ひな祭りの由来や起源は?桃の花や食べ物などの意味もご紹介!

2018年2月9日 (2018年2月10日最終更新)

皆さんはひな祭りの由来をご存知ですか?現在ではひな人形を部屋に飾り付け、チラシ寿司を食べたりしながら娘の健康を願いますが、本来の意味とは少し違うようです。ひな祭りの本当の由来はなんだったのでしょうか?今回はそれを確認してみましょう!

目次

  1. ひな祭りのもともとの由来は?
  2. ひな祭りの由来は中国にあった!
  3. ひな祭りの由来は巳の日祓いと関係がある?
  4. ひな祭りに飾る桃の花の由来
  5. ひな祭りの「ひな」の由来
  6. ひな祭りの由来を子供に説明するには?
  7. ひな祭りに食べる食べ物の由来1:菱餅
  8. ひな祭りに食べる食べ物の由来2:白酒
  9. ひな祭りに食べる食べ物の由来3:ひなあられ
  10. ひな祭りに食べる食べ物の由来4:はまぐり
  11. ひな祭りに食べる食べ物の由来5:ちらし寿司
  12. ひな人形を飾り付けする時期は?
  13. ひな人形を飾る方角やお日柄
  14. ひな祭りを3月3日に行わない地域がある!
  15. ひな祭りの由来を知って桃の節句を楽しもう!

ひな祭りのもともとの由来は?

26868400 1943824682546495 3523055595806523392 n
kobayashi.mutsumi

毎年3月3日に行われる伝統行事「ひな祭り」ですが、これは一体どんな意味があって行われるのでしょうか。現在では家族に女の子がいる家庭でひな人形を部屋に飾り、ちらし寿司などを食べたりしてお祝いしています。現在は「健やかに育ちますように」という願いを込めて行っていますが本当の由来は少し違うようです。では、本当の意味を調べてみましょう。

ひな祭りの由来は中国にあった!

17819179 1763080460673358 6969451213699940352 n
sengan_en

ひな祭りの発祥の地はどうやら中国のようです。それは古代中国に行われていた「上巳節」に遡ります。ひな祭り発祥の地、中国では上巳節の時に行われる風習で、川の水で身を清めて不浄を払うというものがあります。この身を清める風習は西暦300年頃の泰時代から行われていたとされています。そしてこれはその後に続く曲水の宴というものに続きます。

23280118 142988159662557 6347936044008079360 n
hozhok

上巳節から曲水の宴へと変わり、風習の内容も変化していきます。曲水の宴で一体何が行われるかというと、水辺で杯(さかずき)を流すのですが、それが自分の前を通過する前に詩を詠まなければいけません。しかし詩を読むことができずに杯が通過してしまうと罰として杯の中に入ったお酒を飲まなくてはいけないという決まりのある宴です。

このお祭りは水の精霊に対して行われていたお祭りの中の1つで、悪いものを水に流してお祓いする、という意味で行われていたものが時代とともに変化していき、宴になっていったようです。そしてこの中国発祥の曲水の宴が遣唐使によって日本に伝えられると、日本の文化「形代」という身代わり信仰と融合して独自に発展していったのです。

ひな祭りの由来は巳の日祓いと関係がある?

25039086 374702579661646 758863121396793344 n
nakachooooo

無病息災を祈る行事として、3月の一番初めの巳の日に平安時代の貴族たちは陰陽師を呼んでお祓いをしてもらい、紙を人の形に切った人形(ひとがた)を川や海へ流すという事を行っていました。それは、源氏物語の中にも書かれているほど有名な行事でした。光源氏は陰陽師にお祓いをさせて、人形(ひとがた) に病気や汚れを移して船に乗せて流したそうです。

19437001 239167659906227 5745027016239874048 n
jyunon0518

そしてひな祭り発祥の地である中国にも同じような話が残っているのです。それは漢の時代に生きていた徐肇(じょちょう)という男の話です。彼は3人子供を授かりました。すべて女の子だったのですが、その3人ともなぜか生まれて3日以内に死んでしまったのです。その彼が悲しむ姿を村人たちが見て、酒を持ち寄り子供の亡骸を清めて水葬したというお話です。

