秩父の豚丼なら『豚みそ丼本舗 野さか』がおすすめ!行列ができる人気の理由は?

2018年10月3日 (2018年12月2日最終更新)

さまざまな飲食店が勢ぞろいしている秩父にある「野さか」は、秩父を代表する人気の豚丼店です。今回はそんな人気の豚丼店の「野さか」についてたっぷりとご紹介いたします。野さかのおすすめ豚丼である豚みそ丼へのこだわりについてや、行列ができる秘密をチェックしましょう。

目次

  1. 秩父にある行列豚丼店の「野さか」へ行こう
  2. 豚丼の行列店「野さか」がある秩父ってこんなところ
  3. 豚丼の「野さか」がある秩父のおすすめスポット
  4. 秩父にある行列豚丼店「野さか」ってこんなところ
  5. 秩父にある豚丼店の「野さか」は行列必須の人気店
  6. 秩父にある行列豚丼店「野さか」のアクセス方法
  7. 秩父にある行列豚丼店「野さか」のお店の雰囲気
  8. 秩父にある豚丼店「野さか」の誕生秘話
  9. 秩父にある豚丼店「野さか」の豚みそ丼
  10. 秩父にある豚丼店「野さか」のこだわり
  11. 秩父にある豚丼店「野さか」の厳選素材
  12. 秩父にある豚丼店「野さか」の人気メニュー
  13. 秩父にある豚丼店「野さか」のサイドメニュー
  14. 秩父にある豚丼店「野さか」のオンラインショップ
  15. 秩父にある豚丼店「野さか」で豚みそ丼を食べよう

秩父にある行列豚丼店の「野さか」へ行こう

埼玉を代表する人気グルメスポットの秩父には、さまざまな飲食店が勢ぞろいしています。そんな秩父にある豚丼の「野さか」をご存知ですか?秩父にある野さかは、美味しい豚丼がおすすめの、秩父で行列ができる人気店なんです。野さかの人気メニューである豚丼の「豚みそ丼」の人気の秘訣についてや、気になる行列情報も含めた、野さか情報を紹介します。

豚丼の行列店「野さか」がある秩父ってこんなところ

今回紹介する人気豚丼店の「野さか」がある秩父は、埼玉を代表する人気スポットです。都心からアクセスしやすい秩父は、日帰りで楽しめる旅行スポットや、女子旅を楽しむスポットとしても大変人気があります。都会からアクセスしやすいにもかかわらず、山や川などの自然に囲まれた秩父には、さまざまな観光スポットや美味しいグルメが勢ぞろい。

埼玉の人気スポットである秩父は、埼玉県の北西部の秩父地方にある街です。埼玉県内では最も広い市町村である秩父には、多くの人々が生活しています。秩父までは、都心から特急で約80分ほどでアクセスすることができるので、気軽に訪れる旅行スポットとしてもおすすめ。ハイキングやキャンプなど自然のアクティビティも楽しむことができます。

豚丼の「野さか」がある秩父のおすすめスポット

今回紹介する「野さか」がある秩父には、さまざまなおすすめスポットが勢ぞろいしています。歴史的な観光スポットを巡りたいなら「秩父神社」がおすすめです。秩父三社のひとつに数えられる「秩父神社」は、ふるくからの歴史ある神社です。「子育ての虎」、「つなぎの龍」をはじめとする豪華な彫刻が飾られており、ココロが清められます。

秩父にある子連れのご家族におすすめのスポットといえば「秩父ミューズパーク」です。秩父ミューズパークは、秩父市と小鹿野町にまたがる緑豊かなところにある、自然溢れる公園です。ゲンジボタルを鑑賞することもできる公園は、足場も整備されているので、小さなお子様連れの家族にもおすすめです。紅葉の季節には、美しい景色を楽しめます。

