スミロン島でジンベイザメと泳ごう!島内のホテルや行き方などもまとめて紹介

2018年6月25日 (2018年7月17日最終更新)

フィリピンのスミロン島は手つかずの自然が残る海の楽園です。ジンベイザメとシュノーケルやダイビングを楽しんだり、白い砂浜でのんびりと過ごしたりと、リゾート気分を満喫できます。ここではスミロン島の魅力や、その行き方、島内のホテルなどについて詳しく紹介しましょう。

目次

  1. スミロン島はフィリピンの楽園
  2. スミロン島とは?
  3. スミロン島の魅力
  4. スミロン島のジンベイザメについて
  5. スミロン島への行き方1:ジンベイザメと泳ぐツアーに参加する
  6. スミロン島への行き方2:スミロンブルーウォーターホテルのデイユースを利用する
  7. スミロン島への行き方3:個人で行く
  8. スミロン島でシュノーケルを楽しむ
  9. スミロン島でダイビングを楽しむ
  10. スミロン島でトレッキングを楽しむ
  11. スミロン島のホテル・スミロンブルーウォーターホテルとは?
  12. スミロン島・スミロンブルーウォーターホテルのデイユースプラン
  13. スミロン島・スミロンブルーウォーターホテルの宿泊プラン
  14. スミロン島へ行くおすすめの時期
  15. スミロン島への持ち物
  16. スミロン島で注意したいこと
  17. スミロン島周辺の観光スポット1:カワサン滝
  18. スミロン島周辺の観光スポット2:ツマログの滝
  19. スミロン島周辺の観光スポット3:シマラ教会
  20. スミロン島周辺の観光スポット4:モアルボアル
  21. スミロン島へ観光に行こう!

スミロン島はフィリピンの楽園

フィリピンのセブ島南端に位置するスミロン島。手つかずの自然が残るフィリピンの楽園です。セブ島のオスロブからボートで15分と近く、日本でも人気上昇中のリゾート地です。中でも野生のジンベイザメと泳げるツアーに注目が集まっています。ここでは、そんなスミロン島の魅力について紹介しましょう。

18380069 1755879254703135 3040846088337620992 nフィリピンのリゾートアイランド7選!絶景ビーチはセブ島だけじゃない! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
フィリピンで有名なリゾート島と言えばやはりセブ島です。でもフィリピンには多くの島があり、セブ...

スミロン島とは?

スミロン島は、フィリピンのセブ島の最南端にあるオスロブという町からボートで約15分のところに浮かぶ離島です。フィリピンの海洋保護区に制定されていて、島の回りには美しいサンゴ礁が広がっています。島で唯一のホテル「スミロンブルーウォーターホテル」では宿泊の他、デイユースプランを利用してリゾート気分を味わうことができます。

35549362 2085914391622051 6579860305147330560 n
island_features

スミロン島は美しい白浜が広がり、撮影スポットとしても人気があります。メインビーチの反対側にある、刻々と形が変わるサンドバンク(砂洲)は必見。また島内には、丘や洞窟、自然の森などがあり、ロビンソンクルーソーになったような気分が味わえます。大人から子どもまで、海と自然を満喫したい人におすすめの島です。

スミロン島の魅力

スミロン島の魅力は、何と言っても海の美しさ。フィリピンの海の中でも透明度がよく、エメラルドグリーンに輝く海は多くの人を魅了しています。また、ダイビングやシュノーケルのスポットとしても有名です。島には白浜の美しいビーチが広がり、のんびりと過ごすのもおすすめ。シンプルでナチュラルな島を満喫できます。

フィリピンのセブ島は家族旅行にも人気がありますが、スミロン島はセブから子供連れで訪れるのもおすすめです。スミロン島のビーチは、フィリピンの中では珍しい遠浅のビーチで、波が穏やかなスポットでは安心して子供と一緒に遊ぶことができます。施設も充実していて、家族でリゾート気分が満喫できます。

スミロン島のジンベイザメについて

スミロン島の対岸にあるオスロブは、世界で唯一、ジンゼイザメの餌付けに成功したことで知られています。豊かな自然に囲まれた小さな漁村ですが、ジンベイザメの餌付けに成功したことで、多くの観光客が訪れるようになりました。餌付けに対してはさまざまな意見がありますが、ジンベイザメに確実に会えるスポットとして貴重な存在です。

