福岡のキャンプ場まとめ!人気のコテージやバンガローなどの情報もあり!

2018年3月7日 (2018年3月30日最終更新)

福岡を地区別に大きく分けると福岡、北九州、筑豊、筑後の4地区に分かれます。その4地区には、それぞれに友人、家族で楽しめるキャンプ場が車ですぐの近場にあります。シーズンになると多くのアウトドア派が自然豊かなキャンプ場にあるコテージやバンガローで楽しんでいます。

目次

  1. 自然がすぐそばにある福岡のキャンプ場14選
  2. 福岡のキャンプ場の種類
  3. 福岡のキャンプ場その特徴は
  4. 福岡のキャンプ場その1:ポーン太の森
  5. 福岡のキャンプ場その2:篠栗町の若杉楽園
  6. 福岡のキャンプ場その3:能古島
  7. 福岡のキャンプ場その4:求菩提キャンプ場
  8. 福岡のキャンプ場その5:源じいの森
  9. 福岡のキャンプ場その6:グリーンパル日向神峡
  10. 福岡のキャンプ場その7:遊人の杜
  11. 福岡のキャンプ場その8:帆柱キャンプ場
  12. 福岡のキャンプ場その9:蛇渕キャンプ場
  13. 福岡のキャンプ場その10:岩屋キャンプ場
  14. 福岡のキャンプ場その11:グリーンピアなかがわ
  15. 福岡のキャンプ場その12:大野城いこいの森
  16. 福岡のキャンプ場その13:竜岩自然の家
  17. 福岡のキャンプ場その14:油山自然の森
  18. 福岡のキャンプ場へ車でアクセス
  19. 福岡のキャンプ場へ鉄道でアクセス
  20. 家族友人と福岡のキャンプ場で大自然を満喫

自然がすぐそばにある福岡のキャンプ場14選

福岡の4つの都市圏、福岡、北九州、筑豊、筑後には、それぞれの都市圏から車で至近距離の場所に、豊かな自然に触れ合うことのできるキャンプ場がいくつもあります。特に、コテージやバンガローなど自然と一体化した宿泊施設など手頃な料金で人気です。ここでは、その人気の高い福岡のおすすめキャンプ場14選を周辺環境も交えながら紹介していきます。

福岡のキャンプ場の種類

福岡はキャンプ場に相応しく、すぐ近くに海と山という最高のロケーションに囲まれています。それぞれのキャンプ場もその地形と周辺環境に適応した様々な形態のキャンプ場になっていて、自転車やオートバイでツーリングをしながらのツーリングキャンプ場や車で乗り入れるオートキャンプ場、テントを張れるところも区画サイトやフリーサイトなど様々です。

キャンプ場の宿泊施設も持ち込みで行う野営のテントから設備が整ったコテージまで様々です。バンガローは、寝泊りできるログハウスですが、設備等はなく建物だけが一般的で、電化製品など一通りの設備が整っているのがコテージです。キャンプ場の宿泊施設は、目的や期間、参加する人員などに応じて、それぞれの使い分けができるようになっています。

福岡のキャンプ場その特徴は

福岡県内にあるキャンプ場は、どこも都心から至近距離にあり最大でも車で1時間半以内、数十分で行くことができる近場などは特に人気でおすすめです。また、福岡県内だけでなく九州は、危険な野生動物が少ないことが利点のひとつ。特にクマは九州内において絶滅していて、本州や北海道と比較して女性だけのキャンプも安心して楽しむことができます。

福岡のキャンプ場その1:ポーン太の森

つづみの里公園ポーン太の森キャンプ場は、福岡県の大分県との県境近く朝倉郡東峰村の小石原鼓にあります。福岡市都心部からは、車で大分自動車道を杷木ICまで約45分、国道211号線を北へ東峰村へ向い20分ほど、計1時間ちょっとで行くことができます。そこには、日本古来の姿がそのまま残る棚田と新緑の山々に囲まれた風光明媚な自然があります。

コテージは全9棟あり、ロフト式ベッドのある洋風タイプと畳とフローリングのフロアのある和風タイプの2タイプに分かれます。室内は、木材を生かした造りで、バス、トイレ、キッチン、鍋や食器類まで完備していて、別荘感覚で宿泊することができます。料金は、夏季シーズン中の7月8月が大人ひとり16200円で、1棟5名まで利用することができます。

