海水浴の持ち物49選!子連れやカップルにもおすすめの便利・必須アイテム紹介

2018年5月5日 (2018年7月16日最終更新)

暑い夏の楽しみは海水浴です。子連れやカップルで開放感が溢れる砂浜を満喫できるアウトドアレジャーです。海水浴の持ち物を忘れると折角の楽しい海水浴が台無しになります。特に子連れの場合は、テントや食べ物は忘れてはならない持ち物です。事前にリストを作ると便利です。

目次

  1. 海水浴でおすすめの必須持ち物や便利アイテムをご紹介!
  2. 海水浴の持ち物1:必須アイテム「水着」
  3. 海水浴の持ち物2:必須アイテム「日焼け止め」
  4. 海水浴の持ち物3:必須アイテム「着替え」
  5. 海水浴の持ち物4:必須アイテム「バスタオル」
  6. 海水浴の持ち物5:必須アイテム「ポケットティッシュ」
  7. 海水浴の持ち物6:必須アイテム「ビーチサンダル」
  8. 海水浴の持ち物7:必須アイテム「帽子」
  9. 海水浴の持ち物8:必須アイテム「サングラス」
  10. 海水浴の持ち物9:必須アイテム「レジャーシート」
  11. 海水浴の持ち物10:必須アイテム「ワンタッチテント」
  12. 海水浴の持ち物11:必須アイテム「スマホ充電器」
  13. 海水浴の持ち物12:必須アイテム「救急セット」
  14. 海水浴の持ち物13:必須アイテム「ビニール袋」
  15. 海水浴の持ち物14:必須アイテム「小銭」
  16. 海水浴の持ち物15:便利アイテム「パーカー」
  17. 海水浴の持ち物16:便利アイテム「ラッシュガード」
  18. 海水浴の持ち物17:便利アイテム「ジップロック」
  19. 海水浴の持ち物18:便利アイテム「マリンカプセル」
  20. 海水浴の持ち物19:便利アイテム「マリンシューズ」
  21. 海水浴の持ち物20:便利アイテム「スマホ防水ケース」
  22. 海水浴の持ち物21:便利アイテム「スマホイヤホン」
  23. 海水浴の持ち物22:便利アイテム「防水カメラ」
  24. 海水浴の持ち物23:便利アイテム「冷却シート」
  25. 海水浴の持ち物24:便利アイテム「クーラーボックス」
  26. 海水浴の持ち物25:便利アイテム「圧縮袋」
  27. 海水浴の持ち物26:便利アイテム「サマーベッド」
  28. 海水浴の持ち物27:便利アイテム「パラソル」
  29. 海水浴の持ち物28:便利アイテム「ウチワ・扇子」
  30. 海水浴の持ち物29:便利アイテム「ウォータータンク」
  31. 海水浴の持ち物30:便利アイテム「ポータブルシャワー」
  32. 海水浴の持ち物31:便利アイテム「空気入れ」
  33. 海水浴の持ち物32:便利アイテム「防水ウェストポーチ」
  34. 海水浴の持ち物33:便利アイテム「セーフティーボックス」
  35. 海水浴の持ち物34:遊びアイテム「浮輪」
  36. 海水浴の持ち物35:遊びアイテム「花火」
  37. 海水浴の持ち物36:遊びアイテム「ボディーボード」
  38. 海水浴の持ち物37:遊びアイテム「バーベキューセット」
  39. 海水浴の持ち物38:女子力アイテム「ヘアゴム」
  40. 海水浴の持ち物39:女子力アイテム「シャンプー」
  41. 海水浴の持ち物40:女子力アイテム「化粧水・乳液」
  42. 海水浴の持ち物41:デートアイテム「エアーソファー」
  43. 海水浴の持ち物42:デートアイテム「マーメイドスイムテール」
  44. 海水浴の持ち物43:子連れアイテム「ラップタオル」
  45. 海水浴の持ち物44:子連れアイテム「砂遊びグッズ」
  46. 海水浴の持ち物4:子連れアイテム「ビーチボール」
  47. 海水浴の持ち物46:子連れアイテム「ゴーグル」
  48. 海水浴の持ち物47:子連れアイテム「水中覗きメガネ」
  49. 海水浴の持ち物48:子連れアイテム「食べ物」
  50. 海水浴の持ち物49:もしも力アイテム「健康保険証」
  51. 海水浴の持ち物はこれで万全!後は楽しむだけ!

海水浴でおすすめの必須持ち物や便利アイテムをご紹介!

