「鯛パフェ」がおいしいと話題!冷たいけど熱々の新食感スイーツを紹介!

2018年3月23日 (2018年3月30日最終更新)

鯛パフェは鯛焼きとパフェというまったく違う2つのスイーツが一緒になった新感覚のスイーツです。焼き立て熱々の鯛焼きとひんやり冷たいパフェが見事に融合しています。見た目もインパクトがあり見るだけで楽しいスイーツです。この記事ではそんな鯛パフェについてご紹介します。

目次

  1. 鯛パフェは鯛焼きとパフェが一つになった新感覚スイーツ!
  2. 鯛パフェのコンセプト
  3. 鯛パフェはどこで食べられる?
  4. 鯛パフェのおすすめ店舗はワールドポーターズ店
  5. 鯛パフェは海外でも食べられる!
  6. 鯛パフェの外見にびっくり!
  7. 鯛パフェの生クリーム系メニュー
  8. 鯛パフェにはジェラート系も!
  9. 鯛パフェとクレミアのコラボメニュー
  10. 鯛パフェだけじゃない!鯛焼きもおいしい
  11. 鯛パフェを食べてみよう

鯛パフェは鯛焼きとパフェが一つになった新感覚スイーツ!

鯛パフェは鯛焼きとパフェが一つになった和菓子と洋菓子の中間のような新感覚のスイーツです。はじめて見る方はまずその外見に驚くと思います。一口食べると、そんな人を驚かせる外見からは想像もできないおいしさにさらに驚くはずです。この記事ではそんな鯛パフェについてご紹介します。

鯛パフェのコンセプト

29088920 2071939059747422 6565749890175991808 n
hoso__16

鯛パフェはユニークな外見をしていますが、実は材料にもこだわった本格的なスイーツなのです。基本となる小麦粉には厳選された小麦粉と高級なアーモンド粉が使用されています。また、使用されているあんこは有機栽培で作られた甘さ控えめのものです。外見や味だけでなく、しっかりと素材にもこだわっていることがわかります。

17333119 1312686518825643 6062899847919304704 n
mikittymikittymikittymikitty

鯛パフェのコンセプトは「まさに鯛焼きでもない!クレープでもない!パフェでもない!」です。このコンセプトの通り、鯛パフェはどのジャンルにも属さない新しいスイーツといえます。熱々の鯛焼きは少し寒い日においしいスイーツです。一方、冷たいパフェは暑い日においしいスイーツです。

鯛パフェは鯛焼き部分は熱々ほかほか、パフェ部分はひんやり冷たいので、どんな季節にも食べたくなります。またおいしいだけでなく、食べやすい大きさと持ち運びしやすい形をしているので、ゆっくり座って食べるもよし、食べ歩きするもよしというのがうれしいポイントです。お友だちと、恋人と、家族と、いろんな方とお楽しみいただけます。

鯛パフェはどこで食べられる?

鯛パフェを買えるお店は国内に全部で4店舗あります。「イーアスつくば店」と「あべのキューズモール店」と「ワールドポーターズ店」と「海浜幕張店」です。どのお店も駅から近くアクセスは良好です。イーアスつくば店はつくばエクスプレスの研究学園駅から徒歩4分のところにあります。

あべのキューズモール店は、地下鉄御堂筋線、谷町線の天王寺駅12号出口より直結です。この店舗が最も駅からアクセスが良いと思います。雨の日でも駅から直結だと助かります。また、海浜幕張店もJR京葉線の海浜幕張駅の前にあるショッピングセンターの中に入っていますので、駅からすぐ行くことができます。

横浜ワールドポーターズ店だけ駅から少し歩きます。JR桜木町駅、あるいはみなとみらい線のみなとみらい駅から徒歩10分ほどです。とは言っても、駅からワールドポーターズ店まではとても気持ちの良い観光地を通りますので、さほど距離は感じません。せっかくならこちらの店舗をおすすめしたいと思いますので、後程詳しくご紹介します。

ちなみに、営業時間は店舗ごとに異なります。イーアスつくば店とあべのキューズモール店の営業時間は10:00から21:00で、ワールドポーターズ店と海浜幕張店の営業時間は11:00から21:00です。ただし、ワールドポーターズ店は非常に賑わいますのでラストオーダーが20:30までとなっています。

イーアスつくば店の基本情報

串家物語 イーアスつくば店

P025402892 168
ジャンル:
研究学園 / 居酒屋
住所:
茨城県つくば市研究学園5-19イーアスつくば1F
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 11:00~22:00 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
平均予算:
2,001〜3,000円
提供: Hotpepper s

鯛パフェのおすすめ店舗はワールドポーターズ店

鯛パフェは国内で4店舗ありますが、一番おすすめなのは横浜のワールドポータズ店です。なぜ駅から最も遠いのに、この店舗をおすすめするかというと、観光地のど真ん中にあるからです。横浜ワールドポーターズがあるのは、横浜の観光地みなとみらい地区です。みなとみらいというと、コスモワールドや赤レンガ倉庫が人気の地区です。

