自転車・ロードバイク服装おすすめは?女子向け・街乗りなど徹底解説!!

2018年2月13日 (2018年12月10日最終更新)

自転車屋ロードバイクに乗る時、服装に困ったことはありませんか?普段、着ているものでいいか、おしゃれ服でいいか、何か揃えた方がいいか、分からなくなってしまいます。そこで、自転車やロードバイクの時に、おすすめの服装や冬におすすめの服装もご紹介します!

目次

  1. 気になるロードバイク乗車時の服装!おすすめは?
  2. 自転車・ロードバイクの服装は何がいい?
  3. 自転車・ロードバイクの服装の基本はサイクルジャージ
  4. 自転車・ロードバイクの服装では脱着可能が便利
  5. 自転車・ロードバイクの服装は街乗りできる?
  6. 自転車・ロードバイクの服装に取り入れたいアイテム
  7. 自転車・ロードバイクの服装でカジュアル感を!
  8. 自転車・ロードバイクの服装をリーズナブルで!
  9. 自転車・ロードバイク女子の服装は街乗りではラフに
  10. 自転車・ロードバイクの街乗りでおしゃれもしたい!
  11. 自転車・ロードバイクの服装でサイクルウェアをインナーに
  12. 自転車・ロードバイクでの冬の服装は?
  13. 自転車・ロードバイクの服装のコツは末端をカバー!
  14. 自転車・ロードバイクの冬の服装であるといいアイテム
  15. 服装のコツを掴むといつでも自転車やロードバイクに乗れる!

気になるロードバイク乗車時の服装!おすすめは?

23667896 384199032017108 5294710101960032256 n
cyclepine_cycleshop

自転車やロードバイクの乗車時、一度は気になったことがある『服装』です。一般的な軽快車なら、こだわりも少なくて乗りやすいですが、ロードバイクとなるとどうでしょう?「身体にピッタリとしたジャージ」を思い浮かべることも多いですが、カジュアルな服装でも大丈夫です。おすすめの服装をご紹介します!

自転車・ロードバイクの服装は何がいい?

26868343 550989341948877 6271890800469082112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
saku_pooon

自転車やロードバイクの乗車時に最適な服装は、何が良いのでしょうか。日常で自転車に乗る場合と、ロードバイクで本格的スポーツになる場合とでは、服装が変わってきます。共通項は「動きやすい服装」であることでしょうか。街乗りの場合は、特にこだわらず、普段、お持ちになっている私服でも良いかと思います。

自転車・ロードバイクの服装の基本はサイクルジャージ

26868258 404712009953245 3058588989079420928 n
cicli17

サイクルジャージと言えば、ピタッとしたジャージを思い浮かべてしまうことが多いでしょう。サイクルジャージは、おしゃれ女子には抵抗感が感じられるかもしれません。自転車やロードバイクをスポーツとして楽しむのでしたら、本格的にサイクルジャージなどを購入することも考えても良さそうです。

27574591 192651898157864 686907309493846016 n
demarchikyoto

サイクルジャージに抵抗がある方も多いのですが、機能性を考えたことはありますか?スポーツ仕様なので、性能は抜群です。サイクルジャージは、汗をよく吸収しつつ、速乾性も高いので、体温のコントロール力は敵いません。自転車やロードバイクに乗っている時は、結構、汗をかくので快適性はとても大切です。

26223544 817154368475768 2477952583671480320 n
ishigakimiho.1

自転車やロードバイクを手軽に取り入れて、颯爽と走る街乗りにしたいとか、自転車を降りた後にお店に入りやすいカジュアル感も女子にとって大切です。ただカジュアルにするだけではなく、快適性も取り入れておくと、汗で不快な思いをすることを減らすことができます。最初は、サイクルジャージがあった方が良いと思います。

自転車・ロードバイクの服装では脱着可能が便利

15043761 1894455937450120 3852052779329650688 n
uk.road

サイクルウェアのアイテムには、脱着が楽なものがあります。レッグウォーマーとアームウォーマーです。袖の長いウェアやロングタイツですと、暑くなった時に簡単に脱ぐことができなくなります。レッグウォーマーとアームウォーマーだと、体温調節がとても楽になるのでおすすめです。体温調節の他に、日焼け防止にも役立ちます。

