冠京華は台湾名物・小籠包の名店!アクセスやおすすめメニューを詳しく紹介!

2018年10月1日 (2018年11月27日最終更新)

日本人に人気の、本場台湾にある小籠包の専門店「冠京華」は、今一番おすすめしたい食堂です。本格的な小籠包を楽しめるだけでなく、さまざまな家庭的中華料理が安価で堪能できる店もおすすめの理由になります。ここではそんな「冠京華」を徹底解説していきます。

目次

  1. 台北の小籠包なら「冠京華」は外せない!
  2. 「冠京華」の人気の理由はこれ!
  3. 「冠京華」のおすすめメニューは小籠包
  4. 「冠京華」の小籠包は1種類だけじゃない!
  5. 「冠京華」おすすめのメニュー「餃子」
  6. そのほかの「冠京華」のおすすめメニューたち
  7. 「冠京華」の小菜も安くて豊富な種類がある
  8. 「冠京華」の場所はこちら
  9. 「冠京華」へのアクセスはこんな感じで
  10. 「冠京華」の歴史はいかに?
  11. 小籠包は台湾の名物料理?
  12. 小籠包の本当の食べ方
  13. 「冠京華」の周辺にはこんな見所がある!
  14. 「冠京華」以外にも有名な小籠包の店
  15. 「冠京華」がどこにも負けない魅力
  16. だから「冠京華」は台北に来たら絶対に行くべき店!

台北の小籠包なら「冠京華」は外せない!

日本から近い上、国としても親日国である台湾は日本人にとって訪れやすい観光国です。見所はもちろん、物価も安く、また食事もおいしいと、韓国には欠かせない要素がすべて揃っています。そんな台湾の首都台北市を訪れたら、絶対に食べてほしいのが「小籠包」です。

台北には絶品の小籠包の有名店が数多くあります。その中でも今一番注目してほしい店は「冠京華」です。人気の小籠包食堂で、台湾でも屈指のおすすめ店になります。アクセスもよく、メニューも小籠包以外にも豊富ですから、きっと満足できます。ここではそんな「冠京華」を見ていきます。

「冠京華」の人気の理由はこれ!

「冠京華」のおすすめメニューはなんといっても小籠包です。アツアツのスープがたっぷり入った一口大のシュウマイのようなもので、日本の中華料理店でも人気のメニューです。「冠京華」は歴史の長い店であり、台湾でも日本人から支持される人気の食堂になります。

特に「冠京華」がほかの小籠包の食堂と人気のレベルが違い理由は、後述するメニューの豊富さにもあります。小籠包専門店ではあるものの、さまざまな人気メニューが目白押しで、どれもおすすめの逸品です。そして、台湾初心者でも行きやすいアクセスのよさもまた人気の理由でもあります。地下鉄駅が近いので、中国語ができなくてもすぐに足を運べます。

「冠京華」のおすすめメニューは小籠包

「冠京華」が人気の理由はなんといっても小籠包であることは間違いありません。たっぷりとスープが皮の中に収まっていて、肉汁と共に口に幸せを運んでくれます。数あるおすすめ人気メニューの中でもやはり小籠包は絶対的な存在です。しかも、ひと口に小籠包といっても「冠京華」には数種類もあります。その楽しみもまた人気の事情になります。

「冠京華」の小籠包は1種類だけじゃない!

小籠包というと一般的には豚肉の小籠包が思い浮かびます。かごに入れられたアツアツのイメージですが、ここ「冠京華」はそれだけではありません。小籠包といってもいくつも種類がありますので、選ぶ楽しみ、味わいを比べる喜びがあります。だからこそ、「冠京華」は今日本人にも注目される食堂になっているのです。

小籠湯包(10個入り150元)

最もベーシックなのはこの「小籠湯包」です。一般的に日本人がいう小籠包にあたります。ほかの人気店と比較しても大きめのサイズですので、すなわちスープもたっぷりです。また、皮の厚さも絶妙で、すべてが最高のバランス感の上に成り立っています。「冠京華」に来たら絶対に食べるべきおすすめメニューです。

