石垣島へ直行便で安く行く方法は?羽田や関空からの格安航空券を比較!

2017年11月26日 (2017年11月29日最終更新)

最近は飛行機のチケットが安くなり、石垣島への直行便が利用しやすくなっています。石垣島へは乗り換えがある場合と、直行便があります。そこで、石垣島への直行便の格安チケットを比較してご紹介します。夢の石垣島へ気軽に行けるかも!?

目次

  1. 直行便で楽々石垣島旅行
  2. 石垣島への直行便について
  3. 石垣島の直行便はどの空港から出ているの?
  4. 石垣島直行便①羽田発
  5. 石垣島直行便②関空発
  6. 石垣島直行便③中部発
  7. 乗り継いでもっと安く石垣島に行きたい
  8. パッケージツアーもおすすめ
  9. 直行便で楽々アクセス!石垣島おすすめスポット
  10. 石垣島へ直行便を利用してお得に行こう

直行便で楽々石垣島旅行

@lima_seitaiさんの投稿
23098986 133438700748788 1422852794636828672 n

沖縄県の石垣島は、綺麗な青い海が人気の南の島です。石垣空港があり、直行便ができたため、乗り換えの手間なく短時間で石垣島に行けるようになりました。しかし石垣島は遠いので、結構チケット代が高いと感じることも。そこで、直行便を利用して安く石垣島に行けるチケットについてご紹介します。

石垣島への直行便について

@lucky_chance_gさんの投稿
22709535 457717934628521 64542908803448832 n

2013年に石垣島の空港が大きくなったため、各地から直行便がでるようになりました。それまで石垣島に行くには、那覇で飛行機を乗り継ぎが必要でした。直行便ができたことにより、那覇で乗り換える時間が短縮され、ざっと見積もっても2時間ほど移動時間が短くなります。石垣島は訪れやすい離島となりました。そして現在は安い航空チケットも発売されており、手軽に行ける沖縄の離島となっています。

@archangel_joeさんの投稿
23099270 1742572782703882 8031451091033915392 n

安さ重視で行くなら、3つのポイントがあります。1つは、最安値シーズンに行くこと。2つ目はLCCを利用すること。3つ目は、大手の航空会社を利用する場合は、55日前に予約して早割を利用することです。特にLCCは安く飛行機に乗れるとあって昨今人気があります。

石垣島の直行便はどの空港から出ているの?

@porterserviceさんの投稿
22858144 133179390671351 333466552261148672 n

石垣島への直行便に乗ることができる空港は、羽田、関空、中部、福岡です。特に関空からはLCCの直行便も出ており、安い価格で石垣島に行くことができます。羽田と中部からはLCCは出ていませんが、ANAやJALの割引を利用したり、乗り継ぎを利用して安く行ける方法などがあります。福岡は定期路線ではありませんが、期間限定で石垣島への直行便が出ることがあります。

石垣島直行便①羽田発

2017年11月現在、羽田から石垣島への直行便は、1日4便出ています。復路の石垣空港発の便も同じく5便です。就航している路線は、JALグループである日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANAの2社です。羽田発のJALとANAの石垣島直行便のチケットを比較してみます。

@monkeymajik333さんの投稿
23416420 158142658017125 2587470676306690048 n

まずは、羽田発JAL利用のチケットの値段です。一番安い時期は2月です。2018年2月の石垣島直行便のチケットの最安値の価格は、早割が適用された値段で2月11日発の片道14870円です。

@huihui8239さんの投稿
22580532 1936971713224927 7187654274099183616 n

石垣島直行便の最安値の便は羽田発の時間は、14時15分。石垣島着は17時45分です。遅めの出発でも構わないよという方は、こちらでもよいでしょう。しかし、どうせならもっと早く到着して石垣島観光をたくさんしたいところです。2月11日の早い時間に羽田を出る便は、現時点でANAだけです。早く出発したい方はANAを利用しましょう。

次に羽田発ANA利用のチケットの値段です。JALと同じく、最安値である2月11日は14870円です。値段が同じなので、早く出発したい方はANAがおすすめです。出発時間は6時10分羽田発、石垣島には9時35分に到着です。もう1便は11時20分発、到着が14時45分です。年間でも最安値の2月に出発する場合、JALを利用してもANAを利用しても往復で3万から4万といったところです。

