デイキャンプを満喫するためのおすすめ情報!持ち物・便利グッズや楽しみ方は?

2018年8月24日 (2018年8月24日最終更新)

デイキャンプは日帰りでキャンプを楽しむことができるので、アウトドアに不慣れな人や初心者におすすめのキャンプスタイルです。デイキャンプは通常のキャンプほどの荷物を持っていかなくても手軽に楽しめ、1日休みがあれば行けるので、手軽にキャンプに出かけましょう!

目次

  1. デイキャンプとは?
  2. デイキャンプとバーベキューは違う?
  3. デイキャンプは初心者にもおすすめ!
  4. デイキャンプでのおすすめの楽しみ方は?
  5. デイキャンプでおすすめの料理1:バーベキュー
  6. デイキャンプでおすすめの料理2:ホイル焼き
  7. デイキャンプでおすすめの料理3:ハンバーガー
  8. デイキャンプでおすすめの料理4:焼きマシュマロ
  9. デイキャンプに必要な持ち物1:調理器具
  10. デイキャンプに必要な持ち物2:テーブル&チェアー
  11. デイキャンプに必要な持ち物3:クーラーボックス
  12. デイキャンプに必要な持ち物4:その他小物
  13. デイキャンプに必要な持ち物5:ランタン
  14. デイキャンプであると便利なおすすめグッズ1:ワンタッチテント
  15. デイキャンプであると便利なおすすめグッズ2:カート
  16. デイキャンプであると便利なおすすめグッズ3:虫除けグッズ
  17. デイキャンプで夜まで楽しむなら焚き火もおすすめ!
  18. 休日はデイキャンプに出かけよう!

デイキャンプとは?

デイキャンプとは、通常のテントでの寝泊まりを含むキャンプとは違い、その日キャンプを楽しんだらその日のうちに帰るスタイルのキャンプのことを指します。デイキャンプはキャンプが初めての初心者にも安心して楽しむことができます。今回は、そのデイキャンプに必要な持ち物やグッズ、楽しみ方やおすすめの料理などをご紹介していきます!

Originalキャンプ初心者におすすめの用品や必需品は?よくある失敗&準備方法まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今年はキャンプをしてみたいなと思っているキャンプ初心者におすすめ情報です。定番のキャンプ用品...

デイキャンプとバーベキューは違う?

デイキャンプの楽しみ方は、主に野外で料理をしたりしてワイワイ楽しくご飯を食べることですが、それだけ聞くと、「バーベキューと同じじゃないの?」と感じる方もいるかもしれません。しかし、バーベキューとはそもそも料理方法の名称ですので、「デイキャンプでバーベキューをする」という表現が正解です。よって、この2つは全くの別物です。

また、1日限りのデイキャンプとバーベキューが混同されがちな理由として、アウトドアで料理をする場合、バーベキューが手軽なので、キャンプとバーベキューがセットのイメージがあるからでしょう。しかし、キャンプの際に必ずバーベキューをしなくてはいけないわけではないので、デイキャンプに行ってもバーベキューはしない、という選択肢もあります。

デイキャンプは初心者にもおすすめ!

キャンプをしたことがない初心者にいきなり「キャンプに行こうよ!」と誘うと、「テントで寝るの辛そう」「ずっと外にいるのいやだ」などと、マイナスな答えが返ってくる場合があります。そんな初心者におすすめなのがこのデイキャンプです。デイキャンプなら、まず初めの「テントでの寝泊まり」という大きな問題をクリアにしてくれるので誘い易いです。

デイキャンプなら、本格的なグッズがない初心者でも手軽に行くことができますので、まずはデイキャンプで慣らしていくといいでしょう。デイキャンプなら初心者の友達を誘って、たとえその友達が何もキャンプグッズを持っていなかったとしても、他の誰かが持っているものでなんとかなってしまうものです。ですから初心者にはデイキャンプがおすすめです。

そして、自分自身がキャンプ初心者で、これからキャンプを本格的に始めようか検討している最中であれば、まずはデイキャンプで試してみるのもいいでしょう。デイキャンプでの楽しみ方をマスターできれば、本格的なキャンプもそこまでハードルが高くないでしょう。キャンプ初心者がグッズを全て揃える前に、一度デイキャンプでお試しするのが安心です。

Originalキャンプをおしゃれに楽しむ人気グッズ&小物まとめ!テントや料理にも工夫! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプをおしゃれに楽しむおすすめのグッズや小物などの情報を詳しく挙げていきます。キャンプだ...

