「日本橋桜フェスティバル2018」の日程や見所は?アートイベントも楽しい!

2018年3月9日 (2018年3月30日最終更新)

日本橋は江戸時代から江戸の中心的な存在として発展した街です。日本橋桜フェスティバル2018は、昔ながらの桜の名所が残る日本橋エリアで行われる、古い文化と現代アートが融合した花見イベントです。日本橋桜フェスティバル2018は日本橋の桜を満喫できるイベントです。

目次

  1. 日本橋桜フェスティバル2018に行こう
  2. 日本橋桜フェスティバル2018のアクセス
  3. 日本橋桜フェスティバル2018の舞台となる日本橋の歴史
  4. 日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場と開催期間
  5. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント1:桜トンネル
  6. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント2:桜ライトアップ
  7. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント3:ニホンバシ桜屋台
  8. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント4:日本橋宝探し
  9. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント5:日本橋桜メニューウオーク
  10. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント6:日本橋桜ゲート
  11. 日本橋桜フェスティバル2018のイベント7:桜の街の音楽会イン日本橋
  12. 日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場1:コレド室町
  13. 日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場2:福徳神社
  14. 日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場3:日本橋三越本店
  15. 日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場4:三井本館
  16. 日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場5:三井タワー
  17. 日本橋桜フェスティバル2018を満喫しよう

日本橋桜フェスティバル2018に行こう

日本橋は1603年に江戸幕府が開かれるとともに誕生した街です。そして、その翌年に五街道の起点として制定されて以来、江戸の中心街として栄えてきました。日本橋は、江戸の昔から江戸桜通りや日本橋さくら通りなど、桜を見ながら食に親しむ文化が発展した街です。そんな日本橋桜フェスティバル2018について、花見やイベントの見所、場所などの情報を交えて紹介します。

Original日本橋桜フェスティバル特集!日程や人気グルメにアクセスまで一挙ご紹介!
Original日本橋観光おすすめコースを紹介!人気スポットや名所など!

日本橋桜フェスティバル2018のアクセス

日本橋桜フェスティバル2018のアクセスは、電車を使う方法がベストです。イベントは日本橋、京橋、八重洲エリアで行われます。日本橋の中心会場へ行くには、東京メトロ銀座線、半蔵門線の三越前が最寄り駅となります。また、銀座線、東西線、都営浅草線の通る日本橋駅からは徒歩5分ほどで行くことができ、東京駅八重洲口や京橋からも歩いて10分以内で行けます。

日本橋桜フェスティバル2018の舞台となる日本橋の歴史

日本橋は江戸幕府の開府とともに創建され、1604年には全国に通じる5街道の起点として定められました。橋名も、江戸の中心、日本の中心にある橋として日本橋と呼ばれるようになりました。その後、この街には幕府の御用勤めとなる商人や職人が多数集まって城下町として発展しました。また、料理屋や歌舞伎の興行などが増え、様々な文化が入り交りながら栄えてきました。

日本橋の北側には千両の金が落ちたと言われる魚河岸があり、今の人形町辺りには、夜千両の金が落ちたと言われる遊郭がありました。日本橋はその後何度も架け替えられましたが、現在の20代目となるルネッサンス式花崗岩の石造りの橋は1911年に建造されました。橘柱の「にほんばし」の文字は、15代将軍、徳川慶喜の筆によるもので、1999年には重要文化財に指定されています。

当時、越後屋として一世を風靡した呉服店は、現在の三越伊勢丹デパートとして高い人気を博しています。また、日本橋は19世紀末以降、金融機関が集中する日本経済の中心地としてもその存在感を高めています。現在の日本橋を訪れる客は、上質で高感度な客層が多数を占め、品位ある街としてのイメージが受け継がれています。

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場と開催期間

日本橋桜フェスティバル2018は、昔ながらの桜の名所が残る日本橋界隈で行われます。具体的な開催場所は、日本橋、京橋、八重洲エリアで、メイン会場の場所は、コレド室町周辺、福徳神社、浮世小路、仲通り、八重洲エリアとなります。見所たっぷりのこのイベントの開催期間は2018年3月16日金曜日から4月15日日曜日までの1か月間で、多くの人々の参加が見込まれています。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント1:桜トンネル

