リヒテンシュタイン城は中世の世界観を満喫できるドイツの名城!行き方は?

2018年9月1日 (2018年9月10日最終更新)

南ドイツのシュヴァーベンアルプにある、美しい名城「リヒテンシュタイン城」をご存知ですか?リヒテンシュタイン城は中世の魅力たっぷりの、断崖絶壁に建つロケーション最高の観光地です。リヒテンシュタイン城の歴史から展望台や見どころ、行き方などを本記事でご紹介します。

目次

  1. 誰が住んでいた?リヒテンシュタイン城の歴史
  2. リヒテンシュタイン城の見どころをチェック!
  3. 気になるリヒテンシュタイン城内部の中身は?
  4. リヒテンシュタイン城内部はガイドツアーで見学
  5. リヒテンシュタイン城の営業時間と入場料金
  6. リヒテンシュタイン城までの行き方
  7. リヒテンシュタイン城周辺の宿泊施設情報
  8. 初めてのドイツ旅行に役立つ旅の基本情報
  9. リヒテンシュタイン城で中世の世界を満喫しよう

誰が住んでいた?リヒテンシュタイン城の歴史

有名なアニメ作品、ルパン3世「カリオストロの城」のモデルになったとも言われている、ドイツのリヒテンシュタイン城は、「シュヴァーベンアルプ」と言う名称の森の中に、ひっそり佇んでいます。こちらは南ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州内、シュトゥットガルト郊外の「ホナウ」と呼ばれる小さな町に位置しています。

22708700 149127069157571 5679396720501325824 n
traveria_eu

混在しがちですが、ウィーンのリヒテンシュタイン城や、西ヨーロッパ中央部のリヒテンシュタイン公国のファドゥーツ城とは異なります。垂直に切り立った岩山の上に見事に建てられたドイツのリヒテンシュタイン城は、まるで自然に融合した美しい芸術作品のようです。まずはそんな中世の魅力あふれるリヒテンシュタイン城の歴史を、紐解いてきましょう。

リヒテンシュタイン城が築城されたのは12世紀頃

22709523 366308823821101 4935677713919770624 n
traveria_eu

現在ある城がそのまま残っているのではありませんが、リヒテンシュタイン城の歴史は古く、12世紀頃(1000年頃)には、既に存在していました。しかし1311年の帝国戦争で一度破壊され、1315年には再建されたものの、市民の反乱で再度破壊されました。二度の破壊後、リヒテンシュタイン城は約400年以上、1803年まで廃城のままでした。

廃城から狩猟の館へ変貌

38545538 452706745209806 7021777736569978880 n
ayachon026

400年以上放置され、荒れ果てたままのリヒテンシュタイン城に転機が訪れたのは、ヴュルデンベルク家、公爵フリードリヒ2世の領地となってからです。廃城はフリードリヒ2世によって1803年に撤去されました。そしてその跡地に「狩猟の館」が建てられました。リヒテンシュタイン城は、一度城ではなくなっていたのです。

19世紀に騎士物語の作品に憧れて再現

36671923 385902655266749 8233258276989435904 n
makimaki3roll

その後フリードリヒ2世の甥、ヴィルヘルム・フォン・ウラッハ公爵が1837年に「狩猟の館」を相続しました。ウラッハ公爵は、ドイツの小説家ヴィルヘルム・ハウフ著の中世の騎士物語「リヒテンシュタイン」に深く感銘を受けました。それをきっかけに「狩猟の館」を全て解体し、一からリヒテンシュタイン城を中世風に築くこととなったのです。

中世の雰囲気を感じるネオゴシック様式

11311971 102381696768397 43274028 n
norbertwoehnl

中世の騎士物語「リヒテンシュタイン」に影響を受けたウラッハ公爵は、建築家カール・アレクサンダー・ハイデロッフに、リヒテンシュタイン城の建築を依頼しました。こうして現在のリヒテンシュタイン城は、1840年から1842年にかけて、建築されました。中世ネオゴシック様式のリヒテンシュタイン城は、今から170年以上前に建てられたことになります。

Src 10888142ドイツのお土産おすすめはコレ!人気雑貨や定番のチョコも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回は、人気の観光スポットの一つドイツのお土産についてご紹介していきます。ドイツでは、ビール...

リヒテンシュタイン城の見どころをチェック!

