荒井商店は新橋のペルー料理レストラン!おすすめのメニューや料理の特徴は?

2018年2月12日 (2018年7月15日最終更新)

ペルー料理は、豊富な食材を用いて多種多様なメニューがあり、ユネスコの無形文化遺産にも登録されています。新橋の「荒井商店」は、日本人の口にも良く合うと最近人気のペルー料理のレストランです。今日は「荒井商店」の魅力をたっぷりとご紹介します。

目次

  1. 新橋のペルー料理レストラン「荒井商店」をご紹介
  2. ペルー料理の特徴
  3. 「荒井商店」へのアクセス
  4. 「荒井商店」のおすすめメニュー1:前菜
  5. 「荒井商店」のおすすめメニュー2:スープ
  6. 「荒井商店」のおすすめメニュー3:チキン
  7. 「荒井商店」のおすすめメニュー4:ビーフ
  8. 「荒井商店」のおすすめメニュー5:ポーク
  9. 「荒井商店」のおすすめメニュー6:ラム
  10. 「荒井商店」のおすすめメニュー7:ドリンク
  11. 「荒井商店」のおすすめメニュー8:デザート
  12. 「荒井商店」のおすすめメニュー9:お任せコース
  13. 「荒井商店」でペルー料理を堪能しよう

新橋のペルー料理レストラン「荒井商店」をご紹介

19932267 236634703512906 4571405796490870784 n
banbanbazer

サラリーマンの聖地、と形容される新橋。その新橋駅から徒歩10分弱のところに「荒井商店」という少し武骨な名前のペルー料理のレストランがあります。こちらのオーナーシェフは、「オテル・ドゥ・ミクニ」で5年間修業をし、フレンチからペルー料理へと方向転換を図った異色の人です。今日はミシュランにも掲載された新橋のペルー料理レストラン「荒井商店」をご紹介します。

ペルー料理の特徴

13732135 301989556802055 429446419 n
patsymassie

南米ペルーの料理というと、つい牛肉や豆の煮込み料理だけを思い浮かべがちですが、南太平洋を臨みアンデス山脈やアマゾンの熱帯雨林など豊かな自然に恵まれたペルーの料理は、その食材の豊富さで他国を圧倒します。魚や魚介類を使う料理も多く、各種のスパイスを使った味付けは意外に日本人の口にもよく合います。

「荒井商店」へのアクセス

新橋御成門近くの「荒井商店」へは、JR新橋駅の烏森口を出て烏森ビルディングを通り過ぎて左折し、あとは道沿いに歩いて7分くらいで到着します。営業時間は11時30分から15時、18時から23時で、日曜日は定休日になっています。18席ほどの小さなレストランですので、コース料理などをお考えの場合は特に予約をおすすめします。

住所:東京都港区新橋5-32-4(江成ビル1F)
電話番号:03-3432-0368

「荒井商店」のおすすめメニュー1:前菜

セビーチェ

16465741 588621361334575 3613408260171759616 n
katsura8

ペルー料理に限ったことではありませんが、コース料理にやはり前菜は欠かせません。「Cebiche」(セビーチェ)というシーフードマリネは、ニンニクとレモンをたっぷりと使い、魚介類や鯛などの白身の魚を用いたりと様々な種類があります。ペルー料理ではお馴染みの付け合わせ、白いトウモロコシもとても美味しいです。

15253153 336354123405208 5346511560783167488 n
araishouten

セビーチェをもう一品ご紹介しましょう。こちらは新鮮な赤崎産の牡蠣を使ったセビーチェです。移民としてペルーへ渡った日系人が、酢の物の代わりに考え出したとも言われるセビーチェは、牡蠣などの和食でお馴染みの食材との相性も抜群です。紫玉ねぎと海藻が牡蠣の風味によくマッチしています。

