アペロは食前酒を嗜むフランスのオシャレ習慣!東京でも楽しめるお店を紹介

2018年9月8日 (2018年9月9日最終更新)

日本にはあまり馴染みのない「アペロ」と言う習慣がフランスにはあります。アペロは、日本でいう「飲みに行く」とは少し異なる文化で、自宅で夕飯を食べる前に飲み屋さんに行って軽く一杯友達と飲むという習慣です。今回はそのアペロについてご紹介していきます。

目次

  1. フランスの習慣のアペロをご存知ですか?
  2. フランス人が習慣としているアペロの意味は?
  3. フランスでは「アペロしよう」は日常の習慣!
  4. アペロにはおつまみが必須!
  5. フランスでアペロするのは会社外の友達!
  6. フランスの習慣「アペロ」は夕飯前に解散する!
  7. アペロにおすすめのワイン1:スパークリングワイン
  8. アペロにおすすめのワイン2:白ワイン
  9. アペロにおすすめのワイン3:ロゼワイン
  10. 青山でもアペロが楽しめる!
  11. アペロを東京で楽しめるお店1:W表参道 ザ セラーグリル
  12. アペロを東京で楽しめるお店2:モン テルセーロ
  13. アペロを東京で楽しめるお店3:バル akiba
  14. アペロを東京で楽しめるお店4:一の屋・人形町バル
  15. 日本のみんなも「アペロしよう!」

フランスの習慣のアペロをご存知ですか?

フランスでは、夕食を食べる前に軽くワインを飲んだり、おつまみを食べる習慣があります。そしてそれを「アペロ」と呼ぶのですが、日本人が「飲みに行こう!」というのとはちょっと異なります。アペロは飲みにいくというほどどっしりと腰を据えて飲むものではなく、サクッと飲んでサクッと帰るフランス文化です。では、アペロについてご説明します!

フランス人が習慣としているアペロの意味は?

最近「アペロしない?」と言う言葉が流行っています。そのアペロの意味をご存知ですか?この「アペロ」と言う言葉の意味は、アペリティフ(apéritif)を短縮した言葉で、食前酒という意味を持っています。アペロは食前酒という意味ですが、夕食を食べる前に少しおつまみを食べながらワインを飲んで、胃袋を開けておこうと言う意味合いもあるようです。

フランス文化のアペロは食前酒と言う意味ですから、アペロで飲むお酒も軽いものが好まれます。さらっと飲むことができるシードルやビール、軽いカクテルなどを飲むそうです。

そのため、アペロをするフランス人たちはベロベロになることはなく、いい気分で自宅に帰っていきます。アペロはその言葉の意味のとおり、あくまでも食前酒なのです。

フランスでは「アペロしよう」は日常の習慣!

フランスでは仕事帰りに「アペロしない?」と言うのが習慣となっています。アペロは自宅で夕食を食べることを前提としているため、友達の予定をあまりきにすることなく誘うことができます。そのため、仕事が終わったら気軽に友達に連絡をとって「アペロしない?」と誘えるのです。アペロはフランスではなくてはならない習慣です。

アペロは通常20時〜20時半までには終わります。その後各自家に帰って夕食を食べるので仕事が終わってアフターファイブにサクッとアペロを楽しむという習慣が、フランス人たちのリフレッシュ法なのでしょう。

アペロがあることで、友達とまめに会うこともできますし帰宅時間が遅くなることもないので家族ともうまくやっていけるという利点があります。

アペロにはおつまみが必須!

フランスの習慣であるアペロは、ベロベロに酔っ払うためにお酒を飲むわけではありません。ですから軽いお酒を飲むのですが、その他におつまみを食べながらお酒を飲むと言うのが普通です。おつまみは夕食前なのでこちらも軽いものでつまみやすいおつまみが基本です。ナッツやクラッカー、ハムなどがおつまみとして適しているようです。

どんなに美味しいおつまみがあったとしても、家に帰って夕食を楽しむ余力を残しておきましょう。せっかく家族が作ってくれた食事を食べないというのは、作っている方が悲しい思いをしてしまいます。

フランスでアペロするのは会社外の友達!

そして、日本人からすると普通のことですが、フランス人から見ると仕事帰りに会社の同僚や上司とお酒を飲みに行くのは非常に不思議な感じがするそうです。せっかく会社が終わったのに、またなぜ会社の人と一緒にアペロをしに行かなくてはいけないの?と言う気持ちになるのだそうです。これは文化の違いとしかいいようがないかもしれません。

フランスでは仕事が終わったら友達に連絡をとって、会社以外の人とアペロをするのが習慣です。しかし日本人は会社の人たちと飲みにいくことがとても多いでしょう。今までなら「飲みに行こう」と誘われたら夜遅くまで付き合わなくてはいけなかったものが、日本でもアペロが習慣づけば「一杯だけ飲んで帰ろう」と言えるので付き合いが楽になりそうです。

フランスの習慣「アペロ」は夕飯前に解散する!

