ウィンタースポーツはおすすめが色々!人気・最新の種類と楽しめる場所を紹介!

2018年1月29日 (2018年2月2日最終更新)

ウィンタースポーツの定番と言えば、スキーやスノーボードがまだまだ一般的で人気があるアクティビティです。今回は「まだあまり知られていない」「これから人気が出る」、大人も子供も楽しめる最新ウィンタースポーツの種類やおすすめの場所をご紹介します。

目次

  1. 人気の最新ウィンタースポーツをご紹介
  2. ウィンタースポーツはスノーボードやスキーだけじゃない!
  3. 最新ウィンタースポーツ1:デュアルスノーボード
  4. ウィンタースポーツ「デュアルスノーボード」におすすめの場所
  5. 最新ウィンタースポーツ2:エアーボード
  6. ウィンタースポーツ「エアーボード」におすすめの場所
  7. 最新ウィンタースポーツ3:スノースクート
  8. ウィンタースポーツ「スノースクート」におすすめの場所
  9. 最新ウィンタースポーツ4:スノーカイト
  10. ウィンタースポーツ「スノーカイト」におすすめの場所
  11. 最新ウィンタースポーツ5:スノーレーサー
  12. ウィンタースポーツ「スノーレーサー」におすすめの場所
  13. 最新ウィンタースポーツ6:スノーダウンヒル
  14. ウィンタースポーツ「スノーダウンヒル」におすすめの場所
  15. 最新のウィンタースポーツを楽しもう!

人気の最新ウィンタースポーツをご紹介

17126428 1796909170633674 3219609172727300096 n
toumo_

毎年冬を楽しみにしている方も多い「ウィンタースポーツ」。いつもやっているアクティビティもいいけど、そろそろみんなとはちょっと違ったアクティビティを楽しんでみたいという方もいるのではないでしょうか?今回は、これから人気が出そうな最新のウィンタースポーツの種類やおすすめの場所をご紹介します。

ウィンタースポーツはスノーボードやスキーだけじゃない!

27579734 421013761675220 8188583427335782400 n
seiji02

ウィンタースポーツと言えば何を思い浮かべますか?「スキー」や「スノーボート」なのどのアクティビティをやっている方がほとんどだと思いますが、まだまだあまり知られていない最新のウィンタースポーツがたくさんあります。そんな人気が出そうな最新のアクティビティをみんなより一足先に楽しんで、注目を集めてみませんか?

最新ウィンタースポーツ1:デュアルスノーボード

13744123 231482023918861 1327845814 n
separatesnowboard

今もっとも注目を集めている冬のアクティビティ、「デュアルスノーボード」。デュアルスノーボードは板が2枚に分かれているのでセパレートスノーボードとも呼ばれ、2011年にアメリカのスノーボーダーによって考案されて発売されて以降、冬のウィンタースポーツの種類の中でも徐々に人気を集めはじめています。

デュアルスノーボードは普通のスノーボードと違い、両足自由が利くのが特徴です。もちろんボードを装着したまま歩くことも、リフトを乗り降りすることも可能です。そして両足を自由に使えるので、新たなトリックの種類も広がり、スノーボードよりハードなトリックも可能なので、ゲレンデで目立ちたいという方にはとてもおすすめです。

12338609 982966225110295 1858264986 n
shun_xv

スノーボードをやっている方なら「ちょっとやってみたい」と思う方も多いと思います。デュアルスノーボードは、一般的なスノーボードビンディングと同じ規格なので、スノーボードを持っている方は板さえあれば気軽に楽しむことができます。また、コンパクトなので電車やバスなどで行かれる方には、持ち運び便利なのも嬉しいポイント。

ウィンタースポーツ「デュアルスノーボード」におすすめの場所

竜王スキーパーク

26353869 400676460376118 46965523216334848 n
sktm0806

長野県にある竜王スキーパークでは、初級から上級まで楽しめるコースが全19コースの人気のゲレンデです。ステップアップのためのスノーパークもあります。また、デュアルスノーボードのレンタルも可能です。車では信州中野インターチェンジから志賀中野有料道路を通って約25分(都内からは約3時間50分)。電車では湯田中駅から無料シャトルバスが出ています。