デイキャンプでのおすすめの楽しみ方は?

デイキャンプは、その日のうちに家に帰る日帰りスタイルのキャンプなので、キャンプの楽しみ方で醍醐味の「みんなで夜を明かす」という選択肢がありません。しかしアウトドアを満喫するという楽しみ方がありますので、デイキャンプをするなら自然が豊かな場所を選ぶのもおすすめです。キャンプ場によっては近くに川が流れていたりする場合があります。

デイキャンプをしに訪れたキャンプ場に、もし川などの水場があったら水遊びもできますし、何より自然の中で料理をしたり、みんなで話し合ったりすることが楽しみ方の醍醐味です。また、湖畔で行うデイキャンプなら、少し手間はかかりますが、SUPなどを持って行くという楽しみ方もおすすめです。せっかく自然の中にいるので、自然を満喫しましょう。

デイキャンプでおすすめの料理1:バーベキュー

デイキャンプでおすすめの料理といえばやはりバーベキューが手軽でおすすめです。自宅である程度材料を仕込んでいけばあとは焼くだけですし手間もかかりません。もし串に刺すタイプのバーベキューを楽しみたいなら、自宅で全部食材を刺して持っていくとあとはグリルに乗せるだけで焼くことができます。料理の手間を省いた分、色々な楽しみ方ができます。

バーベキューの良いポイントは、バーベキューコンロさえあれば各々が好きな食材を持ち寄って、好きなものを勝手に焼いて食べることができるということでしょう。人によって好き嫌いもありますし、自分の分は自分で持ってくる、というスタイルにすると、清算する手間も省けておすすめです。食べたい時に食べたいものを焼くことができるおすすめ料理です。

デイキャンプでおすすめの料理2:ホイル焼き

アウトドアでの料理の楽み方は何と言っても手軽さが一番です。大して調理の手間がなく、おしゃべりしている間に料理が完成するのが理想です。そんな手軽な料理でおすすめなのはホイル焼きです。大した器具も必要なく、ホイルと食材があれば簡単に出来てしまいます。食材と一緒にバターやオリーブオイルをホイルで包めば、気がつくと出来ている料理です。

デイキャンプでおすすめの料理3:ハンバーガー

続いてのデイキャンプでおすすめの料理は、ハンバーガーです。ハンバーガーは、バンズに焼いたお肉や魚、野菜などを挟めば簡単に出来てしまいます。鉄板やフライパンでバンズの内側をバターでこんがり焼いて、グリルした肉や野菜を挟んで食べてみてください。自分の好きなものを好きなだけ挟めますので、ボリューム満点のハンバーガーが食べられます。

デイキャンプでおすすめの料理として、ハンバーガーの他にもタコスなどもおすすめの料理です。皮を持って行って軽く鉄板で炙れば、あとは具材を挟むだけですし、テーブルに具材を並べておけば、各々好きなものを挟んで食べてくれます。料理する側もとても楽なスタイルですし、好きなものを挟んで食べることができるという楽しみ方が豊富なメニューです。

デイキャンプでおすすめの料理4:焼きマシュマロ

そしてキャンプの醍醐味とも言えるデザートといえば、やはり焼きマシュマロは外せません。串に刺して火でこんがりと炙ったマシュマロは、表面はこんがりと焼けて、中はトロトロの、甘党にはおすすめのデザートです。もしもやったことがない方は、デイキャンプに行った際にやってみてください。マシュマロは海外の大きいものがおすすめです。

