スキー用インナーウェア!おすすめの種類や選び方のポイントを紹介

2018年7月8日 (2018年7月17日最終更新)

スキー用のインナーウェアはスキーアイテムの中でもとても重要!沢山あるインナーの中からスキーに最適なインナーを選ぶ方法をご存知でしょうか?実は間違っていたかもしれないスキーインナーの選び方についてたっぷりとご紹介していきます。

目次

  1. 快適なスキーを良いインナーで!
  2. 初心者はヒートテックインナーを選びがち
  3. スキーのインナーは高価!
  4. スキーにおすすめのインナーウェア1「モンベル ジオラインシャツ」
  5. スキーにおすすめのインナーウェア2「モンベル ジオラインタイツ」
  6. スキーにおすすめのインナーウェア3「スキンズ コンプレッションウェア 」
  7. スキーにおすすめのインナーウェア4「スキンズ コンプレッションアンダー」
  8. スキーにおすすめのインナーウェア5「(CW-X)スタイルフリーボトム」
  9. スキーにおすすめのインナーウェア6「ミズノ ブレスサーモシャツ」
  10. スキーにおすすめのインナーウェア7「ミズノ ブレスサーモアンダー」
  11. スキーにおすすめのインナーウェア8「パタゴニア キャプリーンシャツ」
  12. スキーにおすすめのインナーウェア9「パタゴニア キャプリーンボトム」
  13. スキーにおすすめのインナーウェア10「スーパーメリノウール シャツ」
  14. スキーにおすすめのインナーウェア11「スーパーメリノウール ボトム」
  15. スキーにおすすめのインナーウェア12「その他のブランド」
  16. スキー用グローブの選び方
  17. スキーウェアの選び方
  18. スキー用帽子の選び方
  19. ソックスの選び方
  20. 今すぐ快適なインナーをゲット!

快適なスキーを良いインナーで!

ウィンタースポーツの代表といえばスキー。白銀の世界を颯爽と滑り降りる快感は一度経験したことのある人なら他のスポーツにない楽しみがあることをご存知でしょう。重力のままに上から降りてくるという動きですが、実は意外に全身を使い、汗をかくスポーツ。そこで重要になってくるのがインナーです。スキーのインナーと選び方についてご紹介します。

Xlarge関東のおすすめスキー場は?都心から近いゲレンデは日帰りでも楽しめる! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本全国各地には多くのスキー場がありますが、関東地方においても群馬、山梨を中心に様々なスキー...
Gelaende img01 26関西のスキー場おすすめガイド!ナイター営業で夜まで思いっきり楽しもう! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
皆さんは関西のスキー場をどれぐらい知っていますか?スキーというと山の方でないとと思いがちです...

初心者はヒートテックインナーを選びがち

24274332 380953755685626 5299275862649077760 n
03motercycle.life

寒いところのインナーとしてまず思い浮かぶのがヒートテック。スキー初心者の方はこのヒートテックのインナーをチョイスしてしまうことが多いようです。ところが、結論から言ってしまうとヒートテックのインナーはスキーのインナーとしては不向きなのです。その理由は一度汗をかいてしまうと乾くまでの時間がかかり、その間に体が冷えてしまうから。

23967619 885106624981111 8748516801886814208 n
saorin._.ones._.heart

ヒートテックのインナーは保温性という面での能力は高いのですが、速乾性に関してはそれほど優秀ではないのです。スキーを滑っている間に温まった体は大量の汗をかきます。ましてや気持ちよく滑れる青空の時などはなおさらです。その汗が、なかなか乾かないのがヒートテック。一度温まった体は自分のかいた汗ですっかり冷えきってしまうのです。

22802121 1708205805877275 2441712074829594624 n
kurochibi_

ヒートテックインナーでは何度もリフトやゴンドラに乗り長時間スキーを楽しむことは困難です。やはりスキーにはヒートテックではない、速乾力の高い素材のインナーを選ぶべきなのです。これは特に初心者が陥りやすいインナーの選び方の最大のミス。自分でスキーをやらない人が自分の子供にスキー用品を与える場合もよく起こる間違いのひとつです。

スキーのインナーは高価!

