メルボルンのお土産おすすめ17選!人気のお菓子からおしゃれな雑貨までご紹介!

2018年10月2日 (2018年12月10日最終更新)

世界で最も住みやすい街に選ばれたメルボルンは、英国風の建物や歴史的建造物が立ち並ぶ半面、自然が溢れる街で、旅行先としても人気です。そんなメルボルンのお土産はオーガニック食品やコスメ、雑貨にお菓子と様々あり、今回はおすすめのメルボルンのお土産をご紹介します。

目次

  1. メルボルンには魅力的なオーガニックコスメや雑貨がたくさん
  2. メルボルンは「世界で最も住みやすい都市」
  3. メルボルンのおすすめのお土産1:コーヒー
  4. メルボルンのおすすめのお土産2:アルコールや紅茶
  5. メルボルンのおすすめのお土産3:TimTam
  6. メルボルンのおすすめのお土産4:動物ジャーキー
  7. メルボルンのおすすめのお土産5:ベジマイト
  8. メルボルンのおすすめのお土産6:ばら撒きお菓子
  9. メルボルンのおすすめのお土産7:ハチミツ
  10. メルボルンのおすすめのお土産8:オリーブオイル
  11. メルボルンのおすすめのお土産9:オーガニックコスメ
  12. メルボルンのおすすめのお土産10:ハンドソープ
  13. メルボルンのおすすめのお土産11:ティーツリーオイル
  14. メルボルンのおすすめのお土産12:ルーカスポーポー
  15. メルボルンのおすすめのお土産13:オパール
  16. メルボルンのおすすめのお土産14:ファッションアイテム
  17. メルボルンのおすすめのお土産15:アボリジニの民芸品
  18. メルボルンのおすすめのお土産16:動物モチーフの雑貨
  19. メルボルンのおすすめのお土産17:ダスクのキャンドル
  20. メルボルンでお土産を買うならここ
  21. メルボルンの思い出をおすそ分けしよう

メルボルンには魅力的なオーガニックコスメや雑貨がたくさん

シドニーに次ぐオーストラリア国内第2位の人口を有する街メルボルンは、歴史的建造物や芸術、そして自然が多いゆったりとした街であると同時に、健康や環境に対する人々の意識が高い街でもあり、オーガニック食品やオーガニックコスメ、魅力的な雑貨に溢れています。今回はそんなメルボルンでおすすめのお土産をご紹介していきます。

メルボルンは「世界で最も住みやすい都市」

オーストラリアは日本からも行きやすく、シドニーやケアンズ、ゴールドコーストと、たくさんの観光地があります。

そんな中、英国風の建物や歴史的建造物が立ち並ぶ半面、緑豊かな公園も多く、カフェも充実していて、都市でありながらものんびりとした雰囲気の街であるメルボルンは、2010年から2017年にかけて7年連続で「世界で最も住みやすい都市」の1位を獲得しました。
 

旅行者はもちろん、安全面や公共交通機関の充実から移住者や留学生からも住みやすい街と人気があります。

Melbourne 587137 1280オーストラリア・メルボルンの魅力とは?留学やワーホリにも大人気! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアの「メルボルン」という都市を知っていますか?実はこのメルボルンという街「世界一...

メルボルンのおすすめのお土産1:コーヒー

メルボルンのおすすめのお土産としてまずご紹介するのは、コーヒーです。メルボルンは「カフェの街」として有名で、数えきれないほどのカフェが街中にあります。オーストラリアのカフェ発祥の地とも言われていて、街中には香ばしいコーヒーの香りが溢れています。現地の人に深く愛される人気の品だからこそ、お土産にもおすすめです。

オーストラリアには独自のコーヒー文化があり、日本では聞き慣れない「フラットホワイト」、「ロングブラック」、「ショートブラック」といったコーヒーの呼称があります。

「ロングブラック」はいわゆるブラックコーヒーのことですが、エスプレッソをお湯で薄めたものなので、日本のブラックコーヒーとは別物です。現地で日本のブラックコーヒーが飲みたい場合は、ドリップコーヒーとなる「Filter」又は「Brewed Coffee」を注文して下さい。

17882815 1071202663023466 2317630181885345792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuki_melbourne_travel_guide