カウサ・レジェーナ

こちらのレストランのメニューでも特に人気のカウサレジェーナは、ペルーの代表的なじゃがいも料理で、日本のポテトサラダに似ています。「causa」(カウサ)はマッシュポテト、「rellena」(レジェーナ)は詰めることを意味するそうで、じゃがいもの他にアボカドやツナなども使っています。紫のオリーブを飾り、見た目にも美しいメニューです。

ユカフリータ

14550173 764697507001784 3314275848273526784 n
takako330

ビールのお供に手軽につまめる一品、ユカフリータもおすすめの一品です。ユカというのはタピオカの原料として知られるユカ芋のことで、それを素揚げにしたユカフリータは、ペルー料理になくてはならない黄色い唐辛子「Ají Amarillo」(アヒ・アマリージョ)をベースにした、スパイシーなアヒソースと一緒にいただきます。

「荒井商店」のおすすめメニュー2:スープ

鱈のスープ

12519160 507339809443810 156763743 n
araishouten

コース料理では前菜の次に供されることの多いスープ。「荒井商店」のスープはいろいろな種類がありますが、まずご紹介するのは鱈のスープです。アサリなどの魚介類と鱈の旨みが、絶妙なハーモニーで口の中に広がります。お好みでアヒソースと一緒に召し上がっても良いでしょう。

レチェ・デ・ティグレ

直訳すると虎のミルクという意味の「Leche de Tigre」(レチェ・デ・ティグレ)は、セビーチェの汁で作るスープです。ペルー料理にはカリッと焼いた大粒のとうもろこしもよく使われますが、このスープのてっぺんにも乗っています。お魚や海藻などの味がしっかりと出ていて、少し酸味の利いたスープはヘルシーで体も喜びそうです。

チュペ・デ・カマロネス

16584895 966343256828960 136363124293894144 n
araishouten

煮込むという意味の「chupe」(チュペ)という料理は、魚介類をトマトソースなどで煮込んだ、チャウダーに似た料理です。「Chupe de Camarones」(チュペ・デ・カマロネス)は、カマロネスという大きな川エビを使い、「Aji Panca」(アヒ・パンカ)というあまり辛くないスパイスで味付けしています。ジャガイモやニンジン、キャベツなどの野菜もたっぷりで、ボリュームのあるスープです。

「荒井商店」のおすすめメニュー3:チキン

アヒ・デ・ガジーナ

「ají」(アヒ)は唐辛子、「gallina」(ガジーナ)はめんどりという意味で、鶏肉を黄色い唐辛子「Ají Amarillo」(アヒ・アマリージョ)とクリームで煮込んだ、ペルーの定番料理です。肉の煮込み料理は南米各地でよく見かけますが、ペルーではやはり黄色いアヒソースと一緒にいただきます。

アロス・コン・ポジョ

「Arroz con Pollo」(アロス・コン・ポジョ)は、スペイン語でご飯とチキンを意味します。こんがり焼いたチキンに、パエリヤ風のご飯が添えられています。大きな紫オリーブはペルー料理のお約束。ここでも十分存在感をアピールしています。ニンジンや玉ねぎ、豆類などの野菜の旨みが凝縮されたパエリヤとチキンのコンビネーションは格別です。

「荒井商店」のおすすめメニュー4:ビーフ

ロモ・サルタード

20687333 989622831177470 8618320988636971008 n
hisa1966

ペルー料理の定番中の定番「Lomo Saltado」(ロモ・サルタード)は、牛肉と野菜のソテーです。19世紀にペルーに移住してきた中国人の影響を受けた料理と言われていて、アジア系の調味料を使う料理です。紫玉ねぎやニンジン、トマトなどの野菜とアヒ・アマリージョを始め、ニンニクやパプリカ、バルサミコ酢と醤油も使いますので、日本人の味覚にもよく合います。

「荒井商店」のおすすめメニュー5:ポーク

ポークのトマトシチュー

ペルー料理でも豚肉はとてもポピュラーな食材です。こちらのメニューはランチにぴったりなポークの煮込み料理です。豚肉と大きなじゃがいもがごろっと入っています。野菜もたっぷりのトマトシチューは、ご飯との相性も抜群。もちろんアヒソースも添えてあります。美味しいペルー料理のランチで午後からの仕事も頑張れそうですね。