オスロブから出発するジンベイザメツアーでは、一年中ほほ100%、野性のジンベイザメに出逢うことができます。魚類の中では最大級の大きさを誇るジンベイザメは、体は大きくても性格は臆病で、人を襲うことはほとんどありません。プランクトンを主食としていて、口を開けて泳ぐ様子は圧巻。触ったりしないよう、距離を置いて泳いでください。

ジンベイザメツアーではシュノーケルでジンベイザメと楽しみます。子供でも楽しむことができるので、家族揃って参加してみてください。またシュノーケルの他にも、ダイビングでジンベイザメと泳げるツアーもあり人気を呼んでいます。いずれも早朝の出発の日帰りツアーとなりますので、体調を整えて参加してください。

スミロン島への行き方1:ジンベイザメと泳ぐツアーに参加する

ここからはスミロン島への行き方を紹介しましょう。ジンベイザメとスミロン島の両方を楽しみたい方におすすめなのが、ジンベイザメと泳ぐツアーに参加する行き方です。セブから日帰りでスミロン島を訪れるプランで、オスロブでジンベイザメツアーに参加した後、スミロン島で遊ぶことができます。

マクタン島またはセブ島のリゾート地からオスロブまでは、車で3~4時間です。したがって、ツアーの多くは朝4時30分頃出発します。午前9時頃オスロブに着き、説明を受けてからジンベイザメとシュノーケルを楽しみます。移動時間も含めて、所要時間は1時間弱。間近にジンベイザメを見ることができ大興奮です。

ジンベイザメと泳いだ後、スミロン島へ移動し、ランチを取ったりビーチで海水浴を楽しんだりと、のんびりと過ごします。トレッキングコースがあるので、散策を楽しむのもおすすめです。13時頃、島を出発し、17時~18時頃、ホテルに戻ります。移動時間が少し長いのですが、車の中で眠っているうちにセブ市内へ着いてしまうでしょう。

スミロン島への行き方2:スミロンブルーウォーターホテルのデイユースを利用する

35155926 220114515272614 393917503987777536 n
meridaadventures

スミロンブルーウォーターホテルのデイユースを利用する方法は、比較的安心できる行き方です。事前にデイユースプランを申し込んでおけば、オスロブからスミラン島までボートの往復送迎も含まれます。セブからオスロブまでの行き方は自力となりますが、不安な方は旅行会社でツアーに申し込むといいでしょう。

35934511 187628055214760 8005199692575014912 n
mint929

スミロンブルーウォーターホテルのデイユースを利用する行き方はとても人気があります。特に12月~4月の旅行シーズンは訪れる人が多く、希望の時間帯が取れないことがあります。旅行プランが決まったら、できるだけ早く予約をするといいでしょう。ツアーによっては、オスロブの観光も含まれているものがあります。

スミロン島への行き方3:個人で行く

最後に紹介する行き方は、個人で行く方法です。現地の人と交渉をするなど、少しハードルが高い行き方ですが、チャレンジ精神がある方はぜひ挑戦してください。まずはセブ市内からオスロブを目指します。オスロブまでの行き方は、ローカルバスで4~5時間くらいです。バスは1時間おきに出ています。

オスロブに着いたら、スミロン島へ行くボートをチャーターします。個人での行き方の中で、いちばん難しいのがこのフィリピン人との交渉です。相場は2000ペソ~2500ペソと言われていますが、人や船によって異なるので粘り強く交渉しましょう。船に揺られて15分でスミロン島へ着くことができます。

35412977 2105595309687218 2047126127901671424 n
laaganko_com

スミロン島の半分はスミロンブルーウォーターホテルの敷地となっているので、この行き方でスミロン島へ行くと、島入り口近くのビーチと島内のトレッキングでしか遊ぶことができません。レストランもスミロンブルーウォーターホテル内にしかないので、この行き方はとにかくスミロン島へ安く行きたいという方におすすめです。