それが巳の日祓いの発祥ではないか、という説もありどちらが本当なのかは謎が残ります。そして貴族が行っていた人形の行事ですが、当時の庶民の間でも似たような事が行われていました。農耕民族である日本人にとっては田植えが始まる3月というのは非常に大切な季節です。ですから、農耕を見守ってくださる神様をお迎えして祀るという事をしていました。

26863704 341332222940889 2458980613613420544 n
machuhka

その大切な農耕作に悪影響を与える害を祓い、身の穢れ(けがれ)も同時に流して清めなければいけません。そのために人間の代わりに人形を作り、その人形で自分の体を撫でる事によって、自分から人形へと穢れを移して、その人形を川や海へ流したのです。そしてこれらの行事はいつの頃からか「流し雛」という行事へと変化していったのです。

ひな祭りに飾る桃の花の由来

27581901 163092390999644 4336717534918082560 n
jun_pb2

ひな祭りの発祥した頃は、もともとは女の子のためだけの行事ではありませんでした。しかし、この人形を流す行事が武家社会にまで広がって行きます。そしてこの行事が「上巳の節句」として五節句のうちの一つと江戸幕府によって定められます。それから5月5日が「端午の節句」で男の子の節句で、3月3日が女の子の節句として定着していく事になります。

27578751 217468122151890 2079572153396625408 n
viet_nikki

そしてなぜ「桃の節句」と呼ばれるのかというのは、3月は桃の開花期であるという事もありますが、その他に桃の木自体にも大きな意味があるからです。桃の花には厄除けや魔除け、そして長寿をもたらしてくれるパワーを秘めています。桃が持つ不思議なパワーや生命力の象徴などの理由からひな祭りに桃の花を飾る習慣が今でも続いているのです。

26870470 2049941485253267 7787182024439103488 n
bibiniyan

ちなみに余談ではありますが、桃から生まれた桃太郎は、鬼退治をしに鬼ヶ島に行きますよね。その桃太郎はなぜ桃から生まれてきたと言うと、邪気の象徴である鬼を退治するために、魔除けのパワーを持つ桃から生まれて来たそうです。そんな力を持つ桃は、更に綺麗なお花を咲かせるので強さと美しさを兼ね備えた、女の子にぴったりのお花なのです。

ひな祭りの「ひな」の由来

ひな祭りの由来にはもう一つの説があります。それは平安時代に発祥した「ひいな遊び」と言う貴族の子供達が紙の人形を使いおままごとをしていた事から来ています。ひいなは雛の古語で小さくて可愛らしい、もともと大きなものを小さなサイズにする、と言う意味が含まれています。平安時代発祥なんて、いつの時代も子供の遊びは変わらないものなんですね。

27578480 2001160983539209 4616413776692903936 n
u2penguin

その平安時代発祥のひいな遊びと上巳の節句が結びついて、人の厄を代わりに受けてくれる男女1組の紙の雛人形が生まれました。今のひな人形の原型はここにありました。そして、いつからか技術が発展していくと人形は立派になり、人の厄を背負って流されていくものではなくなり、家の中に飾るものとして定着していきました。

26871295 145480076127575 9203589950065344512 n
yunana_mama

こうしていつからか人形の役目が変わっていき人形を飾るようになると上流階級の間では豪華なひな人形を嫁入り道具として持たせるようになりました。その後、家庭に女の子供が生まれるとその子供のためにひな人形を用意して初節句を祝い、健やかに育つように、幸せな人生を送れるようにと不幸はそのひな人形に受けてもらうという風習になっていきました。

ひな祭りの由来を子供に説明するには?