秩父でお土産を購入したいなら、「道の駅ちちぶ」がおすすめです。道の駅ちちぶには、秩父のさまざまな名物が販売されているので、ここにくれば秩父のさまざまなお土産を購入することができます。ほくほくのじゃがいもを使用した「秩父コロッケ」や、秩父のB級グルメである「みそポテト」など、秩父ならではの美味しいグルメもたくさんご用意。

秩父にある行列豚丼店「野さか」ってこんなところ

今回紹介する秩父にある「野さか」は、秩父を代表する美味しい豚丼が名物のお店です。秩父を代表する人気グルメとして有名の豚丼「豚みそ丼」を食べに、たくさんの人が訪れるほどの行列店なんです。行列に並んででも食べたい豚丼は、ここでしか食べられない味。こちらのお店で販売しているフードメニューは、こだわりの豚丼のみなんです。

人気の豚丼である「豚みそ丼」をもとめて、毎日たくさんの人が訪れる野さか。秩父で愛されているグルメの豚みそ丼発祥のお店として愛されている野さかは、こだわりの歴史ある建物で、美味しい豚丼を楽しむことができます。

野さかの営業時間は、11時から15時。昼のみ営業している野さかでは、豚みそ丼が売り切れになり次第終了になります。

B8705439268b14ac6aea46809d8350ca秩父の名物・名産一挙紹介!料理やお土産にも最適なおいしいものは? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉県秩父市は実はグルメの宝庫なんです。そのことを県外の方にはあまり知られていないため、今回...

秩父にある豚丼店の「野さか」は行列必須の人気店

埼玉にある豚丼の人気店である「野さか」は、名物の豚みそ丼を食べにたくさんの行列ができます。11時からオープンするこちらのお店は、オープン前にもかかわらずたくさんの行列ができる人気店なんです。平日にも行列ができますが、休日にはとくに多くの行列ができています。売り切れになることも多いので、オープン前に訪れるのがおすすめです。

行列ができるほど大人気の野さかですが、できるだけ行列をさけたいなら、やはり平日の利用がおすすめです。お昼時間をずらすのもひとつの手。

食券で購入するタイプのお店なので、タイミングがよければ、そこまで行列ができていないラッキーな時間帯もあります。1時間ほど待つこともしばしばの行列店の豚丼は、行列に並んででも食べたい味です。

秩父にある行列豚丼店「野さか」のアクセス方法

秩父にある野さかへの気になるアクセス方法についてご紹介します。秩父にある野さかへ、電車で訪れる際のアクセス方法についてです。野さかへ電車でアクセスする場合は、西武秩父駅を利用します。西武秩父駅の改札を右にでたあと、秩父観光情報館をとおりすぎ、ななめ右に曲がったところにあります。大きなオレンジ色の豚みそ丼の看板が目印です。

秩父にある野さかへの車でのアクセスについてご紹介します。野さかへは、花園インター、熊谷方面からアクセスする場合、国道140号線を秩父方面へ向かい、西部秩父駅入り口交差点を過ぎ200メートル右にあります。山梨方面からアクセスする場合、国道140号線を秩父方面へ直進し、秩父鉄道踏み切りと西武鉄道陸橋をくぐった240メートル左側にあります。

秩父にある行列豚丼店「野さか」のお店の雰囲気

秩父にある野さかのお店の雰囲気についてご紹介します。野さかは、ふるくから栄えていた銘仙の街にあるお店です。野さかの外観と内観は、ふるきよき時代の養蚕農家のつくりをイメージしてたてられた歴史を感じるお店です。修成材は一切使用せずに、本当の木だけを使用してつくられている、店主のこだわりがつまったお店になっています。

秩父にある野さかは、どこか懐かしさを感じるレトロな雰囲気のお店です。落ち着きのある木造の店内は、ホッとするような和の空間。和の空間の中でゆっくりと豚みそ丼をいただくことができます。野さかの座席数は、全部で24席です。テーブル席が中心のお店です。野さかでは予約を受け付けていないので、野さかの味を楽しみたいときは行列覚悟です。

