フロイン堂(神戸)の食パンは予約必須!手ごねにこだわる専門店の味!

2017年11月23日 (2018年7月14日最終更新)

パンの街神戸の中でも食パンで有名なお店が岡本にあるフロイン堂です。今なお手ごねにこだわり、レンガ窯で焼き上げられる食パンは、そのほとんどが予約で完売してしまう大人気商品です。フロイン堂が手ごねにこだわる理由や人気商品をご紹介します。

目次

  1. 予約でほぼ完売のフロイン堂の食パン
  2. 老舗のパン屋フロイン堂とは
  3. パンの街神戸は岡本にあるフロイン堂
  4. フロイン堂のこだわりは手ごね
  5. 日本でも数少ないレンガ窯を使用
  6. フロイン堂の人気商品は
  7. フロイン堂の食パンの特徴
  8. 気になる焼き上がり時間は
  9. フロイン堂の食パンは予約必須
  10. フロイン堂の唯一無二の味をぜひ

予約でほぼ完売のフロイン堂の食パン

22500368 1733590233609341 1810765161250684928 n
kanaco2802

80年以上変わらないこだわりの作り方と美味しさでたくさんのパン好きをうならせてきた人気店が、神戸岡本にあるフロイン堂です。今なお毎日手ごねで、今や珍しいレンガ窯で焼き上げられるパン。流行りのベーカリーのように種類は豊富ではありませんが、ここでしか味わえない、予約でほぼ完売の、絶品の食パンがあるのでご紹介します。

Originalウチキパンは日本の食パン元祖!横浜に来たなら是非行きたいおすすめ店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ウチキパンは横浜でも、いえ、日本でも屈指の老舗のパン屋です。なんとこちらは食パン発祥の地。そ...
B3d2d90a847f75499f3550377a9a6de73cf3fbf7芦屋のおすすめパン屋!人気ランキングをご紹介!食パン専門店などもある! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
芦屋のおすすめパン屋をご紹介いたします。パンは今となっては、誰もが好きな食べ物なのではないで...

老舗のパン屋フロイン堂とは

22071202 131179874194156 5872128550366085120 n
magic_mackee

フロイン堂は日本にドイツパンをもたらした神戸の老舗ベーカリー『フロインドリーブ』の支店として、1932年に創業しました。現店主の竹内善之さんは二代目であり、初代店主である竹内さんの父親が元々フロインドリーブに勤務していて、その暖簾分けという形でのスタートでした。終戦後に今の看板を掲げた、日本でも老舗のパン屋です。

Original フロインドリーブは神戸の名店!ランチ情報や気になるメニューを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
神戸の喜ばれる手土産の定番としても名高いフロインドリーブ。質の高い焼き菓子やパンだけでなく、...

パンの街神戸は岡本にあるフロイン堂

19367567 116452062293713 4551119527785529344 n
bei_mir_bistu_shein

神戸には全国でも有名なパン屋が数多くある、まさにパンの街です。フロイン堂は神戸の中でも学生の街である岡本にあります。人の流れに沿って歩いていくと雑貨店やカフェがずらりと並んでいる路地に出ます。その中でもつい通り過ぎてしまいそうな程こじんまりとした、飾りっ気のない普通の民家のような佇まいのお店がフロイン堂です。

フロイン堂は阪急岡本駅の南改札口から徒歩1分程の所にあります。阪急岡本駅の北側には有名な大学がいくつもあり、駅界隈は常に多くの学生で賑わっています。岡本は学生の街で、カフェや雑貨店が多く、パン屋も数店あります。その中でも駅から一番近いのが老舗フロイン堂で、岡本駅を利用する人のほとんどが一度は足を止める人気店です。

フロイン堂は阪急岡本駅からすぐですが、阪急線より南側を走るJR線からでもアクセスが可能です。阪急岡本駅とJR摂津本山駅は徒歩圏内にあり、JR摂津本山駅で下車し、緩やかな坂道を上る形で北へ進めば、フロイン堂がある阪急岡本駅南口に出ます。その間にもパン屋を目にしますが、食パンが目的なら迷わずフロイン堂を目指して下さい。

フロイン堂のこだわりは手ごね

16908142 758331420999936 8066030727432503296 n
furoindo

フロイン堂のこだわりは、何と言っても手ごねです。オーブンやミキサーといった機械は全く使わず、50㎏程の重さの生地を手でこねて、正真正銘の手作りのパンを作り上げています。一般的なパン屋のオープン時間は7時前後ですが、フロイン堂は少しゆっくり目で9時オープンです。その理由はもちろん、こだわった丁寧な仕込み作業の為です。

御年80を超える店主が手ごねにこだわる理由は、やはりその仕上がりです。長年パン生地と向き合ってきた手は、気候や天候、生地の具合を敏感に感じ取り、生地のきめ細かさや絶対の味を作り上げます。又、手渡しにもこだわっていて、出店や催事のオファー、地方発送の問い合わせは多くありますが、現在は残念ながら対応してはいません。

日本でも数少ないレンガ窯を使用

22500369 1490238714345200 121532262918389760 n
furoindo

フロイン堂のもう一つのこだわりは、パンを焼き上げる竈です。創業から10年経った頃に一層式のレンガ竈が導入され、現在でもこのレンガ竈でパンを焼き上げています。庫内の温度を約300℃まで熱し、余熱で焼き上げられたパンは中からじんわりと火が通っていて、余計な水分が飛び、表面はパリッと、中はしっとりしたパンに仕上がります。

