コロンバとは?イタリアのかわいい伝統菓子紹介や購入できる店舗を調査!

2018年3月21日 (2018年3月30日最終更新)

皆さんはコロンバというお菓子を見たことがありますか?コロンバとは西洋の行事の一つ、復活祭で食べられるお菓子です。シンボルである鳩をかたどって、バター・卵の風味がたまらないお菓子です。ドンク、ドミニク・ジュラン、マリー・カトリーヌなどでコロンバが販売されます。

目次

  1. 鳩の形!かわいいイタリアのお菓子「コロンバ」
  2. 発祥はイタリア!和平のために献上されたコロンバとは?
  3. コロンバが家庭に広まったきっかけとは
  4. かわいいコロンバおすすめの食べ方1:シロップ
  5. かわいいコロンバおすすめの食べ方2:フレンチトースト的に
  6. かわいいコロンバおすすめの食べ方3:甘いドリンクと一緒に
  7. かわいいコロンバが買えるお店1:DONK系列店
  8. かわいいコロンバが買えるお店2:ジーノ・ファッブリ・パスティッチェーレ
  9. イタリアのお菓子コロンバは手間がかかる!
  10. コロンバの作り方をご紹介!:生地の発酵完了まで2時間半
  11. コロンバの作り方をご紹介!:焼くまでさらに2時間
  12. コロンバの作り方をご紹介!:上掛け生地を作り焼くまで
  13. コロンバを食べる習慣の復活祭とは?
  14. コロンバと並ぶ復活祭の定番「イースターエッグ」
  15. コロンバを一口食べれば心はイタリアに?

鳩の形!かわいいイタリアのお菓子「コロンバ」

コロンバとは、鳩をかたどったイタリア伝統のお菓子。バターと卵がふんだんに使われた生地に、アーモンドやフルーツが香ります。イースターエッグで有名な西洋の行事「復活祭」。この復活祭のときに食べられているのがコロンバです。メインディッシュの子羊料理と共に食べられるかわいいコロンバ、その歴史や発売されている国内店舗をご紹介します。

発祥はイタリア!和平のために献上されたコロンバとは?

29093073 186703991945375 4824501381656215552 n
massimo_2cimino

家庭でこのお菓子がよく食べられるようになったのは1930年代ですが、古くは612年にあった王国、ロンバルド王国のエピソードにコロンバが登場します。アイルランド人だったイタリアの修道院の院長、サン・コロンバーノがロンバルド王国の女王のところを訪問した時のことです。彼らは女王に大変もてなされ、豪華な食事をふるまわれました。

28763497 191236694939478 2561762170303938560 n
catholic_takasaki

しかしこの時期は、彼らにとって食事の節制・自粛をする習慣のある「四旬節」。説明はしたものの、四旬節の習慣を女王に理解してもらえず場の空気が険悪になってしまいました。しかしコロンバーノは肉であっても神の祝福を受けた肉であれば大丈夫だといい、片手を肉にかざして十字を切りました。すると彼の手の下の肉は白い鳩の形をしたパンに変わったというのです。なんともロマンチックな伝説です。

コロンバが家庭に広まったきっかけとは

イタリアのMotta社がつくっていたパネットーネというパンのお菓子。そのための生地と機械を他にも活用しようと、復活祭の商品として売り出すコロンバを商品化したのです。コロンバとはそれまでにもあったものですが、企業が戦略で売り出したお菓子だったのですね。バレンタインデーやクリスマスが、企業の商戦でもてはやされているのと似ています。

かわいいコロンバおすすめの食べ方1:シロップ

コロンバにはお砂糖も入っていますが、もうちょっとしっとりした食感ならいいけどなぁと思う人に。また、買ってからしばらくして固くなったコロンバにもおすすめの食べ方です。シロップにつけてしっとりさせるとこれがまた美味!市販のものや蜂蜜などもいいですが、水100cc、砂糖50g、ラム酒60ccを混ぜてレンジでチン。ラム酒を別の洋酒に変えてもいいでしょう。

