フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!変圧器や変換プラグの用意は必要?

2018年4月17日 (2018年6月5日最終更新)

旅行する際に知っておくと便利なコンセントの形状ですが、フィリピンはなんとコンセントが3種類もあります!今回はそんなフィリピンのコンセントの形状やiPhoneの充電方法、変換プラグなどについてご紹介いたします!旅行の前には必ずチェックするようにしましょう。

目次

  1. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:旅行の前にコンセントの形状を知っておこう
  2. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンの電圧と周波数
  3. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンに行くのに変圧器は必要?
  4. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:変圧器を日本で購入する場合の注意点
  5. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:変圧器をフィリピンで購入する際の注意点
  6. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンのコンセント「Aタイプ」
  7. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンのコンセント「B3タイプ」
  8. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンのコンセント「Cタイプ」
  9. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンに行くのに変換プラグは必要?
  10. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:日本のPCはフィリピンで使える?
  11. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンで日本のドライヤーは使用できる?
  12. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンでiPhoneは充電できる?
  13. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンで日本のデジカメの充電器は使用できる?
  14. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンで日本の電化製品を使う時に気をつけたいこと
  15. フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:停電に備えて充電タイプの電池は必要?
  16. フィリピンのコンセント事情を知って旅行に備えよう!

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:旅行の前にコンセントの形状を知っておこう

フィリピンは大きく分けて三つの島に分かれており、島や地域ごとにコンセントの形状が違います。今回はそんなフィリピンのコンセントの形状や変換プラグ、iPhoneの充電方法、変圧器を購入する際の注意点などをご紹介いたします。フィリピンに旅行などで行く予定のある方は是非コンセントの形状などを知っておきましょう。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンの電圧と周波数

コンセントの形状をご紹介する前にフィリピンの電圧について紹介したいと思います。というのはコンセントの形状がたとえ一緒であっても電圧が違う国で電化製品を使うとその製品が壊れてしまうからです。フィリピンの電圧は220ボルトで周波数は60ヘルツです。

日本の電圧は100ボルトで、周波数は西日本が60ヘルツ、東日本が50ヘルツです。日本の電化製品をフィリピンで使おうとすると電圧の負荷がかかってしまい、高い確率で壊れます。最近では240ボルトまで使えると記載されている日本の電化製品もありますが、この場合もフューズが破裂して壊れる可能性があります。壊れた製品はフューズを交換すればまた使えますが、なるべく破損を避けた方が無難です。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンに行くのに変圧器は必要?

フィリピンに行く際に変圧器を買うか買わないかで迷う方がいるかもしれませんが、フィリピンに中・長期滞在する日本人にとって変圧器は必需品です。フィリピンと日本ではボルト数が違うからです。変圧器を日本で購入するかもしくはフィリピンで購入するかで迷う場合は日本で購入することをお勧めします。 

日本の変圧器はフィリピンのものに比べると値段は割高です。それでも日本製をおすすめするのはクオリティの高さにあります。またフィリピンで購入するとなると現地の販売員と英語で会話をしなくてはならないので、希望してはいない商品を購入してしまう危険性があります。この方法はよほど英会話に自信がない限りおすすめはできません。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:変圧器を日本で購入する場合の注意点

日本の変圧器は高価ですが、クオリティが高く長持ちするという利点があります。種類もいくつかあり、それらの商品に関して事前にインターネットなどで調べることも簡単です。豊富な選択肢の中から自分により合った商品を選ぶことができます。こうして挙げてみるとメリットばかりのように聞こえますが、実は日本で購入する際には注意点もいくつかあります。

購入する前に変圧器を使用する国の電圧を調べることが最も重要です。ひとことに変圧器といっても色々種類があるので電圧の違う変圧器を購入しないように注意しましょう。また意外と知られていないのがワット数の確認です。変圧器の容量は消費電力であるワット数によっても変わってきます。変圧器の容量は製品にもよりますが、1.25倍から3倍の余裕を持って選ぶようにしましょう。

変圧器を海外に持ち運びする際には、重量であるためスーツケースの中に入れる人が多いですが、空港での取り扱いが悪いために壊れるケースがあります。そのため持ち運びの際は受託手荷物にはせず機内持ち込みにした方が安全です。ずっとそのまま持ち歩くのは重いので、現地の空港に着いてから受託手荷物に移し替えるようにしましょう。

Originalフィリピンへ語学留学が人気!おすすめの学校や費用は?語学習得の効果は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フィリピンはリゾートで英語も美しく、語学留学先として人気です。そこで気になるのが、語学留学を...