18948105 1392418800837098 4854573552956866560 n
cocotikapelmuur

走行中は、風を浴び続けているので、風を通しにくい素材のアウターも必要です。ウィンドブレーカーのような、軽くて風を通さないものがおすすめです。薄くて軽く、風や水を通さない素材が良いので、夏や秋の走行時にも持っておくととても重宝します。サイクルウェアのブランドではなくても、素材に重点をおきましょう。

自転車・ロードバイクの服装は街乗りできる?

24845412 387348545051035 2118431492777443328 n
vintageveloclassicsjapan

最近のサイクルジャージは、ファッション性も高くなってきているので、基本的には、サイクルジャージを、その上に着る服装をカジュアルにすると、自転車やロードバイクが本格的なスポーツと言うイメージが柔らかくなります。女子向けに、かわいさを追求したサイクルスカートもあります。

13380915 1788334664745008 1846408489 n
sunnyyokopi

動きやすく、かわいらしい服装を取り入れたのがサイクルスカートです。スカート丈は短めで、腹囲を圧迫しない設計になっているので、自転車やロードバイクに乗っても動きやすいです。素材はサイクルジャージを取り入れながら、女子うけするかわいいイメージを追求したものが増えているので、参考にされてはいかがでしょうか。

17596553 1068781969892329 3962879479780474880 n
sunnyyokopi

サイクルジャージの機能とかわいらしさを合わせたものは、女子向けなので受け入れやすいのもあり、広がってきています。体温調節機能とおしゃれ、動きやすさを兼ねたデザインが増えているので、ピタッとしたサイクルジャージのイメージは変わっていくかと思います。仕様がスポーティーなので、思い切りペダリングしても平気です。

自転車・ロードバイクの服装に取り入れたいアイテム

18252208 1360024717423484 7287166089367126016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
7bicycle

さすがにサイクルスカートのままでは自転車やロードバイクには乗りにくいので、レディス用のロングスパッツやサイクリング用のインナーパンツの着用をおすすめします。ロングスパッツやインナーパンツに、ゲルやパットが入ったものがおすすめで、前傾姿勢になる時間が長くなっても、お尻周りの痛みを軽減できます。

14499086 588836111319345 6315666245316247552 n
uccyo737

サイクルジャージや付随するアイテムがいくつもあり、店頭でも購入できますし、インターネットでも購入することができます。店頭では、スタッフに相談できるので初心者であれば、話をしながら自分の好みの物や価格帯を相談することができます。実際に手に取って触れてみるのがおすすめです。

価格帯は、リーズナブルな物から、上を見るとキリがないものまでありますが、最初に試してみるのであれば、そんなに高いものを購入せず、どんなものか確かめることの方が大事でしょう。最初から高いものを購入することを考えなくても、リーズナブルな物からスタートしてもよいです。それに、着用感が合う合わないもあります。

23347947 1335555153238400 1224083486294409216 n
imao11

街乗りでは、スピードを出すことは考えなくても心配はないかもしれません。キャップやニット帽でも問題はなさそうです。自転車やロードバイクで本格的にスポーツをすることを考えている時は、ヘルメットの着用をおすすめします。転倒した時に衝撃から頭を守るために必要になります。

自転車・ロードバイクの服装でカジュアル感を!

自転車やロードバイクのスポーツ仕様に、どうしても抵抗があり、カジュアルに街乗りを楽しみたいのでしたら、機能性を保ちつつ、カジュアルなデザインの服装を取り入れてみましょう。例えば、7分丈のクロップドパンツだと、カジュアル感を前面に出しながらも、ペダリングに支障がない仕様になっています。

軽くておしゃれなので、女子が街乗りするのにぴったりです。おしゃれを取り入れつつ、ペダリングに支障がなく、街の中に溶け込むようなデザインは、自転車やロードバイクに乗るだけではなく、普段着として着用もできるようなデザインです。デザイン的にはシックなものが多くあります。

自転車やロードバイクに乗る時は、足にフィットする靴下や靴も大切です。できるだけ足にフィットした靴下を着用します。靴も、足と靴の間に、あまり隙間が出来ないような仕様で、きつくないものを選ぶと良いでしょう。フィット感が感じられるのがポイントになります。足に合わない靴は、街乗りの短時間でも疲れてしまいます。

自転車・ロードバイクの服装をリーズナブルで!

