スタンダードブックストア心斎橋店が人気!おしゃれなカフェや雑貨が魅力的

2018年8月3日 (2018年12月11日最終更新)

大阪の心斎橋からアクセス抜群のスタンダードブックストア心斎橋は、本好きに人気の本屋さんです。本だけでなく、おしゃれなカフェメニューを楽しめたり、雑貨を買えたりと魅力いっぱいなスポット。スタンダードブックストア心斎橋の特徴やアクセス方法などをご紹介いたします。

目次

  1. スタンダードブックストア心斎橋はカフェも楽しめるおしゃれな本屋さん
  2. 本好きのおすすめする本屋さん「スタンダードブックストア心斎橋」
  3. こだわり派の読書家にこそスタンダードブックストア心斎橋がおすすめ!
  4. スタンダードブックストア心斎橋にベストセラーは置いてない?
  5. スタンダードブックストア心斎橋の独特な洋書ラインナップ
  6. スタンダードブックストア心斎橋はジャンルで見るべし!
  7. スタンダードブックストア心斎橋の雑貨がおしゃれ
  8. スタンダードブックストア心斎橋は良いものだけが並ぶ本屋さん
  9. 買う前の本も読める!スタンダードブックストア心斎橋のカフェ
  10. スタンダードブックストア心斎橋のこだわりカフェメニュー
  11. スタンダードブックストア心斎橋のメニュー1「ご飯もの」
  12. スタンダードブックストア心斎橋のメニュー2「パンもの」
  13. スタンダードブックストア心斎橋のメニュー3「カフェメニュー」
  14. スタンダードブックストア心斎橋のメニュー4「アルコール」
  15. スタンダードブックストア心斎橋はイベントも個性的
  16. スタンダードブックストア心斎橋の営業時間は?
  17. スタンダードブックストア心斎橋へのアクセス方法
  18. スタンダードブックストア心斎橋で本も雑貨もカフェも満喫!

スタンダードブックストア心斎橋はカフェも楽しめるおしゃれな本屋さん

大阪のミナミを代表する心斎橋にある「スタンダードブックストア心斎橋」は、本だけでなくカフェを楽しんだりおしゃれ雑貨も取り扱っていたりする本屋さんです。ここやないとアカン!そんな気持ちにさせる個性派のこだわり本屋さんの本や雑貨のラインナップやカフェメニュー、アクセス方法などについてご紹介いたします。

Original心斎橋の本屋紹介!便利で大きな店舗やカフェも利用出来るところまで | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
数多くの飲食店と観光スポットで賑わう大阪の中心街、心斎橋では、人混みの中から抜け出して一息つ...

本好きのおすすめする本屋さん「スタンダードブックストア心斎橋」

本が好きな方にとって、本屋さんとはテーマパークといっても過言ではないでしょう。ネット通販の普及から、近くの本屋さんで見つからなかった本を簡単に取り寄せられる時代となりました。それでも、まだ見ぬ本と巡り合うために本屋さんに訪れる方も少なくありません。

買う気が無かったり知らなかったりした本に、本屋に行って出会った。少し読んでみるとおもしろかった。本屋さんに行ったからこそ起こり得る、本と出会えた時の感動は本好きなら誰でも1度は経験したことがあるはずです。なにか面白い本を見つけたい。そんな時に、あなたはどんな本屋さんに訪れるでしょうか?

まずは、近くのアクセスしやすい本屋さんに行ってみる方も少なくないはずです。見慣れた本屋には見慣れたラインナップや話題の本ばかりが並んでいます。次に、少し遠くてアクセスしにくても大型の本屋さんに行くという選択肢が考えられます。膨大な書籍量は本好きの胸を高鳴らせます。

本好きの方におすすめの本屋さんを聞くと、やはり大型書店と答えるのでしょうか。本好きの人と、本が嫌いではない一般層では好きな本が違ってくることが多々あります。売れる本が、本好きにとって興味のある本とは限らないのです。このことは、コーヒーに例えるとわかりやすいかもしれません。

こだわり派の読書家にこそスタンダードブックストア心斎橋がおすすめ!

