「白石神社」のどんど焼きは見もの!七五三や厄払いの参拝も人気!

2017年11月13日 (2017年11月16日最終更新)

札幌市白石区にある「白石神社」は、パワースポットとしても有名で、由緒ある神社です。初詣の参拝者が、北海道神宮に次ぐ第2位で、境内はとても趣向を凝らした造りになっています。七五三や厄払いの参拝者も多く、お祭りも賑わいます。「白石神社」について詳しくご紹介します。

目次

  1. 白石神社は北海道のパワースポット
  2. 白石神社の見どころ1:パワースポットの池
  3. 白石神社の見どころ2:4つの末社
  4. 白石神社の見どころ3:秋の例大祭
  5. 白石神社の見どころ4:どんど焼き
  6. 白石神社の見どころ5:厄払い
  7. 白石神社の見どころ6:七五三
  8. 白石神社の見どころ7:初詣
  9. 白石神社の見どころ8:縁結び
  10. 白石神社の見どころ9:御朱印
  11. 白石神社へのアクセス
  12. 白石神社は札幌の不思議空間

白石神社は北海道のパワースポット

@masa_wineanderosesさんの投稿
20347741 1897634503837123 4352394221383057408 n

北海道のパワースポットである白石神社(しろいしじんじゃ)の御祭神は、日本の初代天皇である神武天皇です。当神社は、村人たちが神武天皇をまつった神社を建てたいという願いから建立されました。神武天皇は武神、勝負の神様です。社殿は1872年に北海道神宮の旧社殿を移築したものです。白石神社のお祭りなど詳しくご紹介します。

住所:北海道札幌市白石区本通14丁目北1-12
電話番号:011-861-2609

20160524133304 札幌近郊の神社&パワースポット!お祭り情報も!恋愛に効果があるのは?

白石神社の見どころ1:パワースポットの池

@osanasuginimohodogaaruさんの投稿
13423432 1057719377617162 1215378684 n

北海道のパワースポットと紹介されている白石神社では、池の周りに木々が生い茂っています。その池には小さな赤い橋が架かかっており、池の島に小さな神社があります。その神社が縁結びの神様をまつっている「白石弁天神社」です。お天気が良い日は、木漏れ日に照らされて神秘的な風景が見られます。

かつてはパワースポットの池の端に湧水場所があり、札幌市内で唯一残された湧水と言われていました。当時は、湧水を汲みに来る人も大勢いたようです。しかし、2015年に隣にある病院と周辺の再開発の影響により、水量が減ってしまったうえに、水質も悪化し飲み水には適さないという判定を受け、現在は閉鎖されています。

白石神社の見どころ2:4つの末社

@meyco12さんの投稿
14262697 1247706088583249 342575948 n

白石神社は大通り沿いにあり、境内は趣向を凝らした作りになっています。「白石神社」に一歩足を踏み入れると、都会の喧騒を忘れてしまうほどとても静かです。鳥居をくぐるとまずは社殿があります。そして、社殿の脇の階段を降りると景色が一変し、木々に囲まれた池があり、眺めているだけで清らかな気持ちになるスポットです。

池の周りには、白石竜宮神社、白石天神社、白石伏見稲荷神社、白石弁天神社の4つの末社が建っています。豊玉姫命をまつった白石竜宮神社と、隣の不動明王祠には、強いパワーが感じられます。また、京都伏見稲荷から勧請された白石伏見稲荷神社から、仕事運や金運のパワーがいただけます。白石弁天神社は縁結びのご利益があります。

白石神社の見どころ3:秋の例大祭

@hokkai21さんの投稿
14279156 643352815823687 252513455 n

白石神社では毎年9月11日に「白石神社例大祭」というお祭りがあります。恒例のカラオケ大会やイベントもたくさん行われます。1897年の9月10日に社殿が改築され、公式に神武天皇がまつられたことから、9月11日を例大祭と定めました。例大祭は、基本的には9月10日から本祭の11日までの2日間です。 本祭では「神輿渡御」が行われます。

お祭りでは、例年行われるステージ発表や記念カラオケ大会、余興プログラムは、両日とも18時頃開演で21時終演の予定で行われています。のど自慢のほかには、フラダンス、トランペット、南京玉すだれなどの余興が行われます。また、例大祭では毎年たくさんの露店や屋台が出店します。

@kumi_komiku935さんの投稿
11820536 1457463084584479 2051189295 n

お祭り当日は、国道12号線から平和通りは交通通規制され、歩行者天国になり、お祭りならでは露天や金魚すくいならぬ青ガメすくい、花屋さんなど約200軒のお店が軒を連ねます。屋台の営業時間は20時半位までとなっています。神社に駐車場はなく、周辺道路も駐車違反の取り締まりなどが厳しいですので、公共交通機関を使用して下さい。

白石神社の見どころ4:どんど焼き

@yamamiyu_pandaさんの投稿
10268861 1162851060411435 546250360 n

通常神社で行われる「どんど焼き」は、しめ飾りや門松などを無病息災を祈願して燃やす行事です。白石神社で行われる「どんど焼き」は、毎年元旦から14日までの毎日行われています。時間は10時から17時で、最終日は正午までになります。「どんど焼き」は特に土日に来られる人が多いようです。

お正月にいらしてくれた歳神様は、「どんと焼き」の煙に乗って天に帰られると言われています。そのため、「どんど焼き」は、祭神様をお見送りするための行事でもあります。また、「どんど焼き」で書き初めを焼いた時に、炎が高く舞い上がったら、字が上手になるとも言われています。