蟹黄小包(10個入り280元)

こちらのおすすめ人気メニューは「蟹黄小包」です。先のオーソドックスな小籠包のおよそ2倍近い価格ですが、これはカニのたまごが入っているからです。これによってスープに濃厚さが生まれ、普通の小籠包とは違ったコクが出ます。小籠包と共に、こちらもぜひ楽しんでいいただきたい逸品です。

「冠京華」おすすめのメニュー「餃子」

作り方や材料が似ている点でいえば、ここ「冠京華」は「餃子」もまたおすすめのメニューになります。実際、小籠包と同じようにジューシーで味わい深いです。そんな餃子もまた数種類あります。ここでは「冠京華」の餃子にはどんなものがあるのか紹介します。

小籠蒸餃(10個入り150元)

「冠京華」においては最もベーシックな餃子になります。小籠包のように肉汁がたっぷりと感じられる逸品ですが、豚ひき肉にネギが混ざっているので、小籠包とはまったく違った味わいといってかまいません。小籠包を頼んだからこの餃子はいらない、というのははっきりいって損をしていることと同義です。「冠京華」に来たら、ぜひこちらも頼んでください。

菜肉餃(10個入り180元)

この餃子はチンゲンサイが中心になった餡を使った餃子です。普通は豚肉に野菜を混ぜたものが野菜の餃子になりますが、ここは野菜をメインにして、繋ぎ的に豚ひき肉を使っています。そのため、野菜だけとはいっても充分にジューシーな味わいが楽しめる餃子です。これもおすすめしたい人気メニューです。

そのほかの「冠京華」のおすすめメニューたち

「冠京華」は小籠包で人気の食堂ですが、ほかのメニューも充実した、おすすめの店になります。つまり、小籠包だけがおいしいのではなく、そのほかの料理も充分に楽しめる逸品になります。しかも安いので、たくさん頼んでもリーズナブルなのは嬉しい話です。ここではそんな「冠京華」のその他の人気メニューを紹介します。

蝦仁焼賣(10個入り250元)

台湾の小籠包店で人気の「冠京華」ですが、小籠包以外の人気メニューの中ではこのエビのシューマイもおすすめです。エビのうま味が皮の中にしっかりと閉じ込められているので、シューマイでありながらエビ版小籠包と呼んでもいいでしょう。それくらいの逸品です。

蝦仁蛋炒飯(1皿120元)

中華料理の基本であるチャーハンもまた「冠京華」ではおすすめです。ここではエビのチャーハンを推しましょう。台湾は海に囲まれた国ですから、海鮮食材は抜群です。また、中華料理の調理の基本である炒め方も「冠京華」は完璧です。だからこそ、チャーハンもまたおすすめになります。

酸辣湯(1つ70元)

「冠京華」の隠れた人気メニューは「酸辣湯」です。日本の中華料理店でもおなじみの料理になりましたが、特に「冠京華」がおすすめなのは味わいが控えめなところになります。というのは、小籠包などが小さいながらも濃いめの味わいなので、その口直しなどにうってつけだからです。ぜひこのスープ類もまた堪能してみてください。

「冠京華」は酸辣湯もそうですが、スープ類も充実しています。同時に麺類もまたしっかりした味わいですので、絶対的に食べていただきたい料理です。

簡単にいってしまえば、「冠京華」のメニューはどれもおいしくておすすめです。迷ったら小籠包、チャーハン、スープもしくは麺類を頼みましょう。

「冠京華」の小菜も安くて豊富な種類がある

「冠京華」では注文して待っている間に楽しむお茶はセルフです。また、刻んだショウガも店内にある棚から自分で取ります。日本の中華料理店ですとショウガは気持ち程度しかくれませんが、ショウガはたっぷりとあった方が、小籠包の味が引き立ちます。