コーヒーならメルボルンでなくても買えると思うかもしれませんが、メルボルンのコーヒーショップは農園の栽培からこだわった自家焙煎のお店が多く、殆どのお店が風味豊かで美味しい「スペシャルティコーヒー」の称号を得ているコーヒーなので、日本のスーパーで買ったコーヒーとは比べ物になりません。一口飲めば納得の美味しさです。

包装サイズも豊富で、コーヒーの種類も多く、迷う場合はテイスティングやアドバイスもしてもらえるので、コーヒー好きの人へのお土産におすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産2:アルコールや紅茶

海外旅行のお土産としてリクエストが多いのがアルコールです。特にワインや地ビールは日本で購入するより安かったり、日本では手に入らない物もあるので、大人向けのお土産として喜ばれます。

ただ、輸入品扱いとなる為、免税範囲はアルコールのボトル3本までで、4本目からは1本ずつに税金がかかってきます。又、機内持ち込みはできないので、ボトルは割れないよう厳重に梱包してからスーツケースに入れるようにして下さい。

オーストラリア産ワイン

28433160 805854572947016 7293514862779432960 n
bolero.jb

オーストラリアは世界第6位のワイン生産量を誇る、良質なワイン生産国としても有名です。特に、メルボルンのあるビクトリア州はワイン作りが盛んで、赤、白、シャルドネ、スパークリングワインやデザートワインと多彩なワインが作られています。

特に、日本では珍しい赤のスパークリングワインは、赤ワインが苦手な人にもすっきりとして飲みやすいと評判で、お土産としてのインパクトも大きく、おすすめです。

日本では手に入らない地ビール

41747434 831106620430153 4337804753568396689 n
themiltonelwood

国内旅行でも人気が高い地ビールは、海外旅行でも同じく人気が高く、お土産として喜ばれます。オーストラリア産の地ビールには、苦みが強いBitter、辛口で色の薄いLagger、コクがあってアルコール度数が高いAle、黒ビールStoutといった種類があります。

メルボルンの地ビールは独特の苦みとコクで人気が高い「Victoria Bitter」(ビクトリアビター)、くせがなく飲みやすい「Foster's」(フォスターズ)、口当たりがよく辛口できめ細かい泡立ちが特徴の「Crown Lager」(クラウンラガー)の3種類が有名で、スーパー等でもよく見かけます。

メルボルン発のおしゃれすぎる紅茶専門店

40171888 954122164796580 1575934388368048128 n
izu.madd.abc

アルコールが苦手という人におすすめなのが、紅茶です。メルボルン発の紅茶専門店で、オーストラリア国内に50店舗近くを構え、紅茶の本場イギリスにも出店している大人気店です。積み上げられたティーウェアのディスプレイも話題になっています。

紅茶の種類が豊富なのはもちろん、紅茶以外にも緑茶や抹茶、ウーロン茶やハーブティー、フルーツティーも取り扱っています。パッケージはどれも可愛く、小分けパックやアソートボックスの販売もしていてお土産にぴったりです。

Wine 618093 960 720オーストラリアワイン特集!お土産にもおすすめ!種類や産地は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアワインは「フランスやイタリア産と比べると知名度が低く安価なもの」と思い込んでい...

メルボルンのおすすめのお土産3:TimTam

25008648 160013837942948 4342651612058091520 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
maple_melbourne_cityguide

日本でも有名なオーストラリアのお菓子と言えば「TimTam」です。ビスケットの間にクリームがサンドされていて、更に全体がチョコレートコーティングされている「TimTam」は、今や日本の輸入雑貨店でも手に入るようになりましたが、せっかくメルボルンでお土産として購入するなら、現地でしか手に入らないフレーバーを選んでみて下さい。

29094150 205121890260395 467608787620986880 n
xgirl2525

日本では数種類しか見かけない「TimTam」も、本場となるとスーパーにもずらりと色々な種類が並んでいます。珍しい味や期間限定の味、アルコールテイストの味と様々あって、選ぶ楽しみもあります。オーストラリア国内では一口サイズのものやスティックタイプ、個包装タイプも売っているので、ばら撒きお菓子のお土産にもおすすめです。

1点注意するとすれば、海外のお菓子によくあることですが、中には日本人には甘すぎる味もあります。不安な場合はコーティングがダークチョコレートのものを選ぶと安心です。

20120130 chocolate 2858 w2400ティムタムは種類も豊富!オーストラリア限定お土産の定番お菓子を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
甘いチョコ菓子で有名なティムタムは、オーストラリア発祥のお菓子です。チョコとビスケットの組み...