17881607 1185612441549810 44357206757343232 n
moca_noca

桜トンネルは仲通りのコレド室町1と2の間に面する通路で行われるイベントです。伝統的な江戸時代の芸術、江戸切り絵をモチーフに、音と光と風により、辺り一面満開の桜並木が現出します。また、夜になると、映像と音響の演出によりユニークで幻想的なアートの世界が映し出されます。この桜のトンネルの中を、花見を楽しみながら歩いてみるのも悪くないものです。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント2:桜ライトアップ

17333175 530109897113038 8621110561305788416 n
hiipon67

日本橋桜フェスティバル2018の期間中には、重要文化財の三井本館やコレド室町のある中央通り沿いの建物などで、桜の花をモチーフにした、ロマンチックな桜カラーのライトアップが行われます。このライトアップにより、見所の多い日本橋の夜の街は美しくも幻想的なピンク色に飾られ、嫌でも花見気分に誘われます。

17881572 1836399879944394 3021550711537139712 n
shichi115

桜ライトアップが行われる場所は、三井本館、日本橋三越本店、日本橋三井タワー、江戸桜通り、コレド室町、YUITO、東京駅八重洲口グランルーフ、グラントウキョウノースタワーなどで、多くの見所に溢れています。コレド室町の一階に最近開設されたイベントスペース、「福徳の森」の場所でも、桜の花びらをもモチーフにしたライティングが行われ、花見客で賑わいます。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント3:ニホンバシ桜屋台

17494593 275784329543226 3019139817544876032 n
akira___ni

日本橋桜フェスティバル2018では、3月25日土曜日と26日日曜日だけの限定イベントとして、ニホンバシ桜屋台が設けられます。見所たっぷりの福徳神社周辺の仲通りや浮世小路にオリジナルメニューの屋台が並び、日本橋の老舗店がこぞって出店します。日本橋の桜のライトアップを種々の場所で楽しみながら、、華やいだ気分で屋台を食べ歩くのも乙なものです。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント4:日本橋宝探し

17661755 289394671497143 2361132385208107008 n
kuro_rie

日本橋桜フェスティバル2018のイベントの一つに「日本橋宝探し」があります。日本橋地域の種々の場所には幻の桜が隠されており、その桜の名所を花見をしつつ巡りながら宝の地図の謎を解き、幻の桜を探し当てるというイベントです。純粋な宝探しもあれば、暗号を解読しながら犯人を探し出すというような推理ゲームなどもあり、様々な場所で盛り上がること間違いなしです。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント5:日本橋桜メニューウオーク

日本橋桜フェスティバル2018のイベント、日本橋桜メニューウオークは、東京駅から日本橋エリアにかけて、様々な場所で行われるサービスイベントで、日本橋の種々の飲食店の桜メニューを割安な価格で食べ歩きできるという、粋でお得なイベントです。美味しいものを食べ歩きながら花見を楽しむという、ちょっと贅沢な遊び方ができます。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント6:日本橋桜ゲート

17818543 115370835677206 4005029086232576000 n
kaner_88_ccm

日本橋桜ゲートは日本橋桜フェスティバル2018の期間中、見所の多い福徳神社の参道から仲通にかけて設けられるイベントです。この花見イベントは、仲通り一帯の場所を川に見立てつつ、映像や光や音の演出により、桜の花びらが美しくも儚く散ってゆくさまを表現するもので、花見客を幻想的な世界に引き込みます。

日本橋桜フェスティバル2018のイベント7:桜の街の音楽会イン日本橋

桜の街の音楽会イン日本橋は、3月19日の1日に限り日本橋の各所で、花見をしながら春のクラシック音楽が楽しめるというもので、ヴァイオリンやピアノ、サックスなどの演奏が、福徳の森や仲通り、日本橋三井タワー、日本橋三越本店などの見所の多いスポットで演奏され、日本橋の春と桜をクラシック音楽で彩るというイベントです。