このポーン太の森キャンプ場近くの筑前岩屋駅は、平成29年7月に起きた九州北部豪雨により甚大な被害を受けました。一見すると、駅舎は無事なようですが、被災前にあった駅に行く橋が崩壊しており、行く手が絶たれてしまっています。現在、復旧の目処はたっていませんが、JR九州では平成30年3月17日よりバスの乗り入れを代行輸送で運行する予定です。

福岡のキャンプ場その2:篠栗町の若杉楽園

若杉楽園キャンプ場は、福岡地区の福岡都市圏から東へ12kmの糟屋郡篠栗町にあります。篠栗町は、空海を拝する篠栗四国八十八箇所霊場で有名なところで、特に1番札所の南蔵院は全長41m、高さ11m、重さ300tある巨大な釈迦涅槃像で知られており、多くの参拝者が観光を兼ね訪れます。その南蔵院から若杉楽園キャンプ場迄、車で20分ちょっとです。

14240916 143067166144894 2057808757 n
mnb0704

若杉楽園キャンプ場は、若杉山の8合目辺りにあり、全体が平坦地で砂利が敷き詰められています。敷地内には、山水を利用した上水道のある炊事棟、煉瓦造りのかまど、身体障害者対応可能な水洗トイレ、そしてベンチやテーブルもある東屋もあり、料金は無料で利用できます。福岡市街地から近いこともあり、人気の高いおすすめのキャンプ場です。

福岡のキャンプ場その3:能古島

21149802 1326211657508286 2963394268778987520 n
reiko_eve_outdoor

福岡市西区姪浜にあるフェリー乗り場から高速渡船に乗り10分で行ける人気の島、能古島。その博多湾に浮かぶ島、能古島にあるキャンプ村は、椰子の木が茂る南国ムードたっぷりのキャンプ場です。場内には、バンガロー、常設テント、かまど、炊事場、海辺には海上に浮かぶジャンプ台や人気のバナナボートなど、楽しさ満載のおすすめキャンプ場です。

敷地内には、常設のレンタルテントがあり、大人ひとり1泊1800円、小学生1200円、3歳以上800円の料金で利用できます。また、自前のテント持込可能で、その場合は宿泊料金として、大人ひとり1200円、小学生800円、3歳以上800円が必要です。また17時半以降にチェックインの場合は、一人当たり追加料金として500円が必要になります。

20688104 106603170061427 5864376800116736000 n
___ricoo103

能古島キャンプ村には、全部で26棟のバンガローがあり、昼は海水浴、夜はキャンプファイヤーが楽しめます。料金は、2階建Aタイプが、大人ひとり1泊平日3500円、土日祝前日4500円、平屋のBタイプCタイプが、それぞれ大人ひとり1泊平日3000円、土日祝前日4000円、小学生が全タイプ全日2000円、3歳以上が全タイプ全日1500円の料金です。

Original能古島の観光スポット案内!グルメやレンタサイクルで島巡りなど!

福岡のキャンプ場その4:求菩提キャンプ場

12960138 1432725290087062 616750578 n
jyugon

北九州エリア、豊前市鳥井畑にある「語らいの森求菩提キャンプ場」は、東九州自動道椎田南ICより国道10号線を大分方面へ約10分、千束交差点を右折約20分の位置にあり、コテージ、バンガロー、テントサイト全てが森林に囲まれた自然の中にあります。求菩提、犬ヶ岳登山のベースキャンプとしての利用も多く、人気のおすすめキャンプ場です。

21224446 155636268349577 2562787872918732800 n
kentaka5011

語らいの森の一角「求菩提キャンプ場」は、、キッチン、トイレ、シャワーが完備した大型のコテージ2棟、バンガロー9棟、テントサイトも83サイトもあり、収容人数600名の充実のアウトドアリゾートとして県内最大規模を誇る大人気のキャンプ場です。シャワー棟、炊事場、ファイヤーサークルなど設備も充実し、思う存分大自然の魅力を満喫できます。

福岡のキャンプ場その5:源じいの森

筑豊エリア田川郡赤村にある自然学習村「源じいの森」は、設備が整ったログハウス、バンガロー、ガーデンホーム、デイキャンプ、温泉施設、ホテルやレストランなどが自然公園の中に揃った総合アウトドアレジャーランドです。福岡市内から車で1時間半、北九州市内から車で1時間の距離にあり、週末を利用して気軽に来れるおすすめのキャンプ場です。

