名古屋市科学館のプラネタリウムは予約ができる?料金や上映時間もご紹介!

2018年1月30日 (2018年7月12日最終更新)

愛知県名古屋市中区の白川公園内にある名古屋市科学館では、2011年に世界最大級の予約のできるプラネタリウムを備えた新館がオープンしました。名古屋市科学館は、予約可能なプラネタリウムの他にも様々な科学の体験ができる不思議な空間に溢れています。

目次

  1. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム特集
  2. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムへのアクセス
  3. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムや展示物の見どころ
  4. 名古屋市科学館のオープン時間と予約のできるプラネタリウムのスケジュール
  5. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム他の利用料金
  6. 名古屋市科学館のプラネタリウム
  7. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムの予約方法
  8. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム以外の展示物
  9. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム他のイベント
  10. 名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムを見学しよう

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム特集

名古屋市科学館は愛知県名古屋市の白川公園内にあるユニークな科学館で、2011年に、内径35メートルという、世界最大のプラネタリウム「ブラザーアース」を設えた新館がオープンしました。外観は宙に浮いた巨大なドーム型の球体のスタイルになっています。ここでは、そんな名古屋市科学館のプラネタリウムを中心に、予約や料金、混雑具合などを含めて紹介します。

Original名古屋市科学館の駐車場おすすめはココ!周辺で人気の所や料金が安い所もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
名古屋市の中心部にある名古屋市科学館。子どもも大人も一日中楽しむことができるスポットです。そ...

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムへのアクセス

名古屋市科学館へ電車でアクセスする場合は、地下鉄東山線または鶴舞線の伏見駅で下車後、4番出口から広小路通を東に直進し、広小路長島町の交差点を右に曲がると科学館が見えてきます。あるいは、5番出口から行けば、伏見通を南進すると白川公園の入口が見えてきますので、そこからすぐのところになります。料金は200円です。混雑しますので早めの入館をおすすめします。

23596495 201378707105441 8205669919635800064 n
taizoishimura

名古屋駅からバスで行く場合は、6番乗り場から市バス、栄758系統「那古野町行き矢場町経由」に6分ほど乗車し、広小路伏見で下車後、南へ徒歩5分ほど行けば、プラネタリウムを内蔵する大きなドームが見えてきます。料金は210円です。自転車の駐輪場が入口の向かい側にありますが、4台分の車いす用駐車場以外はマイカー等の駐車場がないため、白川公園の有料駐車場に駐車します。

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムや展示物の見どころ

名古屋市科学館には、4つの大きな装置や展示物が備わっています。竜巻を人工的に作り出す「竜巻ラボ」、120万ボルトもの放電により強力な電気エネルギーを体感できる「放電ラボ」、マイナス30度Cの極限空間を体感できる「極寒ラボ」、そして、ギネスにも登録されている世界最大のプラネタリウム「ブラザーアース」です。土日は混雑が予想されますので、早目にチケットを購入しましょう。

名古屋市科学館は、「天文館」、「理工館」、「生命館」の3つの建物で構成されており、自然界に起こる科学現象を総合的に紹介しています。館内では、緑の壁面があったり、エレベーター構造や免振構造が見られるなど、建物全体が展示装置になっています。またここでは、「みて、ふれて、たしかめて」をテーマに、1日数回、実験や実演ショーが行われます。そして220種類もの展示を楽しむことができます。

名古屋市科学館のオープン時間と予約のできるプラネタリウムのスケジュール

名古屋市科学館の開館時間は朝9時半からとなっており、夕方17時までオープンしています。月曜日及び毎月第3金曜日、年末年始が休日となります。土日の昼間の時間帯は特に混雑しますので、比較的混雑の少ない早朝または夕方の時間に行くか、平日に行く方法をおすすめします。次におすすめのプラネタリウムの投影時間につて説明します。

24274912 131183044228250 4330674253939605504 n
atoc0217

プラネタリウム、「ブラザーアース」の投影は1日に6回行われます。投影時間は、1回目が10時から始まり、2回目以降はそれぞれ、11時20分、12時40分、14時、15時20分、そして最終投影時間が16時40分となっています。各投影時間は約50分となります。プラネタリウムは特に人気がありますので、予約をしてから出かけることをおすすめします。

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム他の利用料金

23595876 1637127109682012 3960949433146802176 n
meipigram

名古屋市科学館の利用料金は、展示室のみの利用の場合、料金は400円、展示室とプラネタリウム両方を利用する場合は800円になります。また、30名以上だと、1割引、100名以上だと2割引の団体割引があります。高校生以上の学生は展示室のみの利用が200円、展示室とプラネタリウム両方の利用の場合、料金は500円となっており、中学生以下は無料で入館できます。