海水浴に出かけるときに、持ち物に悩んだことはありませんか?忘れ物をすると引き返すことが難しいのが海水浴です。子連れやカップルで出かけるときに持って行くべき持ち物やあると便利な持ち物など49選をご紹介します。テントなどで快適に過ごす方法や貴重品の保管方法もあります。

海水浴の持ち物1:必須アイテム「水着」

海水浴に出かけるのに、一番忘れてはいけない持ち物が「水着」です。海に入りたい場合は、忘れずに持っていきましょう。カップルの場合は海に入らなくても必須のアイテムです。買ったばかりの水着で楽しいデートを楽しみましょう。家を出るときに着ておくと海に着いてから楽ができます。

海水浴の持ち物2:必須アイテム「日焼け止め」

海水浴では、「日焼け止め」も必須のアイテムです。海水浴では太陽からだけでなく、砂浜や水面から反射した紫外線を浴びることになります。街中に出かけるときよりも日焼け止め対策を念入りにしておきましょう。子連れの場合は子供用の日焼け止めがありますので、準備しておきましょう。

海水浴の持ち物3:必須アイテム「着替え」

30953949 183390989142218 6243616863255789568 n
hiragi0105

家を出るときに水着を着たまま出かけた場合に忘れがちなのが、「着替え」用の下着です。うっかりして忘れると、帰るときに着るものが無い!ということになりかねません。海で着替える場合でも、着て行った服は汗をかいています。子連れの場合は特に忘れずに持っていきましょう。

海水浴の持ち物4:必須アイテム「バスタオル」

荷物になるかも知れませんが、「バスタオル」は重宝に使えますので、2枚持って行くのがおすすめです。砂浜用とシャワーの後用です。レジャーシートの上に敷くと熱さが抑えられます。肩にかければ日焼け防止にも使えます。子連れの場合は、タオルケット代わりにかけてあげることもできます。

海水浴の持ち物5:必須アイテム「ポケットティッシュ」

30601610 1512688392174084 6678658425699696640 n
natyuvi

「ポケットティッシュ」は出かけるときの必需品です。使い道はいろいろです。ウェットタイプのポケットティッシュも忘れずに持っていきましょう。砂の付いた手をきれいにする場合や食べ物を食べる前後にも活躍します。海水浴デートの女性なら、女子力アップは間違いなしです。

海水浴の持ち物6:必須アイテム「ビーチサンダル」

熱くなった砂浜を歩くには「ビーチサンダル」は必須アイテムです。素足では火傷するかもしれません。また、砂浜には貝殻や小石などがまぎれています。怪我の防止にも役立ちます。海に入るときは、ビーチサンダルは脱げてしまいますので、脱いでおきましょう。できるだけ波打ち際から遠いほうが良いです。

海水浴の持ち物7:必須アイテム「帽子」

「帽子」も必須アイテムのひとつです。熱中症予防のためにも帽子を持って行くことをおすすめします。できればツバの広い帽子が良いでしょう。日焼け防止はもちろんですが、紫外線から目を守る効果も期待できます。首筋を守るためにはフラップ付きの帽子がおすすめです。

海水浴の持ち物8:必須アイテム「サングラス」

目を紫外線から守るためにも、海水浴では「サングラス」を用意しましょう。目を守るだけでなく、キラキラした海面やまぶしさを和らげて視界がよくなります。海や砂浜で遊ぶ子供を見守るには、サングラスがあったほうが良く見えます。子連れには必須のアイテムです。UVカット効果のあるものを選びましょう。

海水浴の持ち物9:必須アイテム「レジャーシート」

26187700 163053294420738 967594503303069696 n
amimonojapan

海の家を利用しない場合には、「レジャーシート」が必要です。砂浜で休んだり、荷物を置いたりするのに使用します。レジャーシートだけでは砂浜の熱が伝わって熱いようなら、バスタオルを敷くと熱が伝わりが抑えられます。一緒に行く人数によって大きさを選びましょう、大きめのシートがおすすめです。

海水浴の持ち物10:必須アイテム「ワンタッチテント」

31168292 230644151004329 6029734978042986496 n
homie._.home

砂浜で休むときに使用する「ワンタッチテント」も持っていきましょう。日陰を作るためにはパラソルよりもテントが便利です。荷物や食べ物を直射日光から守るためにもテントが必要です。コンパクトに持ち運びができて、ワンタッチで設置できるテントがおすすめです。子連れの海水浴にテントは必須のアイテムです。