22500118 1471464269602283 1087623390228905984 n
thisisclong

それでは気になるドイツのリヒテンシュタイン城の見どころを、これからご紹介します。見ておくべきポイントや注意点を事前にしっかりチェックすることで、無駄なくリヒテンシュタイン城を堪能できるでしょう。ドイツ観光のコースに、中世の魅力を放つリヒテンシュタイン城にぜひ足を運んでみましょう。

断崖絶壁の上に建つ美しい城

19955507 349099678843498 7396545179680768000 n
babygorillagram

リヒテンシュタイン城は、その美しさから「妖精の城」とも呼ばれています。緑豊かな森に囲まれた、断崖絶壁にそびえ立つリヒテンシュタイン城は、外界の世界から遮断された夢のワンシーンのようです。妖精を連想させるメルヘンチックな美しさもありながら、荘厳な中世の世界観も感じさせます。

外観や庭の雰囲気を見学しよう

リヒテンシュタイン城は、現在もウラッハ公爵の子孫に代々受け継がれて、一般公開されています。一部外観を周ることもできますので、入る前にぜひ見てみましょう。城周辺にはリヒテンシュタイン城が建てられたきっかけの小説家「ヴィルヘルム・ハウフ」の記念碑や小さな展望台があります。一通り外観を楽しんだ後で、門をくぐり内部を見学しましょう。

見どころは中世の建築

11353491 1648049558748114 31024897 n
norbertwoehnl

なお城内部は基本全て有料で、入口近くの窓口でお金を支払います。また中庭や展望台までは大丈夫ですが、城内部は撮影禁止となっています。情緒あふれる雰囲気を、現地でしっかり目に焼き付けましょう。また入口近くの売店では、アイスクリームやリヒテンシュタイン城限定のお土産も販売されているので、おすすめです。

12093603 1713570942210448 99562774 n
kiki__1017

中庭には礼拝堂や大砲を展示した櫓など、色々な建物があります。礼拝堂は今も実際に使われており、結婚式が行われる時もあるそうです。中世風の彫刻や庭園に窓の造り、石壁など、ここだけでも見どころが沢山あります。中庭には、彫刻がデザインされた凝った造りの石のベンチがあります。座って記念撮影すると、Instagram映えするでしょう。

城主気分!城下の景色が見える展望台

13741391 1173078549422555 541657768 n
irislanalber

標高817メートルの岩山の上に建つリヒテンシュタイン城の展望台は、眺めも抜群です。展望台の見どころは眼下に広がる、ホナウの城下町や美しい自然です。特に統一されているわけではありませんが、ドイツの屋根は控えめな赤茶色、緑、グレーなどが多いです。可愛い外国の街並みと言った雰囲気を、展望台から楽しめるでしょう。

展望台は天候が急変することも

11809561 1173399992676431 1040815397 n
chimu.c.k.n

展望台で注意したいのが天候です。山の上ということもあり、リヒテンシュタイン城は、霧が立ち込めることもよくあります。濃霧の中のリヒテンシュタイン城も、神秘的な中世の雰囲気はありますが、展望台からの眺めは見込めません。やはり展望台は晴れた状態で見るのがベストでしょう。天候を確認の上、行くことをおすすめします。

見どころの展望台は城のベストショット

22710810 1557646040957423 896360022567550976 n
brian_phung34

リヒテンシュタイン城が1番美しく撮影できるスポットは、中庭の展望台になります。周囲の山々を背景に、橋や崖が入るリヒテンシュタイン城の全貌展望台は、絶対行っておくべきでしょう。中庭を突き進んだ奥にある展望台で、リヒテンシュタイン城の美しさを存分に堪能しておきましょう。特に紅葉の時期は展望台の眺めが綺麗なのでおすすめです。

気になるリヒテンシュタイン城内部の中身は?

中世感のある木造の橋を通り城内に入ると、武器や絵画、甲冑などのコレクションを飾った武器の間を始め、装飾や天井が美しい礼拝堂、珍しい木造りの城内バー、王の部屋などがあります。他にも紋章の間、張り出しの間など、合計8部屋を鑑賞できます。どの部屋も壁や装飾画や天井が美しいですが、1番広く豪華なのは武器の間でしょう。

Worldheritage556 1 20120712165813ドイツ観光名所特集!人気のスポットやおすすめの見どころも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツは美しい街並みで、観光地としても人気のある国です。そんなドイツの人気の観光名所をご紹介...

リヒテンシュタイン城内部はガイドツアーで見学

橋を渡りリヒテンシュタイン城内部の見学は、ガイドツアーに申し込まないと見ることができません。基本的に、ガイドツアーはドイツ語のみとなっています。ただし利用客が20人以上の場合、事前予約で英語のガイドツアーにすることも可能です。少数の場合は、ドイツ語のみと覚えておきましょう。

ガイドツアーは日本語もある?

