チボリ公園はコペンハーゲンで人気のスポット!料金や営業時間は?

2018年9月18日 (2018年9月21日最終更新)

1843年に開業した世界最古のテーマパーク、チボリ公園は、スカンジナビア諸国の大都市でありデンマークの首都であるコペンハーゲンにあります。チボリ公園は単なる公園ではなく、アンデルセンの童話から飛び出したようなエンターテイメントに満ちたおとぎの世界です。

目次

  1. チボリ公園は世界最古のテーマパーク
  2. チボリ公園のあるコペンハーゲン
  3. 童話作家アンデルセンが足繁く通ったチボリ公園
  4. チボリ公園のレトロなアトラクション施設
  5. 北欧ならではのチボリ公園の営業期間と時間
  6. 金曜日だけが異なるチボリ公園の入場料金
  7. 世界中を巡る旅が出来るチボリ公園
  8. チボリ公園のレストランその1:Grøften
  9. チボリ公園のレストランその2:Søcafeen
  10. チボリ公園のレストランその3:faergekroen
  11. 豪華華麗なイベントその1:野外ステージ
  12. 豪華華麗なイベントその2:コンサートホール
  13. 豪華華麗なイベントその3:ファンタジーショー
  14. チボリ公園まですぐの中央駅とホテル
  15. 世界中の人々から愛されるチボリ公園

チボリ公園は世界最古のテーマパーク

tivoli

1843年に開園したチボリ公園は、当時のデンマーク国王クリスチャン8世の臣下であったゲオカーステンセンが、市民のための娯楽施設として造ったのが始まりです。階級の区別なく誰でも楽しめるという構想のもと、今では世界中の人々から愛されるテーマパークになっています。ここでは、そのチボリ公園の魅力を余すことなく紹介していきます。

チボリ公園のあるコペンハーゲン

Copenhagen

デンマークの首都コペンハーゲンは、スカンジナビア諸国の中で最大の都市であり、今も残る中世北欧の街並みと数多くの観光資源に恵まれ世界中の旅行者を魅了し続けています。その多くの観光名所は、市街地中心部にまとまっていて、中でもコペンハーゲン中央駅やホテルのすぐ目の前にあるチボリ公園は、多くの観光客が訪れる観光名所です。

Copenhagen

デンマークは、南部をドイツと国境を接する大陸部分を領有しながら、首都コペンハーゲンがシェラン島という島嶼に存在する数少ない国家の一つです。そのコペンハーゲンは、デンマーク語のKjøbmandehavn、商人たちの港、に由来しており、飲食店やアンティークショップなどカラフルな建物が美しいニューハウンなどを中心に見どころ満載です。

A4fff037aaafca9d4af88aad3a6dbd38 mコペンハーゲンの観光スポット!おすすめモデルコースあり!治安は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
デンマークの首都であるコペンハーゲン。「北欧のパリ」とも呼ばれ、レンガや石造りやカラフルな木...

童話作家アンデルセンが足繁く通ったチボリ公園

tivoli garden

市庁舎西側に、雪の女王、マッチ売りの少女、みにくいアヒルの子など数多くの童話を残した世界的に有名な童話作家アンデルセンの銅像が立っています。そのアンデルセンが見つめる先にチボリ公園があり、彼はこのチボリ公園へ足繁く通い、童話の構想を練っていたと言われています。彼が憩いの場所に選んだチボリ公園の魅力とは一体何でしょうか。

tivoli

アンデルセンの銅像が立つアンデルセン通り側にあるチボリ公園の入口は、もうひとつそのアンデルセン通りと交差するヴェスターブロゲイド通りにあり、こちらがメイン入口になります。赤レンガの2階建ての建物を繋ぐ19世紀開園当時の造りそのままの、歴史を感じさせる趣きのある入場門が、これから始まる夢の世界を期待させてくれます。

tivoli garden

19世紀の歴史を感じさせる王宮のような入場門をくぐり園内へ入ると、通りを覆い尽くすような高さのある緑の木々が沿道に沿って植えられ、アンティークな趣きのあるギフトショップや開放感溢れるレストランなどが一体化して佇んでいます。19世紀の北欧の街を想像させる雰囲気を漂わせ、まさにアンデルセンの童話の世界そのものです。

tivoli garden

それぞれに特徴のあるアンティークショップや雰囲気たっぷりのレストランなどを眺めながら通りを進んで行くと、噴水があちこちに上がる湖が現れ、大きな帆船が浮かべてあります。とにかく緑が多く、レンガブロックの歩道とマッチして心安らぐ風景が続きます。アンデルセンもここのベンチで構想を練っていたと思うと感慨もひとしおです。

