肉の米内は盛岡の人気焼肉店!ランチや冷麺などのメニューおすすめ情報

2018年1月11日 (2018年9月5日最終更新)

肉の米内は岩手県の中で最も歴史の古い精肉店です。肉の米内の特におすすめのメニューは、日本で最も美味しいと言われる前沢牛のすね肉と極太の骨を使用した冷麺です。このお店の扱う肉は安くて美味しいと評判で、地元の人々にも訪れる観光客にも広く愛されています。

目次

  1. 肉の米内のランチを食べよう
  2. 肉の米内へのアクセス
  3. 肉の米内の歴史と評判
  4. 肉の米内のたもとの上の橋
  5. 肉の米内のおすすめランチ1:あつあつ弁当
  6. 肉の米内のおすすめランチ2:冷麺
  7. 肉の米内のおすすめランチ3:極上霜降ロース定食
  8. 肉の米内のおすすめランチ4:カルビ定食
  9. 肉の米内のおすすめランチ5:牛タン定食
  10. 肉の米内のおすすめランチ6:サーロインステーキ
  11. 肉の米内のおすすめランチ7:ヒレカツ定食
  12. 肉の米内のおすすめランチ8:生ラム定食
  13. 肉の米内のランチを堪能しよう

肉の米内のランチを食べよう

肉の米内(よない)で有名な米内商店は、岩手県盛岡市紺屋町にある精肉店で、明治32年創業という、岩手県の中でも最も歴史が古い商店です。観光名所で有名な上の橋のたもとにあるこのお店では、前沢牛や米沢牛を使用したステーキや焼肉、冷麺など、絶品の料理を楽しむことができます。ここではそんな肉の米内について、ランチや冷麺などのメニューを含めて紹介します。

肉の米内へのアクセス

26156229 1890212414624704 9082883944365424640 n
yuttaakno

肉の米内へのアクセスは、徒歩の場合、上盛岡駅出口から約16分、山岸駅出口から約25分、盛岡駅南口出口から約26分ほどで行けます。バスの場合は、盛岡駅から15分ほどのり、上の橋で下車してすぐのところです。マイカーの場合は、米内商店に専用駐車場があり、盛岡駅から約10分で目的地に着きます。お店には予約を入れてから出かけた方がよいでしょう。

肉の米内の歴史と評判

肉の米内は、明治32年創業という、岩手県下でも最も古い歴史を持つ精肉店です。この商店では、日本で最も美味しいと言われる前沢牛のすね肉や、極太の骨を使用した冷麵が評判となっており、秘伝のたれで味わうカルビ定食や極上ロース定食、前沢牛ステーキなどがリーズナブルな価格で美味しく食べられるお店として地元の人々に愛されています。店内は混み合うため、予約を入れることをおすすめします。

肉の米内では、前沢牛はじめ最高級の県内産黒毛和種の肉を使用しています。中でも、ステーキ肉は箸だけで切れるほどやわらかい肉を使っており、焼肉もソフトで、霜降りの脂身もコクがあり食欲をそそります。冷麺の味付け肉は口の中でとろけるような柔らかさがあり、手打ち麺は太くしっかりしています。冷麺が日本で最初に始まったのが盛岡市だそうです。

肉の米内のたもとの上の橋

1172114 283051038538407 218700847 n
hige_gorilla

肉の米内のたもとにある上の橋は、慶長14年に、第27代藩主南部利直が盛岡城建築時に中津川に架けた橋で、観光名所としても有名です。橋の欄干には青銅製の擬宝珠(ぎぼし)が取り付けられており、慶長14、16年の銘が刻まれています。城下町の風情が残る擬宝珠は、国の重要美術品となっています。また、橋のたもとには市の花であるカキツバタが群生しています。