秩父にある豚丼店「野さか」の誕生秘話

秩父にある野さかの気になる誕生についてご紹介します。秩父にある野さかは。2000年7月19日の秩父川瀬祭りが開催される日に、和食処として、秩父市野坂町にオープンしました。開店当時には、看板におおきく「秩父の御食事」とかかれていました。秩父の御食事とはどういった料理なのか、この看板をみたたくさんのお客さんから質問をうけるほどです。

「秩父の御食事」とは一体なんなのか、そんな素朴な疑問から誕生したのがまず「蕎麦」でした。大根おろしをベースとした、蕎麦の上にのったつまの食感を楽しめる、新たな蕎麦の「高砂蕎麦」を開発しました。そんな高砂蕎麦は、多くのお客さんから美味しいと好評をいただいていましたが、新たに秩父ならではの食事をつくりたいという想いがうまれました。

2005年はじめ、たまたま知人との会話にでてきた「秩父名物豚肉味噌漬け」がお店の名物メニューにならないかと、試行錯誤して誕生したのが「豚みそ丼」でした。

高砂蕎麦に続き開発された豚みそ丼は、驚くほど人気商品になりました。北海道の名物である豚丼のさまざまなお店をまわり、ついに誕生したのが、行列ができるほど人気の「豚みそ丼」なんです。

秩父にある豚丼店「野さか」の豚みそ丼

いろいろな試行錯誤をへてついに誕生したのが、野さか名物の「豚みそ丼」です。まず、豚丼が誕生した際に1番悩んだのがそのネーミングです。

「焼き豚丼」、「味噌豚焼き丼」、「豚味噌漬け丼」など、さまざまなネーミングを考えましたが、その中でも1番しっくりくるのが、豚みそ丼だったのです。ぴったりのネーミングが誕生しました。

秩父の人気豚丼店の野さかでは、この「豚みそ丼」メニュー1本で勝負しています。仕込みに手間隙かけた豚味噌漬けと、独自で開発した醤油ダレがベストマッチしている豚みそ丼は、豚丼で有名な北海道のお店をまわり試行錯誤することにより、この味で勝負しようと自信をもちました。お店のメニューが、豚みそ丼のみにもかかわらず、大変人気があります。

豚みそ丼に使用している「豚みそ漬け」は、秩父で古くから言い伝えられている保存方法のひとつです。昔、猟で獲ったいのししを保存するために始められた保存法です。その「いのしし」が「豚」となり、秩父名物として味噌漬けは愛されています。野さかの豚みそ丼は、豚みそ漬けを炭火で焼き上げたものがのっています。

秩父にある豚丼店「野さか」のこだわり

野さかの「豚みそ丼」には、さまざまなこだわりがつまっています。2008年7月にリニューアルオープンしたこちらのお店は、こだわりの豚みそ丼専門店として経営しています。

豚肉を漬け込むのに使用している「自家製味噌」、炭火でしっかり焼き上げた「豚肉」など、自慢の豚みそ丼にはこだわりの素材が使用されています。こだわりがつまった一杯です。

豚みそ丼へのこだわりは、主役の豚肉だけではありません。豚肉の美味しさを存分にひきだすために、豚みそ丼のごはんには、こだわりのお米を使用しています。豚みそ丼に使用しているお米は、厳選したお米です。そのお米をとぐための水、炊くための水にもとことんこだわっており、ごはんを美味しくたべるための自慢の醤油ダレも絶品なんです。

秩父にある豚丼店「野さか」の厳選素材

野さかの豚みそ丼には、さまざまなこだわりの素材を使用しています。すべての素材にこだわることによって、野さかの美味しい豚みそ丼は完成します。

豚みそ丼にかかせないのが、なんといっても「豚肉」です。こだわりの豚肉は、炭火でじっくりと焼き上げることがポイントになっています。炭火で焼き上げるので、脂がほどよく落ちジューシーになります。

