フグレントウキョウで世界最高品質のコーヒーを味わおう!メニューやアクセスも

2018年5月23日 (2018年5月23日最終更新)

世界最高峰のコーヒーを味わうことができるというフグレントウキョウ。ノルウェーのオスロにある「フグレン」が海外初出店したのが「フグレントウキョウ」であり、世界でも最高品質のコーヒーをいただくことができます。そんなフグレントウキョウについて紹介します。

目次

  1. 世界最高品質のコーヒーがいただけるフグレントウキョウ
  2. フグレントウキョウのアクセス方法
  3. フグレントウキョウの店舗基本情報
  4. フグレントウキョウとは?
  5. ノルウェーのフグレンってどういうお店?
  6. フグレントウキョウの店内の雰囲気
  7. フグレントウキョウのこだわりのコーヒー
  8. フグレントウキョウのおすすめメニュー1:本日のコーヒー
  9. フグレントウキョウのおすすめメニュー2:エアロプレス・コーヒー
  10. フグレントウキョウのおすすめメニュー3:カリタウェーブ
  11. フグレントウキョウのおすすめメニュー4:カフェラテ
  12. フグレントウキョウのおすすめメニュー5:そばハチミツレモネード
  13. フグレントウキョウは持ち込みも可能
  14. フグレントウキョウのおすすめフードメニュー1:クロックムッシュ
  15. フグレントウキョウのおすすめフードメニュー2:クロワッサン
  16. フグレントウキョウのおすすめフードメニュー3:ビスコッティ
  17. フグレトウキョウはカクテルメニューも豊富
  18. ノルウェーの雰囲気あふれるフグレントウキョウでコーヒーを

世界最高品質のコーヒーがいただけるフグレントウキョウ

東京にはコーヒーの美味しいお店が多く立ち並びます。スターバックスやタリーズのようなチェーン店をはじめとし、個人で経営しているこだわりのコーヒー専門店やカフェなど様々な形態がありますが、その中でも人気が高いのが「フグレントウキョウ」です。世界最高品質のコーヒーがいただけるというフグレントウキョウについて紹介します。

Original東京のコーヒーが美味しいお店ランキング!おしゃれな人気店を厳選紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京には、本格的な美味しいコーヒーメニューを楽しめる専門店が沢山あり、こうしたお店の多くはお...

フグレントウキョウのアクセス方法

まずは、フグレントウキョウのアクセス方法について紹介します。フグレントウキョウは渋谷区の井之頭通りの近くにあり、東京メトロ千代田線代々木公園駅から徒歩5分ほどでアクセスできます。富ヶ谷南口から代々木公園交番前を過ぎると目に入ってくるのがフグレントウキョウです。その他にも、小田急線代々木八幡駅から徒歩7分など様々なところからのアクセスが便利です。

車でアクセスされる場合には、駐車場はありませんので近隣の有料駐車場をご利用ください。場所柄、渋谷や原宿などへのアクセスも便利なところに位置しています。

フグレントウキョウの店舗基本情報

続いて店舗基本情報です。営業時間は曜日によって変わります。基本的に8時から(土日は10時から)、翌1時まで(月・火は22時まで、金・土は翌2時まで)となっています。夕方まではカフェ営業、夕方以降はバー営業となっていますので時間帯によって雰囲気が変わるのも楽しいです。定休日はありません。

予約は不可となっており、店内は禁煙ですがテラス席では喫煙が可能です。個室はありません。コーヒーなどはテイクアウト可能、食べ物も持ち込みも可能です。

フグレントウキョウとは?

それでは「フグレントウキョウ」について紹介します。コーヒー好きの方の中で非常に有名で人気の高いフグレントウキョウ。もともとフグレントウキョウはノルウェーのオスロにある「フグレン」の2号店なんです。ノルウェーは世界最高品質のコーヒーがいただけるいわゆるコーヒー大国。その中でも非常に評価が高いのが「フグレン」です。

「フグレン」はニューヨークタイムズのコラムニストであるオリバーストランドによって「飛行機に乗ってまで試しに行く価値があり、世界でも最高」といわれたほど評価が高いんです。そのフグレンのコーヒーを日本でも飲むことができるということで多くのコーヒー好きの方から注目されているのがフグレントウキョウです。

気になっていてもなかなかノルウェーまではアクセスするのが難しいので、日本で飲むことができるのは非常に嬉しいと、多くのコーヒー愛好家から人気のお店となっています。

ノルウェーのフグレンってどういうお店?

