クロスバイクのヘルメットの選び方や必要性は?街乗り用のおすすめも紹介!

2018年3月29日 (2018年7月16日最終更新)

クロスバイクを街乗りで利用する人々が増えています。その際に必要なのが、ヘルメットです。最近のクロスバイクのヘルメットには、カジュアルでおしゃれなものが沢山あります。クロスバイクのヘルメットの選び方も含めて、情報をお届けします。

目次

  1. クロスバイクのヘルメットとは
  2. クロスバイクブームとヘルメットの重要性
  3. なぜクロスバイクにヘルメットが必要なのか?
  4. 安全面から見るクロスバイクのヘルメットの選び方
  5. おしゃれを意識したクロスバイクのヘルメットの選び方
  6. クロスバイク用のヘルメットの購入場所
  7. クロスバイクのヘルメットの買い替え時は?
  8. おすすめクロスバイクヘルメット「bern」
  9. 「OGKカブト」はクロスバイクヘルメットのおすすめ
  10. ヘルメット「ジロ」はクロスバイクの街乗りで
  11. クロスバイク「カーマー」のヘルメットはカジュアル
  12. 「スコット」のヘルメットはクロスバイクでも人気
  13. クロスバイクは「MET」のヘルメット
  14. ヘルメット「スミス」もクロスバイクでおすすめ
  15. ヘルメットを被ってクロスバイクを乗りこなそう

クロスバイクのヘルメットとは

マウンテンバイクとロードバイクの中間的な位置づけにあるのが、クロスバイクです。このクロスバイクは、近年人気が特に上がっています。サイクリングだけではなく、街乗り用としての需要も高いです。その際に必要なのがヘルメットです。おしゃれでカジュアルなヘルメットも多く出ています。今回は、クロスバイクのヘルメットについて紹介します。

クロスバイクブームとヘルメットの重要性

近年、クロスバイクがブームとなっています。長いサイクリングだけではなく、街乗りの自転車として、カジュアルに乗りこなす人が多いです。運動代わりになる、通勤で街乗りをすることによって満員電車に乗らなくて済む、などメリットもとても多いからです。簡単に速度が出る、おしゃれな街乗り用の自転車として、クロスバイクはとても人気があります。

クロスバイクブームが熱くなるにつれ、ヘルメットを必要だと感じる人が出てきました。あまり速度を出していない、街乗りでカジュアルに乗っている場合でも、ヘルメットの必要性を感じ始めている人々が多いです。どうして、ヘルメットの重要性を街乗りをしている人たちが感じているのでしょうか?それは、危険だと感じる場合が多いからと言えるでしょう。

Original自転車の鍵のおすすめは?最強強度のものやチェーンなどタイプ別で紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
大切な自転車を守る必要な鍵のセキュリティは万全対策をしていますか?簡単に壊されてしまう自転車...

なぜクロスバイクにヘルメットが必要なのか?

クロスバイクを含めて、自転車はヘルメットの着用義務がありません。13歳未満の幼児および児童のみ、ヘルメットを被せる着用努力義務があるだけです。ヘルメットを着用する必要が無いのに、どうしてクロスバイクのヘルメットの必要性があるのでしょうか。それは、クロスバイクが出すことのできる速度から考えて、ということになります。

クロスバイクは、時速が30キロほどまで出てしまいます。仮に転んでしまったとき、頭へのダメージは計り知れません。ですので、ヘルメットを被る必要があるのです。車道を走ることが多いので、事故のリスクは高まってしまいます。おしゃれからは程遠くなってしまうので、被りたくないと考える人も多いですが、安全のため、ヘルメットを被る必要があるのです。

安全面から見るクロスバイクのヘルメットの選び方

クロスバイクのヘルメットの選び方には、幾つかのポイントがあります。まずひとつは、強度がしっかりとあることです。あまりに安すぎるヘルメットの場合、強度が足りていないことがあります。ヘルメットの選び方としては、基準にきちんと達しているかどうか、ということが、とても必要となってきます。その選び方にはどのようなものがあるのでしょうか?

選び方の基準として、日本製品の場合は、安全協会認定のSGマークがついているものや、JCF(日本自転車競技連盟)推奨または公認しているヘルメットを選択すると良いでしょう。輸入品の場合は、アメリカ合衆国消費者製品安全委員会のCPSCマークや、EU (欧州連合) 加盟国の基準を満たすCEマークが目印となります。これらの基準に合致しているものを選びましょう。

クロスバイクのヘルメットの選び方は、街乗りでもきちんとしたものを選びたいものです。選び方のポイント2つ目は、サイズがきちんと合っていることです。大きすぎたりすると、ヘルメットがグラグラとしてしまって、きちんと固定されず、安全性が確保できません。小さすぎると、きちんと頭に収まらないので、これも安全性が確保できません。

街乗りのクロスバイクのヘルメットの選び方のポイント3つ目は、カラフルであることです。おしゃれという面でも、もちろんその選び方の理由となります。でも、それだけではありません。ヘルメットが目立つと、車から見えやすいので、そこに自転車が居ると認識されやすいのです。認識されやすいと、事故に遭うリスクがぐっと低くなります。

Original自転車ツーリング案内!初心者におすすめの車種やバック・持ち物まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
普段は通勤や通学、ちょっとした移動手段として利用されている自転車ですが、ツーリング目的として...