メルボルンのおすすめのお土産4:動物ジャーキー

23421784 181931629026033 1097631132180021248 n
shixi.s

オーストラリアを代表する動物カンガルーやワニ、エミューのジャーキーがスーパーで売られています。高たんぱくかつ低カロリーで現地でも人気があり、インパクトも強烈で、これぞ海外土産という一品です。

中身はやや厚めのジャーキーで、味付けは醤油ベースになっているので、ビールのあてにぴったりです。どんな味か不安な場合や、抵抗がある場合は、50gや30gの小袋売りなので、現地で味見をしてから、お好みの味をお土産に購入すると間違いはありません。

30591886 1022931364530715 6649322648016781312 n
marushimo

海外でお土産を購入する際に注意する点が、検疫です。ジャーキー等の加工品も含め、基本的に日本への「肉製品」の持ち込みはできません。ですが、製品に「検査証明書」の記載があればお土産として持ち込むことができます。

メルボルンのお土産屋や免税店の商品にはほぼ記載されていますが、メルボルンのスーパーで動物ジャーキーを購入する際は念の為に「検査証明書」の記載を確認して下さい。

メルボルンのおすすめのお土産5:ベジマイト

42003911 1812063672252624 2338668039014690710 n
lupa_kula235

オーストラリアでお馴染みの国民食と言えば「ベジマイト」です。一見するとチョコレートのような見た目ですが、食べてみると真逆で、塩辛く独特の風味がある珍味です。トーストに塗ったり、スープに入れたりと様々な使い道がありますが、個性的な味の為、はっきり言って好みは分かれます。

お土産には瓶タイプではなく、少量の小分けパックになった製品を購入すると、気兼ねせずに配りやすくおすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産6:ばら撒きお菓子

海外旅行のお土産に、箱入りのチョコレートやクッキー等のお菓子を購入することも多いですが、配る相手が多いとなかなかの量になり、金額的にも荷物的にも大変だったりします。そんな時に便利なのが、個包装のお菓子です。色々な種類のお菓子を少しずつお土産にすると、とても喜ばれます。お子さんのお友達へのばら撒きお菓子にもぴったりです。

ジャンピーズ

28752217 1515136221918781 8806372060063334400 n
mikity7349

メルボルンのスーパーでよく見かけるお菓子の「Junpy's」は、小分けになっている、カンガルーの形をしたスナックです。味は、日本で人気のお菓子「おっとっと」を少し濃くしたようなチキン味とバーベキュー味の2種類あり、軽い食感。6パック入りで約3ドルという安さもあり、ばら撒き用のお菓子としてお土産に人気です。

アンザックビスケット

30590170 428268040953998 285488627943735296 n
okgiftshopgoldcoast

アンザックとは、第一次世界大戦の際のオーストラリアとニュージーランドの連合軍を意味します。オートミールとココナッツの風味が特徴的でザクザクとした食感のアンザックビスケットは、第一次世界大戦の際に出兵していた夫に妻がこのクッキーを焼いて送っていたことが起源とされています。

栄養価が高く、日持ちするクッキーは、家庭の味として幅広い年齢層に人気があり、メルボルンのスーパーではパック売りはもちろん、1枚単位から購入することが可能なので、ばら撒きお菓子にもぴったりです。

バイロンベイクッキー

19765166 484852321852539 2401881050637664256 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
meg_5zfui

元々はオーストラリアのバイロンベイにある小さなお店から始まった「バイロンベイクッキー」は、今やオーストラリア国内でとても人気が高いクッキーです。しっとりした上品なクッキーで、甘すぎず、食べた人が口を揃えて美味しいと言い、必ずリピートする商品です。

本店では大きめサイズを1枚売りしていますが、スーパーでは小ぶりなサイズが販売されています。オーストラリア以外ではなかなか購入できない為、お土産としての価値も高い商品です。