それから、「小菜」と呼ばれる小皿の野菜類もセルフで選べます。韓国料理でいうキムチやナムルのような存在で、箸休め的に楽しむものです。「冠京華」では7種類の小菜があり、小さな皿ではあるものの、とてもおいしいので、ぜひ試してみてください。

「冠京華」の場所はこちら

「冠京華」は中国語読みでは「クワンチンホア」となります。台北市の中心から見るとやや北寄りですが、地下鉄駅が近いのでアクセスは完璧です。初心者でも立ち寄りやすい立地条件です。地下鉄でもいいですし、中国語に自信があればタクシーに「クワンチンホア」といえば連れて行ってくれるでしょう。それくらいアクセスがいいです。

「冠京華」がある場所は南京東路という大通りの四段を目指します。下記の住所情報を見ていただければ番地などもわかりますが、この通り名と四段だけ憶えておけば、簡単にアクセスできます。

台湾の住所は非常に合理的で、初めての人でもすぐに訪れることができるようになっているのです。

住所 台湾台北市南京東路四段133巷4弄1号
電話番号 02-2712-3358

「冠京華」へのアクセスはこんな感じで

「冠京華」は台湾でも屈指の小籠包の食堂です。ぜひとも足を運びたいと思っている人もいることでしょう。ここではよりわかりやすく「冠京華」へのアクセス方法を紹介します。タクシーが最も簡単なアクセス方法ですが、ここでは地下鉄を使うことを前提に紹介します。

「冠京華」の最寄り駅は台湾の地下鉄、「MRT台北小巨蛋站」という駅になります。「台北小巨蛋站」は英語では「タイペイ・アリーナ」という意味になります。近くにアリーナがあるのでその名前がつきました。では、もっと詳しい行き方を説明します。

駅から「冠京華」のアクセスですが、「MRT台北小巨蛋站」を下車したら5番出口で地上に出ます。そうしましたら、台北アリーナが見えますので、反対方向に歩いて行ってください。そうしますとその先に「セブンイレブン」があります。その角が133巷なので、左に曲がればすぐに「冠京華」がみつかります。

「冠京華」の歴史はいかに?

「冠京華」の人気の理由は間違いなく小籠包を始めとしたさまざまな料理のおいしさです。また、アクセスのよさもその理由になります。「冠京華」は台北市内の北の方に位置しています。イメージとしては台北市の下町といったところでしょうか。

そんな場所にある「冠京華」がおいしい料理を提供できているのは、店の歴史に裏打ちされた技術があるからです。ベテランの職人たちが丁寧に作った小籠包や餃子、そのほかの料理は完璧であります。だからこそ、「冠京華」は今一番といわれるほどに高い評価を受けているのです。

「冠京華」は実に40年以上の歴史のある食堂です。小籠包の店としては長い歴史のある店ですので、だからこそ、他店には負けない味わいを小さな小さな小籠包ひとつひとつに込められるわけです。ほかならぬ歴史に培われた技術力が他店とは圧倒的に違います。これが「冠京華」の人気の要因になります。

小籠包は台湾の名物料理?

小籠包はイメージですと台湾の料理ひとつと思っている人も少なくありません。日本にある小籠包の有名店は多くが台湾から来ているからです。しかし、小籠包は実際には台湾料理ではなく、上海料理になります。上海発の点心がそれにあたるのです。

そもそも「小籠包」は日本人多くが「しょうろんぽう」と発音します。中国語の共通語である普通話では「シャオロンパオ」といいます。「しょうろんぽう」という発音自体が、上海語の「ショーロンボー」に酷似しています。発音からして上海発ということがわかるのです。

小籠包の歴史を紐解くと、実は長い歴史がありました。起源そのものは1872年に遡ります。上海のお菓子屋さんが始めたものが原型で、その店の弟子が独立し、1920年になって販売し始めたものが人気となり、上海名物になりました。これが小籠包のルーツです。

Original本場台湾の小籠包なら絶対ココ!おすすめの有名店を厳選してランキング! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾へ行ったら絶対にはずせない必食グルメNo.1は、間違いなく小籠包!皮の薄さやスープの味わ...