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場1:コレド室町

12826139 1587973631527290 804408506 n
tokyodayout

コレド室町は、江戸時代に世界有数とも言われた賑わいを見せていた日本橋の街を再現するため、現在進行中の「日本橋再生計画」の一環として日本橋に造られた複合型商業施設です。この見所の多いコレド室町1へのアクセスは、東京メトロ半蔵門線または銀座線、三越前駅A6番出口から直結しており、歩いてすぐに行くことができます。

18298490 245956292547230 1630133448259665920 n
ky92n

コレド室町の館内には、種々の展示会やイベントが行われる「日本橋三井ホール」や金沢の金箔専門店「日本橋箔座」、老舗の鰹節専門店「にんべん」、ミシュラン5つ星のカフェ「エメ・ウィベール」など、伝統的な老舗から現代的な一流店まで、ユニークな29の店舗が入っています。コレド室町1を中心に2018年3月16日より一か月間、日本橋桜フェスティバル2018の様々なイベントが催されます。

17438493 398173177234131 4078303448800428032 n
hirakem

コレド日本橋1のイベントは、「アーティスティックに楽しむ春」というテーマで行われます。桜並木をイメージしたデジタルアートや、桜の花びらをモチーフにしたオリジナルメニューの食べ歩きなど、ユニークで楽しいアイデアがいっぱい詰まった、見所たっぷりのイベントがこの場所で催されます。コレド日本橋1以外にも、2014年3月には、コレド日本橋2と3がオープンしています。

17882366 1402479286483504 6839159137348091904 n
shichi115

コレド日本橋2はシネマコンプレックスと深夜まで営業を行っている飲食店の集う場所です。「日本をにぎわす、日本橋」をコンセプトに日本橋の老舗レストランや地方の人気店の東京1号店など、話題のレストランやカフェが集まっています。そして、2階にはTOHOシネマ日本橋という9スクリーンを持つシネマコンプレックスのエントランスがあります。

また、コレド室町2の1階には新たに福富の森と呼ばれる石畳の敷かれたイベント広場が誕生しました。この広場には2つの神社が併設されており、一息つける憩いの場としても喜ばれています。また、コレド3には、生活雑貨や食器など、見所たっぷりのライフスタイルショップが中心となって入店しています。その中には京都の老舗和菓子店「鶴屋吉信」などもあります。

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場2:福徳神社

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場の一つとなる福徳神社は、東京メトロ三越前A6出口からコレド室町を目印に歩いてすぐのところにあります。この神社は日本橋室町にある稲荷神社で、創建年代ははっきりしていませんが、平安時代前期の貞観年間には創建されていたと推測されています。社号も福徳村という村名に由来しているそうです。

17586882 1896547687256882 5730303163974549504 n
akane20141031

江戸時代に太田道灌公を合祀し、徳川家康が江戸入府後何度か参詣したようです。また、二代将軍秀忠もこれに倣い、何度か参詣しているそうです。秀忠は、鳥居に若芽が萌え出でているのを見て、芽吹神社という別称を思いついたとのことです。この神社の地下2階の場所には防火用備蓄倉庫が造られており、帰宅困難者に配給する飲料水や食料が16000食分備蓄されているそうです。

27573586 163236311127870 4732892666990166016 n
rio_monaka

御朱印は社殿に向かって左手の授与所でもらうことができます。初穂料が300円となっています。福徳神社は日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場の一つとなっており、夜、ライトアップされた神社は、気品のある美しさを見せます。また、参道から仲通りにかけて、桜屋台が並んだり、日本橋桜ゲートなどのイベントが行われます。

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場3:日本橋三越本店

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場の一つとなる日本橋三越本店は、日本橋室町にある老舗の百貨店で、東京メトロ三越前で降りたところにあります。三越の前身は越後屋呉服店で、1673年、江戸期に創業しています。また、1935年に竣工された現在の建物は、東京都歴史的建造物に選定されています。