チボリ公園のレトロなアトラクション施設

tivoli garden

キリン、像、シマウマなどたくさんの動物が乗り物部分になった動物のカルーセルは、チボリ公園の記念碑的なアトラクションのひとつです。チボリ公園の乗り物は、決して最新式のアトラクションではないですが、歴史的な重厚さを感じるクラシックなアトラクションが多く、逆にそれが親しみやすさを覚え、大人から子供まで童話の世界へと誘います。

tivoli

地上80mからのスリルと飛行感を味わえるクラシックなアトラクション、スイングカルーセルは、空中遊泳をしながら視界360度のコペンハーゲンの市街地を視界に捕らえることができる爽快感たっぷりのアトラクションです。地上80mの高さから見るコペンハーゲンの街並みは、歩いて見て廻る風景とまた違った美しい景色が広がっています。

tivoli

チボリ公園の各アトラクション施設は、夜になるとそれぞれのアトラクションがライトアップされて、より一層華やかに演出され、園内を訪れたゲスト達の目を楽しませてくれます。またアトラクション施設だけでなく、施設内の建物、レストラン、通りに到るまで、園内全てが煌びやかな照明によって、まるで童話のような世界を再現しています。

北欧ならではのチボリ公園の営業期間と時間

tivoli

コペンハーゲンは緯度でいうと、北海道の北にある樺太の最北よりも北に位置しますが、緯度のわりには、気候は穏やかで夏は涼しく冬は温暖です。夏は稚内ぐらいの涼しさで冬は仙台ぐらいです。ただし夏と冬の日の入りの時間は極端で、夏は夜22時、冬は夕方16時です。そのためチボリ公園の営業時間は、夏の営業時間と冬の営業時間では異なります。

tivoli

営業期間と営業時間は、季節毎、曜日毎によってそれぞれの営業時間と期間が異なります。春から秋にかけての営業期間は、3月24日から9月23日までで、日曜から木曜までの営業時間は11時から23時まで、金曜と土曜の営業時間が11時から24時までと、それぞれ営業時間が異なります。また開園記念日の8月15日は、11時から0時半までの営業時間です。

tivoli

チボリ公園の冬の2大イベント期間は、ハロウィンとクリスマスです。ハロウィンの営業期間は、10月24日から11月4日、クリスマスの期間は、11月17日から12月31日までで、園内がそれぞれの装飾に彩られます。イベント期間中の営業時間は、春から秋と同様に、日曜から木曜までが11時から23時の営業時間、金曜土曜が11時から24時の営業時間です。

金曜日だけが異なるチボリ公園の入場料金

tivoli

チボリ公園の基本入場料金は、デンマーククローネで120DKK、日本円にして約2100円の料金です。金曜日の入場料金は少し高くなっていて、175DKK、日本円で約3100円の料金です。3歳から7歳までの子供は基本料金が50DKK、日本円で約880円の料金、金曜日が100DKK、日本円で約1760円の料金です。3歳未満の入場料金は無料です。

Originalデンマークの通貨のレートは?外貨両替をお得に!物価なども調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
デンマーク旅行を計画中ですか?デンマークで使われる通貨やレートを知って、旅行のイメージをつか...

世界中を巡る旅が出来るチボリ公園

tivoli garden

チボリ公園の園内を歩いていると突如現れるインドのマハラジャ風の建物です。外観は寸分違わぬ精巧な造りのインド様式の建物ですが、中はデンマーク料理の店が入っています。インド料理ではありません。ちょっとミスマッチですけど、外から見る風景は、荘厳で厳かな雰囲気がして、コペンハーゲンにいることを忘れてしまうほどです。

tivoli garden

途中歩いていくと、中近東風の建物の塔屋だったり、何となく東洋的な形の街灯が並んでいたり、西洋、中近東、東洋がごちゃまぜになったようなカオスな雰囲気の通りが続きます。何となく魔法にでもかけられて不思議な世界に迷い込んでしまったような、そんなワクワクさせるアドベンチャー的な雰囲気を味わえるのもチボリ公園ならではです。

tivoli garden

極めつけは、池のほとりに建てられている五重塔のような中華風の建物とでも形容すればいいのでしょうか。19世紀の時代、東洋人が想像するアラビアンナイトの世界やサバンナが広がるアフリカや雪に覆われた北欧を思い浮かべるように、北欧の人が描く東洋のイメージはまさしくこのような建物なんでしょうと思わせる造りをしています。

チボリ公園のレストランその1:Grøften

Restaurant Grøften

チボリ公園の入場口から通りを真っすぐ歩いて左に折れすぐにあるレストラン、Grøftenは、チボリ公園の開園以来からある最古のレストランです。お店に入ると、天井部分がガラス張りになっていて明るい光が差し込み開放的な雰囲気です。白身魚のフライやにしんのマリネなど、魚介類を中心とした伝統的なデンマーク料理を楽しむことができます。

tivoli garden

伝統的デンマーク料理といえば、パンが見えなくなるほど大量の具材を乗せるオープンサンドイッチのスモーブローが有名です。スモークハムやサーモン、ムキエビ、数種類の野菜など多くの具材が出てきます。一人分と思って一品注文すると、かなりの量が出てくるのでシェアして食べたほうがいいかもしれません。

チボリ公園のレストランその2:Søcafeen

18444847 101564780418499 2006587151365439488 n
3amo_3ambo

大きな湖の畔にあるレストランSøcafeenは、店内に入ると船内にいるような細長いフロアと陽光が差し込むガラス張りの天井が特徴的な、伝統的デンマーク料理のレストランです。穏やかなチボリ湖を眺めながら、いろんな種類のスモーブローを中心とした料理とアイスコールドドラフトビール、アイリッシュコーヒーなどを楽しむことができます。

