ビーバーブレッドは地元に愛される大人気ベーカリー!おすすめのパンは?

2018年6月26日 (2018年7月2日最終更新)

ビーバーブレッドは、東日本橋のオフィス街の一角にオープンした13坪の小さなパン屋さん。朝早くから夕方までたくさんの人が焼きたてパンを求めてやってきます。そんなビーバーブレッドの愛される秘密や、おすすめのパンをご紹介します。

目次

  1. 東日本橋のパン屋さんビーバーブレッド
  2. ビーバーブレッドってどんなお店?
  3. ビーバーブレッドの餡子たっぷり「THEあんぱん」
  4. ビーバーブレッドでしか食べられない「カカオニブメロン」
  5. ビーバーブレッドの巨大な「カンパーニュ」
  6. ビーバーブレッドのデニッシュ生地がたまらない「クロックムッシュ」
  7. ビーバーブレッドのランチにぴったり「ジャンボンブランのサンド」
  8. ビーバーブレッドのサクサク生地の「メロンパンとオテイザの生ハム」
  9. ビーバーブレッドの大人気コラボ商品「ニボパン」
  10. ビーバーブレッドのこだわりがたっぷり名店とのコラボパン
  11. ビーバーブレッドのバターが香る「クロワッサン」
  12. ビーバーブレッドの病みつきになる「博多明太フランス」
  13. ビーバーブレッドのミードを使った香り高い「シュトレン」
  14. ビーバーブレッドのコーンの味わいが濃い「コーンブレッド」
  15. ビーバーブレッドのグルメ食料品はワクワクするものがたくさん!
  16. ビーバーブレッドは魅力たっぷりの町のパン屋さん

東日本橋のパン屋さんビーバーブレッド

東日本橋駅から徒歩5分のところにある、小さな町のパン屋さん。2017年11月にオープンしてから、目立った看板や告知はないのにいつもお客さんでにぎわっています。ビーバーブレッドのパンは、日本人が馴染み深いパンを現代風にアレンジしたものです。40種類以上あるパンの中で、おすすめで人気のメニューをご紹介したいと思います。

Original東京のパン屋おすすめランキング TOP15!ハード系が人気のお店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
極上の美味しいパン屋がそろう東京で、ハード系が好きな人のために、ハード系が美味しいと人気のパ...

ビーバーブレッドってどんなお店?

ビーバーがフランスパンを抱えているロゴが、可愛く印象的なパン屋さんです。Bakery、Boulangerie、Bakeとパン屋さんには「B」を連想する言葉が多いですよね。そのことから「B」がつく動物、ビーバーを店名に選んだそうです。店内は厨房が見えるよう大きな窓が2つあり、ビーバーが巣に潜るようなイメージでわざと天井が低くなっています。

ビーバーブレッドを創設したのは、元ブーランジェリーレカンのシェフ割田さんです。東日本橋に出店した経緯は、東日本橋にはほぼパン屋さんがないということを知人に聞いたのがきっかけで、東日本橋に住む人・働く人が気軽に足を運べるような町のパン屋さんを作ろうと思ったそうです。そしてオープンから1年経たずに、人気のパン屋さんになりました。

住所:東京都中央区東日本橋3-4-3
電話番号:03-6661-7145

ビーバーブレッドの餡子たっぷり「THEあんぱん」

オーソドックスで人気メニューの「THE あんぱん」をご紹介します。ビーバーブレッドのパンは、伝統的な日本らしいパンを丁寧に作ることをモットーにしています。THEあんぱんは昔ながらのあんぱんをイメージしていて、持ったときにずっしりと重みを感じることができるように、中にはたっぷりと餡子を詰めています。

「THE あんぱん」の他にあんぱんの種類は、「くるみあんぱん」があります。生地にはくるみが練りこまれていて、中はほどよい甘さの粒あんがぎゅっとたっぷり詰め込まれています。生地のふわふわとした感じと、くるみのサクサク食感が合うと人気のあんぱんです。おやつにちょうどよく、おすすめメニューです。

ビーバーブレッドでしか食べられない「カカオニブメロン」

メロンパンもオーソドックスで人気のあるパンですよね。中でもビーバーブレッドでおすすめのメロンパンは、「カカオニブメロン」という種類です。カカオニブがチョコチップのように、表面に散りばめられているんです。カカオニブの独特のほろ苦さとメロンパンの甘さがくせになる、人気のメニューです。東日本橋でしか味わえないメロンパンです。

カカオニブとは、カカオ豆を砕いてフレーク状にしたものです。美容効果が高く栄養もあるので、欧米ではスーパーフードとして注目を集めています。カカオニブの味は種類により異なりますが、カカオニブその物の味はビターチョコのような苦みと香りがあり、食感はナッツに似ています。これをメロンパンと合わせることによって高級感を演出してくれます。

Original東京のメロンパンランキング!人気のおすすめ店をピックアップ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
老若男女に愛される人気パンであるメロンパン。ベーカリーに必ずと言ってもよいほど置かれている定...