菅平高原スノーリゾート

長野県にある菅平高原スノーパークにある「菅平ハイランドプロスキースノーボードスクール」では、デュアルスノーボードをやってみたい方のための試乗やレッスンなども行っているので、気軽に体験することができます。車では上田菅平インターチェンジから約30分(都内からは約3時間半)。バスでは最寄りの上田駅から菅平高原まで路線バスで約55分。

最新ウィンタースポーツ2:エアーボード

11084721 370922613114203 944116781 n
pepey5069

スイスで生まれ、欧米では大人気になっているスノーアクティビティ「エアーボード」。その魅力は、体重移動だけの簡単な操作と、うつ伏せの状態で雪面に顔を近づけて滑走するのでよりスピードを感じやすくスリルも満点。操作は簡単なので、他のウィンタースポーツのような練習はしなくても、ウィンタースポーツ未経験者でも楽しむことができます。

滑ることやスピードに慣れてきたら、レースをしてみたりジャンプしてみたり、いろいろな種類のトリックも楽しむことができます。また、空気を入れるだけなので、持ち運びも簡単です。日本ではまだまだゲレンデを開放している場所は多くなく、楽しめるところが限られているので、ゲレンデに行く前にしっかりチェックしてから行きましょう。

ウィンタースポーツ「エアーボード」におすすめの場所

霧ヶ峰スキー場

25014688 1574460615972786 2471399799312613376 n
biciokadamanz

エアーボードをするなら、長野県にある霧ヶ峰スキー場がおすすめです。霧ヶ峰スキー場は3コースのみですが、その中にエアーボードができるコースがあります。歩く歩道で登るのでリフトが苦手な方も安心。車では諏訪インターチェンジから約30分(都内から約3時間)。電車では最寄りの上諏訪駅から路線バスで約20分ほどで行くことができます。

ビバアルパカ牧場

16584899 1461145433926602 3130946943065260032 n
yukiko_810

北海道にあるビバアルパカ牧場では、冬季限定でエアーボード専用ゲレンデがオープンします。初心者にはエアーボードレンタルやインストラクター指導、その他ウェアなどのレンタルも含めて3,000円ととてもリーズナブル。車では、和寒インターチェンジから車で15分で行くことができます。営業は土、日、祝日のみで、平日は予約が必要です。

荘川高原スキー場

岐阜県にある荘川高原スキー場は、休日でも比較的混雑を避けられるので、家族連れや初心者にはとてもおすすめです。エアーボードは全面滑走することができますが、スキー場でのレンタルは数に限りがあるので、心配な方はツアーへの参加がおすすめです。車では荘川インターチェンジから約15分ほどで行くことができます。

最新ウィンタースポーツ3:スノースクート

26376658 161119094533380 6479478849196261376 n
minato_oike

自転車とスノーボードを合わせたような「スノースクート」は、ハンドルと体重移動を使った操作で雪山を滑る人気のアクティビティです。陸とはまた違う感覚を楽しめるので、2輪スポーツが好きな方には人気があります。また、自転車が乗りこなせる小学生や女性、年配の方でもチャレンジしやすいのもポイントです。

スノースクートはとても安定性があり、ウィンタースポーツをやったことがない方でも2時間程度の練習で滑れるようになります。また、フレームやボードの種類も豊富で、オリジナルカスタマイズすることも可能なので、ゲレンデで注目を集めること間違いなしです。最近は滑走可能な場所も増えてますが、チェックしてから行くことをおすすめします。

26435082 221154718455506 7678076729700646912 n
ozayu016633

スノースクートとスノーモトは似ていますが、椅子がないのがスノースクート、椅子があるのがスノーモトです。ただし、椅子は座るためではなく、スノーモトを倒しこむときに足で抑えたり押したり、バランスをとるときに使います。初心者やこれから始めたい方には種類が豊富なスノースクートがおすすめです。