子供は、たくさんの物事に対して興味を抱き、「どうして?なんで?」と質問をたくさん投げかけてきますよね。そんな中で、こういった伝統行事の「なぜ」を説明するのはかなり難しいと思います。子供が理解できて、しかも正しく伝えたい、そんな方に、子供に説明するひな祭りの内容で大切なポイントをご紹介します。

27878014 100871760737889 2835863723254480896 n
hina_gram1223

まずは「昔は病気や自分の嫌な事を紙の人形にお願いして川に流して遠くに持って行ってもらっていた」と言う事。そしてその次に「ひな人形は子供を見守ってくれている」と言う事、そして最後に「ひな祭りは子供が元気に育ってくれますように」と言う願いを込める日だと言う3点です。これをうまく説明できれば子供も理解できるはずです。

ひな祭りに食べる食べ物の由来1:菱餅

ひな祭りで必ず目にする食べ物のうちの一つが「菱餅」ですが、この菱餅にはどんな意味が込められているのでしょうか。まず、必ず3色で1セットになっていますが、これにはきちんと意味がるのです。並び方としては1番上が桃色(桃の色)、真ん中は白(なごり雪)、1番下が緑(大地)と決まっています。雪が溶け、大地が芽吹き、桃の花が咲くと言う意味です。

26430280 140496269976509 7289652248366284800 n
uchimade

緑の菱餅にはその昔、「母子草」と言う草を使っていました。しかし、「母子を撞く」(つく)と言う意味は縁起が良くないという事からいつからかよもぎを使うようになりました。どちらも増血作用を持つ薬草である事から、昔から女性は貧血の症状に見まわれていた事が伺えます。いつの時代も女性は貧血に悩まされているんですね。

26331222 434386640311946 4808047808621838336 n
ringoame911

そして白餅に使われているのは血圧を下げる「ひしの実」、そして桃色の餅には解毒作用を持つ「クチナシ」が使われています。この桃色には色自体にも意味があり、桃は厄払いの花ですから、その色を持つ事で災厄を免れると言う意味が込められています。そしてその他に、桃の形は心臓に似ている、菱は子孫繁栄の象徴、などの色々な意味があります。

Originalひな祭りの食べ物にはそれぞれ意味がある?定番の料理やその由来をご紹介!

ひな祭りに食べる食べ物の由来2:白酒

11018514 602830106516229 481453963 n
momo19870209

ひな祭りに飲むお酒といえば白酒ですが、甘酒と誤解される方が多いようです。しかし、この白酒と甘酒は全くの別ものです。甘酒は子供でも飲めるノンアルコールのものもたくさんありますが、この白酒はしっかりとアルコールが入っています。白酒はもともと桃の花をつけた酒で「桃花酒」と呼ばれ、桃で邪気を払って長寿を願うなどの意味があります。

ひな祭りに食べる食べ物の由来3:ひなあられ

ひな祭りが江戸時代に定着し出した頃に「雛の国見せ」と言う風習がありました。それは、女の子たちが普段家に飾ってある自分のひな人形を連れて出かけひな人形に春の景色を見せてあげるというものでした。その時におやつとして持って出かけたのが「ひなあられ」です。可愛らしい和菓子のひなあられは春の色を表す桃、白、黄色、緑の4色が使われます。

ひな祭りに食べる食べ物の由来4:はまぐり

はまぐりは蝶番の部分が個体によって全く違うために、元から対になっている貝同士でないと再び合わせることができない貝と言われています。平安時代には貝合わせと言う遊びがあったほどです。そのはまぐりの特徴から「生涯変わらぬ1人の相手と添い遂げる」と言う意味が込められています。はまぐりのお吸い物には美味しい以外にこんな意味があるんです。

27878926 1812576335453509 8435860349722296320 n
nihonryouri_wakabayashi

ですから、ひな祭りにははまぐりの縁起を担いで、自分の娘が「理想的な素敵な男性と出会い、良い夫婦になり、生涯良い結婚生活が送れますように」という親の願いが込められているのです。とにかくひな祭りにはいつの時代も親が娘を思う気持ちは変わらないという事がわかる、温かくてやさしい、女の子にはありがたい伝統行事なのです。