おしゃれを意識したクロスバイクのヘルメットの選び方

街乗りとしてクロスバイクを使う場合、ヘルメットもおしゃれを意識したものを使いたいものです。カジュアルでかつ安全面を意識した、おしゃれなヘルメットの選び方もできます。メーカー毎に、様々なものが取り揃えられていますので、実際に店舗に足を運んでみて、確認するのが選び方のポイントとなります。おしゃれ度がアップすると、自転車に乗るのが楽しくなることでしょう。

おしゃれでカジュアルなヘルメットの選び方を考える際に、髪型に対しての意識もあるといいでしょう。通気性があまり良くないヘルメットだと、髪型が大いに崩れてしまいます。通勤用に街乗りをする場合には、自転車に乗った後、仕事をしない場合が多いです。ですので、なるべく髪型が崩れにくい、通気性の良いものを選ぶのが、大切なポイントとなってきます。

Original自転車・ロードバイクのヘルメット!おしゃれ・おすすめをまとめて紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
自転車やロードバイクに乗る時は、ヘルメットを装着すると安全性を上げることができます。おしゃれ...

クロスバイク用のヘルメットの購入場所

街乗りで人気のクロスバイクのヘルメットは、最近はカジュアルでおしゃれなものが多いですが、一体どこで購入すれば良いのでしょうか?頭の大きさ、形は人それぞれです。実際に装着してみて、自分にとってきちんと合っているかどうかを確かめることが、とても必要な事になります。ですので、実際に自転車屋などで試着をきちんとしましょう。

ネット通販でも、多くクロスバイクのヘルメットは販売されています。一度、自転車屋で購入して体に合ったもので、同じものを買い換えるときなどは、ネット通販で購入するのも良いでしょう。ネット通販ならば、店頭購入よりも価格を抑えることができることも多いですし、忙しい人も時間がある時に注文を済ませることができるので、とても便利です。

クロスバイクのヘルメットの買い替え時は?

クロスバイクのヘルメットは、一度買ったらずっと使用していても大丈夫なのでしょうか?答えはノーです。いくつか、買い換えるポイントがあります。まずは、買ってから3年経ったときです。ヘルメットに使っている材料も、3年もすると経年劣化を起こし、想定されている基準に達していない可能性があります。各メーカーは3年経ったら買い換えることを推奨しています。

買い換えなければならない2つ目のポイントとしては、ヘルメットに強い衝撃を与えたときです。例えば、道で転んで頭をぶつけた、ヘルメットを高いところから思い切り落としてしまった、などです。外観は変化はなくても、内側のクッションとなる部分が、衝撃を受けて割れてしまっている可能性があります。その事から、買い換える必要があるのです。

おすすめクロスバイクヘルメット「bern」

28427825 768435623352595 1470682607007039488 n
bern_japan

最近、街乗りのクロスバイク用として、カジュアルなおしゃれを楽しむ人々に人気のヘルメットがあります。それは、ダックスベリーというボストン郊外の街で生まれた、「bern」というブランドのヘルメットです。見た目もとてもおしゃれなのですが、bernのすごいところはそれだけではありません。様々な観点から、支持を集めているヘルメットなのです。

27891190 986010238242504 1907795181206241280 n
bern_japan

bernのヘルメットは、まずは安全基準がしっかりしています。取得している安全基準は、アメリカの基準であるCPSCと、EUの基準であるCEマークです。安全面がきちんとしているのが伝わってきます。しかもbernのヘルメットはとても軽く、装着していても負担になりません。そして、通気性に配慮があるので、長時間被っていても蒸れにくいという利点があります。

「OGKカブト」はクロスバイクヘルメットのおすすめ

27880156 1864279803614185 8453010828445089792 n
shuiguchong

OGKカブトは、日本のヘルメットメーカーとして、とても有名です。もともとはバイク用のヘルメットをクロスバイクのヘルメット用としても、とても人気があります。国内の自転車のシェアとしては、トップクラスを誇っている他、アジアでも強い支持を得ています。日本人に、そしてアジア人に合わせたヘルメットづくりをしていることが特長と言えるでしょう。

25011143 150344495615798 8004431400235171840 n
kaznoine1

OGKカブトのヘルメットは、トップクラスの競技者から、カジュアルな街乗りをするカジュアルにクロスバイクを乗る人々、そして子供まで、幅広い人々への商品展開を行っています。JCF推奨または公認のマークがついており、安全性の確保もきちんとなされています。通気性を重視しインナーパッドが入っていたり、サイズ調整もとても容易です。

Originalクロスバイクで通勤しよう!おすすめ自転車や服装・アイテム紹介もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
クロスバイクとはロードバイクとマウンテンバイクの良いところを合わせたようなスポーツバイクでも...