かわいいコロンバおすすめの食べ方2:フレンチトースト的に

かわいいコロンバを卵液にくぐらせると、また違ったコクが出ておすすめ。もともとついた甘さがあるので、普通のフレンチトーストの卵液よりも控えめな甘さにしたり、好みによっては卵に何も入れず焼く方がいいかもしれません。味わいがだいぶ変化するので、コロンバを沢山作った時にも飽きなくておすすめです。フレンチトーストの卵液は食パンだと1枚につき卵1個と牛乳150から200ccが一般的。

砂糖や蜂蜜を好みの量入れますが、液にバニラエッセンスを少し入れるのも香りが出ておすすめです。香りに変化をつけたいなら、できたものにシナモンシュガーやシナモンなどを少しかけてもいいと思います。コロンバの具材に入れた材料との相性によっては、お好みのフルーツを合わせるとさらに味わいがアップするでしょう。

かわいいコロンバおすすめの食べ方3:甘いドリンクと一緒に

発祥の地イタリアでは、コロンバは甘いドリンクと一緒に食べられることも多いお菓子です。好きなフルーツのジュースと合わせるもよし、ジャム入りの紅茶などを合わせるのもおすすめ。もちろん、甘すぎない味わいが好きな人は甘さ控えめのドリンクでも楽しめるはずです。また、鳩のカタチでかわいいですが、斜めに切って食べるのがイタリアでは一般的です。

かわいいコロンバが買えるお店1:DONK系列店

26869838 208131773083749 5434555508428111872 n
u_maison

復活祭のお菓子コロンバは、日本でも復活祭の時期に合わせて発売されます。こだわりの美味しいパンを提供しているDONK。このDONKと、同系列店舗であるサンレモ、ジャルダン・ド・フランス、ドンクエディテ、マリー・カトリーヌ、ドミニク・ジュラン、ジョアンで3月16日から4月1日の期間売り出されます。この中でジョアンだけは3月21日から4月3日の期間の発売となっています。

26869743 1592860684114853 8558637779494371328 n
tekitonagohan

こちらで発売されるコロンバとは、あられ糖が表面にあしらわれた、アーモンドとオレンジピールの香り豊かなコロンバ。生地はバターと卵でふんわりと黄色い「パンドーロ」の生地で、1970年代から販売され続けている名店の味です。このサンレモの名の由来であるイタリアの名店「サンレモ」は、イタリアで多くの受賞をしている菓子職人オリンド・メネギン氏の経営する名店です。

28764800 2106810769606200 2863817187188015104 n
donq_depuis1905

住所:45021,BadiaPolesineViaSanGiovanni22
電話番号:0425-51042

かわいいコロンバが買えるお店2:ジーノ・ファッブリ・パスティッチェーレ

29093023 406434549782735 3678393301498593280 n
yanzhou160116

イタリアでもかなり大きいお菓子の名店「GinoFabbriPasticcere」。コーヒーも美味しいおすすめのお店です。「ジーノ・ファブリ」とはこのお菓子の店を開店した菓子職人ジーノ・ファブリさんの名前です。コーヒー豆のブレンドが絶妙と評判。またフランスなどと違い、ここイタリアではパン菓子を作ることはれっきとした専門性が要求されることで、「本当に美味しいパン菓子を作ることは名誉なこと」というジーノさん。

22500270 286438178527353 5712731769866813440 n
marc.verelst

この名店で販売されているコロンバは4種類あります。甘いオレンジピールが入った「クラッシカ」。アプリコットの砂糖漬けが加わった「デリツィア」。何も中の具が入っていない「ヌーヴォラ」、ヘーゼルナッツの香る生地にチョコチップが入った「ディヴィーナ」です。またコロンバとは違うお菓子ですが、ジーノさんが2000年のコンクールで優勝、当時のローマ教皇が召し上がったというケーキもおすすめです。

ジーノ・ファッブリ・パスティッチェーレのこだわり

25015975 1732719867035599 1164008992746242048 n
ginofabbripasticcere

こちらの名店では復活祭の数週間前からコロンバづくりが始まり、販売の8割を占めるという「クラッシカ」から着手するそうです。お菓子の材料にもこだわる名店、そのかわいいコロンバには一切添加物、人工の甘味料などを使用しないで作られます。また天然酵母の発酵期間、二次発酵のために3日間を要するコロンバ作りの工程にはアイシング(Glassatura)が行われます。

29088481 478321802566065 4145461365621915648 n
ginofabbripasticcere

このアイシングによってサクサク感が加わったコロンバは水分も保持することができ、2、3カ月ほどは食べて問題がないほどです。ただし風味の面も考えると、1カ月くらいで食べるのが理想だとか。また、どんなに名店の職人であっても販売に携わることが大切というジーノさん。ボローニャのジーノ・ファッブリ・パスティッチェーレに行けば、ジーノさんご本人が販売してくれるかも?