そもそも、ノルウェーのフグレンがどういったお店なのか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。フグレンは、ノルウェーのオスロに1963年に創業し、昼間はコーヒーバー、夜はカクテルバー、そしてヴィンテージデザインの家具と3つの要素が融合しているお店なんです。

フグレンは2007年にバリスタチャンピオンとなったEinar Kleppe Holthe氏、ノルディックカクテルチャンピオンのHalvor Skiftun Digernes氏、ヴィンテージ家具、インテリア雑貨のコレクターでありマネージャーを務めるPeppe Trulsen氏の3人によって経営されています。そのためコーヒー、カクテル、家具の3つをうまく融合させることが可能となってフグレンがオープンしたのです。

そんな3人が経営しているフグレンは世界的な雑誌である「MONOCLE」で「小規模資本によるベストコンセプト世界トップ5」にも選出されたことがあり、コーヒーの味のみならず、トータルのカフェとしても非常に評価が高い人気のお店です。

フグレントウキョウの店内の雰囲気

フグレントウキョウは1963年のフグレンを再現して作られており雰囲気抜群です。インテリアはノルウェーのものを使用してあり、なんと気に入ったら購入も可能です。1950年代、1960年代の北欧家具黄金期に作られたヴィンテージデザインであり、北欧好き、家具好きの方にはたまらない雰囲気です。

フグレントウキョウは昼間はコーヒーバー、夜はカクテルバー、そしてヴィンテージデザインの家具と3つの要素が融合しています。ヴィンテージデザインに囲まれた店内はまるでショールームにいるかのような雰囲気です。明るい日差しが差し込む店内は北欧にいる気分を味わうことができます。

また、店内は外国のお客さんも多く西欧の家具と合わさってまるで日本ではないような気分にもなれてしまいます。食べ物も持ち込みも可能ですので、好きなものを持ち込んで美味しいコーヒーと合わせて楽しんでいるというお客さんも多くなかなか他店では味わうことができない雰囲気で、何度もアクセスしてしまうという常連さんも多いです。

フグレントウキョウのこだわりのコーヒー

それでは、フグレントウキョウでいただけるこだわりのコーヒーについて紹介します。そもそもノルウェーコーヒーとは、日本で深く親しまれているコーヒーとは違いまるで果実の香りがただよう浅煎りのコーヒーなんです。初めて飲んだ方はそのフルーティーさに驚いてしまうということも多いです。

コーヒー豆を浅く煎ることによって果実の酸味や甘みをストレートに引き出すことができ、一度口にするとやみつきになってしまうという方も多いほどです。フグレトウキョウのコーヒーは、コーヒーの苦みが苦手という方でも飲むことができると人気が高いです。

また、気に入ったコーヒー豆は購入することも可能です。なかなかフグレントウキョウまではアクセスできない、でも毎朝美味しいコーヒーを飲みたいという方にはおすすめです。店員さんにうかがうと、美味しいコーヒーの入れ方も教えていただけることがあります。ぜひ家でも美味しいコーヒーを味わってみてはいかがでしょう。

フグレントウキョウのおすすめメニュー1:本日のコーヒー

それでは、フグレントウキョウのコーヒーメニューの中でおすすめを紹介します。まずは「本日のコーヒー」です。初めてフグレントウキョウにアクセスされる場合に頼まれるケースが多い人気の定番メニューです。ショートサイズ360円、ラージサイズ460円です。テイクアウトも可能ですので、仕事に行く前に購入していくという方も多いです。一杯目を店内で、二杯目はテイクアウトでという方法もおすすめです。

本日のコーヒーはお代わりも可能で、ショートサイズ160円とラージサイズ210円です。日替わりで提供されるコーヒーはさわやかな酸味とフルーティーな風味を味わうことができます。ノルウェーコーヒーがどのようなものか気になっているという方にもおすすめです。

フグレントウキョウのおすすめメニュー2:エアロプレス・コーヒー

続いておすすめメニュー2つ目は「エアロプレス・コーヒー」です。こちらは520円です。エアロプレスとは抽出方法のことであり、なかなか他店では見ることがない珍しい方法です。コーヒー豆は数種類ある中から自分で選ぶことができます。好みを伝えて選んでもらうことも可能です。

エアロプレスとは、円柱型の器具のことであり、空気圧を使って、豆のエキスを絞り出す仕組みとなっています。フレンチプレスとペーパードリップの中間のような抽出方法となっており、コーヒー豆の油分もしっかり抽出できるために本日のコーヒーと比較すると濁りのあるコーヒーとなっています。

エアロプレスで入れたコーヒーは、豆のフレッシュ感が感じられ、コーヒー特有の苦みが感じられません。フルーティーな味わいで、まるでフレーバーコーヒーを飲んでいるような気分を味わうことができます。こちらももちろんテイクアウトが可能です。

フグレントウキョウのおすすめメニュー3:カリタウェーブ

続いておすすめメニュー3つ目は「カリタウェーブ」です。値段は620円、こちらは10時から18時までの注文となります。カリタウェーブもエアロプレス同様抽出方法の名前であり、こちらもエアロプレス・コーヒーと同様にコーヒー豆を選ぶことができます。テイクアウトも可能です。

カリタウェーブは平らなボトムとウェーブしたペーパーフィルターを使い、一杯ずつハンドドリップして入れる方法となります。エアロプレス・コーヒーと飲み比べてみるのも楽しいかもしれません。

フグレントウキョウのおすすめメニュー4:カフェラテ

フグレントウキョウのおすすめメニュー4つ目は「カフェラテ」です。エスプレッソにミルクを合わせたカフェラテは老若男女問わず人気のメニューの一つです。テイクアウトではなく店内でいただくと、可愛らしいラテアートも書いていただけるので、ついつい写真を撮ってしまいたくなってしまいます。