20902664 261868104319424 6037787895694098432 n
sophiasidiropoulos

スモーブローの料金は、一品がおおよそ1000円から2000円ぐらいなので、非常に物価の高いデンマークでは比較的安心して食べられるメニューです。サーモンなどのフィッシュや野菜をバターを塗ったパンに挟んでいただきます。ファーストフードの肉食系ハンバーガーとは違う、野菜とシーフードのサンドイッチで日本人向きのメニューです。

チボリ公園のレストランその3:faergekroen

29416843 594861657554014 1617509783462477824 n
faergekroenbryghus

チボリ湖の近くに建つスパニッシュ瓦の切妻屋根をしたfaergekroenは、ユトランド南部の漁場の街にある建物を再現した牧歌的雰囲気のするレストランです。昼間はスモーブロー中心のメニューで、霧が湖を覆いだす夕方以降になると、世界各国の料理とコラボしたデンマーク料理と自家製ビールなどを楽しむことができます。

28158423 190875338171689 6376829577498460160 n
faergekroenbryghus

レストランfaergekroenでは、オリジナルの自家製ビールを提供しています。デンマークは、ビール天国と言われるほどビール消費量が多く、また物価が高い中にあってビールだけは、一缶100円前後の料金で買えることもあり、周辺諸国からわざわざ買いに来るほどです。コペンハーゲンの人達を満足させる自家製ビールは賞味する価値ありです。

豪華華麗なイベントその1:野外ステージ

tivoli

屋外の華やかな雰囲気をより一層盛り上げるのが、ステージイベントです。入場口を真っすぐ進み、突き当たりを左に折れてパンケーキ屋の横を通り、抜けていくと広々とした芝生広場が広がる野外ステージが現れます。ここでは、常に野外コンサートや民族衣装のダンス、など様々なイベントショーやアトラクションが繰り広げられています。

豪華華麗なイベントその2:コンサートホール

tivoli

デンマーク国旗をずらりと掲げた格式ある伝統的なコンサートホールでは、国内外からの有名アーティストによるクラシック、ジャズ、ポピュラーなどのコンサートやミュージカル、マジックショーなど壮大で華麗なエンターテイメントショーが繰り広げられています。このコンサートホール目的で訪れる地元の人々やホテルの観光客が大勢います。

豪華華麗なイベントその3:ファンタジーショー

28751076 755094901347108 497590743133585408 n
scenekanten

野外ステージやコンサートホールで人気のアトラクション、ファンタジーショーのメンバーは、そのままの衣裳で通りを歩いていたりします。通りを歩いていると、突然現れる北欧の海賊や映画の世界から飛び出した俳優達に思わずびっくり。一緒に記念撮影なども可能で、アトラクションやショーを見た後には楽しさも倍増します。

チボリ公園まですぐの中央駅とホテル

Københavns Hovedbanegård

外観がお城のような歴史あるコペンハーゲン中央駅は、最初に開業したのが1847年で、チボリ公園が開業して4年後のことです。その後何度も大幅な改修工事が行われ現在に至っています。また2019年にはコペンハーゲンの地下鉄環状線が開業予定で、空港とこの中央駅を結び、チボリ公園や周辺のホテルまで簡単にアクセスできるようになります。

ヤコブセンの最高傑作ラディソンブルロイヤルホテル

radisson blu royal hotel

コペンハーゲンでの観光を満喫できるおすすめのホテルが、中央駅から近く、観光のスタート地点になるストロイエからも徒歩数分と大変便利な立地にあるラディソンブルロイヤルホテルです。デンマークを代表するデザイン建築家の巨匠、アルネヤコブセンが内装や家具、照明まで全てデザインしており、彼の最高傑作のホテルとも言われています。

住所 Hammerichsgade1Copenhagen1611Denmark
電話番号 010-45-3342-6000

抜群のロケーションに建つインペリアルホテル

Imperial Hotel Copenhagen

インペリアルホテルは、コペンハーゲン中央駅からも近く、ヴェスターポート駅の真横に建つホテルで、チボリ公園まで歩いて350m、4分で行ける至近距離にあります。また周辺には、スーパーマーケットやレストランなどもあり抜群のロケーションです。室内にはお洒落な北欧家具のソファやテーブルがあり快適に過ごせるおすすめのホテルです。

住所 VesterFarimagsgade9Copenhagen1606Denmark
電話番号 010-45-3312-8000

世界中の人々から愛されるチボリ公園

tivoli

階級の差別がなく誰でも楽しめる場所、という先進的考えを元に造られたチボリ公園。当時は反発も強かったようですが、ウォルトディズニーがチボリを訪れ、ディズニーランドのモデルにしたともいわれており、時代を超えた今では、大人から子供まで、世界中の人々から愛されるアミューズメントパークになっています。

関連記事

Original
この記事のライター
zukzuk22