その焼きマシュマロはもちろんそのまま食べてもとても美味しいですが、さらに美味しさをアップさせる方法があります。それは、ビスケットやクラッカーに挟んで食べる、というものです。ふわふわとろとろのマシュマロを、クラッカーに挟んで食べることによって違った食感が楽しめるので、もし焼きマシュマロを試してみたい方は一緒に食べてみてください。

デイキャンプに必要な持ち物1:調理器具

では、デイキャンプを行うためには、一体どんな持ち物が必要なのでしょうか。通常のキャンプと違って、寝るためのテントは必ずしも必要ではありません。その日のキャンプを楽しむための持ち物があればいいのです。デイキャンプを快適に楽しむために必要なものを以下でまとめましたので今後のデイキャンプの参考にしてみてください。

手軽に使えるコンロ系

まず、アウトドアで料理を楽しむならバーベキューコンロやガスコンロなどの火をおこせるグッズが必要です。キャンプ場でデイキャンプを行う場合は施設についているかもしれません。しかし、そういったグッズ貸し出しがない場合などは必ず必要になります。本格的なものではなくても、家庭にあるガスコンロでも手軽に使えるのでおすすめです。

調理には最低限の包丁やトングを

デイキャンプは手軽に楽しむものなので、そこまでたくさんの持ち物は必要ありませんが、調理をするにあたって必要最低限の持ち物は持っていくといいでしょう。包丁やまな板、トングといったものがあるといざという時に便利です。万が一包丁がなくてもキッチンバサミがあると大抵の食材が切れて、しかもまな板もいらないのでとても便利です。

お好みのもので食器を

そして、みんなでデイキャンプで食事をするなら必要になるのが食器類です。以前までは紙製の使い捨てのお皿などが主流でしたが、最近では何度も使うことができるキャンプ用の軽い食器などを持ってキャンプする人が増えています。その方がゴミも増えませんし環境にも優しいのでおすすめです。初心者がマイキャンプグッズとして手軽に買うこともできます。

デイキャンプに必要な持ち物2:テーブル&チェアー

デイキャンプの持ち物で、これは必ずあった方がいいというものがテーブルと椅子です。これがあるとないではデイキャンプの快適差が全く異なります。いい天気の日に座り心地抜群の椅子でのんびりしていると、あまりの気持ち良さにすやすやと寝てしまうこともあります。いい天気の自然の中でお昼寝をするのもデイキャンプの楽しみ方の一つです。

もしも食事を楽しむだけだったら、テーブルと椅子がセットになっているタイプのものでもいいでしょう。しかしそのあとにみんなでゆっくりお話を楽しんだりする場合は、個人でゆっくり座ることができるキャンプ用の椅子がおすすめです。リクライニングできるものや、足の角度を調節できるものもあるので好みのものを選ぶといいでしょう。

デイキャンプに必要な持ち物3:クーラーボックス

デイキャンプに必要な持ち物で忘れてはいけないのがクーラーボックスです。特に暑い季節には必需品の持ち物となります。デイキャンプはアウトドアですから、冷蔵庫はありません。デイキャンプで食事を楽しんだり、冷たい飲み物を飲んだりするためにはクーラーボックスは忘れないようにしましょう。これがあれば食材も安心して運ぶことができます。

もしもクーラーボックスがない場合は、発泡スチロールの箱でも代用可能です。スーパーなどでもらえるものでもいいですし、もし買うとしてもクーラーボックスよりは安く手に入ります。また、安物のクーラーボックスを購入するよりも、保冷力が高く実用的なので、変に安くて機能性のないものを買うよりは見た目は悪くても保冷力の面でおすすめです。