ビーバーブレッドの巨大な「カンパーニュ」

パン・ド・カンパーニュはフランスパンの種類のひとつです。フランス語で「田舎パン」を意味していて、スープに合う食事パンです。素材の美味しさを楽しむことのできるパンで、噛めば噛むほど素朴な味わいが広がります。ビーバーブレッドのカンパーニュはホールサイズで約6kgもある、大きくて迫力のあるカンパーニュです。基本的に量り売りです。

量り売りの巨大なカンパーニュですが、あまりにも人気でオープン初日から完売しました。自分の好きな分だけ買うことができるので、食事パンでも購入しやすい種類です。他にもうひとつ量り売りのメニュー「サワートゥブレッド」があります。こちらも食事パンで、ほどよく酸味がきいたおすすめのパンです。

ビーバーブレッドのデニッシュ生地がたまらない「クロックムッシュ」

クロックムッシュとは、1910年にフランスのオペラ座近くのカフェで作られたトーストの種類です。ハムとチーズが挟まっていて、軽食のメニューとして人気があります。クロックムッシュの名前の由来は諸説ありますがフランス語で「カリカリとかじる紳士」という意味があり、食べるとカリカリとすることからその名前が付けられたと言われています。

ビーバーブレッドのクロックムッシュの生地は、食パンで作る種類ではなくデニッシュ生地を使用しています。その生地にハムやペシャメルソースが巻き込んであって、どこから食べても美味しく贅沢なメニューです。バターの香りがするさっくり生地と、クリーミーなソースの相性は抜群です。本場フランス顔負けの、東日本橋のクロックムッシュです。

ビーバーブレッドのランチにぴったり「ジャンボンブランのサンド」

ビーバーブレッドの人気メニューのひとつ、バケットサンドです。バケットをサンドイッチ用に小さめに焼いて、中にバターを塗りハムとグリーンカールを挟んだシンプルなバケットサンドです。見た目はカリカリに焼いてあり硬そうに見えますが、実際に食べてみると外側は薄くパリっとしていてとても食べやすいです。

ビーバーブレッドの主張しないバケットは、サンドイッチにぴったりです。食事のメニューにも合うので、ランチなどにもおすすめです。他にも数量限定で、神戸にあるシャルキュトリー「メツゲライクスダ」のハムとバターを挟んだバケットサンドがあります。ナチュラルポークのハムは、口に入れると柔らかくとろけてしまう大人気のメニューです。

ビーバーブレッドのサクサク生地の「メロンパンとオテイザの生ハム」

生ハムメロンがあるように、生ハムとメロンが合うのならメロンパンに生ハムを挟んでしまおう!というシェフの考えから作られたメニューです。今までどこでも見たことがない衝撃的な、一品だと思います。メロンパンのクッキー生地はサクッと甘く、生ハムのしょっぱさがマッチすると人気なんです。生ハムメロンが好きな方には是非おすすめしたい種類です。

こちらのパンに使われている生ハムは、ピエール・オテイザさんが作る絶品の生ハムです。絶滅の危機から希少価値の高いバスク豚を救った英雄として知られています。オテイザさんの生ハムは深みのある味わいが魅力的で人気なんです。そんな絶品生ハムとビーバーブレッドのメロンパンの世界初コラボサンド、東日本橋だけで食べることができます。

ビーバーブレッドの大人気コラボ商品「ニボパン」

ニボパンとは、日本橋にある煮干しパスタ専門店「sisi煮干啖」とビーバーブレッドのコラボパンです。金曜と土曜のランチ限定で、sisi煮干啖のパスタを挟んだパンを販売しています。数量限定でもあるので、店頭に並べた瞬間売り切れるほどの大人気の種類なんです。ニボパンを食べたい方は、事前に予約をすることをおすすめします。

もう一種類、ニボムッシュというパンもあります。こちらは、とろりと溶けた煮干しのバターがたっぷりと入っているクロックムッシュです。煮干しの和風な味と、デニッシュ生地のクロックムッシュは相性抜群で、一度食べたら病みつきになると評判なんです。東日本橋と日本橋のコラボパン、是非食べてもらいたい一品です。

ビーバーブレッドのこだわりがたっぷり名店とのコラボパン

ビーバーブレッドには、ニボパン以外にもコラボしている種類があります。名店の味を詰め込んだお総菜パンは、どれも人気で予約必須のパンなんです。不定期で販売されるカレーパンは、シェフが愛してやまない六本木のワインバー「サロン・デ・サリュー」のカレーがたっぷりと入っています。赤ワイン煮込みカレーで老若男女問わず人気です。

「MGドッグ」は一つ1,000円の高級なホットドッグです。ビーバーブレッドのコッペパンに銀座のフレンチ「マルティ・グラ」の手作りソーセージをはさんだものです。豚の肩ロースとバラをミンチにして腸に詰め、桜チップでスモークした無添加のソーセージです。肉汁とスパイスがパンに染み込んで、できたての熱々がたまらない一品です。