みなとみらい駅から大きな観覧車で有名なコスモワールド、そしてこちらも大人気の観光スポットであるカップヌードルミュージアムの横を通って歩くと、ワールドポーターズに到着します。桜木町から行くときは、汽車道という海の上を横断するように通っている道をまっすぐ歩くと着きます。

みなとみらい駅から行くときも、桜木町駅から行くときも、横浜の海を見ながら気持ちよく散歩することができるのです。さらに、ワールドポーターズから赤レンガ倉庫までは徒歩5分ほどで、こちらも美しい遊歩道を歩いて行くことができます。赤レンガ倉庫をすぎてまっすぐ行くと、ぞうの鼻公園や大さんばし、山下公園、中華街、元町、山手に繋がります。

ワールドポーターズは横浜観光の中心にあると言っても過言ではありません。天気の良い日は、そんなワールドポーターズで鯛パフェを買って、美しい横浜の街でおいしいスイーツを食べ歩くのも楽しいものです。鯛パフェのお店の前にはちょっとした椅子があるので、疲れた方はそこで食べることもできます。

でも、せっかく座るならお店の前ではなく、ワールドポーターズの2階にあるベンチをおすすめします。ワールドポーターズは2階部分から外に出られるようになっています。建物の周りに半周囲むようにして通路があるのです。そこに設置されたベンチからは横浜の海や汽車道などの眺望が臨めるので、せっかく座るならそちらのベンチをおすすめします。

Original横浜の海を漫喫!デートやお出かけに使える綺麗なおすすめスポットまとめ!|旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]

鯛パフェは海外でも食べられる!

なんと、鯛パフェは海外でも食べることができます。日本発のスイーツが海外でも人気というのはうれしいことです。海外店舗は、シンガポール、台湾、ジャカルタ、そして香港にあります。しかも、シンガポールとジャカルタには2店舗ずつあるという人気ぶりです。海外でもメディアに取り上げられ、鯛パフェの人気はとどまることをしりません。

鯛パフェの外見にびっくり!

鯛パフェを食べるにあたって、まず驚くのがその外見です。鯛パフェは鯛焼きとパフェが融合したスイーツですが、どの部分がパフェになっているかというと、鯛焼きの鯛の口部分なのです。どのメニューも上を向いた鯛が大きな口を開けており、その口のなかにこれでもかというくらいのパフェが入っています。

パッと見ると、鯛が口からパフェを吐き出しているかのような外見です。非常にインパクトがあります。この外見は若い女性にも外国人にも大人気です。インスタなどのSNSをしている方は是非食べる前にお写真にお納めください。他では見られないユニークな外見のスイーツです。

鯛パフェの生クリーム系メニュー

鯛パフェの生クリーム系のメニューは全部で4つあります。「苺チョコ生クリーム」、「苺キャラメル生クリーム」、「バナナチョコ生クリーム」、「バナナキャラメル生クリーム」の4つです。いずれも上を向いた鯛の口に生クリームとフルーツが詰められています。また、もっちりとした鯛焼き部分にはあんこもたっぷり入っています。

お値段は苺チョコ生クリームと苺キャラメル生クリームが380円、バナナチョコ生クリームとバナナキャラメル生クリームが360円です。インスタ映えを狙うなら、苺を使ったメニューをおすすめします。鯛の口から苺がまるごと飛び出るようにして入れられているので、見た目のインパクトは抜群です。

鯛パフェにはジェラート系も!

鯛パフェのジェラート系のメニューは2つあります。「お抹茶小豆ジェラート」と「きな粉黒蜜ジェラート」です。いずれも380円です。焼き立て熱々の鯛焼きと、冷たいジェラートのコラボレーションは暑い日にも人気があります。溶けやすいので、購入後は早めにお召し上がりください。

鯛パフェとクレミアのコラボメニュー

最高級のソフトクリームとして大人気の「クレミア」を鯛パフェのお店でも食べることができます。普通のクレミアは500円です。さらに、鯛パフェとクレミアのコラボメニューもあります。こちらもお値段は500円です。鯛パフェのパフェ部分がクレミアになっています。こちらも是非お試しください。

鯛パフェだけじゃない!鯛焼きもおいしい

鯛パフェのお店では、普通の鯛焼きも買うことができます。メニューは全部で5種類です。「有機栽培小豆」、「カスタードクリーム」、「チョコクリーム」、「お抹茶クリーム」、「ジャーマンポテト」があります。これらの記事は非常にもちもちとしており、食べ応え抜群です。甘いものが苦手な方には、ほくほくとおいしいジャーマンポテトも人気です。

鯛パフェを食べてみよう

鯛パフェは、熱々の鯛焼きと冷たいパフェが融合した新感覚のスイーツです。国内では4つの店舗で食べることができます。インパクトある見た目はインスタ映えにもばっちりです。おいしいだけでなく、見た目も楽しい鯛パフェを是非食べに行ってみてください。

関連記事

関連するキーワード

関東地方の人気ランキング

関東地方の新着のまとめ