デイキャンプに必要な持ち物4:その他小物

その他に、料理をする際などに必要な備品などがあるととても快適に料理が楽しめます。アルミホイルやキッチンペーパー、ウェットティッシュなど汚れを拭き取るものがあった方がいいでしょう。食事をする際に手が汚れたらいちいちい水場にいかなくても、ウェットティッシュがあればすぐに拭き取れるので常に手を清潔にた保つことができます。

デイキャンプに必要な持ち物5:ランタン

デイキャンプで明るいうちに撤収して帰宅する方には必要ありませんが、少しのんびりして夕方までデイキャンプを楽しみたいという方には、ランタンが必要な持ち物になってきます。場所にもよりますが、自然豊かな場所でもキャンプを楽しむ場合は、ライトなどがないことが多く、暗くなると何も見えなくなってしまいます。なのでランタンは必需品です。

デイキャンプであると便利なおすすめグッズ1:ワンタッチテント

デイキャンプでテントは必需品ではありませんが、日よけになるタープやテントが1つあると日差しが強い場合に逃げ込む影ができるのでおすすめです。テントとは言っても本格的なもではなく、初心者でも簡単に組み立てることができるワンタッチ式の物もありますので、一度お店に足を運んで実物を手にとってみるといいかもしれません。

テントではなく、簡単なタープを持っていくのもおすすめです。簡単なタープは組み立ていらずで、購入したらそのまま広げるだけで使うことができます。アウトドアを満喫するためには、日陰があるということは重要なポイントです。もしも周りに木陰などがない場所でデイキャンプを楽しむ方は、テントかタープのどちらかがあると便利です。

デイキャンプであると便利なおすすめグッズ2:カート

車でキャンプサイトまで直接いける場合は必要ありませんが、もしも車から離れた場所でデイキャンプを行う場合はキャンプ用のカートがあると便利です。本格的なテントがないとはいえ、大きな物が多いですから、一度に運ぶのは難しいでしょう。そんな時カートに乗せていけば手で運ぶよりも簡単に、そしてたくさんの荷物を運ぶことが可能です。

デイキャンプであると便利なおすすめグッズ3:虫除けグッズ

アウトドアでは様々な虫に遭遇することでしょう。蚊はもちろん、あぶや蜂などたくさんの虫が生息しています。そんなたくさんの虫たちをいちいち注意して見ていることは不可能です。ですから出来るだけこちらに近づいてこないようにするために、虫除けグッズを用意しておくのがおすすめです。スプレータイプやキャンドルタイプなどいろいろあります。

Originalキャンプに虫よけ対策は必須!最強のスプレーやランタンなどおすすめ紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
キャンプをするうえで欠かせないのが虫対策です。キャンプ場のある山には数多くの虫が生息しており...

デイキャンプで夜まで楽しむなら焚き火もおすすめ!

テントで寝泊まりはしたくないけど、夜までデイキャンプを楽しんでから帰りたいという方は、焚き火が出来る焚き火台を持っていくのがおすすめです。日が暮れてから焚き火を囲んでみんなで語り合う時間は、なんとも言えず楽しい物です。火を囲みながらおしゃべりしていると、時間の経つのを忘れてしまって、ついついのんびりとしてしまいます。

焚き火台があると、後片付けも簡単ですし、とても手軽に焚き火を楽しむことができます。そして地面に直接焚き火をしてはいけないという場所も少なくありません。ですから火を眺めたい方は焚き火台が必須アイテムになります。焚き火台にも本格的な高価な物から、手軽に楽しむことができる物まで色々ありますので、一度チェックしてみるといいでしょう。

休日はデイキャンプに出かけよう!

テント泊はしたくないけど、アウトドアは楽しみたい!という方にはデイキャンプがおすすめです。手軽に楽しむことが出来るアウトドアとして人気がありますし、初心者でも始めやすいキャンプスタイルです。必要最低限のグッズがあれば、あとは家にある物でなんとかなってしまうものです。とりあえずキャンプしてみたいという方はぜひ行ってみてください!

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小鉄

日本の人気ランキング

日本の新着のまとめ