スポーツ仕様のサイクルウェアは、少々、価格帯が高いものもあり、ちょっと手が出しにくいとお思いでしたら、『ユニクロ』の服装を取り入れてみてはいかがでしょうか。意外と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、一般的な服のサイズよりも、少しゆったりとしたサイズなので動きやすいです。

動きやすくてカジュアルを全面的に出せますし、価格帯もさほど高くは感じないものが多いので、サイクルウェアが苦手でも、ユニクロでしたら、抵抗なく受け入れられるのではないでしょうか。街乗りで、自転車やロードバイクをサッと乗るのであれば、スポーツ感を出さずに気軽に乗ることができます。

自転車・ロードバイク女子の服装は街乗りではラフに

13398736 1796970040535016 1738719330 n
unobox

自転車やロードバイクを街乗り中心でラフにしたい時は、自転車やロードバイクの服の巻き込みをしないような服装であればOKです。基本は動きやすい服装を考えます。パンツとTシャツ、アウターにマウンテンパーカーを取り入れると、ラフな街乗りスタイルになります。トレーナーとパンツでもいいです。

スニーカーもペダリングをしやすいですし、ラフな服装でもOKです。自転車やロードバイクを街乗りするには、街の中に溶け込むような服装がおすすめです。女子らしいふんわりとしたおしゃれな服装は、残念ながら自転車やロードバイクには不向きです。普段着でも、服装で街乗りを楽しめます。服の巻き込みだけは注意します。

自転車・ロードバイクの街乗りでおしゃれもしたい!

自転車やロードバイクに乗りつつ、街乗りでおしゃれも楽しみたいのであれば、アウターをチェンジしてみてはいかがでしょうか。パンツやスニーカーに合うようなアウターを合わせれば、おしゃれに街乗りを楽しめます。アウターには、ショート丈のダッフルコートやジャケットなどもおすすめです。

靴は、ペダリングに支障が無いような靴を選ぶと、街乗りを楽しみながら、おしゃれも楽しめます。自転車やロードバイクを降りた後も、そのままショッピングもできるので、街の中にスッと溶け込むことができます。細身のパンツにハイカットのスニーカーも、よく合います。

自転車・ロードバイクの服装でサイクルウェアをインナーに

27580739 169446470358677 8615986965969371136 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
kaa_jii_

どうしても、サイクルウェアに抵抗がある場合は、機能を重視してサイクルインナーを取り入れ、その上にカジュアルな服装を取り入れてみてはいかがでしょうか。動きやすさは基本的に大切にしてもらいたいので、全身をスポーツ仕様に固めなくても、良い機能を一部に取り入れて、アウターなどでカジュアル感を出しましょう。

13267560 1300863503271972 389739701 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
chiha.69

サイクルインナーは、高いもので揃えていくと、驚くような金額になってしまうこともあります。もちろん、リーズナブルに揃えることもできるので安心して下さい。必要なものを必要なだけ用意することもできます。長時間のサイクリングでなければ、急いで揃えることもないのですが、良い機能の一部を取り入れるのも悪くないです。

自転車・ロードバイクでの冬の服装は?