残念ながら、ガイドツアーはドイツ語と英語(要件を満たした場合のみ)だけです。しかし、日本語の通訳プリントを1€(ユーロ)でレンタルできるサービスがあります。この通訳プリントを見ながら城内部を見学すれば、ガイドツアーのドイツ語が分かるだけでなく、見どころも逃すことがありません。行った際にはぜひ、通訳プリントをレンタルしましょう。

ガイドツアーの所要時間

19051762 107241223223984 253937828252090368 n
cristianberner

ガイドツアーの所要時間は、内容により異なります。中庭と城内部のガイドツアーが30分、季節を問わず通年で行っており、気軽に利用できます。また庭園と城内部のガイドツアーは60分です(利用定員は9人まで)こちらのツアーは4月から10月の第一日曜日だけ行っており、時間が11時/12時30分/14時/15時30分/17時と限られています。

リヒテンシュタイン城の営業時間と入場料金

29096466 2113731065526323 7567266289996005376 n
ito_hirossy

次に、2018年度現在の営業時間や入場料金についてリサーチしてみました。リヒテンシュタイン城は季節によりお休みしている時があります。また、時間もその時によって異なりますので、行く前に把握しておきましょう。なお、開園期間や営業時間、入場料金はずっと変わらないわけではありませんので、その都度チェックしておきましょう。

営業時間と定休日を確認しよう

リヒテンシュタイン城は、12月24日から26日、また1月から2月の期間はお休みしています。3月は10時から16時までの営業時間、4月から10月の期間は、9時から17時までの営業となっています。11月から12月の期間は10時から16時までの営業と、基本的に寒い季節は営業時間が短めになっています。

見学内容で変わる入場料

入場料金は、お城の中庭のみの見学が、大人2€、子ども1€です。中庭と城内部見学のガイドツアー(30分)が大人8€、子ども3.5€。庭園と城内部見学のガイドツアー(60分)が大人16€、子ども7.5€となっています。窓口ではクレジットカードを取り扱っていない場合もありますので、必ず手元に現金を用意しておきましょう。

リヒテンシュタイン城までの行き方

日本からドイツまでの飛行機での行き方や時間、空港からの電車やバスのアクセス方法をまとめてみました。リヒテンシュタイン城は大都市にあるわけでもなく、田舎の山の上ですので、行くのに少し手間はかかります。しかしそれだけの価値はありますので、電車やバスでの便利な行き方を網羅しておきましょう。

日本からドイツまでの行き方と飛行時間

日本からドイツまでの行き方は、飛行機ですが、直行便を使っても約12時間はかかります。そして行きは約12時間かかるのですが、ドイツからの帰りは気流の関係で1時間短くなり、約11時間になります。フランクフルト空港やミュンヘン空港の直行便を選ぶと、リヒテンシュタイン城に最もアクセスしやすいでしょう。

東京の羽田/成田空港、大阪の関西空港、名古屋の中部空港からそれぞれ直行便が出ています。たとえ同じ行き先でも、フライトスケジュールや機材運搬の関係、各空港会社により、11時間40分で到着したり12時間30分かかるなど、時間に開きがあります。時刻表をチェックし、自分に1番適した時刻の空港会社を選びましょう。

電車での行き方

空港からは、まず「シュトゥットガルト」に向かいます。ミュンヘン空港も良いですが、フランクフルト空港からのほうが、シュトゥットガルトにはややアクセスしやすいです。行き方は、フランクフルト空港からICE(新幹線)で約1時間10分かかります。また、空港から飛行機でシュトゥットガルトに行く方法もあります。その場合は約30分で到着します。

そしてシュトゥットガルトからの行き方は、ドイツ鉄道を利用します。リヒテンシュタイン城の最寄り駅「ロイトリンゲン」まで向かいます。シュトゥットガルトから、「ロイトリンゲン」までの所要時間は、約30分です。頻繁に出ているわけではなく、1日8便、2時間に1本ほどですので、事前に調べて行くと良いでしょう。

バスでの行き方

ロイトリンゲン駅に到着すると、バス亭が近くにあります。バス停で時刻表を見るのも良いですが、1時間半から2時間に1本のペースなので、できれば事前に確認しておきましょう。「honau_reutlingen_bus」で検索するとバス時刻表が出てきます。バス停でホナウ(Honau)行きか、自信がなければ運転手に聞きましょう。バスは片道30分、3.40€です。

注意したいのが、バスの運転手により停車地を全くアナウンスしてくれないことがあることです。事前に運転手や周囲の人に「ホナウで降りたいので、着いたら教えて欲しい」と言っておくと安心です。喋れない時はアプリの翻訳機などを使用すると良いでしょう。ホナウに到着したら、先に進んだ反対側の歩道にある帰りのバス時刻表も見ておきましょう。

Originalシュツットガルトは街並みもよし風景もよし!厳選観光スポット紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツで最も栄えている町「シュツットガルト」。歴史ある宮殿やドイツの大自然を味わえる黒い森、...