25014418 1641603135907333 7320562097203445760 n
tomosta72

ではスキーではどんなインナーの選び方が正しいのか。それは冬山登山などを考慮に入れた商品を開発しているブランドのもの。もしくはウィンタースポーツのための商品を開発しているスポーツメーカーのものということになります。これらのインナーはヒートテックのインナーと比べるとやや高価。しかし快適なスキーを楽しむ為には必要な投資でもあります。

24126733 146028772829117 9107883007670222848 n
yutaro0421

スキーにおすすめのインナーの特長は保温性が高いことはもちろんですが速乾性があり中には疲労感を軽減してくれる種類のものもあります。準備しなければならないのはトップスだけでなく、もちろんボトムスも必要。特に長時間スキーを楽しみたい人にはトップスよりもサポート機能のあるインナーボトムスのほうが重要になってきます。

12725168 743133485788230 1131714397 n
tatsuki_t2580

スキーのインナーの役割は体温調節だけでなく疲労を軽減したり、怪我を防止するという役割も担ってくれるので、やはりしっかりとしたものを身に着けたいものです。スキーのインナーの選び方次第でスキーを長時間快適に楽しめるかどうかが変わってきてしまうのです。では早速スキーに最適なおすすめの種類のインナーをご紹介していきましょう。

スキーにおすすめのインナーウェア1「モンベル ジオラインシャツ」

24127028 1953924688262796 4700369276249309184 n
0129butterfly

スキーインナーとしておすすめなのがモンベルのジオラインシリーズ。こちらは繊維に特殊な加工が施されていて、汗が外側に拡散していく仕組みになっています。速乾力が高いというのが最大の特長で、肌に触れる内側部分は常にさらっとした着心地を保てます。体が汗で冷えることもなく快適なスキーを楽しむことができ、おすすめ度も高い商品です。

26072931 385903591851479 9210682178021621760 n
steve_nobs

素材の厚さによってライトウェイト、ミドルウェイト、エクスペディションの3種類ありますが、スキーのインナーとしておすすめなのはミドルウェイトで、ナイターなど気温の低い状況や寒い地域でスキーを楽しむ時にはエクスペディションの着用がおすすめです。また寒がりの人もエクスペディションが良いかもしれません。

13687193 1691165624541708 777556688 n
nezineziko

メンズはもちろん、レディース用やキッズ用も販売されていて、レディースインナーは女性らしいカラー展開や女性の体にフィットしやすいようにデザインされているのが特長です。半袖と長袖、首回りもUネックやLW.ラウンドネック、Vネック、ハイネック、EXP.ラウンドネックなどがあり、好みの首回りを選ぶことができます。キッズにもぜひおすすめ。

スキーにおすすめのインナーウェア2「モンベル ジオラインタイツ」

24327844 141634856495959 4395134811040120832 n
masayoshi1221

モンベルのジオラインシリーズにはタイツもあります。スキーでは転んだり、リフトに乗ったりと下半身が冷たくなるシチュエーションは沢山あります。そんな時でもしっかり下半身を守ってくれる存在がタイツです。トップス同様生地の厚さで3種類ありますがボトムスの場合もミドルウェイトかもしくはエクスペディションがおすすめです。

26869666 1739616192751339 8600395538900189184 n
pichile_magic

ミドルウェイトは適度な保温力を持ち、素早く汗を給水拡散してくれます。ツアースキーなど行動と休憩をを繰り返すようなアクティビティにも向いています。エクスペディションは厚手ながら軽量でとてもストレッチ性に優れています。三層構造になっていて空気の層が温かさを逃がしません。トップス同様寒い地域でのスキーのインナーにはこれが最適です。

