ピーチは手荷物の追加料金が高い?重さやサイズなど乗る前にチェック!

2018年2月8日 (2018年2月20日最終更新)

手軽に安く旅行がいける格安航空ピーチに大注目です。国内や国外で旅行をする際に飛行機で訪れる際にはまずチェックしておきたいピーチ航空ですが実は手荷物量に注意しなければいけません。無料で持ち込める手荷物の量やサイズや、更に手荷物の追加料金や注意点をご紹介します。

目次

  1. 旅行をするなら格安航空ピーチが人気!
  2. ピーチを利用するなら手荷物にご注意を
  3. まず機内へ持ち込める手荷物を把握
  4. ピーチを利用機内手荷物サイズや重量をご紹介
  5. ピーチ手荷物の追加料金をご紹介
  6. 意外に厳しい!ピーチの手荷物検査
  7. ピーチ手荷物の重量越えの際の注意点
  8. 手荷物が多いのであればピーチプランを変える
  9. ピーチ利用の際は賢く手荷物量を把握して
  10. ピーチ利用スポーツ用品受託手荷物
  11. 車椅子の方は安心してピーチが利用できる
  12. ピーチ利用におすすめ機内持ち込み手荷物カバンをご紹介
  13. ピーチ初心者は何かと不安で分からない手荷物量
  14. 知って損はない!ピーチ手荷物検査の時の対処法
  15. ピーチを利用する際は手軽に身軽な手荷物で旅行を楽しもう

旅行をするなら格安航空ピーチが人気!

国内旅行や国外旅行、仕事の出張や実家に帰省などの際に大変便利で格安航空として利用できるピーチ航空がとても大人気となっています。前もって利用する事が決まっていれば早めの予約をするだけでも他の飛行機や新幹線で利用するよりも大幅に交通費を削減する事が出来ます。貴重な休日を無駄にしない為にも気軽な格安航空ピーチを利用して交通費を節約してその分の予算を他で使いましょう。

ピーチを利用するなら手荷物にご注意を

大注目の格安航空ピーチを利用するのはとてもおすすめです。ただし初めてピーチを利用する方は知っておかなければいけないピーチの手荷物の重さや既定のサイズをマスターしておきましょう。格安で航空ピーチが利用できると言う情報だけでは少し後々大変な思いをする可能性が高くなってしまいます。まずピーチ航空を予約をする前に重要項目である手荷物についてチェックしましょう。

格安航空ピーチは料金設定がとても低くお得に利用できる利点意外に格安料金で利用する為にはある程度の規定があるのも事実となります。勿論ピーチ航空を予約する際にはネット予約での注意書きとしてきちんと記載もされています。なので手荷物いっぱい持って空港へ到着して「知らなかった」と言う事のならない様にしましょう。手荷物の重さが多くなれば勿論追加料金を支払わなければなりません。

まず機内へ持ち込める手荷物を把握

まず初めにご紹介させて頂くのはピーチ航空を利用する際に飛行機に積める自分の手荷物についてご紹介させて頂きたいと思います。まず基本的にどの航空会社を利用しても手荷物には2種類あり機内へ持ち込める荷物と機内へ持ち込まない受託手荷物があります。大きいスーツケース等は受託手荷物となりますので空港のピーチ手荷物カウンターで預ける事となりますので事前に荷物がある際は分けておき必要があります。

そしてここで注目してみたいのはピーチ機内への持ち込み手荷物についてご紹介させて頂きたいと思います。ピーチでは色んなプランがある中シンプルで低価格料金で利用する際は機内持ち込みできる手荷物が重要となります。ピーチ機内に持ち込める手荷物は身の回りの物と手荷物の合計2個が規定となっていますので初めての方は特に必ずチェックしておきましょう。

ピーチ側の基本としては機内に持ち込みをする荷物は身の回りの手荷物と免税品等の保安検査場を通過した際に購入する事が出来るお土産品となります。それを想定した上での手荷物2個と言う規定となります。しかし、その場でお土産などの免税品を買う予定でない場合は規定である手荷物2個と重さとサイズをきちんと守ったうえで機内へ持ち込めるという事になります。

ピーチを利用機内手荷物サイズや重量をご紹介

重さは合計10kgまでとなっていますのでカバンの重さを含んだ手荷物にする事が大切となりますので注意しておきましょう。機内へ持ち込める手荷物のサイズの大きさは3辺合計が115センチ以内となっています。キャリーバックの際の注意点としてキャスターやハンドルやポケット等も含むサイズとなっていますので注意しておきましょう。手荷物の合計が10㎏以上となる場合は受託手荷物になります。

また規定の重さが守られていても(10㎏以内)規定外のサイズになれば、その手荷物は受託手荷物として取り扱いされてしまいますのでキャリーバック等の大きさは特に重要点となりますので注意しておきましょう。更に客室内に確保されている収納スペースに収まらない様な形のバック等も受託手荷物となりますので注意しておきましょう。