ウィンタースポーツ「スノースクート」におすすめの場所

栂池高原スキー場

26184347 181630455768226 203630957918420992 n
tak_bass

長野県にある栂池高原スキー場では、スノースクートで全面滑走することができます。またレンタルもあるので、やったことがない方でも気軽にチャレンジできます。車では長野インターチェンジから約1時間半(都内からは約4時間)。電車では最寄りの南小谷駅から路線バスで約25分ほどで行くことができます。

かぐらスキー場

新潟県にある、かぐらスキー場は初級者から上級者まで楽しめる全13コースあります。スノースクートを含むスノーバイクなどのアクティビティは全面滑走可能です。またスノースクートのみレンタルもあります。車では湯沢インターチェンジから約40分(都内からは約3時間)。電車は最寄りの湯沢駅から路線バスや急行バスで行くことができます。

神立高原スキー場

26869376 167498047310572 5479341700813946880 n
akkiela0820

新潟県にある神立高原スキー場は全14コースあり、スノーパークには様々な方がウィンタースポーツを楽しめるように種類も豊富に揃っています。また、レンタルもあるので気軽に楽しめます。車では湯沢インターチェンジから約5分(都内からは2時間半)。電車では最寄りの越後湯沢駅からシャトルバスで行くことができます。

最新ウィンタースポーツ4:スノーカイト

16123126 141493903019370 3564268310977576960 n
suzuki0220

大きなカイトをあやつりながら雪の上を滑走するアクティビティ「スノーカイト」。スノーカイトはスキー場などの斜面を使うのではなく、平地を滑走するウィンタースポーツで、風の力を利用して雪の上を滑走しながらジャンプなど様々な種類のトリックを楽しむことができます。また、滞空時間も長いので浮遊感を楽しむこともできます。

スノーカイトは風があるとスピードも出て、より一層滞空時間も長くなるのでスリルも満点です。スノーカイトを体験するにはツアーなどへの参加が必要です。すでにスキーやスノーボードをやっている方で、それらの道具を持っていれば自分のものを使えるので、リーズナブルに体験できます。

ウィンタースポーツ「スノーカイト」におすすめの場所

北海道

スノーカイトにおすすめの場所と言えば、やっぱり北海道。北海道には、スノーカイトを楽しむことのできるショップもあるので、旅行に行った際にはぜひ体験してみて下さい。スキーやスノーボードの持ち込みも可能ですが、持っていなくてもレンタルすることもできます。初めての方でもレッスンがあるので安心して参加できます。

群馬

16230431 1838044396465824 4690454842462699520 n
nakajime3

群馬県にある美ヶ原・霧ヶ峰・白馬などでもスノーカイトのスクールをやっているので、北海道はちょっと遠い方や、近場で体験してみたい方にはおすすめです。スノーカイトを1日で楽しみたい方には、スキー板がおすすめです。スノーボードで本格的にスノーカイトを楽しみたい方は2日ほどの練習で滑れるようになります。

最新ウィンタースポーツ5:スノーレーサー

16110156 1633777966924834 9138959080331673600 n
chibiyuki0826

スウェーデンで誕生した「スノーレーサー」は、究極のソリです。ソリというと子供用の遊び道具と思いがちですが、速いスピードで滑走できるので、子供はもちろん大人も楽しめるアクティビティです。また、ハンドルやブレーキも付いているので、子供でもウィンタースポーツ初心者でも楽しむことができます。

日本でも徐々にスノーレーサーができる場所が増えてきましたが、まだそれほど多くはなく、キッズスペース内で滑走できるところがほとんどです。また、レンタルできるところもあまりなく、レンタルも数に限りがあります。思いっきりソリ遊びを楽しみたい方は、自分のスノーレーサーを持って行くことをおすすめします。

