赤レンガいちごフェス2018!大人気イベントの日程や混雑情報をチェック!

2018年2月10日 (2018年3月30日最終更新)

今年第6回目を迎える赤レンガいちごフェス2018が現在横浜の赤レンガ倉庫で開催中です。日本全国の有名ブランドいちごのサンプリング(無料配布)があるほか、フェア限定のいちごスイーツもたくさん。そんな赤レンガいちごフェス2018についてまとめました。

目次

  1. 赤レンガいちごフェス2018でいちご尽くしの1日を!
  2. 赤レンガいちごフェスとは?
  3. 赤レンガいちごフェス2018の日程と開催時間
  4. 赤レンガいちごフェス2018の場所とアクセス方法
  5. 赤レンガいちごフェス2018の混雑状況
  6. 赤レンガいちごフェス2018の見どころ1:ブランドいちごのサンプリング(無料配布)
  7. 赤レンガいちごフェス2018の見どころ2:いちごスイーツ充実のいちごマーケット
  8. 赤レンガいちごフェス2018の見どころ3:赤レンガ倉庫内もいちごだらけ
  9. 赤レンガいちごフェス2018の見どころ4:子供も大喜びのいちごアトラクション
  10. 赤レンガいちごフェス2018の見どころ5:リツイートでとちおとめをGET!
  11. 今なら間に合う!赤レンガいちごフェス2018

赤レンガいちごフェス2018でいちご尽くしの1日を!

今年もいちごの季節が近づいてきましたが、それに先立ち横浜赤レンガ倉庫で開催されているのが赤レンガいちごフェス2018です。すでに第6回目を迎えるこのいちごフェアは年を経るごとに人気も高まり、家族連れやカップルなど多くの人で朝から晩までにぎわっています。この記事ではそんな赤レンガいちごフェス2018についてご紹介します。

赤レンガいちごフェスとは?

「赤レンガいちごフェス」とは、2013年に初めて開催されたフェアで、英語で表記をすると「Yokohama Strawberry Festival 2018」となります。第6回目を迎える2018年は、11日間の日程中、限定いちごスイーツや雑貨が販売されるほか、ブランドいちごのサンプリング(無料配布)も!例年多くの人で混雑する大人気のフェアです。

赤レンガいちごフェス2018の日程と開催時間

赤レンガいちごフェス2018の開催日程は、2018年2月2日(金)から2018年2月12日(月)でフェスの日程中は休みなく開催されます。フェアの開催時間は、平日が午前11時から午後6時まで、土日祝日が午前10時30分から午後6時までとなっています。残り日程はあと数日!急いで来場しましょう。

赤レンガいちごフェス2018の場所とアクセス方法

赤レンガいちごフェス2018が実施されるのはデートスポットとしても人気の横浜赤レンガ倉庫です。アクセスに便利なのは地下鉄で、「桜木町駅」から徒歩15分、「館内駅」からも徒歩15分、「馬車道駅」または「日本大通り駅」からは徒歩6分という近さです。赤レンガ倉庫は海に面しているのでシーバスでのアクセスでも可能です。

住所:神奈川県横浜市中区新港一丁目一番
電話番号:045-227-2002

Original赤レンガ倉庫周辺の駐車場で料金が安いところは?おすすめの場所をご紹介!

赤レンガいちごフェス2018の混雑状況

例年多くの人で混雑する赤レンガいちごフェス、2017年はなんと19万人の来場者!2018年も同様かそれ以上の混雑が予想されます。特に混雑するのが無料いちごサンプリング。いちごを貰えるまで30分以上並ぶことも当たり前の状況です。いちごマーケットよりも赤レンガ倉庫内のほうが比較的混雑が少ない傾向にあるので、小さい子供さん連れなどにはおすすめです。

赤レンガいちごフェス2018の見どころ1:ブランドいちごのサンプリング(無料配布)

26865907 113754596063054 8687914267879407616 n
yuuming3450

赤レンガいちごフェスで例年多くの人が行列をするのがブランドいちごのサンプリングです。日本全国のおいしいブランドいちごが無料で味わえるとあって2018年も混雑必須。どのサンプリングも数に限りがあるうえ、なくなり次第終了なので早い時間の来場がおすすめです。2018年は次の4種類のブランドいちごが登場します。

千葉県のいちご「チーバベリー」

2017年1月から販売開始となった新しい品種「チーバベリー」。大粒のいちごはジューシーさと酸味のバランスが抜群。千葉県のいちごとあって、サンプリングの日には人気のキャラクター、チーバくんもフェア会場に登場します。配布日程は、2月2日、2月7日、2月9日の午前11時から。一人一個限りで、場所はいちごマーケットAゲート前です。

栃木県のいちご「とちおとめ」

いちごと言えば「とちおとめ」といっても過言ではないほど愛されているブランドは1996年に誕生しました。まさにこれがいちごと言えるような王道の形、色が人気の秘密です。配布日程は2月10日の午前10時30分からのみ。一人一パックのみで、場所はいちごマーケットAゲート前です。当日は、とちおとめ大使のコリラックマも登場します。

栃木県のいちご「スカイベリー」

26869545 147194075963801 4014205077702049792 n
yacchoco

いちご栽培で知られる栃木県から登場するのは「スカイベリー」。2014年に登場したこの品種は、明るい色合いが特徴的で、甘みと酸味のハーモニーが抜群の人気品種。サンプリング日程は2月12日の午前10時30分からで、一人一パック限りです。場所はいちごマーケットAゲート前となっています。

