焼肉で人気の部位&種類ランキング!特徴や柔らかさなど美味しい部分を紹介!

2018年8月3日 (2018年8月10日最終更新)

夏真っ盛りの8月に突入して暑い日が続いておりますが、気温が高くなると食べたくなるのが焼肉です。焼肉にはたくさんの種類や部位がありますが、みなさんは何がお好きでしょうか。今回はこの夏に絶対おすすめしたい焼肉の部位や種類についてまとめました。

目次

  1. 絶対食べたい焼肉の部位・種類ランキング
  2. 焼肉の部位・種類ランキング定番編3位:ザブトン
  3. 焼肉の部位・種類ランキング定番編2位:トモサンカク
  4. 焼肉の部位・種類ランキング定番編1位:三角バラ
  5. 焼肉の部位・種類ランキング内臓編3位:ギアラ
  6. 焼肉の部位・種類ランキング内臓編2位:牛タン
  7. 焼肉の部位・種類ランキング内臓編1位:ハラミ
  8. 焼肉の部位・種類ランキング豚鶏編3位:豚直腸
  9. 焼肉の部位・種類ランキング豚鶏編2位:薬研軟骨
  10. 焼肉の部位・種類ランキング豚鶏編1位:小肉
  11. 焼肉の部位・種類ランキング食通編3位:ブリスケット
  12. 焼肉の部位・種類ランキング食通編2位:ミスジ
  13. 焼肉の部位・種類ランキング食通編1位:センボンスジ
  14. 美味しい焼肉を食べよう!

絶対食べたい焼肉の部位・種類ランキング

今回はみんな大好きな焼肉の部位や種類についてのランキングです。牛や豚、鶏肉にはたくさんの部位がありますがみなさんはどのお肉がおすきでしょうか。この記事では各部位・種類の特徴までご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。今まで知らなかった美味しい部位や種類を知ることができるかもしれません。それではさっそく定番編のランキングからまいりましょう。

Original焼肉&バーベキューのおすすめ野菜ランキング!おすすめの種類や切り方あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
バーベキューや焼肉で使いたい野菜は一体何なのでしょうか?バーベキューや焼肉をする時に、必ず迷...

焼肉の部位・種類ランキング定番編3位:ザブトン

37193270 2077370109191318 7719653838487027712 n
jiraku_2010

綺麗なサシが入るザブトンは肩ロースの一部です。一昔前にメディアで取り立てられたことから有名になった部位です。肩ロースではありますがバラ寄りに位置する部位のため焼肉屋さんでは特上カルビとして提供されることが多い部位です。サシが多く入るため食感は柔らかいと感じられます。脂が多いので鉄板で焼くよりは網焼きで余計な脂を落としながら焼くことで飽きずにいっぱい食べられます。

焼肉の部位・種類ランキング定番編2位:トモサンカク

37794137 254666435149214 4673095211717492736 n
anzu.color1116

こちらも焼肉の定番中の定番です。ステーキとは違い薄切りにする焼肉は柔らかすぎる部位よりも、しっかりとか噛みしめられる赤身肉のほうが美味しいというのはもう常識かと思います。トモサンカクはよく動くモモ肉の中でも稼働の少ない部位なので赤身肉でありながら上質なサシが入るのが特徴です。肉本来の味を楽しむならやはりモモ肉がおすすめです。

焼肉の部位・種類ランキング定番編1位:三角バラ

みなさま焼肉の定番と言えばやはりカルビではないでしょうか。焼肉屋さんで”特上”カルビや”特選”カルビなど最上級ランクのカルビに使用されるのがこちらの三角バラです。柔らかい肉質が特徴ですが、なにより見た目が良いのもこの三角バラです。バラの中で最も綺麗にサシが入ります。表面を軽く炙る程度で塩と薬味にわさびを合わせると絶品です。