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:変圧器をフィリピンで購入する際の注意点

日本で変圧器を購入する人が多いと思いますが、場合によってはフィリピンで購入しなくてはならない状況があると思います。その場合は現地の空港やショッピングモールなどで購入するようにしましょう。フィリピンは日本語が話せる人が少なく電化製品店においても全て英語での対応になるので英語力に自信がない人は事前にインターネットでなどで調べておきましょう。

会話の行き違いを避けるためには、後日電化製品店に来店した時に欲しい商品をプリントアウトしたものを店員に見せるという方法があります。インターネットなどで検索してリサーチした商品に近いものまたは同じものを欲しいといえば、片言の英語で済みます。フィリピンで購入する場合日本より2割引程度で購入できますが、あまり安すぎるものは品質が落ちる可能性があるので気をつけましょう。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンのコンセント「Aタイプ」

フィリピンのコンセントの形状は3種類ありAタイプ、B3タイプ、Cタイプに分かれています。その中でも一番普及しているのがAタイプのコンセントです。ちなみに日本もこのAタイプを使用しています。Aタイプはコンセントの差し込み口が二つですが、フィリピンではコンセントに複数の差し込み口があるマルチタイプのコンセントになっています。

マルチタイプのコンセントにはAタイプ、B3タイプ、Cタイプの全てが差し込めるようになっており、コンセント差込口には三つ穴があります。三つ穴があるうちの上の二つのみを使用するのがAタイプのコンセントです。またフィリピンの観光地の中でも特に有名なセブ島ではほとんどが二つ穴のタイプで、日本のコンセントがそのまま差し込めるようになっています。

Img contents page 01フィリピン移住生活と現実!仕事や生活費はどれくらいかかる? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
親日国でフレンドリーな人柄の人が多く、海外移住先として人気の高い国フィリピン。そんなフィリピ...

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンのコンセント「B3タイプ」

フィリピンのもう一つのコンセントの形状であるB3タイプは差し込み口が三つ穴になっています。このタイプのコンセントの形状は日本の電化製品はそのまま使用できないので、必ず変換アダプターを使用するようにしましょう。 

このB3タイプのコンセントはフィリピンの他にもイタリアの一部、オーストリア、オランダ、ブルガリア、タイ、スリランカ、韓国、インド、インドネシア、マレーシア、ベトナム、ニュージーランド、アフリカ諸国、中東諸国などでも使えます。一度購入してこのタイプの変換アダプターを持っておくと、世界中で使えるのでとても便利です。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンのコンセント「Cタイプ」

フィリピンではCタイプのコンセントも使われています。このCタイプのコンセントは差し込み口は2つでAタイプと一緒ですが、差し込みの形状が丸くなっているタイプです。このコンセントの形状も日本の電化製品は使えませんので変換アダプターが必要です。

フィリピン以外でCタイプのコンセントが使える国はイギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランスなどのヨーロッパ諸国とアジアのほとんどの国です。またアフリカ、中南米、中東のほとんどの国でCタイプが使えます。オセアニアは使える国が限られているので確認が必要です。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンに行くのに変換プラグは必要?

フィリピンに旅行などで行く際に変換プラグは必ず用意するようにしましょう。フィリピンでは日本と同じAタイプのコンセントが使える場所がたくさんありますが、島によってはB3タイプやCタイプしか使えない場所があります。念のために変換プラグは準備して行った方が無難です。

変換プラグは最近では楽天などのオンラインショッピングでも安価で購入できます。価格は約500円から800円程度です。また空港や東急ハンズなどの大型店でも購入できます。全世界のコンセントの形状に対応している変換プラグだと2,000円近くかかってしまうので、インターネットの専門店などで購入した方が安価で済みます。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:日本のPCはフィリピンで使える?

最近のPCはどこの国で購入してもほとんどの製品が電圧240ボルトまで対応しているので特に問題なく使えます。パソコンの裏側を見ると対応しているボルト数と周波数が記載されているので心配な方は一応確認するようにしましょう。 

旅行などの短期で使用する際には特に問題なく使用できますが、長期での滞在の場合は気をつけた方が良さそうです。長期でボルト数の違う製品を使っているとパソコンが充電の際に異常に熱くなったりして負担がかかっているのが分かります。どうしても日本のパソコンを現地で長期にわたり使いたいという方は変圧器を使用した方が良いでしょう。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンで日本のドライヤーは使用できる?