石垣島直行便②関空発

@yasuhiromiyahiraさんの投稿
22710546 1225551317549323 6572132537995362304 n

関空から出ている石垣島への直行便は、大手のJALとANAのほか、LCCのPeach(ピーチ)が就航しています。安いということを最優先するならば、LCCのPeach一択です。関空からは、1日1便運行しています。年間を通しての最安値は2月の5480円です。この時期なら、往復でも1万5000円を切るくらいで石垣島に行くことができます。年末年始などの繁忙期を除けば、関空発は往復2万円前後でチケットが手に入ります。

@0623fujimonさんの投稿
23967267 495008580899038 2428557745348149248 n

繁忙期のチケットも安いのかというと、いくらPeachといえどもあまり安いものではありません。年末などのハイシーズンは片道2万6000円からと、大手との差は5000円程度にまで縮まります。ちなみに、ほかのシーズンは1万5000円くらいの差があります。関空からハイシーズンに石垣島に行く時は、チケットが取れるかという点や、出発の時間の都合も加味しながら大手も検討してみてもよいでしょう。

石垣島直行便③中部発

中部国際空港から出ている石垣空港への直行便は、ANAのみとなっています。そのため、中部国際空港から石垣島への直行便を安さ最優先で利用したい場合は、最も安い2月に利用しましょう。2月の直行便のチケットの値段は片道13690円です。直前割などもあるので、直前に出発が決まった場合は、ほかのシーズンでも比較的安い可能性があります。

乗り継いでもっと安く石垣島に行きたい

@pps_kinyaさんの投稿
23824061 1991610071055382 5389553584129966080 n

LCCがない羽田と中部からは、直行便を利用すると最安値期間でも往復で3~4万円と、どうしてもの値段が高くなってしまいます。そこで、乗り継ぎをすることでもっと安く石垣島に行ける方法をご紹介します。時間はあるのでとにかく安く行きたい方や、最安値期間以外に石垣島に安く行きたいという方にはおすすめです。

成田発那覇経由で石垣島

@nakayama.s616さんの投稿
20181020 1943591962574828 731424886035054592 n

とにかく安く行きたい方は、那覇での乗り継ぎをして石垣島に向かう方法がおすすめです。成田空港の利用が可能ならば、関東から那覇までは、LCCを利用しましょう。ジェットスターとバニラエアが就航しています。成田空港から那覇まで最も安い2月の期間では、ジェットスターで片道6580円から、バニラエアでは片道6860円からです。

@hihinihihさんの投稿
23970331 1585451201498037 8876274963498139648 n

那覇から石垣島へ向かう便の最安値は、ソラシドエアで片道5000円からですが、55日前に予約をすると早割が適用されるので、大手のJALやANAを利用しても価格にあまり大きな開きはありません。空港で待つ時間等を考慮して、那覇からはANAやJALを利用しましょう。那覇でLCCからLCCへの乗り継ぎは、待ち時間が長すぎるためおすすめできません。

成田から那覇までをLCCにすると、石垣島までのトータルで片道1万4000円程度です。乗り継ぎをしたほうが、どの日程においても直行便よりも安くなります。乗り継ぎをする際に注意したい点ですが、成田から那覇までバニラエアを利用した場合、那覇空港の到着ターミナルがLCC専用ターミナルです。LCCターミナルから国内線ターミナルに移動するまでに30分かかり、石垣島に着くまでに6時間から7時間かかるので要注意です。

羽田発那覇経由で石垣島

@hnd118.1さんの投稿
22430061 268288230359088 3997281132734316544 n

羽田からでも那覇を経由することで、安い値段で石垣島に行くことができます。羽田から那覇に就航しているのは、JAL、ANA、スカイマークの3社ですが、2月の最安値期間では、早割を利用すれば、羽田から那覇まではどの航空会社でもあまりチケットの値段は変わらず、片道9000円前後です。直近に決めた場合は、可能であればスカイマークにしましょう。到着時間が夜になりますが、3日前でもこの時期の場合1万円を切ります。

@emiusashippoさんの投稿
16465749 255221854889808 931291395312844800 n

そして那覇から石垣島へは、JAL、ANA、ソラシドエアのいずれかで向かうことになります。成田から石垣島への行き方のところでも書いた通り、早割利用なら各社あまり大差なく、ソラシドエア最安値で5000円からです。乗り継ぎ待ちをする時間を考慮して、一番利用しやすい便を選んでもOKです。