焼肉の部位・種類ランキング内臓編3位:ギアラ

数ある牛の内臓肉の中でも特に旨味が強く感じられるのがギアラです。4番目の胃として知られるギアラは赤センマイとも呼ばれており、赤みがかった柔らかいプリプリとした見た目が特徴です。脂も多く濃厚な味わいですので、濃い目の漬けタレでもしっかりとした旨味が味わえます。鉄板ですと油まみれになってしまうので、炭火の網焼きがおすすめです。

焼肉の部位・種類ランキング内臓編2位:牛タン

内臓肉の定番と言えば牛タンです。これがないと始まらないという人やまず始めはタン塩からだという人もかなり多いのではないでしょうか。牛タンはやはり塩コショウの味付けが一番おいしく召し上がれます。焼きすぎると硬くなりやすい部位ですので、薄切りタンの場合は片面だけ焼いて食べるのがおすすめの食べ方です。片面が赤みがかっていてもしっかりと火は通っています。

大人数でご自宅でバーベキューをする際はお肉屋さんで牛タンの1本買いもおすすめです。スーパーのパック詰めにしてある牛タンよりははるかに安く済ますことができます。その際はカット方法に気を付けましょう。タン先の部分は肉質が固く焼き物には向きませんので煮込み料理にするのがおすすめ。クラウンカットからタン元までを焼肉ようにカットしましょう。

タン元の辺りは上質なサシが入り、肉質も非常に柔らかくなっております。タン元は焼肉屋さんなどでは”上”牛タンなどのワンランク上のメニューで提供される部位ですので、少し厚めにカットして食べても美味しく召し上がれます。噛むほどに肉のうまみが広がりますが、どうしても内臓肉特有の臭みがありますので苦手な人は薄切りにして食べましょう。

焼肉の部位・種類ランキング内臓編1位:ハラミ

37959261 334461587094110 3043862980740513792 n
s2yokos2

牛の内臓肉と言えばみなさんハラミを思い浮かべるのではないでしょうか。精肉とは違い内臓肉独特の匂いがありますが、それが好きな人も多いはずです。国内で消費されるハラミの大多数はアメリカ産かカナダ産のアウトサイドスカートを使用しておりますので匂いもややきつめですからタレ付けで味付きにするとおいしく召し上がれます。

ちなみにハラミと似たような名前でサガリという部位があります。非常に近い場所にある2つの部位ですが同じ部位ではありません。種類としては同じ横隔膜で内臓肉に分類されますが、味に関してはハラミのほうが一枚上手です。独特の内臓肉の臭みもハラミのほうが少ないですので、内臓肉は苦手だけど食べてみたいという方はハラミからチャレンジしてみることをお勧めします。

焼肉の部位・種類ランキング豚鶏編3位:豚直腸

37910085 217241572324064 8920498987614601216 n
ayushi5729

臓物好きにはこれがないと焼肉が始まらないというほど人気なのが豚ホルモンです。しっかりとした噛み応えで噛むほどに旨味が出るのが特徴のホルモンは、炭火の網焼きでじっくりカリカリに焼いて食べるという人もいれば豪快に鉄板でさっと火を通してプリプリとした柔らかい食感と楽しむという人もいるでしょう。どちらも美味しいですが中心部までしっかりと熱を入れてから味わいましょう。

焼肉の部位・種類ランキング豚鶏編2位:薬研軟骨

37534241 2085323638375945 1426464909377404928 n
kushiyamiyabi

膝軟骨も美味しいですがどちらかと言えば唐揚げのイメージが強く焼肉と言えば薬研軟骨ではないでしょうか。精肉と違い軟骨自体には味はありませんがコリコリとした食感と低カロリーというのが特徴で女性に人気の部位です。薬研軟骨は火を通しすぎると硬い食感になってしまいますので美味しく焼く際には注意が必要です。