コーヒーを飲む人は日本の中でもお年寄りから若年層まで幅広く分布しています。その中のどのくらいの人がコーヒーにこだわりのある人なのでしょうか。まずくなければ眠気覚ましになるから良い。コスパの良いコーヒーだとなお良い。大手チェーン店のトッピングたっぷりのコーヒーが好き。このようなライトな層が圧倒的に多いかと考えられます。

一方、コーヒーにこだわりのある人もいます。好みのコーヒー豆があったり、特定の喫茶店のコーヒーが好きだったり、1杯何千円というコーヒーのために遠路はるばる買い付けに行ったりというヘビーな層です。皆さんも知人に1人や2人、こんな方がいらっしゃるのではないでしょうか。

本好きにとっての本も、コーヒーと同じです。ただ種類があれば良いのではなく、マイナーといわれても自分の好みにあう本を探しているのです。大型書店では、ある程度の段階まではカバーされていても、一般受けしない本はあまり置かれていません。そんな中、大阪の心斎橋にある本屋さんが本好きがおすすめする特徴的な本屋さんとして注目を集めています。

スタンダードブックストア心斎橋にベストセラーは置いてない?

スタンダードブックストア心斎橋のキャッチコピーは、「本屋ですが、ベストセラーはおいてません。」です。大型書店では取り扱わないような、少しマイナーでおしゃれな本が沢山置かれているのが特徴です。作家名で挙げるなら、「重力ピエロ」や「アヒルと鴨のコインロッカー」など実写化された作品は数知れない伊坂幸太郎の本はあまり置いていません。

一方、スタンダードブックストア心斎橋では、前衛的で攻めた内容の多い筒井康孝の本は置いてある。そう、例える方もいらっしゃいます。ちなみに、筒井康孝の作品は「時をかける少女」や「パプリカ」など映画化された作品も少なくありませんが、一般の書店では代表的な限られた作品しか取り扱わないということが多い作家です。

スタンダードブックストア心斎橋の独特な洋書ラインナップ

スタンダードブックストア心斎橋は、洋書コーナーも充実しています。洋書もやはり、特徴的なラインナップが並びます。「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」でおなじみのフィリップ・K・ディックや、その難解さと覆面作家というステータスが読書家心を刺激して止まないトマス・ピンチョン。

アメリカの作家カート・ヴォネガットの作品も豊富に取り揃えられているのも特徴的です。ヴォネガットのファンは日本にも多く、村上春樹や爆笑問題の太田光も影響を受けたといわれています。村上春樹といえば、ノーベル文学賞の有力候補として取り上げられるほど国外での評価も高い作家で、外国語に翻訳された作品も数知れません。

特に村上春樹の作品はアメリカで人気といわています。翻訳家としてアメリカ文学を多く訳しているため、村上春樹とアメリカ文学は切っても切り離せない関係です。スタンダードブックストア心斎橋では、日本語版ではなく、あえて英語版がアメリカ文学のコーナーに置かれているのも特徴的です。

スタンダードブックストア心斎橋はジャンルで見るべし!

35411842 2026628287634148 7485564398434516992 n
tao6627

スタンダードブックストア心斎橋では、商品がジャンルによって固めて陳列されているのも特徴の1つです。文学や写真、旅行や音楽などさまざまなジャンルの本が取り扱われています。ジャンル分けされている顕著な例としては、同じジャンルの本なら書籍と雑誌が同じ場所に置いてあるところがあげられます。

31312048 1143005692508356 8596411269538381824 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
kininaru_sha

普通の本屋では書籍と雑誌は、形状などの問題から例えそれが車やファッションなど同じジャンルのことを取り扱っていても違う場所に置かれていることが一般的です。スタンダードブックストア心斎橋では、工夫を凝らしたおしゃれな棚や陳列方法で書籍や雑誌が同時に並べられています。これは本だけに限ったことではありません。

スタンダードブックストア心斎橋の雑貨がおしゃれ

スタンダードブックストア心斎橋では、書籍や雑誌と共に、おしゃれな雑貨がいたるところに陳列されています。旅行のコーナーのすぐ近くには旅行におすすめのバッグが置かれていたり、デザインや写真・イラストなどのコーナーの横には手軽におしゃれなデザインが楽しめる文房具が置かれていたりします。

スタンダードブックストアの雑貨はおしゃれなだけじゃありません。2018年の夏は平成最後の夏ということで、平成をテーマにした雑貨が特集されています。おもしろ雑貨があると思えば、機能性抜群のおすすめアイディア商品も豊富に取り揃えられていたりとバラエティー豊かな商品が並びます。