海外旅行をする際に日本のドライヤーを持っていきたいという方は意外に多いです。ホテルによってはヘアドライヤーがないところもあり、また現地で購入するとなると割高になる可能性があるからです。日本のドライヤーヘアドライヤーはほとんどが110ボルトまでとなっています。

電圧110ボルトの日本のヘアドライヤーをそのまま変換プラグなどを使用してフィリピンで使用すると火花を出したり火災の原因にもなるので絶対にしないようにしましょう。どうしてもヘアドライヤーを使用したいという場合は変圧器を使用するようにしましょう。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンでiPhoneは充電できる?

最近ではiPhoneに限らずほとんどのスマートフォンやタブレットが世界中で使えるようになっています。心配な方は一応インターネットなどでiPhoneスペックを確認しておきましょう。iPhoneの種類によっては説明書や箱に記載されている場合があります。iPhoneの電圧は大抵はインプットが100から240ボルト、周波数が50または60ヘルツとなっています。

iPhoneやタブレットは直接コンセントから充電しなくても充電できるので便利です。最近では空港やホテルでUSBアダプターを使用してiPhone充電できる場所が増えています。ただ移動の際にiPhone充電ができる公共交通機関があるとは限らないのでiPhone用の充電池を用意した方が良いでしょう。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンで日本のデジカメの充電器は使用できる?

パソコンと一緒で最近はデジカメも世界中で使えるような規格になっています。そのため、充電器も特に問題なく使用できます。よほど古い機種でなければ電圧は240ボルトまで対応している製品がほとんどです。どうしても心配な場合はインターネットや製品が入っていた箱の裏側などを確認してみましょう。大抵はスペックが記載されています。

ただデジカメの充電器は携帯の充電器と違ってコンセントの差し込むタイプがほとんどなので、場所によってはプラグ変換アダプターが必要になります。中・長期の滞在の場合は必ず変換アダプターを持参するようにしましょう。

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:フィリピンで日本の電化製品を使う時に気をつけたいこと

海外に日本の製品を持っていく人は多いです。現地で購入すると高くつくイメージがあるからです。しかしヘアドライヤーはフィリピンでは700円前後で買えます。またヘアアイロンは2,000円前後で購入できます。日本のヘアドライヤーをフィリピンで使用すると非常に危険なので持ち込まないようにしましょう。また日本の電化製品をフィリピンで使おうとすると同じAタイプのコンセントでも抜けやすいことがあります。

特に重たいアダプターや充電器を差し込むと抜けてしまうこともあるので、抜けないような工夫が必要です。パソコンやスマートフォンタブレットなどは世界中どこでも使用できるように作られていますが、フィリピンで日本のパソコンやスマートフォンを使用すると火花が散ることがあります。そのためなるべく変圧器を使用して事故を防ぐようにした方が無難です。

またフィリピンではとても停電が多いことで有名です。日によっては1日に何回も停電になることがあります。もし停電になったら、使用中のパソコンパソコンやその他の電気機器のアダプターはもちろんのこと、充電器もすぐに抜かなくてはいけません。コンセントから抜かずにそのままにしておくと電気が復活した時に高圧電流によって電化製品が壊れる可能性が高いからです。 

フィリピンのコンセントの形状は3種類ある!:停電に備えて充電タイプの電池は必要?

フィリピンは停電の多い国ですが、観光客が訪れるリゾート地は停電が起こりにくく、また自家発電機を備えているホテルが多いです。留学や移住でフィリピンに行く場合は気をつけた方が良いですが、観光で行く場合はそれほど停電を気にしなくても良いでしょう。

天候の悪い時期や台風の時はリゾート地でも停電が起きやすいので気をつけましょう。いざという時に備えて充電タイプの電池があるとスマートフォンやタブレットの充電に困らなくて便利です。充電式の電池や充電器をたくさん持ち込むと手荷物が増えてしまうので、短期の旅行の場合は最小限に抑えましょう。

フィリピンのコンセント事情を知って旅行に備えよう!

ここまでフィリピンのコンセントの形状やiPhoneの充電方法、電圧停電の実態を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?フィリピンには3種類のコンセントの形状があり日本とは違う形状のものもあるので変換プラグが必要です。旅行や留学なのでなどでフィリピンを訪れる際には必ず変圧器や変換プラグを用意していきましょう。

関連記事

関連するキーワード