15337324 1643375355961804 5321322114463039488 n
dustman104

スキーインナーキッズ用は150センチのサイズまであり、メンズやレディースはロングタイプと膝下ぐらいまでのニーロングタイプの2種類があります。レディースはコーラルピンクやベールラベンダーなどのカラー展開もあります。メンズのカラーは基本的にはブラックです。ニーロングタイプのインナーをはいて、後はソックスなどでカバーすることもできます。

スキーにおすすめのインナーウェア3「スキンズ コンプレッションウェア 」

12107488 952656548133611 1000253014 n
filafitjapanofficial

スキンズのコンプレッションウェアは体にしっかりフィットする優れた密着感が特長です。筋肉の自然な動きを妨げずスムーズで安定したパフォーマンスを手助けしてくれます。怪我のリスク、体の負担をリカバリーする役割を果たしてくれる優れたインナーでその上マイクロファイバーを使用しているので吸汗速乾性があります。メンズもレディースもあります。

スキーにおすすめのインナーウェア4「スキンズ コンプレッションアンダー」

23417107 151419968803616 8958606712013586432 n
nayuchi.zap

日本で最も有名なスノーボードチームも利用しているというスキンズ。多くのプロスノーボーダーも好んで着用しているインナーです。冬用起毛コンプレッションウェアは格安で2000円代で購入することができます。スキー初心者の方のインナーにはおすすめ。カラーバリエーションも豊富なのでまとめて買っておいてデイリーで使うのもおすすめです。

スキーにおすすめのインナーウェア5「(CW-X)スタイルフリーボトム」

10706986 1477359142521025 1846026180 n
ginza2103

ワコールのブランド、CW-X。コンプレッション機能を持っているスタイルフリーのボトムスは疲労を軽減するために着圧機能がついています。吸汗速乾機能があり、動作中の皮膚の伸縮に合わせて素材の伸びる方向を設定し動きやすさを追求してあるのでスキーのインナーにもぴったり。値段も安く、初心者にもおすすめです。メンズもレディースもあります。

スキーにおすすめのインナーウェア6「ミズノ ブレスサーモシャツ」

12230846 519832304846959 135419760 n
minamo_pu

スポーツメーカー、、ミズノが発売しているブレスサーモシャツ。熱源は人の汗で、かいた汗を吸収する際に吸着熱を発する現象が温かさの秘密です。プレスサーモの糸自体には消臭性能もありアンモニアなどの嫌なにおいの発生を抑えます。着心地も良く、PHコントロール機能も付いていて肌にも優しいのがポイントです。スキーでたっぷり汗をかいても快適。

15625309 395564440778497 3609836810181541888 n
kunika0117

メンズもレディースもあり薄手のインナーはブレスサーモエブリとして低価格で展開されています。程よく厚みのある裏起毛タイプはさらに温かさもプラスされてブレスサーモエブリプラスとして販売されています。レディース用は丸首タイプやハイネック、メンズはクールネックやVネックがあり、好みのタイプを選ぶことが可能です。キッズ用はありません。

スキーにおすすめのインナーウェア7「ミズノ ブレスサーモアンダー」

12298841 148801205476159 1589359172 n
guru2pin

ミズノブレスサーモのインナーシリーズにはいくつかの種類がありますが極寒時対応のモデルは素材の設計に袋網と裏起毛の重曹構造を実現しています。断熱性と保温力に優れストレッチ性も高いアンダーウェアでもちろん自宅で洗濯もできるのでとても便利。一着持っていると寒い日のスキーでも安心。メンズ、レディースどちらもありキッズ用はありません。

スキーにおすすめのインナーウェア8「パタゴニア キャプリーンシャツ」

13092475 498796196996261 2000064465 n
hiro_or_j

アウトドアブランドとして人気のパタゴニア。本格的な冬山登山などのアイテムも沢山手掛けるパタゴニアが発売しているのはキャプリーンシリーズ。4つの種類に分かれ、キャプリーンデイリー、キャプリーンライトウェイト、キャプリーンミッドウェイト、キャプリーンサーマルウェイトとそれぞれのインナーに名前がついています。