20759126 170547990157049 4700412646829064192 n
nakamurider

キャンプ場は、区画のないフリーテントサイトとしてテント持込可能です。入場料金が中学生以上200円、小学生100円、5歳以下は無料。テント持ち込み料金は、5人用で平日750円、休日前、GW、夏休みが1000円、イベント用テントが平日1500円、休日前、GW、夏休みが1750円、タープの場合は全日300円です。その他レンタル用具も揃っています。

福岡のキャンプ場その6:グリーンパル日向神峡

22070023 134734327157886 8369332285559799808 n
surfdecamp_31

福岡の筑後エリア、八女市黒木町にあるグリーンパル日向神峡は、森と湖に囲まれた緑豊かなキャンプ場です。敷地内には、コテージをはじめ、オートキャンプ、フリーキャンプサイトが完備され、周辺の散策、バードウォッチング、川釣りなどいろんなスタイルで、一年を通して四季折々の移ろいを感じながら、楽しむことの出来るおすすめのキャンプ場です。

25008564 176089109795289 7757141661666246656 n
junichimizumoto

お洒落な外観のコテージは全室湖畔を見下ろすことのできるテラス付きで全7棟あり、料金は6人用が1泊16740円、10人用が22140円、オートサイトの料金が4860円、フリーサイトの料金が3024円です。松瀬ダムに隣接している湖面にはウッド造りの遊歩道が続き、のんびりと散策できます。また湖畔にある桟橋からは釣りなどを楽しむこともできます。

福岡のキャンプ場その7:遊人の杜

26868009 390810891388958 7830485658538868736 n
campkama

福岡の筑豊エリア嘉麻市にある古処山キャンプ村「遊人の杜」は、福岡県の県立公園にも指定され、国の特別天然記念物ツゲの原生林が広がる古処山の大自然に囲まれたおすすめのキャンプ場です。福岡県のほぼ中央に位置し、どこからもアクセスが良く、1年を通して友人家族など大人数でのキャンプが楽しめる人気のコテージやテントサイトが整っています。

13187975 1002196473163499 1033111111 n
kennykim9892

敷地内には、大人数まで対応可能ないろんなタイプのコテージがあります。5名から8名対応のコテージが7棟で、宿泊料金が1棟1泊11880円、7月8月は15120円、6名から12名対応が3棟で1棟1泊が14040円、7月8月は17280円、そして合宿にも利用できる2分割も可能な40名用は1棟1泊25920円、7月8月は32400円の料金となっています。

18011276 368514026883065 4781865267078627328 n
maaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaai

テントサイトは全3区画で駐車場すぐそばにあるので荷物の移動も楽です。料金は1区画1泊が530円で、別途入村料として一人210円の料金がかかります。チェックインが15時半でチェックアウトが10時となっています。有料コイン式の温水シャワーがあり、その他テント、寝袋、炊飯用具、バーベキューグリルなどのレンタル用品も整っています。

福岡のキャンプ場その8:帆柱キャンプ場

北九州エリア、北九州市八幡東区権現山の北斜面にある「帆柱キャンプ場」は、皿倉山ケーブルカー山麓駅から車で15分、皿倉山ケーブルカー山麓駅よりケーブルカーで山上駅へ行き、山上駅から徒歩15分のところにあります。北九州国定公園に指定された帆柱自然公園の中で市街地に近く、植物と野鳥に恵まれ自然を満喫できるおすすめのキャンプ場です。

20589983 116716568982266 6979449145945751552 n
yu_na.523

キャンプ場は、北九州市が運営しており7日前までに八幡東生涯学習センターへ申し込みをすると、通年無料で利用することができます。宿泊の場合は、2泊3日まで利用でき、入所が12時から16時、ただし夏休み期間は18時まで、退所が11時、デイキャンプの場合は、10時から16時となっています。その他調理器具などの備品も利用できます。

Original皿倉山の夜景は九州随一!展望台や人気のケーブルカーなど観光情報を紹介!