@kurogekoyaさんの投稿
19933452 139330696647549 1461658781933895680 n

「どんど焼き」期間中は終了後も段ボールがおいてあり、納められます。14日の正午以降は、全く受け付けてもらえませんので、お早めにお出かけ下さい。また、神棚は受けつけていません。飾りの金属などは、燃えない為外して持参するか、現地で別に回収しています。基本的に神社で受けたものは納められますが、お寺のものはNGです。

白石神社の見どころ5:厄払い

@natsukobutaさんの投稿
22711089 313040722508404 5302417236089110528 n

厄払いは神社仏閣では年中受け付けています。基本的に厄払いは予約の必要なく当日受付です。白石神社での厄払いの受付は、9時から15時までで、料金は5,000円です。祈祷料は受付の時に渡すので、わざわざ包まなくても良いようです。厄払いの受付の際に、用紙を渡されますので、厄払いの所にチェックをし、名前や住所等を記入します。

@sakjunさんの投稿
14504660 1123569227757247 7980042102027321344 n

祈祷受付がある場合はそちらへ行き、無い場合は社務所か授与所へ行って厄払いの受付をします。厄払いの大まかな流れとしては、まず最初におはらいをします。次に祝詞を読み、神楽や玉串拝礼をします。厄払いの所要時間は約30分で、30人から40人ほどで一斉に行うようです。その後破魔矢や厄除けお守り、福豆などを受け取って終了です。

白石神社の見どころ6:七五三

@sumomo_mo_momo_moさんの投稿
22637142 404832456601307 1578176331231789056 n

北海道の七五三は、気候の影響で他の地域より少し早く始まります。北海道の11月はすでに寒い時期で、子供たちに負担がかかるため、10月に七五三祝祭があります。早ければ9月に七五三をする家庭もあります。基本的に七五三は近くの氏神様に参るのが良いようです。

白石神社の見どころ7:初詣

@k.sssmiさんの投稿
15802265 202804376792831 6946580946640437248 n

北海道で第2位の人気を誇る白石神社には、例年約5万人の人が初詣に訪れます。白石神社のご利益は、開運招福、家内安全、交通安全、厄除け、延命長寿、縁結び、金運などがあり、老若男女を問わず多くの人たちが参拝します。白石神社はパワースポットとしても有名なため、初詣でパワーをいただきに来る人たちが後を絶ちません。

毎年、中に入れず道路から行列ができ、30分は並ばなければいけないほどの混み具合だそうです。元旦から「どんと焼き」に来る人も多く、お神酒コーナーで暖を取っている人もたくさんいます。初詣当日は雪が降っていたり、最高気温が-7℃など寒い中での初詣になりますが、白石神社の雪景色もまた趣があります。

白石神社の見どころ8:縁結び

@saoriiiiiiingさんの投稿
16788964 1248175538609019 6289624591585247232 n

白石神社の右手にある池はパワースポットで、その中に縁結びの社「白石弁天神社」があります。「白石弁天神社」は縁結び神社です。出会いを期待している方におすすめです。きっとご利益があると思います。また、おみくじやお守りなど、白石神社限定品もあり、御朱印をいただくこともお忘れないように!

白石神社の見どころ9:御朱印

@whgh20_1612さんの投稿
20184771 1457112671049262 4133226472674426880 n

神社の御朱印とは、神社や寺院で参拝者に向けて押印される印章のことを言います。一般的に、御朱印には参拝した日付や寺社名、御祭神の名前などを墨書きして、押印して下さいます。御朱印の起源は、寺社へ写経を納めた際の受付印が御朱印になった言われています。一枚一枚手書きなので、同じものはないというありがたいものです。

@saoriiiiiiingさんの投稿
16788964 1248175538609019 6289624591585247232 n

白石神社での御朱印は、鳥居をくぐった左側にある社務所の授与所でいただけます。白石神社の御朱印は、中央上に大きな菊紋が押してあり、力強い筆文字が特徴です。ちなみに、白石神社の社紋は「十六弁一重表菊紋」で、パスポートの表紙と同じ菊紋です。これは皇室の紋章「十六弁八重表菊紋」を一重に略したものだそうです。

白石神社へのアクセス

@no_usagiさんの投稿
15046840 597302640471801 7303992684606128128 n

白石神社へのアクセスは、地下鉄東西線「南郷13丁目駅3番出口」から徒歩約9分、「南郷18丁目駅2番出口」から徒歩約19分、JR函館本線「平和駅出口」から徒歩約20分です。JR函館本線「白石駅」からはタクシーで5分ですが、バスもあります。北海道中央バス「JR平和駅前」行に乗車し、「白石神社前」バス停まで約12分です。

また、JR札幌駅からは、JR北海道バスが運行しています。札幌駅前バスターミナルの3番バス乗り場から、「白石神社前」バス停まで、乗車時間は約30分弱です。白石神社は、札幌市白石区の国道12号沿いの恵佑会札幌病院の裏側にあります。車で秋のお祭り「例大祭」や初詣に行く場合、お正月三が日は駐車ができませんのでご注意下さい。

Ame unadaretataiyou tp v札幌駅周辺で観光!空いた時間にいけるショッピングスポットやお土産屋紹介

白石神社は札幌の不思議空間

@natsukobutaさんの投稿
22802626 1459599640813829 5100934818380644352 n

白石神社は、町の中にある神社で決して広くはありませんが、木々で囲まれていて、パワーあふれる不思議空間です。凛とした雰囲気のある神社で、穴場的な神社ですが、相性が良ければ強力なパワーをいただける神社ではないでしょうか。お祭りや初詣で、是非、白石神社に足を運んでみて下さい。

関連記事

北海道の人気ランキング

北海道の新着のまとめ