海水浴の持ち物11:必須アイテム「スマホ充電器」

23098805 139593226794739 841136862083940352 n
koushi_hamu

今ではスマホはどこに行くにも携帯するアイテムです。海水浴では意外とスマホを使う機会は多くあります。子供の遊び道具になったり、音楽や動画を楽しんだり、もちろん通話などで連絡を取るためにも必要です。スマホの充電がなくなっても安心できるように車用の「スマホ充電器」や予備バッテリーは必須です。

海水浴の持ち物12:必須アイテム「救急セット」

14712212 1323468424344620 7388693073225580544 n
bousaishop

海や浜辺では、いつも怪我の危険が付きまといます。砂浜では貝殻で足を怪我することがあります。海にはクラゲなど危険生物もいるかも知れません。もしもの時に備えて絆創膏や消毒液は必須のアイテムです。じっとしていない子供が一緒の時には「救急セット」を忘れないようにしましょう。

海水浴の持ち物13:必須アイテム「ビニール袋」

海水浴では濡れた水着や食べ物の残りを入れるのに、「ビニール袋」も必須のアイテムです。水が残っていることがありますのでジッパー付きのビニール袋がおすすめです。ゴミを入れるためにはレジ袋でも良いでしょう。入れるものに合わせていろいろな大きさのビニール袋があると便利です。緊急の時には貴重品入れにもなります。

海水浴の持ち物14:必須アイテム「小銭」

28154443 167601784047210 6990795384389894144 n
tomomaru.m

海水浴には「小銭」は必要になります。100円硬貨や500円硬貨を用意しておきましょう。貴重品を預けるロッカーや海の家のシャワーなど小銭が必要になります。お札は濡れることがありますので、小銭が便利です。3000円から5000円くらいを両替しておくと良いでしょう。特に子連れの場合に小銭は貴重品です。

海水浴の持ち物15:便利アイテム「パーカー」

海水浴では「パーカー」が一枚あると便利です。昼間の浜辺は熱いですが、日が沈むと肌寒くなることがあります。そんな時にパーカーがあると重宝します。また、寒さしのぎだけでなく、昼間の日差しを避けるテント代わりにもなります。カップルなら、おそろいでもおしゃれです。

海水浴の持ち物16:便利アイテム「ラッシュガード」

30954508 361162724381361 8755312097279082496 n
brunottijapan_official

UVカットの機能が付いたパーカーが「ラッシュガード」です。紫外線防止にもりますので、テント代わりに日陰を造ることもできます。また、そのまま海に入ることもでき体温の保温効果もありますので、長く海に入っている子供にはラッシュガードがおすすめです。子供用でもいろいろなタイプやデザインがあります。

海水浴の持ち物17:便利アイテム「ジップロック」

31078739 2045489145714039 5840470204693348352 n
2plus2cat

衣類やゴミを入れるためのビニール袋とは別に「ジップロック」を持って行くと便利です。密閉できて防水性もありますので、水に濡らしたくない貴重品を入れたり食べ残した食べ物を入れたりと重宝に使えます。持って行くにも、荷物にならないので少し多めに持っておくことをおすすめします。

海水浴の持ち物18:便利アイテム「マリンカプセル」

11257730 858159204304828 1120080506 n
ruikodou

小銭や貴重品を入れる小さな「マリンカプセル」が便利なアイテムです。丈夫にできているので壊れる心配はありません。また、防水になっていますので、貴重品を身に着けたまま海に入ることもできます。カラーやデザインの種類も多いので、貴重品を入れてマリンカプセルを首にかけておいてもおしゃれです。

海水浴の持ち物19:便利アイテム「マリンシューズ」

30855705 161426637867263 7066529354469081088 n
komugi_chan_1977

デートするカップルならマリンシューズもおすすめです。ビーチサンダルは脱げ易いので活発に動く場合や岩場で遊ぶ場合にはシューズタイプにしましょう。脱げにくいのと砂が入らないので、子連れの場合でも活発な子供にはマリンシューズ準備した方が良いかもしれません。

海水浴の持ち物20:便利アイテム「スマホ防水ケース」

11356598 108144296196070 13952970 n
chero0817

海水浴でもスマホは必須アイテムです。そんな時に「スマホ防水ケース」があれば便利です。濡れた手でも写真を取ることもできます。100均のお店でも販売してますので、一個あれば便利なので購入しておきましょう。スマホ用に使わなくても、貴重品いれとしても重宝に使えます。100均のものは水中では使わないほうが無難です。