ウィンタースポーツ「スノーレーサー」におすすめの場所

蓼科東急スキー場

長野県にある蓼科東急スキー場では、アクティビティエリアでスノーレーサーを楽しむことができます。リフトもエスカレータータイプなのでお子様でも安心して利用することができます。車では諏訪南インターチェンジから約30分(都内からは約3時間)。電車では最寄りの茅野駅から、ウィンターシーズンのみ循環バスが出ています。

爺ガ岳スキー場

26872355 2020846358138524 2352832433923031040 n
annashbury

長野県にある爺ガ岳スキー場には、初級者から上級者まで楽しめるコースがあり、一部スノーレーサー禁止エリアもありますが、比較的長い距離をスノーレーサーで楽しむことができます。車では安曇野インターチェンジから約45分(都内からは約3時間40分)。電車では信濃大町駅からタクシーで約15分ほどで行くことができます。

水上高原スキーリゾート

群馬県にある水上高原スキーリゾートでは、子供でも安心して遊べるキッズパークや、大人も楽しめるソリ専用コースでスノーレーサーを楽しむことができます。車では水上インターチェンジから約30分(都内からは約2時間半)。電車では上毛高原駅からシャトルバスで約60分ほど、水上駅からはタクシーで約30分ほどで行くことができます。

最新ウィンタースポーツ6:スノーダウンヒル

16229152 658535877684032 3570343082656268288 n
yuminim1227

通常よりも太いタイヤを履いているファットバイクなどでゲレンデを滑走する「スノーダウンヒル」は、2輪好きの方ならやってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?スノーダウンヒルは、各地で様々なイベントが行われていたり、海外ではメジャーな大会もある有名なウィンタースポーツですが、日本ではまだできるゲレンデは多くありません。

ゲレンデを自転車で走る爽快感は病みつきになります。スピードは、出れば時速50キロほども出て、また雪の上なので運転も難しくスリル満点です。トリックの種類も豊富なので格好よく決めれば注目されること間違いなしです。まだまだスノーダウンヒルができるゲレンデは少ないので、しっかりチェックしてから行くようにしてください。

ウィンタースポーツ「スノーダウンヒル」におすすめの場所

会津高原たかつえスキー場

26376953 405689286552526 6783135858816974848 n
elopewiththeworld.ec

最近ではスノーダウンヒルのイベントも増えてきています。福島県にある「会津高原たかつえスキー場」でも、見ているだけでも迫力満点な、スノーダウンヒルのレースイベントが行われています。車では西那須野塩原インターチェンジから約1時間20分ほど(都内からは4時間半)。電車では会津高原尾瀬口駅からバスで約30分ほどで行くことができます。

北尾根高原スノーラフティングパーク

18013442 652670564935558 5945273338065584128 n
hakubahappoone

長野県にある北尾根高原にスノーラフティングパークが2018年2月にオープンしました。最新の施設でのスノーダウンヒルはもちろん、スノーラフティングなどのアクティビティも体験できます。車では長野インターチェンジから約1時間(都内からは4時間)。電車では最寄りの白馬駅から路線バスに乗るか、新宿から高速バスで行くこともできます。

戸狩温泉スキー場

長野県にある戸狩温泉スキー場では、ナイター限定で「雪ちゃりナイター」が行われています。ファットバイクを持っていなくてもレンタルすることができるので、どなたでも楽しめます。車では豊田飯山インターチェンジから約25分(都内からは3時間45分)。電車では戸狩野沢温泉駅からバスやタクシーで約5分ほどで行くことができます。

最新のウィンタースポーツを楽しもう!

11326110 428195240639130 884361454 n
king_nobu

いかがでしたでしょう?人気がでること間違いなしの様々な種類の最新ウィンタースポーツをご紹介しました。ウィンタースポーツ未経験の方でも、ウィンタースポーツ経験者でも、楽しめるものがたくさんありますが、気になるものはありましたか?ぜひ、あなたも最新のアクティビティでゲレンデの注目を集めてみませんか?

関連記事

長野県の人気ランキング

長野県の新着のまとめ