スタンダードブックストア心斎橋は良いものだけが並ぶ本屋さん

スタンダードブックストア心斎橋は、なぜここまで個性的で独特なものが並ぶお店になったのでしょうか。その理由は、単純。自分たちが良いと思ったものを取り扱う。良いものだからおすすめできる。簡単な理論ですが、なかなか他では真似の出来ない試みです。本や雑貨はスタッフたちのおすすめが反映されているのだそうです。

買う前の本も読める!スタンダードブックストア心斎橋のカフェ

スタンダードブックストア心斎橋に入ってすぐ左手には、カフェコーナーが広がります。最近、本屋さんのすぐ横にカフェが併設されることも多くなってきました。コーヒーの香りと本の相性は抜群。一気におしゃれな知的空間と化します。しかし、本屋さん併設のカフェは買った本がすぐ読めるというのがスタンダードな形です。

本屋さんの空間とカフェの空間はすぐ横にあるだけで別物ということも少なくありません。スタンダードブックストア心斎橋にあるカフェは、本屋さんと一体になったカフェです。本屋さん部分を眺めながら、カフェを楽しむことができます。また、購入前の本を持ちこんで読むこともできるのも特徴です。

スタンダードブックストア心斎橋のこだわりカフェメニュー

34605089 210385046454280 3472479705901301760 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
keimatsushima1974

スタンダードブックストア心斎橋は、カフェメニューにもこだわりが多々見られます。本屋併設のカフェとは思えないバリエーション豊かな品々が並びます。ケーキは自家製、ホットドッグのソーセージも特別に四国で製造したものであるなど、こだわりぬいた食材を使用しています。これは社長のあるこだわりが生かされた結果なのだそうです。

コンビニのおにぎりなど、よくわからないものが入ってる既製品は食べられないという社長。スタンダードブックストア心斎橋でも、できるだけ添加物や化学調味料を使わないメニューを揃えました。特別栽培米を使うなど、食材をこだわるだけでなく、凝ったメニューが多いのも特徴的です。

スタンダードブックストア心斎橋のメニュー1「ご飯もの」

36537836 1826750734056173 2444174912156336128 n
sayakayasan

スタンダードブックストア心斎橋のメニューを、ご飯ものとパンもの、カフェメニューとアルコールの4ジャンルに分けてご紹介いたします。まずは、ご飯もののメニューについてです。スタンダードブックストアで昼食や軽食として食べられるものとして、オムライスやカレー、タコライスがあります。

平日の11時から15時までのランチタイムならドリンクセットがおすすめです。680円からのお手頃価格でがっつり食べることができます。カレーはココナッツやピーナッツバター、オリジナルブレンドのスパイスが入った特製のカレーに仕上がっています。オムライスはシイタケの出汁で炊いたお米を使った贅沢な味わいが魅力的です。

スタンダードブックストア心斎橋のメニュー2「パンもの」

39812989 1020456121456503 909295725328728064 n
standard_bookstore

スタンダードブックストア心斎橋では、ホットドッグやサンドイッチといったパン系のフードも人気です。本を読みながら手軽に食べられるのがおすすめポイントです。ホットドッグのソーセージは、特別製造。スタンダードにザワークラフトやピクルスとソーセージを挟んだものや、チリソースをかけたもの、チーズをインしたものなどがあります。

39486244 529633524124897 6915127058590859264 n
standard_bookstore

スタンダードブックストア心斎橋のカフェでは、サンドイッチにもこだわりがいっぱい挟まっています。サンドイッチは3種類。味噌漬けのローストチキンを挟んだものや、ドライトマトとツナにアンチョビをプラスしたもの、オムレツを挟んだものなど手間暇のかかった美味しそうなものばかりです。

スタンダードブックストア心斎橋のメニュー3「カフェメニュー」

36993497 276171593141463 4574919281602461696 n
erina_ma

スタンダードブックストア心斎橋のカフェは、おやつや休憩に最適のカフェメニューも充実しています。季節ごとに変わるケーキやパフェなど、本が目当てじゃなくても訪れたくなる楽しいメニューが盛り沢山。読書で頭を使いながら食べる甘いものは最高です。ドリンクも、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクやフロートなど喫茶店顔負けのメニュー数です。