福岡のキャンプ場その9:蛇渕キャンプ場

13744227 968964553229472 1808151426 n
shibainu_rider

北九州エリア、京都郡みやこ町犀川帆柱にある蛇渕キャンプ場は、東九州自動車道行橋ICから車で50分、平成筑豊鉄道犀川駅から車で20分、祓川の原流部にある自然豊かなキャンプ場です。場内には、コテージ、バンガローの宿泊施設やバーベキューサイト、キャンプファイヤー場、そして合宿、研修ができるおすすめの多目的ホールこだま荘があります。

13739561 548890745294299 43637221 n
maria_89__

コテージは全8棟あり、5人用が通常期10200円、夏期12300円、6人用が通常期で12300円、夏期15400円です。場内の利用料金は、京都森林組合で管理しており、みやこ町住民であれば通常料金よりも2割ほど安く利用することができます。バンガローは全5棟あり、10人用が通常期4100円、夏期5100円、20人用が10人用の倍の料金です。

福岡のキャンプ場その10:岩屋キャンプ場

13413333 1734554443467018 680318476 n
kojin_k_00

福岡エリア、朝倉郡東峰村にある岩屋キャンプ場は、福岡市内から高速道路を利用して車で1時間半、JR筑前岩屋駅から徒歩10分のアクセスにあります。場内には、コテージ、バンガロー、テントサイト、オートキャンプ場が整っています。耶馬日田英彦山国定公園の中にあり、ありのままの大自然の中で人気のアウトドアを楽しめるおすすめのキャンプ場です。

13745252 252958695089435 196226097 n
kojin_k_00

コテージは全7棟で、土祝前日、夏季が16000円、それ以外は10000円。バンガローは全3棟で、土祝前日、夏季が6000円、それ以外は5000円。山村広場のテントサイトは、持ち込みテント1泊1500円、オートサイトは全7区画で、1泊3000円。その他野外ステージ、炊飯棟、シャワー棟全8室、トイレなどの設備が整っており、いろんな楽しみ方ができます。

岩屋キャンプ場の中のオートキャンプサイトの紹介動画です。タープとテントを使っての設営の様子です。区画の中に駐車場があり車がそのまま乗り入れできて、何と電源まであるのが驚きです。区画からは遠くに山が見えて景色も抜群です。まったりと骨付きソーセージを焼きながらビールを飲んで、これはこれで贅沢な休日の過ごし方のひとつです。

福岡のキャンプ場その11:グリーンピアなかがわ

16230775 1356595357716062 6722089057687437312 n
kinoshitaryokuka

福岡エリア筑紫郡那珂川町にある「グリーンピアなかがわ」は、広々とした芝生広場と野外バーベキュー場、キャンプ広場が一体となった45000平米ある人気の自然公園です。敷地内には、宿泊できるバンガロー、水遊びが楽しめる山水広場、あじさい、つつじ、さくらなど四季の花々が咲き誇る園、カブトムシ小屋、など自然と一体になっておすすめです。

14504686 851495181654663 2816692501073625088 n
japan_m

キャンプ村は、入材料として中学生以上400円、3歳から小学生が300円が必要です。バンガローの宿泊料金は、定員5名が1棟5000円から6000円、定員15名が1棟11000円から14500円で、時期により料金が異なります。チェックインが14時、チェックアウトが10時となってます。また日帰りデイキャンプも可能でこちらは11時から16時の利用時間です。

那珂川町は福岡市と隣り合わせの町で、近年は発展著しい町で平成30年10月には市になります。一方、那珂川と呼ばれる川は福岡市の中心部、中洲を取り囲み玄界灘へ流れています。その源流は那珂川町の山間、佐賀県との県境から流れる清流がその源で、川辺では、夏に子供達が水遊びに訪れたり、6月にはホタルが発生する名所など人気のエリアです。

福岡のキャンプ場その12:大野城いこいの森

12940793 1540874016208435 1870992420 n
wa0712

福岡エリア、大野城市牛頸にある大野城いこいの森は、福岡市内から至近距離にあり、手軽に楽しめるキャンプ場とぶらりと立ち寄れる中央公園が一体になった憩いの広場です。キャンプ場内には、いろんなタイプのコテージ、常設テント、フリーテント、ファイヤーサークル、草ソリ場、お風呂、その他レンタル用品など整ったおすすめのキャンプ場です。