福島県いわき市のいちご「ふくはる香」

27578578 583027568708366 6552799129259474944 n
tamaya_re

そして4種類目のサンプリングいちごは福島県いわき市のいちご「ふくはる香」。甘みが比較的強めの品種で、赤色の美しさでも人気です。サンプリング日程は2月3日、2月4日の2日間。午前10時30分からの配布で、一人一パック限りです。場所はいちごマーケットAゲート前。当日はいわき農産物のキャラクター「さる1号」も登場します。

赤レンガいちごフェス2018の見どころ2:いちごスイーツ充実のいちごマーケット

27577165 1875218989176461 4246856725912616960 n
naginzel422

赤レンガいちごフェス2018の日程中常に多くの人でにぎわっているのが「いちごマーケット」の会場です。会場内にはいちごスイーツを販売するお店やいちご雑貨でまさにいちご尽くし。いちごの甘~い香りが会場の外まで漂ってくるほどです。インスタ映えを狙うならアッシュ×エムが販売する「湘南イチゴのフルーツブーケ」がおすすめ。

27574445 2229366543960619 8215600253391339520 n
amuamu_san

湘南でとれた新鮮ないちごをたっぷりと使ったフルーツブーケはボリュームたっぷりの大迫力。値段は780円です。レアな白いいちごも含めた4種類のいちごを食べくらべができるのが水信から販売される「4種食べ比べセット」で値段は2000円です。一口にいちごといっても色や甘み、酸味がそれぞれ全く異なるのが実感できる楽しいセットです。

27576645 203181006927410 8974847748591321088 n
keep_non_smile

2017年のいちごフェスではなんと1日に1000個以上も売れたというのが創作菓子アトリの「とちおとめのオムレット」です。2018年ではさらに改良され、おいしく食べやすくなって再登場します。ふわっふわのオムレットに挟まれた甘いクリームとさわやかな甘みのいちご、値段は500円でお土産にもぴったりです。

他にも、果汁工房果琳からは「果肉ゴロゴロあまおうジュース」、アキズからは「あまおう苺のスペシャルプリンアラモード」などが登場するほか、赤レンガいちごフェス2018の記念にぴったりのオリジナルマグも販売されます。単品では700円、冬いちごマシュマロのホットラテ付きは1200円です。

赤レンガいちごフェス2018の見どころ3:赤レンガ倉庫内もいちごだらけ

赤レンガいちごフェス2018の日程中は、赤レンガ倉庫内のお店でもいちごメニューがたくさん登場します。日程中の基本の営業時間は1号館が午前10時から午後7時まで、2号館が午前11時から午後8時までとなっていますが、店舗によって多少異なることもあります。注目は各種ブランドいちごとのコラボメニュー。

千葉県の「チーバベリー」と赤レンガ倉庫とのコラボメニューが「ガトーショコラ 千葉県産いちごとチーバベリーのコンフィーチュール添え」です。販売場所は2号館にあるチャノマ。2月2日、2月7日、2月9日のみの限定販売ですので混雑必須です!栃木県の「とちおとめ」とのコラボメニューは「とちおとめとブルーベリー、チョコレートソースのクレープ」です。

27574651 1705368609525303 5597986856651194368 n
0822qoo

クレープの上にはたっぷりのいちごとブルーべりーがのった美しいクレープ。テイクアウトすることも可能です。販売場所は2号館のエクスプレスです。お土産にもよさそうなのが、福島県いわき市の「ふくはる香」とのコラボメニュー「ふくはる香の苺ミルクアップルパイ」です。販売場所は2号館の「グラニースミス アップルパイ アンド コーヒー」です。

赤レンガいちごフェス2018の見どころ4:子供も大喜びのいちごアトラクション

26341904 1863527990354965 5765586659613605888 n
nonono3n3_1018_

赤レンガいちごフェス2018はいちごを食べるだけのフェスではありません、いちごのアトラクションも充実。中に入ってジャンプして遊べるのはふわふわ遊具(ふわふわドーム)で会場のはいちごバージョン「いちごふわふわ」です。高いところまで飛び跳ねることができる「ジャンプゾーン」はいちごのヘルメットを被ってどうぞ。場所は屋外スペースです。

26870606 407354436389501 4245064268556271616 n
hiro_tanaka_522

また、2018年は横浜赤レンガ倉庫の開館15周年記念の年にあたるので、それにちなんだいちご色の熱気球もフェスの会場に登場します。熱気球に乗って上空約20メートルの高さからベイブリッジなどを眺められる熱気球搭乗体験も。日程は2月5日から2月7日までで、時間は午前9時から正午まで。一組約5分の体験になります。

赤レンガいちごフェス2018の見どころ5:リツイートでとちおとめをGET!

赤レンガいちごフェス2018では様々なキャンペーンがありますが、特に見逃せないのが赤レンガ倉庫の公式アカウント@yokohamaredbricをフォローしたあとに対象ツイートをリツイートすることで応募できるキャンペーンです。毎日抽選で2人に「とちおとめ」があたります。日程はフェアと同じ2月2日から2月12日までです。

今なら間に合う!赤レンガいちごフェス2018

27574802 1988629894792799 7945694312258338816 n
___yuuna

赤レンガいちごフェス2018はすでに始まっていますが、残り日程はまだあります!全国の有名ブランドいちごが無料で配布されたり、いちごスイーツを味わうことができたりと、まさにいちご尽くしのフェア会場。最終日に近づくにつれてさらに混雑が予想されるので思いついたらすぐお出かけを!

関連記事

横浜の人気ランキング

横浜の新着のまとめ