11372009 758428364290907 1047233387 n
taiga0729

デイリー以外の3種類のインナーは肌から汗を素早く取り除くことを重視して設計されています。フィット感でデイリーはそれよりも少し締め付けが弱いタイプで、デイリーユースにもぴったりのデザインになっています。種類やカラーを変えて何枚か持っているといろいろと着回しもきいて便利です。メンズ・レディース要はありますが、キッズ用はありません。

28155412 389304181537069 4640004653365329920 n
grumpy_webteam

スキーにおすすめなインナーはキャプリーンミッドウェイト、もしくはサーマルウェイト。ミッドウェイトは幅広いコンディションでも快適で最も多用途に使いまわしできます。パタゴニア独自で開発をしていて保温性と通気性のバランスを丁度よく保っています。サーマルウェイトは最小限のがさ張りで最大限の保温性と通気性を発揮してくれます。

スキーにおすすめのインナーウェア9「パタゴニア キャプリーンボトム」

12224536 912873792121870 267063488 n
amp_okayama

キャプリーンシリーズのボトムも快適です。メンズ・レディースどちらも扱いがあります。やはりスキーなどのウィンタースポーツにはミッドウェイトがおすすめです。伸縮性のある素材は動きを妨げず、保温性と通気性に優れているのでとても快適です。公式オンラインショップでは身長と体重、年齢を入力すると丁度良いサイズを教えてくれる機能もあります。

スキーにおすすめのインナーウェア10「スーパーメリノウール シャツ」

28150983 1192563500877843 2659208192201850880 n
bwrogie

スキーのインナーにおすすめのモンベルのもう一つのアンダーウェア、スーパーメリノウールシリーズ。薄手ながら高い保湿性を持つモデルで一年を通して幅広く活躍するインナーです。ビジネスシーンなどでも使いやすい種類なので持っていて損はないアイテム。メンズ・レディースどちらもそれぞれを展開しています。またキッズ用もあります。

24327148 151464478812366 6827917404048195584 n
yutaty

スーパーメリノウールシリーズはジオラインシリーズと同じく、素材の厚さによってライトウェイト、ミドルウェイト、エクスペディションの3種類です。またラウンドネック、ハイネック、Uネックなどの首回りもジオラインシリーズと同じです。レディース用はブラックのほかにアイボリーやターコイズブルーのカラーがあります。キッズ用もぜひおすすめ。

スキーにおすすめのインナーウェア11「スーパーメリノウール ボトム」

23421167 759641994231292 3497070055823245312 n
r3y2o8

同じくスーパーメリノウールシリーズのボトムスもあります。冬季のあらゆるアクティビティに向いているのはミッドウェイトタイプ。日常の下着としても着られるすぐれものです。さらに卓越した発熱量を誇るのはエクスペディション。モンベル独自のアンダーウェアでおすすめ。キッズ用もあるのでスキーに限らず子供の外遊びに一つ持っていると便利です。

スキーにおすすめのインナーウェア12「その他のブランド」

16465023 275097542903651 4102101132443123712 n
anchan69

他にも色々なメーカーから工夫を凝らしたスキーにも適したインナーが発売されています。アマゾンや楽天などの人気のインナーの口コミや評判などをチェックして購入してみるのもおすすめです。特にウィンタースポーツ初心者の人はまずはリーズナブルなものから購入してみるのも良いでしょう。特にメンズ用は沢山の種類があります。キッズ用は少なめ。

スキー用グローブの選び方

30590258 306042339925740 3711022064967090176 n
tanokyu

スキーのインナーと同じく重要なグローブで実に多くの種類のグローブが販売されています。スキーのグローブは寒いから着用するというのではなく、手を怪我から守るという役割もあります。グローブの値段は様々で、レディースもメンズも1000円以下のものから高級ブランドのものは1万円以上するものまであります。キッズ用はもう少し安い値段です。