名古屋市科学館のプラネタリウム

名古屋市科学館のおすすめのプラネタリウム、「ブラザーズアース」は、本物とも思えるようなリアルな星空が天井に映し出され、天文現象や宇宙の膨張の様、ブラックホールといった宇宙の不思議な現象を、学芸員自ら、手作りのCGや最新映像機器を用いて解説してくれるものです。テーマは日毎に変わりますので、毎回、わくわくしながら楽しい時間を過ごすことができます。

プラネタリウムは、椅子がリクライニングになって回転し、ドーム全体が良く見渡せるため、50分ほどの解説も、あっと言う間に終わってしまうほど楽しく聞くことができます。また、説明の仕方も丁寧でわかりやすいため、リラックスしながら、快適に過ごすことができます。前もって予約をしないと入れないことがありますので、予約をしてから行くことをおすすめします。

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムの予約方法

名古屋市科学館のプラネタリウムの内容は、大まかに分けて、幼児向け、学習向け、ファミリー向け、一般向けの4種類あります。幼児向け、学習向けは平日の午前、ファミリー向けは土日、一般向けは平日の午後と午前の一部の上映が一般的です。予約する場合の上手な方法は、まず、行く前にプラネタリウムの投影予定を公式サイトでチェックし、見たい時間を決めておくことです。

個人予約は、平日の場合は、1日合計で10組、土日祝日と学校休業期間は、1日合計30組の予約を受け付けています。予約方法は、ネットの「名古屋市電子申請サービス」を開き入力すれば申し込みができます。このサービスの受付時間は、午前5時から翌朝の2時までとなっています。受付数の多い場合は、機械による抽選が行われて当落が決定します。

予約なしで行く場合か予約の抽選に漏れた場合は、チケットを購入することになりますが、1日のすべての上映チケットが当日でないと購入できません。チケットは、オープン時間の朝9時半から受付開始となります。特に、土日や夏休み等の時期はは混雑して購入できないこともありますので、早めに行って、並んで購入することをおすすめします。

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム以外の展示物

名古屋市科学館の天文館5階にある「宇宙のすがた」の展示ゾーンは、宇宙の広大な大きさと広がりを実感できるスポットです。このフロアーには、天文学の歩みやプラネタリウムの歴史についての説明、他にも、太陽や様々な星など、宇宙の広がりの展示品があります。また、「太陽系」や「星を見る」といった動画による紹介コーナーもおすすめです。

生命館5階では、「生命のひみつ」についての展示があります。この中では、DNAや細胞、遺伝子などのわかりやすい説明によって、生命の秘密についての知識が得られるようになっています。また、バイオテクノロジーがどう現在または未来の暮らしに役立っていくのかといったことがらについても、詳しい説明が施されており、おすすめです。

理工館2階には「不思議の広場」があります。このおすすめのスポットは、「みる・きく・さわる・うごかす」といった体験を通して、化学の不思議な部分や楽しさに触れることができるコーナーです。その他にも、各館には、200種類を超える様々な展示や装置が備わっており、土日は多少混雑しますが、子供も大人も、何時間いても飽きずに過ごすことができるスポットです。

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウム他のイベント

26866839 246663689207323 3544466703561785344 n
x333es

名古屋市科学館で2月に開かれるイベントをいくつか紹介します。その1つは、生命ラボ外部連携講座というもので、市販のちりめんに混ざっている小さな生き物の種類を調べて観察するものです。見つけた生き物でチリメンモンスターアクセサリーを作って持ち帰ることができます。日時は、2018年2月10日(土」)と11日(日)の、11時、13時、15時から各30分行われます。

23734506 1750055545304207 4157768809156968448 n
poramapijitwat

2つ目は、古川為三郎サイエンス講演会「ビッグバンの交響楽」というイベントで、2018年2月17日(土)に開かれます。宇宙は138憶年前にビッグバンから始まったと云われていますが、ビッグバンの後、陽子や電子、光子がプラズマ状態で混ざり合い、音が鳴り響いていたようです。このイベントでは、ビッグバンの音を人工衛星で観測し、宇宙の秘密を解明する試みについての講演があります。

3番目は、地球教室フィールドセミナーというイベントで、2月24日(土)から25日(日)までの2日間開催されます。このイベントでは、鉱物の性質について学習し、鉱物の採集と鑑定を行うもので、2日間のセットとなります。1日目が名古屋市立科学館で、2日目が愛知県西尾市の三田石材と蒲郡市生命の海科学館で行われます。この他にもいくつかのイベントが組まれています。

名古屋市科学館の予約のできるプラネタリウムを見学しよう

名古屋市中区の名古屋市科学館には、内径35メートルの世界でも最大のプラネタリウム「ブラザーアース」があります。このプラネタリウムでは、本物に限りなく近いリアルな星空が映し出され、見る人を惹きつけます。その他にもこの科学館にはたくさんの面白い展示物があります。ここでは、そんな名古屋市科学館のプラネタリウムを中心に、予約方法や料金、混雑する時間帯などを含め説明してみました。

関連記事

Original
この記事のライター
南真州

愛知県の人気ランキング

愛知県の新着のまとめ