海水浴の持ち物21:便利アイテム「スマホイヤホン」

18161329 1887720111470015 2728409297980489728 n
garni335

カップルで海水浴デートにいく場合は、「スマホイヤホン」を持って行くと便利です。周りの雰囲気に影響されずに二人だけの時間と空間を楽しむことができます。家族や友人などグループで出かけるときには、Bluetoothスピーカーも良いかもしれません。気分が盛り上がって楽しい海水浴になります。

海水浴の持ち物22:便利アイテム「防水カメラ」

スマホでも写真撮影ができますが、スマホ防水ケースでは心配という人には「防水カメラ」が便利です。濡れても安心ですし、水中でも写真撮影ができますので、いつもの海水浴と違った思い出作りができます。インスタントカメラでも防水仕様のものがあります。デートなら二人の素敵な水中写真が残せます。

海水浴の持ち物23:便利アイテム「冷却シート」

20583117 1304773666294986 8637584041513582592 n
dekopon_geopower

海水浴で注意するのが熱中症対策です。もしもの時の応急措置に「冷却シート」が便利です。氷があればいいのですが、なかなか準備できないことがあります。そんなときには冷却シートが活躍します。熱中症対策だけでなく、ほてった身体を冷やすのにも重宝します。大きなものではないので、救急セットの中に入れておきましょう。

海水浴の持ち物24:便利アイテム「クーラーボックス」

31098124 122356255231698 9176972886680797184 n
kulaacb

少し荷物になりますが、車でサクセスする場合には「クーラーボックス」が便利です。飲み物や食べ物を冷やしておくことができます。浜辺の直射日光の下でも長く冷たい状態を保つことができます。食べ物も傷みにくくなります。電車でアクセスする場合には、折り畳みができる「ミニクーラーボックス」が楽です。

海水浴の持ち物25:便利アイテム「圧縮袋」

旅行などで重宝に使っている「圧縮袋」も便利なアイテムです。ふかふかのバスタオルや着替えなどの衣類はかさばります。そんな時に圧縮袋があれば、衣類などはペシャンコになって持ち運びやすくなります。子供たちにはバスタオルや着替えはたくさんあったほうが良いようです。子連れの場合におすすめのアイテムです。

海水浴の持ち物26:便利アイテム「サマーベッド」

17881224 248658238933568 6310030127237431296 n
teeda

カップルや子連れで出かける場合は、「サマーベッド」もおすすめです。少しかざばるので持って行くには大変ですが、車で行く場合はぜひ持っていきましょう。サマーベッドがあれば楽しい海水浴になります。子供たちには遊び道具として使えます。レジャーシートに座っているよりも楽しい休憩時間になります。

海水浴の持ち物27:便利アイテム「パラソル」

浜辺で日陰を作るにはテントが便利ですが、テントがない場合はパラソルを用意しましょう。強い日差しの浜辺では、日陰を作ることが大事です。日焼け対策や熱中症予防のためにもあると便利なアイテムです。自宅でも重宝に仕えますので、一本購入しておくのがおすすめです。

海水浴の持ち物28:便利アイテム「ウチワ・扇子」

意外と便利に使えるのが「ウチワや扇子」です。暑い時や風がない時に簡単に暑さしのぎが出きるアイテムです。扇子はコンパクトになりますが、ウチワは薄くて大きいので持ち運びに不便です。海水浴に出かけるときには衣類の間に入れておけば、大きさは気にせずに運べます。圧縮袋に入れても壊れることはありません。

海水浴の持ち物29:便利アイテム「ウォータータンク」

18160650 1270016366430973 4054479810670362624 n
kidman_pino

海水浴場では水が貴重品になります。休憩場所に選んだ砂浜から水場までが遠いことがあります。そんなときには「ウォータータンク」が便利です。コンパクトに折り畳みが出きるタイプが、行き帰りには運びやすくなりますのでおすすめです。食べ物を洗ったり、食べ物に触れる前の手洗いに重宝です。

海水浴の持ち物30:便利アイテム「ポータブルシャワー」

18645862 269451510194026 1032844419558014976 n
zzz_ryo_zzz

ウォータータンクを持って行く場合は、「ポータブルシャワー」があると便利です。ウォータータンクに取り付けると簡単にシャワーに早代わりします。海の家が遠い場合や込み合っているときでも、自分だけのシャワーが使えます。テントの中でも使えますので、子連れの場合は重宝品になります。