22857552 161903994396248 1313144542324588544 n
flashbikelight2

自転車やロードバイクの服装で、気になるのが『冬』ではありませんか?降雪があまりない地域では、冬でもサイクリングを楽しむことができます。しかし、夏と違って冬は服装に困ることが出てきます。そこで、冬でも自転車やロードバイクを楽しむための服装を考えてみました。

15534913 1778281269101913 7203333717933162496 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
cannibaljapan

寒くなっている冬は、自転車やロードバイクに乗るのがつらいかもしれないとお思いでしょうか。気温と寒さ対策をすると、意外と自転車やロードバイクに乗るのも楽しくなります。自転車用のウェアにこだわらず、寒さが防げることを優先に考えると、意外と手持ちのアイテムで服装が整うこともあります。

14547650 224815974609047 1532755321204768768 n
demarchikyoto

自転車やロードバイクでの、最初の走り始めは寒くても、そのうち身体を動かすので温まってきますが、問題は、何らかの理由で止まっている時です。休憩時やタイヤのパンクなど、様々な理由で走行を止めることがあります。そのことも考えて冬時期の服装を考えておくと良いです。体温調節での脱着のしやすさも考えておきます。

自転車・ロードバイクの服装のコツは末端をカバー!

寒さを防ぎ、末端を冷やさないようにすると、自転車やロードバイクに乗っても、寒いと思うことが軽減されます。手は、常に自転車の風を受け続けるので、手袋は必須アイテムです。ただ、手袋も厚いものだと、ブレーキの操作などに支障が出ることもあるので、自転車用のグローブがおすすめです。

14590918 198457207283234 2526317566146641920 n
yuji_yuji55satoyama_rider

特に、女子に冷えは禁物なので、できるだけ冷やさないようにしながら、おしゃれも楽しみたいところです。グローブは、機能性を重視したものであれば、特にサイクルウェアなどのブランドにこだわらなくても良いかもしれません。暴風手袋でも薄くてブレーキ操作に問題が無ければOKです。袖口も邪魔にならない仕様にします。

自転車・ロードバイクの冬の服装であるといいアイテム

14596675 1379759432056554 6042091225291423744 n
komiruna

自転車やロードバイクに乗っている時に、寒いと感じる部分をカバーすることで、寒さが軽減されます。カジュアルな服装で乗りたいからと、マフラーを使うのはおすすめできません。丈の長いアイテムは、自転車に巻き込まれる可能性があります。おすすめアイテムは、ネックウォーマーです。

27581401 166555393993972 2065129363791151104 n
rui_o4o9

冬アイテムで定番のネックウォーマーでしたら、たたむと小さくなるので、バッグの中に入れても場所を取りません。街乗りで自転車やロードバイクを利用中でも、脱着が簡単です。街乗りならシンプルなものや手持ちのものでOKです。機能を重視するのでしたら、口元までカバーできて、ムレないようになっているものを選びましょう。

26067125 159062524716122 3746081427737804800 n
yokoyama4124

そして、忘れてしまいがちな場所は『耳』です。風を受け続けていると、身体は温かいけど、耳は冷たくて痛いです。イヤーウォーマーがあると、ピンポイントで耳を温めることができます。街乗りならカジュアルなものやおしゃれなデザインで、本格的な時は、コンパクトになり、調整しやすいアジャスターのあるものがおすすめです。

12338688 521555351340501 350848072 n
mie.neesan

女子に多いですが、一度冷えてしまうと、なかなか体温が回復せず、冷えている時間が長くなることがあります。そのままペダリングをすると、寒くて身体が硬い状態で走行するので、けがをすることもあるかもしれません。首周りや耳を温めておくことで、受ける風を軽減できます。顔は寒さを感じますが、首を温めるとかなり違います。

服装のコツを掴むといつでも自転車やロードバイクに乗れる!

14482221 1740794392838399 7946351115837112320 n
kunoichi1218

自転車やロードバイクを冬でも乗ることができるのは、服装を冬仕様にすることをご紹介しました。動きやすくてブレーキ等の操作に支障が無ければ、手持ちのアイテムでも走行することができます。しかし、女子に外せない「かわいい」「おしゃれ」も大切です。意外とカジュアルに街乗りできるので、コツを押さえて冬も自転車を楽しみましょう。

Originalブルーノの自転車・ミニベロ紹介!おすすめの種類や人気モデル・評価など! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
街中で見かけるオシャレなブルーノ自転車は、乗る人のセンスの良さを感じます。今や自転車は移動手...

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
kana

関東地方の人気ランキング

関東地方の新着のまとめ