リヒテンシュタイン城までの行き方

13712166 583270815179875 342035353 n
flashmanello

バス停から、リヒテンシュタイン城までの行き方は、大抵徒歩で行くようになります。しかし、30,40分かかる山道で、かなり運動します。徒歩で行く体力に自信がない方は、リヒテンシュタイン城の駐車場までタクシーで行くこともできますので、周辺のホテルなどでタクシーを頼んでみましょう。

22639346 120991031931131 6896620705937358848 n
traveria_eu

山道になりますので、運動靴など歩きやすい靴をおすすめします。徒歩での行き方は、リヒテンシュタイン城のHP紹介のコースが最短で、地図がダウンロードできます。バス停からGoogleマップを使用していくと迷わないでしょう。舗装されてない草むらや薄暗い木々の細い山道の箇所もあり、時には倒木やクモの巣がかかっていることもあるので注意しましょう。

バス停からは「ハイリンゲン通り」を左に曲がり、次にY字の場所で右側の「アホルン通り」へと向かいます(最短ルートです)。歩いた先の「schlossstraße」の標識方向へは行かず、舗装されていない山道へ入っていきます。途中、分かれ道が何度かありますが標識の通りに行くと到着します。山登りなので心配な方は虫よけを持っていきましょう。

リヒテンシュタイン城周辺の宿泊施設情報

21433692 177160426162015 1598254165174255616 n
lichtenberg77

旅行では目的地の宿泊先も大事なポイントです。リヒテンシュタイン城周辺の、おすすめの宿泊先をリサーチしてみました。主にサービスの利便性を追求したホテル、アットホームな一軒家宿、目的地に近く食事やスパが充実したホテルなどをピックアップしてみました。ぜひ旅行の時の参考にしてみてください。

アクツェントホテルフォレレンホフレスレ

リヒテンシュタイン城から1番近い「アクツェントホテルフォレレンホフレスレ」。ホテル内はどの部屋も綺麗で快適に過ごせます。WiFi 無料、朝食も無料で、美しい中庭や爽やかなサンデッキでの食事も可能です。特にフルサービスのスパが充実しており、おすすめです。また、ホテルで養殖した新鮮な鱒を使用したレストランが美味しいと評判です。

フェヴォロイトリンゲン

「フェヴォロイトリンゲン」は客室3部屋の、こぢんまりとしたアパートメントです。多言語対応のスタッフがおり、全館禁煙でWiFi無料、庭でバーベキューグリルも可能です。ドイツの普通の一軒家に宿泊したい人にはおすすめです。落ち着いた空間で心安らかに過ごせるでしょう。なお、リヒテンシュタイン城からは約20.3kmになります。

ホテルウーテンバーガー ホフ

「ホテルウーテンバーガーホフ」は、全60室の4つ星ホテル。24時間フィットネスクラブがあり、敷地内でも自転車がレンタルできるので運動したい人に最適です。ランドリー設備に手荷物保管サービスもあり、新聞、アメニティ、ボトルウォーターが無料、WiFiも完備しています。温製と冷製料理の朝食ビュッフェも無料で提供されるのでおすすめです。

OriginalドイツのコンセントプラグはCタイプとSEタイプがある! 変圧器は必要? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツでは日本とは違うタイプのコンセントが使われています。また、電圧も違うので日本の電子機器...

初めてのドイツ旅行に役立つ旅の基本情報

ドイツ旅行が初めてという人に、押さえておきたい基本情報をお知らせします。日本との時差やドイツの気候に、快適な服装の3点をまずは知っておきましょう。ポイントを押さえて事前に用意したり段取りしておくと、旅行先で体調を崩すことなく、元気に楽しむことができるでしょう。

日本との時差はどのくらい?