スミロン島でシュノーケルを楽しむ

フィリピンのスミロン島はジンベイザメと泳ぐツアーで有名ですが、他の楽しみ方も紹介しましょう。シュノーケルはダイビングのような資格が必要なく、年齢を問わず誰でも気軽に楽しむことができます。スミロン島はフィリピンの中でも透明度が非常によく、海に浮かんでいるだけでもたくさんの魚を見ることができます。

スミロンブルーウォーターホテルでは、シュノーケルセットやライフジャケットを貸出しています。また、オスロブでもレンタルできます。ビーチからもシュノーケルを楽しめますが、できたらシュノーケルツアーに参加して、島から少し離れたところでシュノーケルを楽しみましょう。サンゴ礁の中で泳ぐ鮮やかな魚を見ることができます。

スミロン島でダイビングを楽しむ

シュノーケルと同様、ダイビングもスミロン島の人気アクティビティです。スミロン島は、フィリピンの中でダイビングがとてもおもしろいと言われているエリアで、世界中から多くのダイバーが訪れます。セブ市内から日帰りツアーが開催されていて、ダイビングの後にスミロン島へ立ち寄るツアーも多くあります。

スミロン島のダイビングの醍醐味は、ジンベイザメと一緒にダイビングを楽しめることでしょう。ふだんはなかなか遭遇しないジンベイザメに確実に出逢えるダイビングは、ダイバーなら一度は楽しみたいアクティビティ。ジンベイザメ以外にも美しいサンゴが広がる海でダイビングが楽しめます。日本語ツアーもあり、安心してダイビングが楽しめます。

スミロン島でトレッキングを楽しむ

34722837 185692698761044 4019084624406773760 n
skimchix

スミロン島には本格的トレッキングコースが用意されています。初級、中級、上級とコースが分かれ、最も長いもので約50分。海沿いのコースを歩いたり、眺めのいい展望台から近くの島々を楽しんだりすることができます。スミロン島に残された要塞跡なども見ることができ、自然を楽しみたい方におすすめのコースです。

33735187 453432341773052 5759519094890037248 n
gulaiat

スミロンブルーウォーターホテルにマップが用意されているので、トレッキングをするときに利用してください。トレッキングコースは複雑ではないので、迷うことはありません。のんびりと島内を散策して、お気に入りの場所でくつろぐのもおすすめ。スミロン島は自然豊かな島で、南国ムードをたっぷりと味わうことができるでしょう。

スミロン島のホテル・スミロンブルーウォーターホテルとは?

34905729 904237019778223 3864424140568002560 n
leyd_the_great

スミロンブルーウォーターホテルは、マクタン島の人気リゾートホテル・マリバゴブルーウォーターの姉妹リゾートです。スミロン島の約半分を所有し、シュノーケルやクルーズなどさまざまなマリンスポーツやトレッキングなどが楽しめます。宿泊をしなくても、デイユースとして施設を利用することができます。

35413530 203092013674790 8453535110807945216 n
andimanzano

ブルーウォーターホテルは静かな場所に位置し、ホテルの前には美しい砂浜が広がります。レストランやラウンジもあり、南国のリゾート気分を満喫できます。1日で満足できない方は宿泊がおすすめ。客室数は29室と贅沢な造りになっていて、スミロン島の自然を満喫できるアクティビティもいろいろ揃っています。

住所:Sumilon Island, Oslob, Cebu 6025
電話番号:6332 318 9098

スミロン島・スミロンブルーウォーターホテルのデイユースプラン

34536145 420200621790006 2658750614976069632 n
jonasgultiano

スミロンブルーウォーターホテルでは宿泊以外に、日帰りでスミラン島を訪れる人のためのデイユースプランが用意されています。料金は大人1人平日2000ペソ、土日祝2500ペソ。オスロブからボートでの送迎、レストランでのランチ、シャワー・プール・プライベートビーチなどホテル施設の利用、アクティビティの参加料金が含まれています。

35290720 815196145343390 6627615501050707968 n
pui_wonderanatomie

アクティビティには、シュノーケルセットのレンタル、カヤック、ペダルボート、魚への餌やり、トレッキングなどが含まれます。有料でシュノーケルツアーやダイビングなどにも参加できます。また、タオルやビーチチェアなども利用することができ、水着があれば手ぶらで参加することができます。