ひな祭りに食べる食べ物の由来5:ちらし寿司

26870456 155831685210456 5413948074953277440 n
arare118

ひな祭りに食べるちらし寿司ですが、これには諸説あるようですが、ひな祭りが発祥した平安時代には「なれ寿司」と言う現在のお寿司の原型と言われているものが食べられていたようです。これは海老や菜の花で彩られた綺麗なお寿司でした。それがいつからか豪華になっていき、現在ちらし寿司と言われる目にも鮮やかなものになっていったのです。

そして、ちらし寿司に散りばめられている美味しそうな具材にもきちんと意味があります。海老には「腰が曲がるような年になるまで長生きできますように」と言う意味が、そしてレンコンには「先行きを見通せますように」、そして豆には「健康でマメに働けますように」と言う願いが込められています。そう願いながら食べるとより一層美味しく感じますね。

ひな人形を飾り付けする時期は?

27573429 2497401033649583 8191326077486891008 n
umiyama193

ひな祭りという行事は知っていても、いつ飾りつけをして、いつ片付けるのかがよくわからないという方も多いのではないでしょうか。ひな人形を飾り付けする時期としては特に決まりがありません。しかし、一般的に節分の日の次の日(立春)から2月中旬までに飾り付けしたほうが良いと言われています。節分で鬼を清めてからひな人形を飾るのがいいようです。

27575064 1606580169422721 5850491188028637184 n
manamin830

そして、飾り付けの後に待っているのは片付けですが、その時期はひな祭りの翌日から遅くても2週間後、3月の中旬までには片付けたほうがいいとされています。しかし、人形はとても湿気に弱いため、もし片付けようと思っていた日が雨の場合は、天気がいい日まで待ってから片付けをしたほうがいいでしょう。

26871661 200759520660952 9014004931069214720 n
terukuru

よく「ひな人形を出しっぱなしにしておくと嫁にいけない」という言い伝えがありますが、それ以外にも「身代わりに厄を受けてくれる人形がいつまでも近くにあるのはよくない」「片付けられない嫁と思われないように早く片付けをするというしつけをするため」「季節の節目の飾りをいつまでも飾って浮かれていてはいけない」などの意味があるようです。

ひな人形を飾る方角やお日柄

ひな人形を飾る際に、気になる日柄や方角ですが、基本的に決まりはないようです。飾り付けの日柄を大安吉日にするという場合もあるようですが、それは個人の好みであり特に決まりではありません。それよりも大切なのは飾る場所で、直射日光が当たらず、湿気の少ない風通しの良い場所がいいでしょう。

27573790 2227919157420922 897575571326763008 n
yuuunkoooc

そして飾り付けの際に必ず上段の人形から飾るようにしましょう。そうすることで万が一人形を落としてしまったとしても下の人形を傷つける心配がありません。飾る際に人形を持つ位置も大切で、なるべく顔を触らないで飾ることで、汚れてしまうことを防ぎます。無事に飾り付けが終わったら来年のために写真に撮っておくと次回悩まずに並べる事ができます。

ひな祭りを3月3日に行わない地域がある!

27880284 1578750515565968 4180756333118619648 n
sachi71320

関東圏内に住む人々にはひな祭りが3月3日に行われることは常識と思われますが、ひな祭りを4月3日に行う県もあるそうです。山梨、静岡、新潟、岐阜、京都、奈良、愛媛、岡山、鹿児島の9県は、地域によって4月3日にひな祭りを行うそうです。和暦の3月3日は今の4月3日に当たるので、そちらを日にちで今もひな祭りを行っているようです。

ひな祭りの由来を知って桃の節句を楽しもう!

27582116 325321334632963 3472622792736768 n
yutokuinarimatuya

いかがでしたでしょうか。ひな祭りの由来と発祥は、今のひな祭りからはちょっと違うものでした。しかし、いつの時代も「健康で平和に暮らしたい」「自分の子供に幸せになってもらいたい」と言う親の気持ちは変わらないものです。今までなんとなく飾り付けていた人形も、ひな祭りの発祥と由来を知ったらもっともっと大切にしていけると思いますよ。

関連記事

関東地方の人気ランキング

関東地方の新着のまとめ