ピーチ手荷物の追加料金をご紹介

続いてご紹介させて頂くのはピーチ航空を利用する際に知っておいて欲しい追加料金を把握しておきましょう。こちらの手荷物追加料金は受託手荷物の分類となりますのであらかじめ荷物が増える度にどれくらいの料金が加算されるかの目安としてご紹介させて頂きたいと思います。まず受託手荷物料金は路線によっても多少金額が異なりますのであらかじめピーチのホームページでチェックしておきましょう。

受託手荷物はピーチプランによっても変わりますが格安料金が魅力的なシンプルピーチだと受託手荷物を預けるとその時点で料金が発生します。受託手荷物1個の追加料金はインターネット予約で行うとお得で1個当り1200円から1800円の追加料金となります。その場での追加となる場合はプラス1080円の追加料金となりますので注意しておきましょう。

意外に厳しい!ピーチの手荷物検査

続いてご紹介させて頂きますのはピーチの手荷物検査についてです。以外に厳しいとされているピーチの手荷物検査をスムーズに行うためにはやはり、事前の情報と手荷物の重さやサイズをきちんと守った上で手荷物検査をするのが1番です。またネットでの情報を見ていると各空港での対応にも違いがある様です。特に厳しく手荷物検査をされるのが関西空港の様なので関空を利用する際は注意しておきましょう。

受託手荷物につきましては1個につき20㎏までの重さが上限となりますので注意しておきましょう。機内持ち込みサイズと同様に受託手荷物にも手荷物のサイズ規定があります。荷物のサイズに関しては3辺の数が203センチまでとなっていますので機内持ち込み手荷物よりは難しい規定サイズではありませんがこちらも事前に受託手荷物のチェックをしておきましょう。

ピーチ手荷物の重量越えの際の注意点

続いてご紹介させて頂くのはピーチを利用する際に手荷物の重さを越えてしまった際の注意点についてです。利用する際に持っていく手荷物の種類は上記でもご説明させて頂きましたが機内持ち込み手荷物と空港で預ける受託手荷物の2種類となります。事前にチェックしておける分は必ず重さやサイズはチェックできますが、以外に多いのが帰りの便でのお土産や購入品が増えてしまったと言う場合がよくあります。

手荷物の重さ等、初めて使用するピーチや旅行先によっても変化してしまうのでとても難しい問題点となります。事前に荷物の量が増えると分かっている際は特に余裕を持って行う事がおすすめとなります。手荷物の重量越えの際は手荷物1個で32㎏以上の手荷物になってしまうと別で追加料金がかかりますので注意しておきましょう。また予約以外での空港カウンターでの荷物追加の場合は料金が大幅にアップしてしまう料金となります。

手荷物が多いのであればピーチプランを変える

続いてご紹介させて頂くのは事前に手荷物が多いと分かっているのであればピーチのプランを変える事がおすすめとなります。インターネットで予約の際にフライト選択の項目で料金を確認する際にシンプルピーチとバリューピーチとプライムピーチの3種類の項目で予約をする事が出来ます。その時点では格安なシンプルピーチプランに目がいきがちになりますが荷物の重さオーバーで追加料金を支払うと逆に損をします。

余分な出費とならない様に手荷物が多い場合は必ずプランを変更するのがおすすめです。まずバリューピーチプランは受託手荷物が1個無料となり、プライムピーチプランだと受託手荷物が2個無料となります。機内持ち込み手荷物は同様でも受託手荷物が増える可能性があるのであれば是非ピーチプランのバリューピーチやプライムピーチでの予約に注目してみましょう。

ピーチ利用の際は賢く手荷物量を把握して

続いてご紹介させて頂くのはピーチ利用の際は賢く手荷物量を把握しておくことが大切になります。ピーチを利用する方は人ぞれぞれです。旅行の際のお土産や購入品を持ち帰る予定の際は行きの出発で最小限の手荷物で済むのであればシンプルピーチで利用しましょう。帰りのフライトでは受託手荷物が無料になるバリューピーチでのフライト予約にするのがおすすめとなります。

他の座席指定や急なキャンセルの可能性がある場合は特にプライムピーチがおすすめとなります。プライムピーチは受託手荷物が2個無料なので更に受託手荷物が増える可能性があればプライムピーチがおすすめです。受託手荷物は1個当りの追加は1200円から1800円となりますので用途に合わせてプラン変更や追加料金をインターネットから予約をしておきましょう。また手荷物を別で宅配サービスで送るのも1つの方法となります。

ピーチ利用スポーツ用品受託手荷物

続いてご紹介させて頂くのはピーチ利用の際に注意して頂きたいスポーツ用品受託手荷物について注目してみましょう。遠方への旅行の際にスポーツ目的で訪れるのであればスポーツ受託手荷物は特別料金として加算されてしまいますので注意が必要となります。基本ピーチフライト予約をする際にお得で便利なインターネット予約になりますがスポーツ用品はネットでは予約受付が不可となります。