スミロン島・スミロンブルーウォーターホテルの宿泊プラン

35481641 1821233714628240 4692488294728990720 n
laaganko_com

スミロン島は日帰りでも十分楽しめますが、宿泊するとより楽しむことができます。ベランダ付きのオーシャンビューの客室、独立したヴィラ、プライベートプールが付いた少し贅沢な1ベッドルームヴィラがあります。アドベンチャー気分を味わいたい方は、グランピングもおすすめ。夜には満天の空の下でキャンプファイアーも楽しめます。

36085946 186435835535098 1275920915468648448 n
theonlyarvy01

スミラン島のメインビーチの反対側に刻々と形が変わるサンドバンク(砂洲)があります。朝日やサンセットは絶景と言われ、宿泊客ならではの楽しみです。日中のにぎやかな雰囲気とは異なり、静かな時間を楽しむことができます。ツアーは午後早くに島を発つことが多いので、スミラン島を満喫したい方は宿泊がおすすめです。

35353446 641177632903310 7922220808452177920 n
laaganko_com

スミラン島に泊まらないと参加できないアクティビティは、その他にもいろいろ用意されています。バンカーボートと呼ばれるフィリピン独特の小舟のツアーが早朝に行われます。アメンボの足のようなものが付いたかわいいボートからは、イルカや運がよければクジラを見ることも。無人の砂洲でピクニックを楽しむこともできます。

スミロン島へ行くおすすめの時期

36086262 269202743652477 326424871774978048 n
iammarryme

セブ島の気候は熱帯モンスーン気候で、乾季と雨季のはっきりとした境はなく、年間を通して温暖な気候です。フィリピンでは一般的に乾季と雨季がありますが、セブ島では1年を通して海が楽しめます。年間平均気温は26~27度と東京より過ごしやすい気温です。ジンベイザメは1年中、見ることができます。

35174086 217688599046918 1861662916005068800 n
pui_wonderanatomie

1年を通じて楽しめるセブ島ですが、特に12月~4月は快晴の日が続き、ベストシーズンとなります。抜けるような青空と白く輝くビーチを楽しみたいなら、この時期がおすすめ。セブ島に台風が直撃することはほとんどないのですが、6月から10月の台風発生シーズンは天候が台風に左右されることもあります。

スミロン島への持ち物

スミロン島へ遊びに行く時に、持っていったほうがいいと思われるものを紹介しましょう。スミロンブルーウォーターホテルやダイビング・シュノーケルツアーではタオルが用意されていることが多いので、基本、手ぶらで楽しめそうですが、忘れてはならないものもいくつかあります。

日焼け止め対策

日焼け止め対策として、まず最初に日焼け止めクリームが考えられますが、ジンベイザメとのシュノーケルでは、環境保護のため日焼け止めの塗布が禁止されています。ルールを破ると罰金が課せられることもあります。ラッシュガードは忘れずに持参するようにしましょう。フィリピンのリゾート地で、おしゃれなデザインのものを購入することもできます。

酔い止めの薬

セブ島のリゾート地からオスロブまで車で3時間~4時間あります。フィリピンの運転は荒いことが多いので、心配な方は酔い止めを用意しておくといいでしょう。オスロブからスミロン島までは15分の船旅なので、それほど心配しなくても大丈夫でしょう。現地でも購入できますが、できるだけ日本のものを持参したほうが安心です。

水中カメラ

水中カメラは必須というわけではありませんが、ジンベイザメを見たときなど、あると楽しめるでしょう。スミロン島にはフォトジェニックなスポットが多く、どこを切り取っても美しい風景を撮ることができます。いろいろな写真を取ってSNSにアップするのも楽しみです。防水加工のものがあると、水に濡れても安心です。

その他

その他、スミロン島へ持って行くべきものは、水着、着替え、日焼け止め(ビーチでは使用可)、帽子やサングラス、必要であればゴーグルなど。現地でペットボトルも買えますが、飲料水があるといいでしょう。また、現地のトイレはトイレットペーパーが備え付けられていないことが多いので、ティッシュなども忘れずに持参しまほう。