肉の米内のおすすめランチ1:あつあつ弁当

14145498 337695206563081 510847745 n
uga626

肉の米内は、自慢の肉をリーズナブル価格で提供するため、様々な弁当を作っています。大人気のすき焼き弁当や焼肉弁当、カルビ弁当の他にも、幕の内やハンバーグ弁当、から揚げ弁当、鮭弁当、チキンソテー弁当、のり弁当、とんかつ弁当、ビビンバ弁当、ポークソテー弁当、生姜焼き弁当などがあり、税込み490円から2000円台まで豊富な品揃えを誇っています。

人気のあつあつ弁当その1:すき焼き弁当

15803028 239413026503049 5107013064687878144 n
taiki_h929

おすすめメニューの一番手は、黒毛和牛を手ごろな価格で楽しめるすきやき弁当です。この弁当は質量ともに満足度が高い弁当で、肉の米内のランチの中で最も人気のある弁当です。醤油や砂糖をベースにしてオリジナルのタレで混ぜ合わせた甘過ぎない割下が、牛肉の旨味を引き立てます。価格は税込みで並が860円、上が1200円です。

人気のあつあつ弁当その2:焼肉弁当

14276587 695173187329920 1646965058 n
junjimiyakoshi

焼肉弁当は、肉の米内自慢のおすすめの弁当です。この弁当はこってりとして甘みのあるしょうが風味のタレを使い、黒毛和牛の肉と炒めた玉ねぎやピーマン、人参をミックスしたもので、肉汁と甘みのあるタレが絡んで絶妙の味を出しており、ランチに最適です。価格は、税込みで並が840円、上が1200円となっています。

人気のあつあつ弁当その3:カルビ弁当

24254505 146190822811791 6013582851583246336 n
hmr617

カルビ弁当は肉の米内が提供しているカルビ定食をそのまま家に持ち帰って食べることができる弁当で、手軽なランチとして人気があります。カルビ弁当の中には、秘伝のつけダレをかけた焼肉とモヤシ、ナムル、カクテキ、生卵等が入っています。お店のおすすめの食べ方は、一口目はそのままカルビ肉を食べ、二口目は生卵を付けて味わう方法です。

人気のあつあつ弁当その4:幕の内弁当

38013634 244147459563990 5787412519475740672 n
kitakaze1981

肉の米内では幕の内弁当も扱っています。幕の内弁当の上には、焼肉以外にもエビフライや卵焼き、魚フライ、しいたけやニンジンなどの野菜が入って税込み1050円、幕の内弁当の並には、肉の他に、卵焼きや餃子、人参、さやえんどうなどの野菜が入って790円となっており、予算や希望に応じて内容や価格を変えることもできます。

人気のあつあつ弁当その5:牛丼

肉の米内の牛丼は、リーズナブル価格で美味しく味わえる定番メニューです。税込み価格730円で、柔らかくてあつあつの牛肉が楽しめ、コストパフォーマンス抜群のメニューと言えます。ランチの時間帯はお店が混みあうことが多いため、持ち帰って自宅や違う場所で食べる方がじっくりと味わえるかもしれません。

肉の米内のおすすめランチ2:冷麺

24838654 339655636502239 2834017866569744384 n
jahkuchu

冷麺が昭和29年に盛岡市でスタートしたのが日本で作られた初めてのものと言われています。昭和40年代には盛岡県内に多数の焼肉店がオープンし、盛岡冷麺は普及が進んでいきました。そして、昭和50年代になると、テレビ、ラジオのCMで広く受け入れられるようになり、平成元年には、盛岡の3大麺と言われるまでに成長しました。

肉の米内の冷麺は、観光客のみでなく地元民にも広く愛されています。見た目はシンプルな冷麺ですが、食べてみると麺の不思議な食感と味に衝撃を受けるほどの感動を覚えます。また、前沢牛50キログラムを煮込み、3日もかけて作るこだわりのスープも自慢の一つです。この透明のスープの味は、くどくなく旨味だけが舌に残ります。店内は混み合うため、予約をしておいた方がいいでしょう。