海水浴の持ち物31:便利アイテム「空気入れ」

浮輪やビーチボールを持っていっても、「空気入れ」を忘れて苦労したことはありませんか。浮輪やビーチボールを持って行くときには、荷物になる物ではありませんので空気入れをぜひ一つ持っていきましょう。車でいく場合は、膨らませて持っていってもいいのですが、車の運転には邪魔になりますので海に着いてから膨らませましょう。

海水浴の持ち物32:便利アイテム「防水ウェストポーチ」

31295905 252866231953397 7807008018679201792 n
kossi0523

海水浴では貴重品の保管が気になります。そんな時には「防水ウェストポーチ」が便利です。子供と一緒に水辺で遊ぶときでも、海に入って泳ぐときでも重宝に使えます。水深20mくらいまで防水機能が働きますので安心して遊ぶことができます。小銭やスマホ、救急セットなど貴重品は身に付けておきましょう。

海水浴の持ち物33:便利アイテム「セーフティーボックス」

30856008 963018637190642 2280924124358377472 n
sakana_flex

貴重品を保管するのに「セーフティーボックス」もおすすめです。隠し金庫と言えば大げさですが、レジャーシートの上に堂々とおいていても、貴重品が入っているとは思えない優れものです。ペットボトル型の物やジュース缶型のものなどがあります。貴重品は身に付けておくのがおすすめですが、カップルの話題づくりとして楽しめます。

海水浴の持ち物34:遊びアイテム「浮輪」

子連れの海水浴なら必須のアイテムが「浮輪」です。子供用の浮輪はサイズや形がいろいろあって選ぶのも楽しみです。小さな子供には腕に付けるアーム浮輪もおすすめです。子供の安全のためには年齢に合わせて準備しておきましょう。浮輪があるといっても長時間海に浮いていると、日焼けの心配もありますので注意しましょう。

海水浴の持ち物35:遊びアイテム「花火」

20687261 500520596968720 7645477008801005568 n
azuki.1128

夜遅くまで遊ぶ場合や宿泊する場合は「花火」を持って行きたいものです。開放感のある浜辺であげる花火は、真っ暗な夜空にあざやかな色彩を浮かべます。最近では花火禁止の海岸もありますので、事前に確認しておきましょう。また、花火は直射日光が当たらないようにテントの中に置いておきましょう。

海水浴の持ち物36:遊びアイテム「ボディーボード」

31556731 1710167612406935 4472639226768261120 n
aya0000r

サーフィン気分を味わえる遊び道具が「ボディボード」です。大きなものなので持って行くには大変ですが、大変楽しい遊びです。サーフィンよりも簡単で、浅いところで遊べる道具なので、子供にも安心して遊ばせられます。海の家でも貸し出しをしているところがありますが人気なので、できれば持って行きたいものです。

海水浴の持ち物37:遊びアイテム「バーベキューセット」

30829885 1877082832341975 116491294162812928 n
terr.sugi

遊びのアイテムではありませんが、「バーベキューセット」のおすすめです。バーベキュー0Kの海水浴場なら食べ物と一緒に持っていきましょう。本格的なものでなくても、着火剤や炭などがセットになった使い捨てのバーベキューセットが便利です。食べ物を忘れないようにしましょう。

海水浴の持ち物38:女子力アイテム「ヘアゴム」

31229456 190964711532545 1323683636154728448 n
k.precious1025

カップルで出かける場合の女子力アップのアイテムが「ヘアゴム」です。髪の長い女性は特に必須のアイテムです。海岸では潮風のために髪がべたつきます。ヘアゴムで長い髪をひとまとめにしておくとすっきりとした小顔に変身できます。海に着いてから彼の前でまとめるとキュンとさせられるかも知れません。

海水浴の持ち物39:女子力アイテム「シャンプー」

海に入って泳いだり潮風を受けて髪や体がべたついた状態になり易いです。そんな時のために、旅行用の小さな「シャンプー」やボディソープを持っていきましょう。シャワーをあびてきれいになった髪は女子力をアップさせます。カップルならシャンプーの後のさわやかな香りで彼氏もノックアウトです。

海水浴の持ち物40:女子力アイテム「化粧水・乳液」

海からあがった後のシャンプーも大事ですが、「化粧水」や乳液で、日焼けした肌をケアするのも大切なことです。日焼けした肌は乾燥していています。化粧水や乳液をつけて、早めのケアが肌の潤いを保つのには必要なことです。海水浴の肌荒れをなくして女子力アップしましょう。カップルデートの必需品です。