17494298 1793158984043615 8179126484875608064 n
kusanagi.m

三越本店は、外観のみでなく建物内の各フロアーやエレベーターに至るまで、歴史の重みを感じさせる重厚さを持っています。取扱商品は高級品が多く、客層は馴染みの深いシニア世代が多いのもうなずけます。本館6階には三越劇場があり、常に種々のイベントやフェアが催されています。また、三越本店内にあるレストランやカフェのお店のほどんどが高級店です。

17661811 619169721610886 7459084559255076864 n
kuunee0207

この日本橋三越本館の前の中央通りは日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場となります。桜のライトアップはこの通り一面で華やかに行われます。また、三越本店はニホンバシ桜屋台にも出店し、2日間限定の特別メニューを提供します。更に、桜の街の音楽会のイベントが、この百貨店の前でも行われ、この時期は桜祭り一色となります。

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場4:三井本館

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場の一つとなる三井本館は、日本橋室町にある三井不動産保有のオフィスビルで、越後屋の跡地の場所にあります。1902年に建てられた旧三井本館が関東大震災で被災し、現在のビルは1929年に建て替えられたものです。建物にはイタリアのヴェネチア産大理石などが使用されており、耐震性の強い構造になっています。

17595876 1341308789241479 3435776964089085952 n
akane20141031

三井本館の外観デザインは、壮麗、品位、簡素というコンセプトに基づき、アメリカの新古典主義のデザインが用いられ、クラシックで抑制された美を追求しています。また、地下の大金庫には、最大厚90センチ、重量50トンもある扉が用いられており、川を船で運ばれて設置されたそうです。

17662852 1877694179185688 3095001846368960512 n
shosogo

三井本館は1998年に国の重要文化財に指定されています。現在でも、三井不動産本社や三井系の会社が入店している他、7階には三井家所蔵品を展示している三井記念館があります。また、隣接の土地に、地下4階、地上39階の日本橋三井タワーがあります。桜のライトアップは、三井本館などが立ち並ぶ江戸橋通りでも大々的に行われ、桜祭りの気分を盛り上げてくれます。

日本橋桜フェスティバル2018のメイン会場5:三井タワー

日本橋三井タワーは日本橋室町の三井本館の隣に建つ高層ビルで、2005年に三井不動産が竣工した日本橋のランドマークとも言うべきビルです。低層部の造りは三井本館との調和を計っており、美しいフォルムとなっています。このビルは、三井本館の文化を受け継ぎつつ都市再開発との両立を計るというコンセプトの元に造られた、都市再生のシンボルとも言える超高層タワーです。

20589908 1927466394193744 8498304312303157248 n
mo_tokyo

このビルの30階から38階には日本に初めて進出した高級ホテル、マンダリンオリエンタル東京が入っており、5階から28階まではオフィスフロアとなっています。そして、低層階には千疋屋総本店やフルーツパーラー、高級日本料理店の櫻川、フランス料理店のデーメーテールなどの名店が入店しています。

21296855 358592357909803 7806273179839627264 n
mo_tokyo

このビルに入っているマンダリンオリエンタル東京は、シックで現代的な広々とした客室157室とラグジャリーなスイート22室を備え、評価の高い11のレストラン、東京でもトッププラスのスパを備える高級ホテルです。また、レストランやバーからは眼下に東京の街のパノラマを眺めることができます。桜のライトアップなどの花見イベントは、このビルの前でも行われます。

日本橋桜フェスティバル2018を満喫しよう

18012050 1692503787717410 6875654251851284480 n
saki_0627

日本橋桜フェスティバル2018は、3月16日から4月15日までの1か月間、日本橋、八重洲、京橋エリアで行われる春のイベントです。歴史のある古い文化とデジタル技術を駆使した現代の文化が巧みに調和された日本橋桜フェスティバルには多くの人々が期待を寄せています。ここではそんな日本橋桜フェスティバル2018について、花見の見所やイベントの場所などの情報を交えて説明してみました。

関連記事

東京駅・日本橋・大手町の人気ランキング

東京駅・日本橋・大手町の新着のまとめ