26262652 515389645512467 3872290317336051712 n
teamokonas

どれを選んだらいいか迷ってしまいますが、グローブの種類と選び方について少しご紹介します。まずは基本的なグローブの構造から説明していきましょう。それぞれの構造の機能性が高ければ高いほど値段も高くなるという仕組みです。

31745619 1705300279590671 6466209320102002688 n
mikakawa2000

グローブの構造は3つに分かれています。一番外側がシェル、次がフィルム、そしてインナーです。一番外側のシェルには皮を用いるのが基本で、保湿力や強度、安全性の高さから皮が一番適しているとされています。ただし、布や合皮を使っているものも多くみられます。フィルムは暴風と防水の役割を担います。

26071385 174432193306378 3554714766112980992 n
kokkis.club

この部分がゴアテックスなどの透湿素材になると風や水は通さないのに水蒸気は抜けて手が蒸れにくくなります。値段の安いグローブではこのフィルムがないものもあります。最後はインナーです。手と直接触れ合う部分で芋生のポリエステル素材やフリースなどになっていることが多いようです。

26229100 2114408678792261 3873717337400016896 n
7010345

インナーがふわふわだととても気持ちはよいのですが指が曲げにくくなるという難点があります。洗いやすいようにインナーを外せるタイプもあります。つまり、グローブの価格の違いはシェルの素材、フィルムの有無、そしてインナーの素材によって決まるといえるわけです。

16788828 1660895447547909 3224990603540430848 n
009kazu

1万円以上するグローブは本革を使い、フィルムがゴアテックス、そしてインナーの取り外し可能といったものが多いのですが、ここまで立派でなくても最低限アウターは強度のある機能素材を選ぶのがおすすめです。そしてインナーも取り外しできるものが良いでしょう。更に寒い地域でのグローブは、保温機能がある程度ある種類のものがおすすめです。

スキーウェアの選び方

32346756 837393519779110 1870964187375599616 n
phenix_1952

インナーを着たら今度はアウターです。スキーウェアの選び方のポイントは3つ。レディースもメンズもキッズ用もまずは防水性と耐水性の優れたものであること。初心者の場合は最初は転ぶことも多いのでしっかりと防水加工、耐水加工が施されている種類のスキーウェアを選びましょう。

29717139 1711455845557613 3970200419040231424 n
michanyo1113

次に重要なポイントは通気性と浸透性です。実はスキーはインナーのところでも説明しているように汗をかくスポーツです。寒いところでするスポーツですが、全身運動なのでがっつり汗をかきます。スキーウェアとして快適に着れるためには、最低限浸透性は5gあれば良いというのを覚えておくとよいでしょう。

28434906 437391536693842 5226552720478961664 n
reo_yabuki

更にあるとスキーウェアに便利な機能もチェックしましょう。口元とファスナーのひんやりした接触を防ぐためのファスナーガードはあったほうが良いでしょう。フードストッパーも吹雪の時には必需品です。サイドポケットも今どきはスマホやティッシュなど小物が入るのであったほうが便利。

27890760 579082299111426 8503104329098461184 n
tf.sport.aobadai

もちろんスキーウェアにインナーポケットもないよりはあったほうが良いでしょう。雪や雨の侵入を防ぐためにジャケットが二重構造になっているパウダーガードなども、初心者でよく転ぶ人にはあるととてもありがたい機能なので、おすすめです。

27891105 1632829043467776 352844448268288 n
phenix_1952

スキーはかっこよいスポーツです。上手になればなるほどかっこいいアイテムを身に着けて颯爽と滑りたくなるもの。しかし、選び方の基本的なポイントはしっかりと抑えておく必要があります。デザイン性だけにとらわれずに、自分に必要な機能を見極めて購入するようにしましょう。アウターとインナーどちらも重要です。