世界中のチョコレート

24273924 488137274920092 1399100796561260544 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
yuki_melbourne_travel_guide

海外旅行のお土産にチョコレートを購入するのも定番です。メルボルンの人はコーヒーと同じく、チョコレートも大好きなので、街中にチョコレートショップも多く見かけます。オーストラリアの歴史あるチョコレート専門店の他、世界中のチョコレートが手に入るので、時間が許すのなら色々なお店を覗いて甘く幸せな香りをお土産に持ち帰って下さい。

チョコレート専門店に関しては、試食ができるお店が多いので、遠慮せずに色々な味を試してみて下さい。

21689828 474613392912296 2623848727181262848 n
melsearch.au

メルボルンでチョコレートをお土産にするメリットの一つに、その安さがあります。例えば、スイスのリンツ社のチョコレートであるリンドールが、スーパーで詰め放題になっていたり、かなりお得に購入できるので、チョコレート好きにはおすすめです。

グレインウェイブ

17265853 397713487258960 1505880718696251392 n
lt_travel

メルボルンのスーパーに行くと、スナックコーナー、特にポテトチップスがずらりと並んだ陳列に驚きます。数十種類もあるポテトチップスの中で、現地に住む日本人が特に美味しいというのが「グレインウェイブ」です。トウモロコシを使ったチップスで、油や塩分が控えめで、色々な味があり、サクサクとした食感が病みつきになるお菓子です。

ミラクルストローシッパー

31556732 493039884442083 8480646121201336320 n
cemilan_aja

「ミラクルストローシッパー」はストローの中に味の付いたユニビーズが詰まっていて、そのストローを使って牛乳を飲むとチョコレートやイチゴと言ったフレーバーが楽しめるという商品です。2005年にオーストラリアで販売され、今や世界65か国で販売されています。日本でも販売していますが、お土産品としては違った味や包装が楽しめます。

メルボルンのおすすめのお土産7:ハチミツ

23279626 130957877529845 1175501410402304000 n
yuki_melbourne_travel_guide

栄養豊富で花によって香りや美味しさが違う点も魅力のはちみつ。オーストラリアははちみつ原産国としても有名で、特に、オーストラリアならではの、ユーカリから採れたはちみつが人気です。メルボルンのスーパーにも様々な種類のはちみつが販売していて、無添加のオーガニックのはちみつや殺菌効果の高いマヌカハニーがお土産におすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産8:オリーブオイル

42002705 338593110035574 1588518981075869795 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
olindaolives

オーストラリア南部は北半球のオリーブ生産諸国とほぼ同じ気候である為、同じように質の良いオリーブが採れ、収穫したオリーブで作ったオリーブオイルの品質にも定評があります。そんなオーストラリア産のオリーブオイルの中にはニューヨーク等で行われた各コンペティションで最高賞を受賞した物もあります。

最高級品のオリーブオイルが気軽にスーパーで購入できる他、メルボルンにはエクストラバージンオイルの専門店「ORIVERIA」もあり、色々なオリーブオイルが楽しめます。

又、日本ではあまり馴染みがありませんが、スプレータイプのオリーブオイルも販売していて、お菓子作りや少量使いたい時に便利です。

メルボルンのおすすめのお土産9:オーガニックコスメ

オーガニック先進国と言われるオーストラリアの中でも、特にオーガニックコスメの聖地と呼ばれているのがメルボルンです。香りの良い植物由来の肌に優しいコスメは女性や自分へのお土産におすすめです。オーストラリアにはACOというオーガニックコスメの認証機関もあるので、どれにするか迷った場合はACOの認証マークがある商品を選べば安心です。

Jurlique(ジュリーク)

36547862 2118452731538677 2634831753126084608 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
jurlique

「Jurlique」は日本でも有名な南オーストラリア産のコスメブランドです。自社農園で作られた生命力溢れるハーブや花々といった厳選された植物由来成分を効果的に配合したコスメ製品を手掛けています。お土産に人気なのはハンドクリームで、ローズ、シトラス、ラベンダー、ジャスミンの4つの香りがあり、日本で購入するより4割ほどお得に購入できます。

Aesop(イソップ)