スタンダードブックストア心斎橋のメニュー4「アルコール」

コーヒーや紅茶、ジュースなどのソフトドリンクを片手に楽しめる本屋さんは日本国内に数多くあれど、アルコールまでいただけるところはなかなか見られないのではないでしょうか。スタンダードブックストア心斎橋では、箕面ビールを中心にビールが数種類用意されています。箕面ビールとは、紅葉の名所としても知られる大阪の箕面で作られたビールです。

箕面ビールの中でも、国内外で数々の賞を受賞している「スタウト」や「W-IPA」などの銘柄を中心に取り扱っています。メニューに載っていない箕面ビールが仕入れられているときもあるようです。気になる銘柄がメニューに載っていない場合は、店員さんに一度聞いてみるのがおすすめです。

箕面ビールの他にも、メキシコのビール「コロナ」や海外のビールを思わせるおしゃれな瓶が特徴のビール「ハートランド」を飲むこともできます。また、スタンダードブックストア心斎橋では、日本酒のフェアが行われていることもあるのでお酒好きの方は要チェックです。

スタンダードブックストア心斎橋はイベントも個性的

スタンダードブックストア心斎橋は、イベントも普通の本屋さんとは一線を画する特徴的なものをが多くみられます。本屋さんにも関わらず、上記のように日本酒のイベントが行われることがあったり、美味しいパン屋さんを呼んだりと飲食物に関するイベントも頻繁に行われます。

平成グッズの特集が組まれるなど雑貨についてのイベントも多々あります。本屋さんおなじみのトークイベントも正統派のものから変わり種までのものまでさまざまなものが行われています。作家さんの対談が行われたかと思えば、深夜の8時間耐久トークイベントが行われたりと飽きさせません。


最終的には、本屋さんを飛び出て町を散歩するイベントが行われたり、店舗を改装するときもお客さん参加型のイベントにしてしまったりと、スタンダードブックストア心斎橋のイベントからは目が離せません。人と人を繋ぐ場所として、スタンダードブックストア心斎橋は今日も進化を続けます。

スタンダードブックストア心斎橋の営業時間は?

スタンダードブックストア心斎橋は、朝の11時に開店します。営業時間は、夜の22時30分までとなっています。スタンダードブックストア心斎橋に、定休日はありません。カフェの営業時間も同じですが、ラストオーダーの時間が決まっています。ラストオーダーは、閉店の30分前である22時となっています。

住所:大阪府大阪市中央区西心斎橋2-2-12クリスタグランドビルBF
電話番号:06-6484-2239

スタンダードブックストア心斎橋へのアクセス方法

スタンダードブックストア心斎橋は、電車の駅からのアクセスが抜群です。大阪メトロ「心斎橋駅」からは徒歩8分のアクセス。まずは、心斎橋駅の4Aの出口から地上に上がります。御堂筋に出るので、大丸と反対方向の西側にわたります。そこから御堂筋を南下することおよそ8分。御堂筋三ツ寺町の交差点を右折してすぐのところです。

各沿線のなんば駅からのアクセスは、心斎橋駅からのアクセスよりも更に近くておすすめです。なんば駅からスタンダードブックストア心斎橋へのアクセスは、徒歩5分ほど。なんば駅の25番出口から出発します。御堂筋を北上すること5分。御堂筋三ツ寺町と書かれた標識のある交差点を左折するとスタンダードブックストア心斎橋の看板が見えてきます。

30856556 2073278126242001 25374086964183040 n.jpg? nc ht=scontent hkg3 1.cdninstagram
cafesnikki

スタンダードブックストア心斎橋へのアクセスは、看板が目印です。スタンダードブックストア心斎橋の看板の横の階段から地下へと降りると到着です。左手にカフェ、右奥には本屋さんが広がります。近くに住んでいる方のアクセス方法としては自転車が人気です。駐輪場はいつもいっぱいなのだそうです。

スタンダードブックストア心斎橋で本も雑貨もカフェも満喫!

最後までご覧いただきありがとうございます。スタンダードブックストア心斎橋は、ベストセラーを取り扱わない個性的な本屋さんです。本やおしゃれな雑貨がジャンルごとに置かれているのも特徴。カフェメニューにもこだわったスタンダードブックストア心斎橋は、本好きだけでなく本にあまり興味のない人にもおすすめの本屋さんです。

関連記事

Original
この記事のライター
serorian

大阪市の人気ランキング

大阪市の新着のまとめ