17127228 1800488856939809 1065928191861850112 n
aoki818

冷麺の味付け肉は、煮しめた肉でありながら、口の中で溶けてゆくように柔らかく、ひとかけら食べただけでも口いっぱいに肉の旨味が広がります。麺、スープ、キムチ、味付け肉に至るまですべて手作りです。また、白ごまもたっぷり入っており、香ばしさが加味され、食べごたえがあります。この冷麺は、並が税込みで880円、大盛りが980円となっています。

肉の米内のおすすめランチ3:極上霜降ロース定食

14550034 1230414666980862 2076432386274361344 n
shino0516

極上霜降ロース定食は、前沢牛・黒毛和牛を使用した贅沢なメニューです。焼肉は大変柔らかく、霜降りの脂身もバターのようなコクがあり、思わず舌鼓を打ちたくなるような絶妙な味が楽しめます。メニューには生卵やスープ、ライス、野菜等がついて税込み2600円というお手頃価格です。東京あたりだと、5割増し程度の値段を覚悟しないといけないでしょう。予約をしてから行くことをおすすめします。

肉の米内のおすすめランチ4:カルビ定食

肉の米内のカルビ定食はボリュームがあり、肉が美味しい上に税込み1150円というランチ価格が魅力です。溶き卵に付けた肉はとろけるような柔らかさで、肉の素晴らしさは勿論のこと、この値段で本当に良いのかと目を疑うほどのコストパフォーマンスを実現しています。また、更にクオリティの高い極上カルビ定食は2300円となっています。

肉の米内のおすすめランチ5:牛タン定食

22637504 1429715140469064 5580558794192060416 n
awabimochi20

肉の米内の牛タン定食もおすすめです。。このお店の肉自体が美味しい上に、牛タンにレモンを付けて食べると更にさっぱりとしたテーストになり、食欲が進みます。このおすすめランチメニューは、牛タンにライス、スープ、ナムル、カクテキ、生卵が付いて税込みで1150円と大変お得な価格です。また、塩タン定食も1200円で楽しめます。予約を入れてから行くことをおすすめします。

肉の米内のおすすめランチ6:サーロインステーキ

12534549 917861664915682 708308685 n
yuki0207float

ちょっと贅沢ですが、肉の米内のサーロインステーキを食べてみると、噛まなくても口の中でとろける感じがして極上の味わいが楽しめます。前沢牛黒毛和牛とはこんなに美味しいものなのかという実感が湧くこと間違いなしです。ライス、スープ、サラダ、デザート、コーヒーまたはウーロン茶が付いて税込み6500となります。また、ヒレステーキも同じコースで6500円となっています。

肉の米内のおすすめランチ7:ヒレカツ定食

14295546 343853205958597 402419042 n
chokuko.s

肉の米内では、牛肉だけでなく、上質な豚肉料理のメニューも数多くあります。その中でもヒレカツ定食は最も人気があり、評判のよいメニューです。柔らかくジューシーなヒレ肉は、豚肉の中でも最もきめが細やかな最高の部位です。脂肪が少なくビタミンB1を含み、栄養バランスに優れたヒレ肉を使用したカツ定食は、税込みで1080円です。予約をしてから行きましょう。

肉の米内のおすすめランチ8:生ラム定食

肉の米内の生ラム定食(肩ロース)も人気があります。上質な羊の肉を使った生ラムは、焼いても硬くならない柔らかな肉質が特徴となっており、その肉汁は素材の旨味が口中で広がります。噛むほどにジューシーな肉汁とともに、ラム肉の風味がふわっと広がります。この生ラム定食は税込みで950円という安さです。お店は混みあいますので予約をしてから行くことをおすすめします。

肉の米内のランチを堪能しよう

肉の米内の牛肉は日本で最も美味しいと言われており、店の前には毎日のように行列ができます。前沢牛はじめ県内産黒毛和種の肉を使用し、秘伝のタレで味わうカルビ定食や極上ロース定食は食べ応えがあり、何度でも通いたくなります。ここでは、そんな肉の米内のランチや冷麵等のおすすめメニュー、予約などについて説明してみました。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
南真州

盛岡・八幡平の人気ランキング

盛岡・八幡平の新着のまとめ