26872711 545549705823808 5902289429921267712 n
cori.cina

住所:ViaCadriano, 27/2 • 40127 Bologna
電話番号:051-505074

イタリアのお菓子コロンバは手間がかかる!

実は本国イタリアでは、このコロンバとは売られているものを買って食べることが多いもののようです。「簡単にできるレシピ!」というのも見てみても、発酵させる手間などなかなか時間がかかるからです。復活祭の直前になると贈り物用にコロンバを買いだめする人もいるようで、いくつものお家に贈ったり贈られたりして、毎日コロンバを食べるハメになることも!

コロンバの作り方をご紹介!:生地の発酵完了まで2時間半

こちらはコロンバ750g分の材料です。まず発酵種にするのは、強力粉25g、パネトーネ酵母5.5g(ドライなら1.5g、生なら5.5g)、水30g。これらをよくこねて1時間ほどおき、倍ぐらいに膨らませます。次にコロンバ本体の生地の材料は、発酵させる生地が発酵種と同じく強力粉200g、バター50g、砂糖100g、常温の牛乳55g、卵60g、削ったオレンジ一個分の皮、削ったレモン一個分の皮、バニラビーンズ1本分、塩2g。

この材料で牛乳・バター以外のものと先ほどの発酵種を混ぜて、混ざったら牛乳をくわえてこねます。それも混ざったら、少しずつバターを入れてこね、機械ならフックに生地が付かなくなるまでこねます。ここまでの生地を混ぜて1時間半発酵させた後に混ぜ込む材料が、強力粉を50g・卵を60g・バター75g・レーズンを40g・オレンジピール40g・ラム酒12g・オレンジの果汁をオレンジ一個分です。 

コロンバの作り方をご紹介!:焼くまでさらに2時間

1回目にこねる生地を発酵させている間に後から混ぜる分の準備をします。出来ればレーズンはオレンジの果汁に浸しておくといいでしょう。オレンジピールは混ぜる直前に5mm角に刻むと、香りを逃さないでおくことができます。発酵させたコロンバの生地をしっかりと混ぜたら、バターを少しずつ加えてこねます。少量入れたバターが完全に混ざってから次の回を入れるといいです。

28766527 395887060884541 7117586916366614528 n
chiaraselenati

最後までバターを入れたら、オレンジピール、レーズンを加えてよく混ざるまでまたこねます。鳩型の型は日本ではお目にかかれないので、アルミホイルなどを使って自作するのがいいと思います。こだわらなければ丸形など、他の型ですませましょう。もし鳩型のコロンバにするなら、先ほど作ったコロンバの生地を250gと470gに分け、470gの方を縦長くして型の胴体部分に置きます。

29087863 221917281882038 6784857028306141184 n
latahonasalama

250gの分は2つに分けて鳩の羽のところに置きます。これが型の上端すれすれにくるまで再び発酵。約2時間かかります。待っている間に上掛け生地を作ることができます。なかなか時間がかかりますね!上にかけるトッピングは見た目にこだわっても楽しいでしょう。色のついたケーキのデコレーション材料や、焼いた後に溶かしたホワイトチョコレートをかけたりする人もいるようです。

コロンバの作り方をご紹介!:上掛け生地を作り焼くまで

次にコロンバの顔になる上掛け部分の生地ですが、こちらはアーモンド粉55g・ヘーゼルナッツ粉50g・卵白50g・砂糖50g。ナッツの粉と砂糖を泡だて器でまんべんなく混ぜます。混ざったら、卵白を加えてしっかり混ぜ合わせます。これを、先ほどの生地にスプーンなどを使って表面につけます。スタンダードなトッピングは、アーモンドのホールとあられ糖。上掛けの生地をかけたら、その上から飾り付けます。

29092869 917082595124926 5732555801306857472 n
panificiomalvicini

いよいよ焼く段階です。160度に温めたオーブンに入れ、50分焼きましょう。そこでいったん出して表面にアルミホイルをかぶせ、さらに10分。ここまですんだら、オーブンから出して2本の串に突き刺して、上面を下にしてしぼまないよう逆さまの状態で冷ますのがおすすめ。冷めたら、かわいいコロンバの出来上がり。みんなでわいわいいただきましょう!