海水浴の持ち物41:デートアイテム「エアーソファー」

29418189 186116288678298 6540927229767974912 n
tiking13

カップルで海水浴デートをするなら楽しく過ごすアイテムを持っていきましょう。おすすめは「エアーソファー」やエアーベッドです。空気を入れるだけでソファーやベッドが完成します。浜辺でのんびりとリラックスできます。空気を抜くとコンパクトになり、持ち運びも楽にできます。

海水浴の持ち物42:デートアイテム「マーメイドスイムテール」

13402516 104195483339781 1252473723 n
misuzumermaid

カップルで海水浴なら、今話題の「マーメイドスイムテール」もおすすめです。マーメイドが体験できる足ひれが付いた水着のことです。インスタ映えのアイテムとして人気ですが、マーメイドのように泳ぐことができるアイテムなのです。マーメイドになって、水中で華麗に泳ぐ姿に彼氏はメロメロです。

海水浴の持ち物43:子連れアイテム「ラップタオル」

31279517 364008877339276 4405603355737456640 n
kyonkyonsensei

子連れで海水浴で活躍するのが「ラップタオル」です。使い方はいろいろで、何通りにも使えて便利なアイテムです。更衣室が込んでいるときには、ラップタオルで着替えができますし、そのなな身体も拭けます。保温のためや風除け、日除けなどテント代わりにもラップタオルは大活躍します。

海水浴の持ち物44:子連れアイテム「砂遊びグッズ」

14072917 1102943926469216 407366200 n
kyokosakilea

海水浴で子供たちが大好きな遊びが砂遊びです。そこで、「砂遊びセット」を持って行ってあげましょう。小さなバケツにスコップなどを入れておくとコンパクトにまとまります。海に入りたがらない子供がいるときは、砂浜で砂遊びをさせてあげましょう。親子でお城を造るのも楽しいです。

海水浴の持ち物4:子連れアイテム「ビーチボール」

砂浜で手軽に遊べるのが「ビーチボール」です。一人でも二人でも大勢でも楽しめるのがビーチボールです。遊び方もいろいろあります。ビーチボールは人数によって思いどおりに遊べます。風に運ばれやすいので、周囲に気を配り迷惑をかけないように遊びましょう。

海水浴の持ち物46:子連れアイテム「ゴーグル」

海で泳いだり潜ったりする子供には「ゴーグル」を持っていきましょう。浅いところでは海の中でも結構砂やゴミなどが舞っています。そんな細かい浮遊物から目を守るためにもゴーグルは欠かせません。きれいな海に行くときにはシュノーケルセットがあれば楽しさも倍増します。

海水浴の持ち物47:子連れアイテム「水中覗きメガネ」

29716262 1668415319911182 7900695274178215936 n
lefty_hawk

ゴーグルを付けていても潜れない子供や水に顔をつけることができない子供には「水中覗きメガネ」がおすすめです。きれいな海に行ったら子供に水の中の世界を見せてあげましょう。珍しい魚や見たこともない生物を見ることができます。水の中に貴重品を無くしたときに探すのにも便利に使えます。

海水浴の持ち物48:子連れアイテム「食べ物」

31098071 2059549767649477 7273538402950053888 n
3ioua

子連れの海水浴では、食べ物が貴重品になります。食べ物のお店が遠い場合がありますので、出かける前に準備しておきましょう。直射日光を浴びると食べ物が痛みやすくなりますので、テントなどで日陰を作り保管しましょう。乾燥したスナック菓子やグミなどの食べ物がおすすめです。

海水浴の持ち物49:もしも力アイテム「健康保険証」

17437590 1305610026194435 4749649314391785472 n
ku__mi9393

旅行に出かける時の必須アイテムですが、海水浴では忘れがちになるのが「健康保険証」です。もしものために忘れずに持っていきましょう。特に子連れの海水浴では必須の持ち物です。熱中症や貝殻などでの怪我、クラゲなど危険生物による事故など、海では様々なトラブルの危険があります。

海水浴の持ち物はこれで万全!後は楽しむだけ!

海水浴に出かけるときに忘れてなならない必須の持ち物やあれば便利な持ち物をまとめてご紹介しました。子連れやカップルで出かけるときの参考にしてください。出かける前にチェックしておくと、海についてからは楽しむだけです。家族やカップルの楽しい思い出にしましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
つきさん

東京都の人気ランキング

東京都の新着のまとめ