小籠包の本当の食べ方

日本人の小籠包の食べ方は、醤油に刻んだショウガを入れ、それを少し小籠包に載せて一気に口の中に入れてしまいます。しかし、実はこの食べ方は本場の食べ方ではありません。本当の小籠包の食べ方は全然違っています。これはおそらく日本のグルメまんがが紹介した間違った食べ方が広まったからです。

本場の小籠包の食べ方は、たっぷりの刻みショウガにたっぷり黒酢をかけます。黒酢を吸ったショウガを軽くレンゲに載せた小籠包につけます。そして、レンゲの上で小籠包を突き崩し、溢れ出たスープをまずは飲み、そのあとに小籠包本体を口に運びます。

しかし、食べ方は自由です。自分がおいしいと思う食べ方で食べてかまいません。中国の人はおおらかで、日本人がどんな食べ方をしようとも、特に怒ることはありません。本式はこういった食べ方ですが、醤油につけても、一気に口に入れても問題ないでしょう。

「冠京華」の周辺にはこんな見所がある!

「冠京華」周辺にも見所がたくさんあります。MRTの駅のそばには「台北アリーナ」がありますし、「冠京華」の北側には日本統治時代に作られた「台北松山空港」もあります。帰国直前に立ち寄ることもできるのがまたアクセスのよい「冠京華」の魅力です。

また、「冠京華」は台湾の父である孫文を記念した「国立國父紀念館」も近いです。「冠京華」の近くはほかにも公園などもありますし、台湾の見所がたくさんありますから周辺の観光のついでに立ち寄るにも便利です。

Original台湾・松山空港!台北市内へのアクセスやラウンジ・お土産・免税店まとめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
食べ物が美味しく化粧品や雑貨なども充実していることから女子旅でも人気の台湾。台湾の首都であり...

「冠京華」以外にも有名な小籠包の店

「冠京華」以外にも台北にはたくさんの小籠包有名店があります。中でも世界的に有名なのが「鼎泰豊」です。ただ、この店はすでに日本国内にもたくさんの支店がありますので、わざわざ台北に行って食べる必要はありません。

ほかにおすすめなのは永康街にある「高記 永康店」です。ここの小籠包もまたジューシーでリーズナブルです。あとは「世界豆漿大王」といった日本人に人気の店もあります。どこも安いので、台湾旅行の食事先としては最適です。

Yun 4252台北の小籠包おすすめ店9選!地元の人推薦のお店から有名店までご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
小籠包は上海発祥の点心ですが、世界1位の称号を持つ台北の超有名店の影響もあり、今や台湾の代表...

「冠京華」がどこにも負けない魅力

数ある小籠包の名店を押しのけて、台北の中でも「冠京華」がおすすめの理由は、やはり歴史、アクセス、味のすべてが揃っている店です。ベテランの調理テクニックは最早職人技ですので、どんなメニューをどんな日に訪れてもおいしく堪能することができます。

「冠京華」は今や日本人に大人気ですので、人によっては日本で食事をしているみたいで敬遠したいということもあります。しかし、日本人が多いということは、日本人の口に合うことが確実な食堂でありますし、安全面や運営面で日本人に向いているということです。とにかくまずは「冠京華」の味を楽しんでみてください。

だから「冠京華」は台北に来たら絶対に行くべき店!

台湾国内でアクセスがいい小籠包店はほかにもあるでしょう。リーズナブルな食堂もたくさんあるでしょう。しかし、「冠京華」は日本人向きですし、周囲にも見所がたくさんあるので、わざわざそのためだけに時間を割く必要もないという店は大きなメリットです。だからこそ、台北に来たら「冠京華」は外してはいけない店なのです。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
三尾根忠方

台北の人気ランキング

台北の新着のまとめ