スポーツ用品として扱われるのはサーフボードやスキー用品やゴルフ用品や自転車となります。これらのスポーツ用品はコンタクトセンターや空港カウンターでの予約が必須となってしまいますので普通の手荷物料金以上に料金が加算となってしまいます。スポーツ用品はそれぞれによって値段も異なり最低料金1440円から4980円の料金となりますのでピーチのホームページから事前に確認をしておきましょう。

車椅子の方は安心してピーチが利用できる

続いてご紹介させて頂くのは車椅子が必要な方におすすめピーチ受託手荷物料金は無料となる点がおすすめとなります。身体が不自由な方や老人の方には車椅子での移動が必要となるケースが多いので、その場合は受託手荷物無料サービスを是非利用してみましょう。また車椅子は2台目からは有料料金が必要となりますのでご注意ください。

また車椅子以外でも小さいお子様が一緒の場合はチャイルドシートやベビーカーなどもサイズや重さに関係なく無料で受託手荷物に預ける事が出来ますのでおすすめとなっています。国内線や国際線問わずに無料サービスとなりますので車椅子やベビーカーやチャイルドシートを利用している方は是非注目してみましょう。

ピーチ利用におすすめ機内持ち込み手荷物カバンをご紹介

続いてご紹介させて頂くのはピーチ利用の際におすすめの手荷物カバンをチェックしてみましょう。格安航空ピーチを利用するのであれば機内持ち込み手荷物を利用するのは基本中の基本となります。受託手荷物を預ける予定でない方は是非大注目してみましょう。ピーチの機内持ち込み手荷物の規定は厳しいので合計10㎏で手荷物のサイズの大きさは3辺合計が115センチ以内のバックを必ず用意しましょう。

長距離を重たい荷物運ぶのはやはりキャリーバックの様なキャスターやハンドが付いているバックは移動には最適となります。しかしキャリーバックはその分カバンの重さが重くなってしまうのがデメリットとなります。軽さを重視するのであれば軽量素材のナイロン素材がおすすめとなります。現在では機内持ち込み用として販売されているカバンがたくさんありますので是非チェックしてみましょう。

ピーチ初心者は何かと不安で分からない手荷物量

続いてご紹介させて頂くのはピーチを始めて利用する初心者の方は特にどの程度手荷物が増えてしまうのか分からなくて不安になってしまいます。旅行慣れしている方やピーチを何度も利用している方は自分の手荷物がある程度どのくらいなのか、また手荷物検査の要領も把握していますが初心者であればその点経験がないので不安になってしまいます。

そんな時におすすめなのは上記でもご説明させて頂きましたがピーチのプランを念のためにフライト方法を変えてみるのがおすすめとなります。初めてピーチを利用する際にチャレンジでシンプルピーチを利用して思いの外、手荷物が増えてしまって追加料金を空港で支払わなければいけないとなると損をする場合があります。なのでその場合は最低でもピーチプランをバリューピーチプランにしておくのがおすすめです。

知って損はない!ピーチ手荷物検査の時の対処法

最後にご紹介させて頂くのはピーチ手荷物検査の時の対処法を知っておきましょう。仕事やプライベートで利用する際にパソコンやタブレットを手荷物として持って行く場合がある方は受託手荷物に預けないで機内持ち込み手荷物として分けておきましょう。受託手荷物場合取り扱いの際に破損してしまう恐れがあります。

また機内持ち込み手荷物としてバックに入れていても保安検査委の際は荷物の重さから除外されるケースがあります。ノートパソコンやタブレット等の機器は特に機内持ち込みのカバンからすぐに出せれるポケット等に入れておくようにしましょう。一眼レフやビデオカメラなどの重いものも手荷物の中に入れずに首や肩にぶら下げておくようにしましょう。

機内持ち込み手荷物の中に入れてしまうと重くなってしまいます。しかカバンの外や身につけておく事で規定の重さから除外されるのでその分の規定重量分の荷物を入れる事が出来ます。X線検査の際にはポケットや身につけている物は取らないといけませんが、手荷物を少しでも軽くするために手荷物検査の時の対処法として知っておいて損はありません。

ピーチを利用する際は手軽に身軽な手荷物で旅行を楽しもう

ピーチを利用する際は手軽な手荷物が1番お得で便利となります。旅行前に用意する手荷物は意外に使わなかったと言う物も多く無駄な手荷物で重い荷物重さになってしまうのを防いでみましょう。また以外にピーチの手荷物検査が厳しい事もありバックの重さやサイズ規定は事前にチェックしておくのがおすすめとなります。余計な荷物の追加料金を払わない様に手軽で身軽な旅行を楽しんでみましょう。

Originalピーチの座席はどこがおすすめ?指定&変更方法に料金など詳しくご紹介!

関連記事

関連するキーワード

関東地方の人気ランキング

関東地方の新着のまとめ