フランスの習慣であるアペロは、夕食を自宅で食べる前に、軽く飲んでいこうよ!と言う意味がありますので、夕食の時間前になると各々解散して自宅に帰っていきます。それがアペロの良いところで、仕事と家の往復ではなく、ある程度友達とも遊べて、さらに夕食は家族と一緒に食べることができるという理想的な習慣なのです。

フランスで外食をするのはとてもコストがかかるので、特別な時以外は通常家で夕食を食べるのが当たり前なのだそうです。日本のように、低価格で食事が楽しめて、さらにお酒を飲めるお店というのはフランスには無いので、軽くアペロして家に帰って夕食を家族でとるのが一般的です。日本はそういった点で安くて美味しい素晴らしいお店が沢山あります。

アペロにおすすめのワイン1:スパークリングワイン

では、ここでアペロにぴったりのお酒をいくつかご紹介していきます。まずは食前酒の代名詞とも言えるスパークリングワインです。スパークリングワインのようなしゅわしゅわとした発砲酒は、適度に胃袋を刺激してくれるので、食欲を増幅させてくれる働きがあります。食事をとる前に、胃袋にご飯を入れるスペースを作ることができます。

スパークリングワインなら、あまりアルコールが得意では無い方でも飲めるようなものも多いですから、アペロとしておすすめのワインです。食事前に飲むお酒なので、あまり甘いものよりもさっぱりとしたものが良いでしょう。また、フルーツ系の味が感じられるミモザやベリーニなども食前酒として好まれているようです。

アペロにおすすめのワイン2:白ワイン

次におすすめのお酒は、白ワインです。白ワインと一口に言っても甘口のワイン、辛口のワインと様々です。しかしアペロとして飲むワインは、すっきりとした味わいが感じられる辛口の白ワインがおすすめです。食事の前に飲むので、甘口のワインを飲んでしまうと少し満腹感を感じでしまいますし、口の中が甘くなってしまうので食事には不向きでしょう。

そしてアペロのワイン選びで大切なポイントは、あまりアルコール度数の高いものを選ばないことです。食事の前にベロベロになってしまうような飲み方はスマートなアペロとは言いません。アペロはあくまでも食事を楽しむための助走ですから軽く飲んで気分良く家に帰るということがとても大切です。おしゃれにスマートにアペロを楽しんで家に帰りましょう。

アペロにおすすめのワイン3:ロゼワイン

続いておすすめなのがロゼワインです。こちらは癖があまりなくどんなおつまみとも相性が良いですし、さらっとした飲み心地でアペロにぴったりの飲み口です。サラサラと飲めてしまうロゼワインは、おつまみも進みます。できれば夕食のことを考えて飲みすぎてしまったり、おつまみを食べ過ぎてしまわないようにしてください。

赤ワインよりもさっぱりとしていて、白ワインよりも華やかな香りが楽しめるロゼワインは、アペロにおすすめです。外出先ではなく、自宅でアペロを楽しんでいる場合は、そのままディナーへすんなり移ることができる、万能なワインです。おつまみとも相性がよく、食事の邪魔もしない、どんな食べ物にも合うロゼはアペロにおすすめです。

青山でもアペロが楽しめる!

35403650 987948768034697 2154655444520402944 n
sachiyop

フランスの文化で、食前酒という意味を持つアペロですが、最近は日本でもアペロが広まりつつあるのです。東京の青山にはオーナーがフランス人のアペロバーがあります。青山という土地柄とてもスタイリッシュですし、青山のビルの3階にあるため、夜こちらに行けば青山の街の夜景を見ながらアペロを楽しむことができて、気持ちもリフレッシュできます。

40071822 1111381852364120 8605192141196492800 n
aperowinebaraoyama

こちらの青山にある「アペロワインバー青山」は、種類豊富なオーガニックのフランスワインが楽しめます。アペロワインバー青山では、様々なワインに合う美味しい食事が用意されていますので、青山でアペロを楽しみたい方は、ぜひ一度アペロワインバー青山に足を運んでみてはいかがでしょうか。青山はアクセスしやすいですしおすすめです。

住所 東京都港区南青山3-4-6 Aoyama346 3F
電話番号 03-6325-3893

アペロを東京で楽しめるお店1:W表参道 ザ セラーグリル

11005219 884795864874593 453809999 n
exotic_manifold

東京には、アペロを楽しむことができるお店がたくさん存在します。まずはダブリュー表参道 ザ セラーグリルです。こちらのお店では様々なワインがリーズナブルで味わえます。アペロで訪れた際に、様々なワインを試してみるのもいいでしょう。ダブリュー表参道 ザ セラーグリルおすすめのタパスと美味しいワインを楽しんでください。