カフェラテは口に入れるとベリーのような酸味がふわっと広がり、その後優しいミルクの味が口中に広がっていきます。コーヒーの酸味自体は口の中に残らず、キレがよいのでさっぱりといただくことができます。値段はシングルサイズで520円、ラージサイズで620円です。暑い日にはアイスラテ、620円も人気です。

フグレントウキョウのおすすめメニュー5:そばハチミツレモネード

フグレントウキョウのおすすめメニュー5つ目は「そばハチミツレモネード」です。自家製のレモネードはなかなか他ではみかけない「そばハチミツ」を使用しています。アイスでもホットでも注文可能で値段は670円です。寒い冬には体をしっかり温めてくれて、暑い夏にはさっぱりと美味しいレモネードは一年を通して人気のメニューです。テイクアウトして歩きながら飲む方もいらっしゃいます。

フグレントウキョウは持ち込みも可能

フグレントウキョウでは、なんとフード類の持ち込みが可能なんです。持ち込み可能なのも人気の秘密の一つです。もちろんフグレントウキョウにもパンなどの軽食は販売されているのでそちらを購入して食べるのもいいですし、持ち込みした食べ物を食べているという方も多いです。

朝食にコンビニのサラダを持ち込みして、フグレントウキョウのコーヒーと一緒にいただいているという方や、夜にカクテルなどアルコール類をいただきながら持ち込みしたおつまみなどを食べるという方まで様々いらっしゃいます。人によってそれぞれ楽しみ方が違うというのもフグレントウキョウの魅力の一つです。

持ち込みの方も多い一方、コーヒーのテイクアウトされるという方も多いです。テイクアウトしたコーヒーをもって近くにある代々木公園で過ごしたりと様々なところにアクセスが便利な場所にあるフグレントウキョウならではの楽しみ方ができます。

フグレントウキョウのおすすめフードメニュー1:クロックムッシュ

フグレントウキョウでは持ち込みが可能ですが、美味しいパンやケーキなどの軽食も揃っており見ているだけでも美味しそうなものが揃っています。そのフード類の中でもおすすめのメニューを紹介します。まずは「クロックムッシュ」です。朝食にもぴったりの一品です。

注文すると温めなおして提供されるので、アツアツの状態でいただくことができます。パンの間には野菜とチーズがはさまっており、外側のパンはカリッと、中のチーズはとろけて非常に美味しいです。もちろんコーヒーとの相性も抜群です。酸味の感じられるコーヒーとクロックムッシュの朝食はなんとも贅沢な時間を味わうことができます。

フグレントウキョウのおすすめフードメニュー2:クロワッサン

続いて、フグレントウキョウでのフードメニューでおすすめは「クロワッサン」です。コーヒーにぴったりのクロワッサンはサクサクの食感でバターの風味もしっかり感じられます。軽い口当たりなので、朝食にも、ちょっと小腹がすいたときにもぴったりの一品です。コーヒーと共にテイクアウトして食べるというのも素敵です。

フグレントウキョウのおすすめフードメニュー3:ビスコッティ

フグレントウキョウでのおすすめフードメニュー3つ目は「ビスコッティ」です。フグレントウキョウでは、クロワッサンなどのパン類の他にもコーヒーにぴったりのメニューが並んでいます。その中でもおすすめはビスコッティです。コーヒーにもぴったりのビスコッティは見かけたら必ず頼んでしまうという方もいるほどのメニューなんです。

ザクザクした食感が楽しいビスコッティは、そのまま食べてもコーヒーに浸して食べても美味しく様々な食べ方をすることができます。テイクアウトももちろん可能です。

フグレトウキョウはカクテルメニューも豊富

昼はコーヒーで人気のフグレン東京ですが、バータイムには多くの種類のカクテルがありそちらも非常に人気が高いです。ビートをジンに漬け込んだまるで赤ワインのような「BEET ME UP」や、いちごと泡盛をふんだんに使った「NIPPON DAIQUIRI」など他店では見かけないようなものもありどれにしようか迷ってしまうほどです。

自家製の干し柿を使ったカクテルや、金柑のジャムを使ったカクテルなど様々ありますので気になる方はぜひ一度注文してみてはいかがでしょう。もちろん食べ物の持ち込みも可能ですので、持ち込みのおつまみと一緒にゆっくりとカクテルをいただくというお客さんも多いです。

ノルウェーの雰囲気あふれるフグレントウキョウでコーヒーを

いかがでしたか。人気のフグレントウキョウについて紹介しました。本場ノルウェーの雰囲気を味わうことができるフグレントウキョウで世界最高のコーヒーをいただく至福の時間を過ごしてみませんか。購入したり持ち込みをした美味しい軽食とともにぜひコーヒーを味わってみてください。テイクアウトして公園でいただくのもおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
reiko

渋谷・恵比寿・下北沢・代官山の新着のまとめ