ドイツと日本との時差は、約8時間です。日本よりドイツのほうが、マイナス8時間分、時計が遅れています。たとえば、日本が1日17時の夕方の時点で、ドイツは1日9時の朝の時間になると言うことです。ただし、3月から10月までのサマータイムの期間だけは、マイナス7時間に縮まりますので、そのことも覚えておきましょう。

気候とドイツ旅行の服装

日本よりも北に位置するため、ドイツの冬は寒さが厳しいです。日照時間も短く気温が冷えるので、冬季は手袋や厚手のコートなどが必須です。北海道よりも少し寒いと認識しておきましょう。反対に、夏場は猛暑や30度超えになる時も。しかし雨が少し降るだけで、かなり冷えるので注意が必要です。カーディガンやジャケットなど1枚は持っておきましょう。

ドイツで有名な観光名所

また、ドイツでの有名な観光地の見どころも、いくつかご紹介します。ドイツは世界遺産が多く、写真で一度は目にしたことがあるでしょう。旅の醍醐味は、近くで見て感じることです。実際の建築物はもっと美しく、そのスケールに圧倒されるでしょう。人気の見どころへの行き方や、注意点を念頭に置いて旅行を楽しめるようにしましょう。

ノイシュヴァンシュタイン城

ドイツ南部のバイエルン州にある「ノイシュヴァンシュタイン城」は、世界遺産ではありませんが、有名な観光地として知られています。19世紀にバイエルン王、ルードヴィヒ2世によって建築されました。リヒテンシュタイン城と同じく、こちらも中世騎士道への憧れで造られましたが、完成には至らず建築途中のままとなっています。

角度や季節により、見え方が異なるノイシュヴァンシュタイン城は、特にペラート峡谷のマリエン橋から見ると絶景です。城内部は人工の洞窟や、一面天井が黄金の王座の間、重さ900kgのシャンデリアなど様々な見どころがあります。所用時間40分程の日本語オーディオガイド付きのガイドツアーがあるので、楽しめるでしょう。

まずはドイツ鉄道フュッセン駅前まで行きます。そこからノイシュヴァンシュタイン城の麓の町「ホーエンシュヴァンガウ」まで、バス(所要時間10分)で向かいます。そしてホーエンシュヴァンガウからノイシュヴァンシュタイン城まで、シャトルバス、徒歩(40分)、城の約300m手前まで馬車(冬季は休業)のいずれかで到着します。

ケルン大聖堂

ドイツで最も人が訪れる観光地の、ケルン大聖堂。ドイツ三大聖堂の1つでもあります。高さ157m、およそビル40階分の大聖堂は、見る者を圧巻させる迫力です。ゴシック様式の建築物の中では、世界最大と言われ、ユネスコの世界遺産にもなっています。630年以上もかけて建築されたケルン大聖堂は、荘厳で神秘的な魅力を放っています。

ケルン大聖堂には、外側に3つの玄関と2つの塔があり、様々な箇所に有名な彫刻家による何百体もの彫刻が装飾されています。中には「旧約聖書」の一部が刻まれており、キリスト教の神聖さを感じさせます。聖堂内にも各柱に聖人や天使の彫刻があり、繊細な造りは細部まで徹底されています。また東方三博士の聖遺物を納めた黄金の棺もはすぜない見どころです。

大聖堂内の幻想的なステンドグラスは、はずせない見どころです。新しいものでは現代絵画の巨匠ゲルハルト・リヒターが2007年にデザインした作品も。中でもバイエルンの王、ルートヴィヒ1世が寄贈した5枚の色鮮やかなステンドグラスは必見です。アダムとイブ、キリストの受胎と告知、聖霊降臨、4人の預言者などの物語が描かれています。

全長144mもある、ゴシック様式聖堂内も見どころの一つです。天井が高く開放感あふれるゴシック様式建築は、天高くそびえ立つ聖堂は神の領域=天であると言う考えの元、デザインされています。見事な柱に支えられた、突き上げるような山型の尖頭アーチや、リブ・ボールドの円天井に目を奪われます。ステンドグラスから光が最大限入る設計なのも見事です。

ライン河にかかる「ホーエンツォレルン橋」とセットで見る夜のケルン大聖堂も、大変美しく、見どころの一つです。ケルン大聖堂への行き方は、「ケルン中央駅」のすぐ近くなので、電車を利用して行くのが便利でしょう。またすぐそばに、バスターミナルもありますので、バスでアクセスしても差支えありません。

Originalドイツケルンのおすすめ観光スポット厳選10選!外せない名所ばかり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ドイツの西部に位置する古都ケルンは、ケルン大聖堂や多くの教会など、歴史建物が並ぶ観光地です。...

リヒテンシュタイン城で中世の世界を満喫しよう

いかがでしたか?ドイツのリヒテンシュタイン城は、現在に至るまで様々な歴史がありました。自然深い森の中、岩山にそびえ立つリヒテンシュタイン城は、何ものにも邪魔されない、美しい中世の世界が広がっているようです。中世にロマンを感じる人は、ドイツ観光の見どころとして、ぜひリヒテンシュタイン城を満喫してみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
オアシスイオン

ドイツ全都市の人気ランキング

ドイツ全都市の新着のまとめ