そんな炭火でジューシーに焼き上げた豚肉にあわせるのが、こだわりの味噌です。炭火で焼いた豚肉にあわせるのは、とってもまろやかな味噌です。豚肉の美味しさをひきたててくれる味噌は、ごはんがどんどんすすむ味。そんな味噌豚にあわせるごはんには、水が美味しいと有名な秩父の水を使用しています。秩父の水でふっくらと炊き上がります。

秩父にある豚丼店「野さか」の人気メニュー

秩父の野さかを代表するのが「豚みそ丼」です。豚みそ丼のみで勝負しているこちらのお店では、すべての豚みそ丼に、お味噌汁とお新香がついています。定番の豚みそ丼のほかにも、ロース肉のみを使用した「ロース丼」、バラ肉のみを使用した「バラ肉丼」、並の半分の量のロース肉を使用したお子様用の「お子様丼」をご用意しています。

野さかの豚みそ丼は、お好きなサイズを選ぶことができます。人気ナンバーワンの並盛の豚みそ丼は、お値段900円です。並の豚みそ丼の1.5倍の量の「大盛」は1100円、並の豚みそ丼の2倍の量の大満足のボリュームの「特盛」はお値段1550円となっています。美味しい豚みそ丼を、たくさん食べたい方には、大盛や特盛の豚みそ丼がおすすめです。

秩父にある豚丼店「野さか」のサイドメニュー

野さかは、豚みそ丼のみで勝負しているお店なので、サイドメニューはご用意していません。サイドメニューはありませんが、ドリンクメニューはご用意しています。ドリンクメニューは、オールフリーのビールと、コーラ、オレンジジュース、ウーロン茶をご用意しています。アルコール類は提供していません。

野さかの豚みそ丼は、そのままで楽しむのはモチロン、トッピングを追加していただくこともできます。

トッピングは、なまたまご、追加ねぎ、おかわりの味噌汁をご用意しています。なまたまごをトッピングすると、豚みそ丼がマイルドな味わいになります。何回も足を運んでいる方や、また違った味わいを楽しみたい方には、トッピングがおすすめです。

秩父にある豚丼店「野さか」のオンラインショップ

野さかでは、秩父にある店舗のほかに、オンラインショップでも商品を購入することができます。オンラインショップで販売しているのは、豚みそ丼にのっている冷凍のお肉なので、ご自宅でも野さかの味を楽しむことができます。

遠方にお住まいの方で、野さかの味を楽しみたいという方は、オンラインショップのご利用をおすすめします。

野さかのオンラインショップでは、2種類のお肉を販売しています。おすすめの「豚みそ丼セットロース肉」は、約400グラムの豚肉がはいったセットになります。特製しょうゆだれがついているので、ご自宅でも野さかの味を楽しむことができます。豚肉好きの方には「豚みそ丼セットバラ肉」がおすすめ。肉が柔らかく脂が多めで、豚肉の旨みを楽しめます。

住所 埼玉県秩父市野坂町1-13-11
電話番号 0494-22-0322

Shibazakura2013秩父グルメランキング!人気おすすめはどこの店?口コミも調査! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉有数の観光スポットで首都圏からのアクセスもいい秩父。行楽に出かけたら地元のグルメを食べて...

秩父にある豚丼店「野さか」で豚みそ丼を食べよう

いかがでしたか。秩父にある「野さか」はこんなに魅力的なお店なんです。秩父を代表する名物グルメになっている「豚みそ丼」をもとめて、毎日たくさんの人が足を運びます。こだわりの豚肉、味噌ダレ、ごはんで出来た豚みそ丼は、行列に並んでも食べたい味です。秩父を訪れる際は、是非、野さかへ足を運んでみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
erierieri1

秩父・長瀞の人気ランキング

秩父・長瀞の新着のまとめ