そしてアペロではありませんが、こちらのお店でランチを食べる場合、ワインがおかわり自由という嬉しいサービスがついてきます。お仕事中のランチでは楽しめないかもしれませんが、休日に訪れたらお昼から美味しいお酒をたくさん飲むことができるのでおすすめです。おかわり自由ですと、飲み過ぎに注意が必要です。

住所 東京都港区北青山3-10-6 青山パークスビル B1F
電話番号 03-3400-3552

アペロを東京で楽しめるお店2:モン テルセーロ

12558470 604213263065369 1499853111 n
enoyanfarm

こちらのモン テルセーロは、品川の駅からほど近くにあるスペインバルです。美味しいおつまみも豊富で、グラスワインは常時、5種類のワインが用意されていますので、気軽によって好みのワインを楽しむことができます。駅に近いのでアペロするにはとても利便性があり、友達との待ち合わせもしやすいのでおすすめです。

そしてこちらのお店には、テラス席があるのもおすすめのポイントです。暖かい気候の日には、テラスで軽くアペロを楽しむことができます。テラスでアペロをするのはとても気持ちがいいですし、サクッと飲んでサクッと帰ることができます。もしも品川の近くでアペロをしたい方は、ぜひこちらのお店に立ち寄ってみてください。

モン テルセーロの予約はこちら
Original品川でワインを楽しもう!個室やバーなどのレストランやおすすめショップ17選 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
さまざまな飲食店や販売ショップが勢揃いしている品川は、人気のグルメスポット。今回は品川でおす...

アペロを東京で楽しめるお店3:バル akiba

24838744 136150483717096 8499568793624772608 n
bar_akiba

続いては秋葉原のビルの8階にあるスペインバル「バルakiba」です。店内はまるで海外のお店に来たようなおしゃれな雰囲気です。こちらのおすすめのアペロ酒はサングリアです。サングリアは赤と白、そして季節のサングリアという4種類が用意されています。気軽に飲めるサングリアはアペロにはもってこいのおすすめのお酒でしょう。

バルakibaは、おしゃれな雰囲気ですが、肩に力を入れなくても気軽に店内に入ることができるお店です。おつまみもサングリアによく合うものばかりです。美味しいサングリアは、デキャンタでも頼めますし、もちろんグラスでも頼むことができます。大勢でアペロを楽しむならデキャンタで頼んでもいいでしょう。サクッと帰るならグラスがおすすめです。

スペインバル バルakiba 秋葉原店

P030071382 168
ジャンル:
秋葉原 / ダイニングバー・バル
住所:
東京都千代田区神田佐久間町1-13 チョムチョムアキハバラ 8F
営業時間:
月~日、祝日、祝前日: 11:30~15:00 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30)17:00~23:00 (料理L.O. 22:15 ドリンクL.O. 22:30)
平均予算:
2,001〜3,000円
提供: Hotpepper s
Originalサングリアは女性に大人気のワインカクテル!おすすめの飲み方や市販品の種類も | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
サングリアのおすすめ市販品や飲み方などをご紹介します。サングリアは女性にも大人気のワインのカ...

アペロを東京で楽しめるお店4:一の屋・人形町バル

11325959 1568582913394963 1415240496 n
tietiebom

続いてご紹介するアペロを楽しむことができるお店は、和洋折衷なメニューが楽しめる「一の屋・人形町バル」です。こちらは下町のバルとして様々な方から愛されているお店です。和洋折衷という言葉の意味がよくわかるほど、ジャンルにとらわれない種類豊富なおつまみやお酒を楽しむことができます。店構えも入りやすいのでアペロにおすすめです。

11246935 845953598825759 669334502 n
ayno5150

また、こちらのおすすめのアペロ酒は、日本酒がベースになったサングリアです。ワインで作られたサングリアとはまた一味違った和風テイストな美味しいお酒です。日本酒ベースなので、少しアルコール度数が高いかもしれませんが、サングリアになっていて氷も入っていますから、日本酒をそのまま飲むよりは多少はアルコールも薄まっています。

一の屋 人形町バル

P026044796 168
ジャンル:
人形町 / 居酒屋
住所:
東京都中央区日本橋人形町1丁目2-7人形町サンシティビル1階
営業時間:
月~金、祝前日: 11:30~14:00 (料理L.O. 13:40 ドリンクL.O. 13:40)17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:30)土: 17:00~23:30 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)日、祝日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:00 ドリンクL.O. 23:00)
平均予算:
3,001〜4,000円
提供: Hotpepper s

日本のみんなも「アペロしよう!」

食前酒という意味があるフランスの習慣「アペロ」は、日本でも広がってほしい、いいこと尽くしの習慣です。頻繁に友達と軽く遊ぶこともできますし、家族との時間も大切にすることができます。会社から帰る際に軽くアペロしてストレスを発散して帰宅して家族で美味しい夕食を楽しめれば、家族も友達とも円満に楽しく過ごすことができるでしょう。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
小鉄

東京都の人気ランキング

東京都の新着のまとめ