ヘルメット「ジロ」はクロスバイクの街乗りで

26870531 1077012989106696 8648106664144142336 n
mv5fs

クロスバイクの街乗り愛用者の中で、とても人気のあるヘルメットと言えば「ジロ」を挙げることが出来ます。ジロは、アメリカのヘルメットブランドで、トップクラスの競技者から、カジュアルに自転車を乗りこなす人まで、幅広い人々をターゲットとしています。おしゃれなだけではなく、機能性、装着性などに優れており、大きな支持を得ています。

23347767 357891671301955 8920207419464744960 n
velo_concept

クロスバイクの街乗り愛好家に人気のある「ジロ」のヘルメットについて詳しく見ていきましょう。まずは安全基準です。アメリカの安全基準であるCPSCの安全規格取得していますので、安全面についてはお墨付きです。通気性はよく、ソフトバイザーの取り外しができるなど、操作性もとても良いです。価格帯も安いものかた高級ラインまで、バリエーションが充実してます。

クロスバイク「カーマー」のヘルメットはカジュアル

28430502 228484387698992 7563418136737742848 n
skm1029

ヘルメットブランド「カーマー」は、モトクロスの街乗りの人々の間で、ニューウェーブを起こしています。カーマーというブランドについて、あまり聞いたことが無い、という方もおられるかもしれません。実は、これはSHIMANOが韓国で展開している、ヘルメットもブランドで、それが評判を呼び日本に逆輸入している、ということなのです。

28156020 226239624616706 6520857590623109120 n
hiro_hiro22

なぜ、カーマーのヘルメットは、日本でニューウェーブを巻き起こしているのでしょうか。それは、装着した際のフィット感の良さにあります。アジアンフィットとカーマーでは呼んでいる、ヘルメットの形がフィット感を与えています。アジア人の頭の形を徹底的に研究し、それをヘルメットの形にしました。ぴったりな形にすることで、安全性も高めています。

「スコット」のヘルメットはクロスバイクでも人気

25009418 1984793711809363 9050183815720337408 n
mashunmtbrider

スコットのヘルメットは、競技者にとても支持を得ているヘルメットです。競技者に人気な理由は、軽さと、そして安全性、通気性のバランスがとても優れていることが挙げられます。これらは、街乗り愛好家がヘルメットを探す際のポイントとも合致します。高いテクノロジーを誇るスコットのヘルメットは、街乗りの場面でも多く活躍することができるでしょう。

25039011 332147007262953 5836583272175370240 n
bertelsjef

スコットのヘルメットは、日本自転車競技連盟公認が公認しているヘルメットなので、安全性は十分にあります。スコットではMIPSという、低摩擦レイヤーを搭載しています。MIPSとは、ヘルメットに衝撃を受けた際に、斜め方向から衝撃が加わっても、脳が揺れないように出来ている仕組みのことです。仮に転んで衝撃を頭部に受けても、最小限度の怪我で済むように考えられています。

クロスバイクは「MET」のヘルメット

23970093 2019278155010848 5215926387273105408 n
masumathzeng

とてもカラフルでおしゃれなヘルメットとして、クロスバイクを街乗りする人々にとても人気があるのが、「MET」という、イタリアのヘルメットブランドです。色と色の組み合わせが、とても素敵です。もちろん、おしゃれで素敵なだけではありません。ヘルメットの性能面としても、トップ選手に大きな支持を得ています。競技者のお墨付きです。

12353232 1009373032452971 1348098256 n
ramenr123

METのヘルメットは、一見おしゃれなデザインに見えますが、実は空力を考えたデザインになっています。うまく風を流して、なるべくヘルメットでの風の抵抗を受けにくいようにデザインされています。後部にポリカーボネートを使用していて、軽く、そして強度を出しています。安全面でもしっかりとしています。ヘルメットの中では、手洗いができるものがあります。

ヘルメット「スミス」もクロスバイクでおすすめ

19761644 1103255716443332 7858209895772848128 n
yuuki9264

スミスは、世界的に有名なヘルメットメーカーのスミスは、もちろん自転車のヘルメットとしても、日本で大人気です。特にクロスバイクを街乗りする人々に、おしゃれなブランドとして支持されています。スミスのヘルメットの特長としては、様々な性能をもっています。特許を取得したポリスタイレン素材のフレームは、軽く、そして強度が高いです。

28763802 1424302464341110 4216205910848045056 n
mariusnffr

スミスのヘルメットの中で、街乗りをする人々に特に人気があるのが、折りたたみができるカレラというシリーズです。仕組みとしては、折りたたむというよりも、幅を縮めることができる、というイメージです。ただ幅を縮めることで、カバンの中にしまうことが可能になります。街乗りの場合、特にこのカレラシリーズを重宝する人が多いのでおすすめです。

ヘルメットを被ってクロスバイクを乗りこなそう

今回は、クロスバイクのヘルメットの情報についてお届けしました。カジュアルなヘルメットや、おしゃれなヘルメットなど、クロスバイクのヘルメットは、バリエーションは様々です。クロスバイクはスピードが出て、車道も走ることもあり、ヘルメットが必要です。選び方を参考に、街乗りでも必要なアイテムのヘルメットを被り、クロスバイクのおしゃれを楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

関東地方の人気ランキング

関東地方の新着のまとめ