30079837 217432115684031 3056019189887139840 n
kanchan0429

今やモデルや芸能人たちの定番ケアアイテムである「Aesop」は、メルボルン発祥のコスメブランドです。研究を重ねたこだわりの美容成分が配合されていて品質も高く、パッケージのデザインもおしゃれとあって、お土産にすると喜ばれます。お土産として人気なのはやはりハンドクリームで、ウッディなアロマにシトラスのアクセントが効いた香りです。

MOR(モア)

31966890 1216869701779526 9079662426835648512 n
maki_maaasan

2001年にメルボルンで生まれたバス&ボディーケアのオーガニックコスメブランド「MOR」の魅力は、何と言ってもパッケージの可愛さと香りの良さです。中でもボディーケアに力を入れていて、特にボディーバターとハンドクリームは多くの女性から人気を集めています。リトルラグジュアリーズのコレクションはお手頃価格でお土産におすすめです。

シーププラセンタクリーム

13696954 1659286024392382 1020703564 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
tinrose1964

オーストラリアならではのコスメ商品と言えば、「シーププラセンタクリーム」です。シープ、つまり羊の胎盤から抽出された美容成分を配合していて、豊富な栄養素が含まれていることから、アンチエイジングの効果があるとされています。美容液やクリーム等のコスメ商品が比較的低価格で購入でき、小ぶりサイズの商品はばら撒き用にもおすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産10:ハンドソープ

24124764 302583870256294 506526701765787648 n
yuki_melbourne_travel_guide

海外のハンドソープは香りの種類も豊富で、パッケージも可愛く、値段もお手頃とあってお土産としてとても人気があります。メルボルンでは、スーパーやドラッグストアでも素材や香りにこだわったハンドソープが購入できます。又、「Aesop」やオーストラリアのボンダイ発祥の「BONDI WASH」といったオーガニック製品のハンドソープも人気です。

メルボルンのおすすめのお土産11:ティーツリーオイル

39913446 1856960557724012 2782193644419940352 n
lus_____1008

ティーツリーオイルはオーストラリア原産の植物から採れるオイルで、古代からオーストラリアの先住民であるアボリジニも薬として使っていた、各家庭に常備されている万能オイルです。殺菌力が高く、風邪や皮膚トラブルにも効果があり、口臭予防や虫よけとしても使うことができます。

販売されているのは小さな瓶ですが、1回の使用につき4,5滴程度の使用量を目安に、長く使うことができます。

メルボルンのおすすめのお土産12:ルーカスポーポー

40650591 1940962165927203 3401269012916711752 n
paddington54910

オーストラリアの万能クリームと言えば「ルーカスポーポー」です。火傷や虫刺され、にきびや肌荒れに使え、オーストラリアの家庭に必ず1つはあると言われています。天然パパイヤを原料に、余計な添加物を一切使っていないので、おむつかぶれ等の赤ちゃんの敏感な肌にも使えたり、リップクリームとしても使うことができます。

世界的モデルでセレブのミランダ・カーも愛用しているにもかかわらず、ドラッグストアやスーパーで気軽に購入できるので、ばら撒き用としてもおすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産13:オパール

光に当たると乳白色が虹色に光り、見る角度によって様々な光を放つオパールはオーストラリアの特産品で、オーストラリア産オパールは市場の95%を占めています。生産量が多いことから、メルボルンはもちろん、オーストラリアの各都市の専門店や土産屋で良質のオパールを低価格で購入することができます。

メルボルンのおすすめのお土産14:ファッションアイテム

13686819 225719304491802 1971357214 n
ugg

オーストラリアのファッションアイテムと言えばシープスキンブーツの「UGG」や、サーフブランドの「BILLA BONG」、「ROXY」が有名です。「UGG」のムートンブーツはもちろん、オーストラリア発祥のサーフブランドのTシャツ、アクセサリーやアーティストとのコラボ商品、期間限定商品もお土産としておすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産15:アボリジニの民芸品

14294869 304901459874127 869256577 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram
landofdreamsau

オーストラリアの先住民アボリジニは文字を持たず、色彩鮮やかな点描画で先祖代々継承してきた知恵を遺し伝えてきました。それが今やアボリジニアートと呼ばれ、絵画としてはもちろん、デザインとしてブックカバーのような様々な雑貨に加工されてお土産として販売されています。アボリジニの民芸品は実用的な雑貨が多く、人気があります。