スキー用帽子の選び方

16464902 1395126697206549 4443791619363176448 n
tricot.handmade

スキー用帽子も安全にスキーを楽しむための必須アイテムのひとつ。それと同時にファッションセンスを問われるアイテムでもあります。帽子も選び方にはいくつかポイントがあります。機能面で大切なのは保温性とクッション性です。耳がしっかり隠れるもののほうが滑っていて耳が冷たくなることがありません。

24332465 239923533210676 9032066230621569024 n
reautnt

耳当てと併用することも可能ですが、帽子一つですべて覆えるのならそれに越したことはありません。素材にウールが入っていない種類の帽子は意外に寒いもの。気温の低いゲレンデではウールが少しでも入っているもののほうが保温性という面では快適です。また転びやすい人はある程度厚手のものがおすすめです。万が一頭を打ってしまった場合でも安心です。

24253761 138093990157105 257603754637918208 n
ryurider

スキーを始めたばかりのキッズはヘルメットをかぶることも多いですが、ちょっと遊び程度にスキーを楽しむのなら耳部分が垂れ下がってしっかり覆ってくれるニットの帽子などがおすすめです。大人も子供も購入する前には必ず着用してサイズを確かめるようにしましょう。帽子もメンズ・レディース・キッズと分かれて販売されています。

23824406 306997519797516 323575036420030464 n
britishlife_ltd

ファッション性で言うならゲレンデで目立つものの方がかっこよいかもしれません。キッズだと目立ったほうが多くの人の中で見つけやすいという利点もあります。比較的手ごろな値段で買うことができるニット帽。その日の気分に合わせてファッションを楽しむのもおすすめです。ファッションを考慮した帽子の選び方はあなたのセンス次第!

ソックスの選び方

27878536 369076293564894 8990313333118730240 n
onsenboy

スキー用のソックスもインナーと並んで意外に重要なアイテム。ソックスの選び方にもいくつかポイントがあるのでご紹介します。まず第一に重要なのはブーツとの相性。ソックスはものによって厚みがまちまちです。ブーツの大きさと自分の足のサイズ、そして靴下の厚み、すべてがマッチしてこそ最高のフィット感を感じ、快適に滑ることができます。

22794178 1478916395518320 8210327515315568640 n
paddleclub_mammut

最近のソックスは厚いから温かいというわけではなくなっています。履き心地の良い薄手の高性能な靴下を用意しておくのが良いでしょう。後は材質の適度な硬さ。ブーツを履く時、柔らかい素材の靴下だとすぐにずれてしまいます。ある程度の硬さがありブーツを履いた時にしっかりと足にフィットするようなものを選ぶのが賢明。ソックスも一種のインナー。

11906192 435140646671252 1515494411 n
boris_mura

初めてスキーを始める人は最初はスキー用の靴下でなくても大丈夫。普通の靴下を何枚か重ねて調節してみてください。もちろん長さはハイソックス。足首までのものなどは買わないようにしましょう。安全性の面でも保温性の面でもすね部分はしっかりとソックスで覆うことが必要です。レディース、メンズ、キッズ問わずこれは共通の考え方です。

10665483 804587036278422 115154722 n
bart_haarselhorst

薄くて、暖かくて、値段も手ごろな靴下でおすすめのものがMICO SOCKS 〔ミコ ソックス〕 1640 X-RACE Extra-LIGHT男女兼用で足底部分に純銀を使用して薄くても驚くべき温かさを発揮します。イタリア製のソックスで値段もそこそこですが、スキー上級者にはぜひおすすめのソックスです。

今すぐ快適なインナーをゲット!

いかがでしたでしょうか。ウィンタースポーツを楽しむために最低限必要なインナー。保温性と吸汗速乾性に優れた一着を持っているのといないのとでは全く快適性が違ってきます。インナーだけでなく、グローブやソックスなどの選び方もぜひ参考にしてみて下さい。自分の体にぴったりの一着を選んで、快適なスキーを楽しみましょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
nyaokaka

日本の人気ランキング

日本の新着のまとめ