめです。

住所:香川県高松市屋島西町65
電話番号:087-843-2235

北海道「日高オーベルジュナチュラルリゾートハイジア」

@relux_jpさんの投稿
17494150 701324976713820 8155732798741676032 n

日本の北欧と言われる日高に佇むオーベルジュでは、日高昆布や放牧の牛、日高山麓の無農薬野菜を使ったヌーベル日高キュイジーヌがいただけます。全室メゾネットタイプの客室には和室もあり、ファミリーでもくつろげるオーベルジュという点でもおすすめです。

住所:北海道日高郡新ひだか町静内東別383-59
電話番号:0146-48-2800

福島「オーベルジュ鈴鐘」

@teeeeeeeeeedaさんの投稿
12081113 843852262402042 1383593752 n

磐梯熱海温泉にあるこちらのオーベルジュの自慢は、有名朝ごはん東北大会で優勝した朝食と開湯800年の歴史を持つ磐梯熱海の温泉です。各客室に天然温泉が引いてあり、美人の湯にゆったりと浸かれます。夕食では、炭火で焼くこだわり和牛の炙りが特におすすめです。

住所:福島県郡山市熱海町熱海五丁目38
電話番号:024-994-1555

一度は泊まってみたいフランスの「AubergeDuVieuxPuits」

3つ星に輝く本場フランスのオーベルジュ「AubergeDuVieuxPuits」は、なんと言っても天才ジル・グージョン氏のお料理をいただくことが目的になります。ラングドックらしいおしゃれなテラコッタの建物でいただく天才のディナーは、五感を研ぎ澄まして味わいたいものです。

オーベルジュで贅沢な時間を過ごす

@aubergedelill__sapporoさんの投稿
18579630 268445796897771 6792468449089028096 n

その土地でしか味わえないこだわりの美味しい食事と、ホスピタリティ溢れるおもてなし、都会では味わえない贅沢な時間を過ごせるのがオーベルジュです。誕生日や記念日に、温泉や景観を楽しみ、美食を楽しむ大人ならではの休日を満喫してみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

関東地方の人気ランキング

関東地方の新着のまとめ

© 2017 TravelNote