22070040 129155164476417 5429059724110725120 n
souzou248

キャンプ場は、入場料として高校生以上430円、小中学生210円、駐車場1台210円、ゴミ処理料1組200円が必要です。コテージは全15棟で、5名まで1棟10800円、土日祝前日シーズン時は16200円、デイキャンプが5400円です。常設テントは全10張で、1張10名まで5400円、フリーテントは宿泊5名、デイキャンプ10名までで、利用料1080円です。

福岡のキャンプ場その13:竜岩自然の家

14474003 1273057079432853 2044764750587363328 n
ityken

福岡エリア筑紫野市柚須原にある竜岩自然の家は、宝満山や大根地山、三郡山などに山々に囲まれ、敷地内に宝満川の清流が流れる自然と一体化した筑紫野市直轄運営の施設です。1年を通して利用できるコテージやフリーテント、運動広場、ファイヤー広場、そして敷地の真ん中を流れる宝満川での川遊びなどいろんな楽しみができるおすすめのキャンプ場です。

20633726 463866517319006 398346912350076928 n
kaehandmade

キャンプ場は、コテージが6名まで1泊1棟8220円、日帰り10名まで1棟4110円、フリーテント6名まで1張1540円、日帰り10名まで1張1020円で利用できます。また色々なスポーツが楽しめるプレイドームがあり、バドミントンコートが1面1時間300円、ボルダリング、クライミングウォールが1人1時間100円、そして宝満川での川遊びなど楽しめます。

竜岩自然の家キャンプ場紹介の動画です。宝満川沿いに小路を歩いていきながら敷地内を紹介しています。川沿いはきれいに整備されていてとても快適な空間が広がっています。テントサイトも広々とした平坦な敷地が広がっていて、廻りの植栽などもきれいに刈り込んであります。お洒落なログハウスは別荘のようで、福岡県内でも人気が高いのも頷けます。

福岡のキャンプ場その14:油山自然の森

23421395 188552035045982 7373257416030289920 n
yogi_cominatya

福岡エリア、福岡市南区桧原にある「油山市民の森」は、福岡都市高速堤ランプから油山観光道路を南下し約15分という至近距離にあり、福岡市民の憩いの場として自然と触れ合うことのできるレジャースポットです。場内には、フィールドアスレチック、バンガロー、テントサイト、キャンプファイヤー場などあり気軽に楽しむことができます。

13652101 2079694175589695 228694129 n
jumperseven

バンガローの利用料金は、6人用1棟5000円、12人用8000円、テントサイトは、3人用1張2000円、テント持込は不可で全てレンタルになっています。宿泊できる期間は、7月8月の夏期期間中で、入所が13時から16時、退所が翌10時となっています。標高280mの油山中腹に設置されており、展望台からは福岡市内から遠く玄界灘までの眺望を見渡せます。

福岡のキャンプ場へ車でアクセス

福岡県内は、福岡都市圏にある福岡都市高速道路、北九州都市圏にある北九州都市高速道路がそれぞれ九州縦貫自動車道路の太宰府ICから鳥栖IC、西九州自動車道路の福重ICから前原IC、九州横断自動車道の鳥栖ICから杷木IC、東九州自動車道路の小倉南ICから苅田ICと繋がっており、福岡県内を高速道路を使って縦横無尽に移動することができます。

福岡のキャンプ場へ鉄道でアクセス

福岡のキャンプ場へは、JR九州、西鉄電車、平成筑豊電鉄などを使って身近なキャンプ場へ行くことができます。都心を離れしばらくすると、どこか昔懐かしい田園風景と山間の緑豊かな風景が車窓に広がります。春には桜、秋には紅葉など四季折々の花々が心地良い涼風と共に、これから始まるキャンプ場での期待感を一層盛り上げてくれます。

家族友人と福岡のキャンプ場で大自然を満喫

21434221 281256089027018 8191888018122997760 n
aomushi_511

悠々とそびえる山々、清流が流れる渓谷、のどかに広がる田園風景。福岡のキャンプ場は、どこからでもすぐに大自然を満喫できる身近で便利なところにあります。日常を離れ気分リフレッシュで、人気のコテージ、バンガロー、フリーテントなど人数や好みに応じ、いろんな形のアウトドアを、家族友人と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか。

Original 福岡でバーベキューを満喫しよう!海など手ぶらもOKなおすすめの場所を紹介!
Original福岡の川遊びスポット!子供を連れて行けるおすすめ水場集!

関連記事

福岡県の人気ランキング

福岡県の新着のまとめ