スミロン島で注意したいこと

スミロン島へのツアーは早朝に出発します。朝4時半集合ということもあるので、子連れ家族の場合は前日に準備を整えるようにしましょう。セブ島のリゾートホテルでは、朝食としてパンなどを箱に詰めてくれるところもあるので尋ねてみるといいでしょう。前日にスーパーやコンビニで用意しておくのもおすすめです。

ジンベイザメツアーではルールを守ろう

ジンベイザメを触ることは言うまでもなく、4m以内に近づいてはいけないことになっているので注意してください。また驚かせるような行為やカメラのストロボ撮影は禁止されています。その他、ルールがいくつかあるので、説明をしっかりと聞いてルールを守るようにしましょう。

スミロン島周辺の観光スポット1:カワサン滝

スミロン島やオスロブのツアーと組み合わせて訪れることが多いカワサン滝。セブ島最大の滝壺を持つ雄大な滝で、フィリピンの大自然を満喫できるスポットとして人気があります。カワサン滝は3つの滝から成っていて、いちばん大きいものは40mの落差があります。滝から流れる川は抜群の透明度を誇り、神秘的な雰囲気をたたえています。

駐車場からカワサン滝まではジャングルの中を500mほど歩いて行きます。ここではちょっとした冒険家気分が味わえるます。カワサン滝ではイカダボートに乗って楽しんだり、滝壺へ飛び込んだりと、いろいろな楽しみ方ができます。本格的なキャニオニングを楽しむこともでき、ツアーも多く開催されています。

スミロン島周辺の観光スポット2:ツマログの滝

ツマログの滝は、オスロブからトライシクルやバイクタクシーで10分~20分ほどのところにある観光スポットです。以前は隠れた名所だったのですが、オスロブのジンベイザメツアーが人気を集めるにつれ、ツマログの滝に訪れる人が多くなりました。石の地層によって作り出された、美しい滝を眺めることができます。

ツマログの滝は水が冷たく、水にはいるとすっきりとした気分に。滝に打たれたり、滝壺の近くまで行ったりと楽しむことができます。神秘的な雰囲気がただよう滝で、フォトジェニックなスポットとしても人気があります。ジンベイザメツアーでオスロブを訪れたら際には行ってみるといいでしょう。

スミロン島周辺の観光スポット3:シマラ教会

セブ市内からオスロブに行く途中にシマラ教会という美しいカトリック教会があります。フィリピンでは「願いが叶う奇跡のパワースポット」と言われ、フィリピンのカトリック教徒が1度は訪れたいと思っている有名な教会です。昔は小さな教会だったのですが、今ではセブ島最大級の大きさ。お城のような外観も目を見張るものがあります。

過去にセブ島が災いに襲われたとき、聖母マリア像から涙が流れたと伝えられている教会です。そのため、内部には数々のマリア像が置かれていて、祈る人が絶えません。教会は自由に入ることができますが、祈りの場なので服装に注意してください。タンクトップや短パンなど露出の多い服装やビーチサンダルでは入ることができません。

スミロン島周辺の観光スポット4:モアルボアル

モアルボアルはセブ島から少し南に下った、島の西側にあるリゾート地です。マクタン島のような高級リゾート地ではなく、のんびりとした雰囲気がただようのどかな町です。海が美しいことで知られ、古くからダイバーの間で知られていました。のどかな雰囲気に魅せられた、欧米のリピーターもたくさんいます。

モアルボアルには美しいビーチが2つあります。その1つ、パナグサマビーチはリゾートホテルがあり、レストランやカフェが立ち並ぶ賑やかなエリア。一方、ホワイトビーチは地元の人が多く、のんびりと楽しむ人の姿が多く見られます。どちらの海もダイビングにおすすめで、ウミガメや色とりどりのサンゴ礁や魚たちが見られます。

スミロン島へ観光に行こう!

スミロン島はコバルトブルーの海が広がる絶景スポット。セブ島を訪れたら、ぜひスミロン島まで足を延ばしてみてください。ジンベイザメと一緒に泳げるツアーや、スミロン島のリゾートホテルでのんびり過ごせるツアー、ダイビングツアーなど、いろいろな現地ツアーがあるので目的に合わせて選び、スミラン島の旅行を楽しんでください。

関連記事