メルボルンのおすすめのお土産16:動物モチーフの雑貨

27581392 1581009095313352 7666416348758540288 n
yuki_melbourne_travel_guide

キーホルダーやぬいぐるみと言った雑貨は、国内旅行でも定番のお土産です。海外のお店を覗くと、何気ない雑貨がとても可愛く、つい手に取りたくなります。メルボルンにはオーストラリアならではのコアラやカンガルーといった動物モチーフのキッチン雑貨のお店もあり、カラフルなデザインが人気です。

他にも、女子を虜にしてしまうような雑貨を扱う雑貨屋「TYPO」にはお土産にぴったりの雑貨が並んでいて、ついついあれもこれもと目移りしてしまいます。

雑貨の他にもお土産にコアラやカンガルーのデザインのペンやメモ帳といった文房具もお土産におすすめです。

メルボルンのおすすめのお土産17:ダスクのキャンドル

38096747 241348016716339 3625777529761038336 n
duskaustralia

オーストラリアのパース発、今や全国に95店舗以上を構える「dusk」のアロマキャンドルもお土産に人気です。手作りのキャンドルはもちろん、香りを出す木のスティックや、小ぶりのキャンドルと様々な商品が並ぶ店内は、甘い香りに満ちています。種類豊富なキャンドル選びに迷った際には、便利なお土産用のギフトセットも販売しています。

メルボルンでお土産を買うならここ

現地でお土産を購入する際、あちこちにお店を移動するのも楽しいですが、時間がない場合には一か所であれもこれもと購入でき、なおかつ価格もお手頃だと助かります。土産店に行けば揃うのは当たり前ですが、価格はやや割高になりがちです。もっとディープな商品をお得に購入する為には、現地の人が買い物に来るようなお店を当たるのが一番です。

クィーンビクトリアマーケット

市場としても130年の歴史を持つクィーンビクトリアマーケットは、メルボルン市民の台所であり、お土産や雑貨も揃う巨大マーケットです。建物のHall、屋根付きオープンエアのShed、Shopsの3エリアからなり、とにかく広く、食べ歩きを楽しみながらお土産を選ぶことができます。営業時間が6時から14時と早く、月曜日と水曜日は定休日です。

住所 Corner of Victoria St and Elizabeth St, Melbourne VIC 3000
電話番号 03-9320-5822 

南メルボルンマーケット

シティの少し南に位置する南メルボルンマーケットは、とても活気がある地元密着型のマーケットです。コアラやカンガルーグッズと言った「ザ・オーストラリア」といった観光客を意識したお土産が豊富なクィーンビクトリアマーケットと比べると、スタイリッシュで地元の人たちが週末に集うマーケットという雰囲気で、ローカルな商品も購入できます。

住所 Coventry St & Cecil Street, South Melbourne VIC 3205 
電話番号 03-9209-6295

メルボルン空港

18013447 1828305827494308 949345122837856256 n
youandme110

安心、安全、間違いなしのお土産を購入できる場所と言えば、ずばり空港です。どうしても定番商品が多く、街中のスーパーやマーケットよりも割高になってしまいますが、お土産を持ち運ぶ手間も少なく、買い忘れがあった際にも便利です。メルボルン空港は多くの免税店が展開していて、お菓子や雑貨の品揃えも豊富です。

Originalメルボルン観光におすすめのスポットBEST7!見どころ多数あり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
オーストラリアの中でもちょっぴり古風な雰囲気を残したカフェ文化の根付くおしゃれな街メルボルン...

メルボルンの思い出をおすそ分けしよう

以上、メルボルンでおすすめのお土産をご紹介しました。旅先で観光するのはもちろん、お土産を見て回るのも旅行の醍醐味です。オーストラリアはオーガニック先進国とあって、街中のスーパーを覗くだけでも楽しくなります。メルボルンならではの魅力が詰まったお土産で、ぜひ楽しい旅の思い出のおすそ分けをしてあげて下さい。

関連記事

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
田前希美

オーストラリア全都市の新着のまとめ