「荒井商店」のおすすめメニュー6:ラム

ラムのチミチュリソース

12558448 1680550998888249 261133072 n
araishouten

「荒井商店」ではラムを使ったメニューも人気です。こちらのメニューは、こんがり焼いた骨付きラムにパセリとニンニクのみじん切り、そしてオリーブオイルと白ワインビネガー、唐辛子やオレガノなどのスパイスを加えた「Chimichurri」(チミチュリ)という、南米諸国でお馴染みのソースをかけたものです。ラムの好きな方にはぜひ召し上がっていただきたい一品です。

「荒井商店」のおすすめメニュー7:ドリンク

ペルーのビール

17267335 1769703783344163 934116483066232832 n
mac.the.freebsd.nomads

「荒井商店」でペルー料理をコースで味わうときには、ぜひペルーのビールもご一緒に。ペルー料理にはビールがよく合います。「荒井商店」ではビールを始め、ペルーのドリンク類も種類豊富に取り揃えています。この「 Cusqueña」(クスケーニャ)というダークラガーも人気の飲み物です。ぜひ一度飲んでみてください。

ピスコサワー

1738450 1448434925386131 536110389 n
ladykaga0802

ピスコサワーという白いサワーは、ペルーならではのドリンクです。「Pisco」というのはペルーのピスコ地方のぶどうで作られたお酒で、アンゴスチュラビターという苦味酒にライム果汁とシュガーシロップを加え、泡立てた卵白をシェイクして作るカクテルです。どんな味の飲み物なのか、ぜひ味わってみたいですね。

「荒井商店」のおすすめメニュー8:デザート

Suspiro De Limeña

16583714 733973406766355 5574991567388672000 n
araishouten

ペルー料理コースの最後には、やはりペルーのデザートをいただきたいですよね。こちらのデザートには「リマのため息をつく女」という、詩的な名前が付けられています。たまごと「Dulce de Leche」というカラメルソースを使った、ペルーではお馴染みのデザートです。バニラとシナモンの風味が効いています。

Picalones

20589406 1718365351802130 5019013591429283840 n
otsucarlos

もう一品、ペルーのデザートをご紹介します。この「Picalones」(ピカロネス)はカボチャとアボカドで作る、ペルーではお馴染みのドーナツです。黒豆味のシロップがかけられた美味しいお菓子です。ペルー料理のコースをいろいろと堪能した後に、こんな素朴な味わいのデザートもとても良いものです。

「荒井商店」のおすすめメニュー9:お任せコース

25025016 137869403551974 2790350745092751360 n
kuumiikookoo

忘年会や新年会、パーティーなどのちょっとした集まりのときには、やはりコース料理はおすすめです。「荒井商店」自慢の料理の数々をコースでいただくのであれば、ペルー料理初心者の方にも安心です。前菜からスープ、サラダ、メインにデザートまで一通りのコースメニューなど、ぜひお店で聞いてみてください。

「荒井商店」でペルー料理を堪能しよう

20986897 958603380960140 503844271351136256 n
hiro_kichijoji

ミシュランガイドにも掲載されたペルー料理レストラン、新橋の「荒井商店」の人気メニューなどをいろいろとご紹介してきました。いかがでしたか?様々な食材を使う、遠い南米ペルーのお料理はどこか懐かしく、日本の味に通じるものがあるようです。新橋へお出かけのときには、ぜひ「荒井商店」でペルー料理の醍醐味を堪能してください。

Original新橋にデートで行くならココ!人気スポットやおすすめの店まとめ | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新橋エリアでデートにおすすめのスポットやお店についてご紹介します。新橋といえば、サラリーマン...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
janedoe

銀座・新橋・有楽町の人気ランキング

銀座・新橋・有楽町の新着のまとめ