コロンバを食べる習慣の復活祭とは?

コロンバの正式名称とは、コロンバ・パスクワーレ。食べられる習慣の復活祭とは、イエスキリストが処刑されてから3日目に復活した言い伝えを祝う行事で「パスクア」といいます。春分の後、最後の満月の次に来る日曜日とされています。日本と同じ暦が使われている所では3月22日から4月25日になるのです。パスクアのお菓子として有名なかわいいイースターエッグも、数々の名店の棚に並びます。

29087850 2072052779743585 5033845535136546816 n
foodie_kktravel

キリスト教圏の国で祝われる復活祭ですが、チョコレートの卵だけでなく卵そのものでお祝いすることもあります。カトリックの人が多いイタリアでは、復活祭とはとても大事な風習です。 イエス・キリストは「神の子羊」と言われ人々の罪を代わって引き受けるたとされたため、子羊もイエス・キリストの象徴であり、大事なシンボルとなっています。

29088622 162318394474428 7151173096764866560 n
ilsantobevitorefi

復活祭当日の教会は、皆が楽しみにしている宴が開かれます。一番のメイン料理は子羊の料理。そして鳩をかたどったお菓子、コロンバを食べるのです。さまざまな復活祭のお料理を 3時間かけて楽しむのが、イタリアの復活祭。この時期に食べられる羊は数十万頭にのぼりますが、近年は菜食主義の方々の運動もあり消費量が減っているようです。

コロンバと並ぶ復活祭の定番「イースターエッグ」

29087424 882448838627602 1835402382150729728 n
petdesignjiyugaoka0723

このイースターエッグはとても小さいサイズから赤ちゃんが中に入れるほどの大きさのものまでとてもバリエーション豊富。子供向けの商品も数多くあり、卵の中に時計が入っていたり、大きくても中身が少なくてびっくりさせるものがあったり、人気のキャラクターグッズが入っていることも。毎年恒例のお楽しみです。

イースターエッグを買える名店、LaMaison

27581401 1971460116452369 4543149253895127040 n
lamaisonoficial

日本にも出店している名店、LaMaison。この復活祭の時期限定のお菓子イースターエッグの入った詰め合わせがおすすめ。こちらは大人向けのお菓子の名店ですが、プラリネというチョコレート菓子が卵型になっています。定番商品との組み合わせ、数種類のプラリネの詰め合わせが発売されていますが、すでに在庫切れのものもあるようです。

29090347 180119332712338 6988668314721452032 n
lamaisonoficial

この名店の始まりは1977年、将校だったロベール・ランクスがチョコレートのみを扱う専門店を開店したときから始まりました。それまでと違った新しいガナッシュを次々とリリースしたランクスの味は数々の著名人、チョコレート通のおすすめの店となったのです。1998年に表参道に日本一号店を開店して以来、その名店の味は愛され続けています。

Chocolate 581687 1280イタリアのチョコレートおすすめBEST7!お土産にも人気!

コロンバを一口食べれば心はイタリアに?

29417006 237618110146342 2786249828714151936 n
daloisoantonio

復活祭と伝統のお菓子コロンバ。そこには遥か昔の伝説や、イタリアの人々が大事に守る風習があったのですね。日本でも復活祭のお菓子が手に入るなんて、ヨーロッパやイタリアが好きな人にはとても嬉しいと思います。ただし、買うなら品切れにならないうちに急ぐのがおすすめ!ご自分で作ろうと思う人も、どんなオリジナルができるか素敵な想像を膨らませてみてください!

Italian biscuit 657947 1280イタリアのお菓子BEST10!焼き菓子はお土産にもおすすめ!

関連記事

イタリア全都市の人気ランキング

イタリア全都市の新着のまとめ