ビーバーブレッドのバターが香る「クロワッサン」

クロワッサンもパン屋さんでよく見かける、オーソドックスなパンですよね。クロワッサンは、バターをパン生地に練りこんで焼き上げるパンです。フランス発祥でクロワッサンの名前は、形の通り「三日月」を意味します。ビーバーブレッドでもクロワッサンは定番人気商品で、一日に3回焼き上げる日もあるんです。

ビーバーブレッドのクロワッサンは、ほんのり甘くてサクサクの食感が美味しいと人気です。きめ細やかな生地とバターのふんわりとした風味が、病みつきになります。おやつや朝食にそのまま食べてもいいですし、ハムやグリーンカールなど挟んでサンドイッチにしても美味しいです。クロワッサンのほんのりとした甘みと絶妙にマッチします。

ビーバーブレッドの病みつきになる「博多明太フランス」

ビーバーブレッドの「九州の明太フランス」もファンの多い一品です。博多明太子がたっぷりと挟まっていて、明太子のコクと塩気を心行くまで堪能することができます。明太子が挟まっているパンは、バケットではなくてそば粉を隠し味に加えたコッペパンなんです。コッペパンはむちっとふんわりと柔らかい食感で、あっという間に1本食べきってしまいます。

ビーバーブレッドの試作では、明太フランスにモッツァレラチーズとパクチーを挟んだメニューもあったそうです。新しいメニューがいつ商品化するかわからないので、要チェックですね。明太フランスと同じ種類のパンに、ミルクフランスといちごフランスがあります。コッペパンに甘いクリームが美味しい、子供と一緒に食べられるおやつパンです。

ビーバーブレッドのミードを使った香り高い「シュトレン」

シュトレンはドイツの菓子パンです。ドイツとオランダでは伝統的にクリスマスに食べる食品で、一日ごとに少しずつスライスして食べます。元々は司教へのクリスマスの贈り物だったそうです。ビーバーブレッドでも12月になると、2種類のシュトレンが販売されます。クラシックな味とシュトレンミードがあり、どちらも人気の商品です。

ミードとは、はちみつを原料とする醸造酒です。起源はワインよりも古く、人類最古のお酒とも言われています。ドライフルーツ・アーモンド・ピスタチオなどのナッツ類をミードに漬けたものを、生地に練りこんで焼いています。香り高い味わいのシュトレンで、グリューワインとの相性も抜群です。このシュトレンを食べながらクリスマスを迎えたいですね。

Originalシュトーレン人気ランキング11!定番ブランドや美味しいお店などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
最近では日本でも定着しつつある、ドイツでクリスマスに食べられるお菓子シュトーレン。そろそろチ...

ビーバーブレッドのコーンの味わいが濃い「コーンブレッド」

ビーバーブレッドのコーンブレッドは、パウンド型をしています。生地にとうもろこしがたっぷりと練りこまれていて味わいが濃く、コーンパン好きには是非食べてもらいたいおすすめのパンです。食感はしっとりとホロっとしていて、とうもろこしの甘さもちゃんと味わうことができます。1/2でも販売されているので少しずつ食べたい方にもおすすめです。

トースターで軽く焼くと、また別の美味しさが楽しめます。周りはカリっとして中の生地はふわっとした食感で、とうもろこしの甘さもさらに引き立ちます。神保町にあるフレンチ「ビストロ・フェーヴ」では、ビーバーブレッドのコーンブレッドに帆立と自家製ベーコンのグリルをのせたメニューを提供しています。是非食べてみたい、コラボの一品です。

ビーバーブレッドのグルメ食料品はワクワクするものがたくさん!

ビーバーブレッドでは、パン以外にも美味しい食料品を販売しています。神宮前の人気一軒家レストラン「イートリップ」のクルミ加工食品やグラノーラ、三軒茶屋のイタリアンレストラン「ナティーボ」のキャラメルポップコーンなど、シェフが選んだこだわりの食料品です。たまに入荷するイワシカレーも人気で、電話で取り置き・予約することができます。

こだわりのジュースや牛乳、アルコールも置いてあります。「瀬戸田産サマー清美ジュース」は愛媛県特産のサマー清美というオレンジ100%のストレートジュースです。化学肥料不使用で丁寧に作られたサマー清美は、果汁が多くとろけるような食感があります。そんなサマー清美をたっぷりと使った贅沢なジュースは、贈り物にもおすすめです。

毎週末は、中沢ビン牛乳が入荷されます。土日限定で販売されている牛乳ですが、リピートする方が多い人気商品です。賞味期限は3日間と短く、牧場で味わうようなフレッシュなうちに飲んでもらいたい牛乳です。もちろん、ビーバーブレッドのパンとも相性抜群です。週末に訪れた際は、是非中沢ビン牛乳も一緒にお試しください。

ビーバーブレッドは魅力たっぷりの町のパン屋さん

ビーバーブレッドの魅力をご紹介しました。ここでしか食べることのできない創作パンや、名店とのコラボパンなどたくさんの種類があります。パン好きな方はもちろん、そんなに普段パンを食べない方も是非食べてもらいたいです。東日本橋近くに来た際は、ビーバーブレッドに足を運んでみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
あゆみ

東京駅・日本橋・大手町の新着のまとめ