フロイン堂自慢のレンガ竈は空襲や震災をも耐え抜き、現在も毎日稼働し続けています。数年前から燃料となる薪が手に入りにくくなり、熱源をガスに変更せざるを得ませんでしたが、2年かけてガス特有のくせを掴み、均一の焼き上がりを維持しています。店主竹内さんの皺が刻まれた腕や無骨な手、所々黒く煤けたレンガ竈に歴史を感じます。

フロイン堂の人気商品は

田舎パン

16122938 318104078586834 1012325505359151104 n
furoindo

クルミとレーズンがたっぷり入っている田舎パンは大720円・小360円の2サイズあります。素朴な見た目とは裏腹に、ずっしりと重く、程よく酸味のある生地には噛めば噛むほど甘みを感じられる、奥の深いパンです。クルミの食感もザクザクとしていて、スライスしてそのまま食べたり、クリームチーズを乗せて食べるのがおすすめです。

アンドーナッツ

16229392 598814170325680 611315906559082496 n
furoindo

美味しいと評判のアンドーナッツは、1個170円です。ドーナッツと言うとふんわりとした食感をイメージしますが、フロイン堂のアンドーナッツは食パンと同じ生地を使っている為、弾力としっかりした噛み応えがあり、初めて食べた人は必ずびっくりします。噛む内に中の餡子の程よい甘さとむっちりとした生地の旨味が合わさっていきます。

バターケーキ

17075870 1907558219488594 739980344924569600 n
furoindo

しっとりしたバターケーキは大830円、小570円、カップ180円の3サイズあります。フロイン堂のバターケーキは家庭の味と表現するのがしっくりくるような、飾りっ気のない素朴な味わいで、どこか懐かしい味わいの商品です。バターケーキ特有のギトギト感はなく、レモンの風味が利いていて、あっさりしていて食べやすいバターケーキです。

ビスケット

22344448 1691290844249023 7041967149467828224 n
furoindo

自分用に、手土産にと人気なのがフロイン堂のビスケットです。5枚入り340円、10枚入り680円があり、大きな丸い形のザクザクとした食感のビスケットは、その素朴な甘さがくせになる、ふと食べたくなると、リピーターの多い人気の商品です。もちろんこのビスケットも仕込みから手作業で作られていて、窯の余熱で焼き上げられています。

フロイン堂の食パンの特徴

23498236 128851331138102 3035597865935175680 n
iroito89

一番人気の食パン。その特徴はパリッとした表面でありながら、中はきめの細かいふんわりとした食感になっていることです。先に挙げた通り、フロイン堂では高温のレンガ竈を使用しているので他にはない焼き上がりになります。カットする際、表面がパリパリ故にどうしても粉が出やすいので、包み紙の上でカットすることをおすすめします。

18948290 446458089054045 1066667686445973504 n
y.nishig

フロイン堂の食パンはいわゆるハード系の食パンです。そのまま食べても美味しいのですが、トーストすると一層表面がパリッとなります。シンプルな材料で作られているだけに、しっかりとした塩味も感じられます。バターとの相性が良く、軽くトーストしてバターをひとかけ乗せれば、その美味しさに思わず唸ってしまいます。

焼きたてのパンの香りはたまらなくいい香りですが、フロイン堂の食パンは香りまで他とは違うと言うリピーターが多くいます。焼き上がり、レンガ竈から出された食パンは、型から外され、仕上げに山の部分にバターを塗ります。そしてすぐ白い紙で包まれるので、焼き上がりそのままの何ともたまらない香りもそのまま包まれてくるのです。

気になる焼き上がり時間は

16230954 1624690494507383 556401975130849280 n
furoindo

フロイン堂は手ごねと言うこだわりの仕込み作業を行っているので、早朝から一日の流れが決まっています。その為、パンを焼く順番、つまりは焼き上がりの順番も決まっています。店頭にも張り出してありますが、焼き上がり一覧表が用意されているので、それを参考にお店に向かって下さい。ただし、食パンは予約をしておくと安心です。

フロイン堂の食パンは予約必須

18253036 1259121580874572 5589526823345061888 n
_lllicca_

フロイン堂の食パンは、全国の食パン好きが「他とは違うと太鼓判を押す絶品の食パン」とメディアや雑誌でも多く取り上げられました。その為神戸界隈だけでなく、全国から買い求めに来るようになりました。手作業故に一日に焼ける本数は限られており、あまりの人気に食パンは予約をしておかなければほぼ買うことができない状態です。

人気商品の予約は何か月も先まで予約が埋まっているケースが多いですが、嬉しいことにフロイン堂の予約は当日予約のみです。食パンに限らず、全ての商品が朝の9時から予約できるので、電話か店頭で予約して下さい。運が良ければ予約なしでも絶品の食パンが手に入る日もあるので、諦めずに焼き上がり時間にお店を訪れてみて下さい。

フロイン堂の唯一無二の味をぜひ

22069278 723590464493433 3174626945149173760 n
rice1225

以上、神戸岡本にあるフロイン堂と予約必須の食パンについてまとめてみました。今どき珍しい、機械を一切使わないこだわりの手ごね作業とこだわりのレンガ竈が焼き上げるパンは、フロイン堂でしか味わえません。神戸に来た際には、ぜひ一度フロイン堂のパンを味わってみて下さい。その美味しさに思わずうなること間違いなしです。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
田前希美

神戸の人気ランキング

神戸の新着のまとめ