2月の場合乗り継ぎをして最安値でも片道14000円程度なので、直行便の最安値である2月11日前後の場合は、片道のみで比較するとあまり大差がありません。しかし、2月でもほかの日ですと直行便は片道2万円を超えるので、もう少し日程に幅をきかせたい場合や、ほかのシーズンに石垣島に行きたい場合は、乗り継ぎをする方が安くなるのでおすすめです。

中部発那覇経由で石垣島

@taicho_nago3さんの投稿
23498472 129935814312607 619863990989750272 n

中部発で那覇を経由する場合、特に安いのがスカイマークかジェットスターです。ほかの航空会社は早割を使ってもこの2つには勝てません。2月の最安値の日で、ジェットスターは5300円、那覇からはスカイマークは5810円です。那覇から石垣島までのチケットと合わせると、片道1万2000円程度で石垣島に行くことができます。

やはり直行便とあまり変わらないのではと思われがちですが、直行便の最安値である13690円の日はあまりありません。那覇から石垣島までのチケットは、短期間で大きく値段が変動しないため、往復で考えると経由した方がお安くなります。

Original沖縄へのLCCを比較!各航空会社の料金・サービスなど人気があるのはどこ?

パッケージツアーもおすすめ

忘れてはいけないのがパッケージツアー。パッケージツアーは航空チケットのほかに宿込みで各地から3万円強で売り出されています。とても安いため、人気があります。特にパッケージツアーの場合は、出発直前になると格安で売りに出されることがあるので、シーズン問わず、数日後に石垣島に行きたいとなった時にはパッケージツアーを探してみましょう。手配する時間も短縮できますし、何よりもお得なので人気です。

直行便で楽々アクセス!石垣島おすすめスポット

@naomix0708さんの投稿
23969550 132615077426371 5599824930855190528 n

直行便で楽にアクセスできるようになった石垣島。石垣島には人気のあるスポットがいくつかあるので、簡単にご紹介します。石垣島を訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてください。

川平湾

川平湾は、言わずと知れた石垣島の大人気スポットです。その透明度は世界でも有数と言われており、展望台から川平湾を見れば感動すること間違いなしです。グラスボートに乗って周遊することができます。

玉取崎展望台

@toshiyuki.miyaさんの投稿
23966943 2006370962974666 5392502916697292800 n

玉取崎展望台は、石垣島のでは第2位の人気スポットです。石垣空港から車で20分のアクセスのよさが魅力の展望台。アクセスがとてもいいのに、この展望台に登ればエメラルドグリーンの珊瑚礁を一望することができます。

米原ビーチ

@non.maccさんの投稿
23824702 288974348289882 4492818069751595008 n

米原ビーチは、石垣島で一番人気のあるビーチです。地元の方にも人気があります。石垣島でシュノーケルをするならここはとても人気がありますが、潮の流れが速く遊泳禁止なので海を眺めてのんびり過ごすほうが安心です。キャンプ場があるので、キャンプやバーベキューをすることもできます。

 e5 b7 9d e5 b9 b3 e7 81 a3石垣島の川平湾ご紹介!日本百景にも選ばれた絶景スポット!
8ea5d5e2858f498bbf51b7ab5a87bd76石垣島の川平湾でグラスボートを楽しもう!おすすめの時間帯は?

石垣島へ直行便を利用してお得に行こう

@oyazyさんの投稿
24125393 562190184120869 2885196220127510528 n

石垣島への羽田や関空からの直行便を中心に、格安チケットなどのおすすめ情報をまとめました。安くチケットを手に入れるポイントは早割を利用することと、行けるなら閑散期の安い時期に行くことです。事前に読めないのが、直前割の存在。航空チケットもパッケージツアーも、直前割のものがでることがあります。予定が決まるタイミング次第でチケットの探し方を変えてみるのも大事です。

3ec043a3c644ff10370d6c794a749303沖縄石垣島観光!旅行するなら外せないスポット20!観光客にも人気!

関連記事

関連するキーワード

沖縄の人気ランキング

沖縄の新着のまとめ

© 2017 TravelNote