焼肉の部位・種類ランキング豚鶏編1位:小肉

37339167 260472688102795 5808694327240556544 n
hatakeyama__hiroki

鶏の首にあたる部位で小肉やセセリなどと言った名称です。特徴としてはよく動く部位ですので肉質は柔らかいわけではありませんが、歯切れがよくコリコリとした食感が癖になります。焼き鳥屋さんなどでは定番の部位ですが、べーべキューで網焼きで食べても美味しいく召し上がれます。食べ方は塩コショウで焼き鳥風にして食べるのがおすすめです。

35564783 1850536401670583 4968142418227494912 n
jinyastandard

北海道で小肉は割とメジャーな部位でよく食べられておりますが、地域によってはほとんど目にしないというところもあるそうです。というのも小肉はそもそも一羽の鶏からごくわずかしか取れない希少部位です。食べる習慣のある地域とない地域で流通量が大きく違うそうです。ですが一度食べるとリピートしたくなるほど味と食感は鶏肉の中でも断トツです。

焼肉の部位・種類ランキング食通編3位:ブリスケット

33238865 1803916156584972 2448496280616304640 n
shichirinya.kitayamaten

日本人はサーロインやリブロースなど上質な脂が美味しい柔らかい部位を好む傾向にありますが、本当に美味しい部位は赤身の肩肉やモモ肉です。ブリスケットは肩バラの肉で、赤身が強い肉質は噛めば噛むほどに肉のうまみが溢れます。薄切りにすれば鉄板でも網焼きでも合しく召し上がれます。食通を語るなら必ず味わっておくべき部位です。

焼肉の部位・種類ランキング食通編2位:ミスジ

37606939 412105015860449 4797099000681463808 n
food_memory_r

牛の肩甲骨のあたりに位置する部位がミスジです。こちらは1頭の牛から数パーセントしか取れない希少部位です。しかしながらその味や見た目のサシ気が良いことから最近ではステーキ屋さんや焼肉屋さん、スーパーなどでも目にする機会が増えました。肉質はよく動く部位である肩肉に分類されますが、ミスジ周辺はあまり稼働しないので、キメの細かいサシ気と柔らかい肉質が特徴です。

37542864 2115351915405809 1386389368402345984 n
yoshikyuhorumon

しかしながらミスジという名前から察するように非常に筋が多い部位でもあります。焼肉の際には薄切りでさっと炙って食べるのがおすすめの食べ方です。あまり目立たない肩肉ですが食べると絶品で、しっかりとした肉のうまみが味わえるほか、適度なサシ気がとろける食感を生みます。本当に美味しい部位を食べるなら肩肉は絶対におすすめです。

焼肉の部位・種類ランキング食通編1位:センボンスジ

30841245 1684537678274440 4292672752671784960 n
matsusakaushi.tomoya.nagoya

これを知っていたら食通編の第1位に紹介するのがセンボンスジです。こちらは一頭の牛からわずか数パーセントしかとれない超希少部位にあたります。故に知っている人や捌ける人も少ないのが実情です。種類は牛のモモ肉に分類されてハバキという部位をさらに解体するとセンボンスジが出てきます。たくさんの筋が入っているように見える様からセンボンスジと呼ばれています。

28434518 196435437785457 3735856115628376064 n
pe_ta_1919

一見筋張っている見た目から柔らかい肉質とはかけ離れており硬い肉というイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。薄切りにするとコリコリとした食感が癖になる部位で、よく稼働する部位ですので噛むほどに肉の味をしっかりと味わえる食通御用達の部位です。知識として知っていたら周りにちょっと自慢できるかもしれません。

美味しい焼肉を食べよう!

焼肉で美味しい部位や種類を紹介してまいりましたが皆さん知っている部位はありましたか。今まで知らなかった部位や希少部位などもこの記事を通して知っていただけたら幸いです。暑い夏はまだまだ続きますので、家族や友人と焼肉・バーベキューをするときはいつもとは違う美味しい部位を選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
活き活き活ホタテちゃん

日本の人気ランキング

日本の新着のまとめ