海底ポストは投函もできる?CMに使われた和歌山のギネススポット紹介

2018年10月4日 (2018年10月5日最終更新)

和歌山にある海底ポストについてご紹介します。この海底ポストはギネスにも認定され、CMにも起用されたことで一躍有名になった珍しい観光スポットです。ここではこの海底ポストの歴史や利用方法、アクセス方法なども併せてご紹介いたします。

目次

  1. 和歌山の有名な海底ポストについてご紹介!
  2. 海底ポストとは?本当のポスト?
  3. 海底ポストは和歌山のどこに?
  4. 海底ポストのあるスポットへのアクセス方法
  5. なぜ海底にポストが?誰が設置した?
  6. 海底ポストを設置するまでの歴史
  7. 海底のポストは実際に投函もできる!
  8. 海底ポストで使うハガキも特殊仕様
  9. 海底ポストに投函する方法ご紹介
  10. 海底ポストへの投函は代行依頼も可能!
  11. 海底ポストは世界的に有名なギネススポット!
  12. 海底ポストが登場するCMとは?
  13. 海底ポストでは季節のイベントの開催!
  14. すさみ町には海底ポスト以外の見どころも!
  15. 和歌山の海底ポストを訪れてみてはいかがでしょうか?

和歌山の有名な海底ポストについてご紹介!

ギネスにも認定され、和歌山県の有名な観光スポットのひとつとしても紹介されることの多い海底ポストについてのご紹介をいたします。一体、このポストがなぜ世界のギネス認定に至ったのか、そもそもなぜ海底にポストが設置されることになったのか、など様々な情報をお伝えしていきます。

海底ポストとは?本当のポスト?

海底ポストとは実際に存在するポストで、その名の通り海底に佇む郵便ポストです。なぜ海底ポストが設置されることになったのか、なぜ海底ポストが有名になったのか、など沢山の『なぜ?』と思わずつぶやいてしまう謎がありますが、それらのひとつひとつの『なぜ?』をご紹介していきます。

海底ポストは和歌山のどこに?

海底ポストは和歌山県の南に位置する、すさみ町という小さな町の綺麗な海に佇んでいます。枯木灘海岸(かれきなだかいがん)という海岸の岸から100メートル、水深10メートルの場所に設置されています。すさみ町の海は美しく、穏やかでこのエリアはダイビングのメッカともなっています。

41126399 236945206998959 611921962563933963 n
izumino_kao

そんな小さな町、すさみ町にある海底ポストは和歌山県を代表する観光スポットのひとつとしても人気となっています。海が好きな方はもちろん、ポストが好きな方、日本のおもしろいスポットを巡っている方など幅広い方々から人気となっています。和歌山の紀南地方を訪れるのであれば、是非立ち寄っていただきたいスポットです。

海底ポストのあるスポットへのアクセス方法

海底ポストのある和歌山県の南にあるすさみ町へのアクセス方法は、車でアクセス方法や公共交通機関でアクセスする方法、高速バスを利用する方法などがあります。どちらの方法も多くの観光客が利用する方法ではありますが、すさみ町内でさらに自由に移動したい方には自家用車かレンタカーなどを利用し、車で移動する方法がおすすめです。

公共交通機関を利用してアクセスする場合

京都や大阪方面から和歌山県すさみ町を訪れるのであれば、JRきのくに線特急くろしお号を利用するのが一般的です。京都駅、新大阪駅、天王寺駅など関西の主要な駅から乗車することが可能です。最寄りの周参見駅までは約2時間20分となっています。しかし、一部のくろしお号では途中の白浜駅で停車するため、各駅停車に乗り換える必要があります。

また、JRきのくに線特急くろしお号にはいくつか種類があり、その種類によって停車駅が異なります。最寄り駅である周参見駅に停車する特急は特急くろしお号、特急スーパーくろしお号、特急オーシャンアロー号です。周参見駅まで特急で行きたい方は必ず事前に、特急の種類と発車時間をご確認することをおすすめします。

東京や名古屋方面から公共交通機関を利用する場合は、JR紀勢線特急南紀号で新宮へ向かいます。その後、特急くろしお号に乗り換えて、最寄り駅の周参見駅で下車します。新宮駅から周参見駅までの所要時間は約1時間20分です。一部のくろしお号は串本駅止まりとなるので、その際は各駅停車に乗り換えて周参見駅まで向かいます。

車を利用してアクセスする場合

京都や大阪方面から車でアクセスする際は、大阪・松原JCTから阪和道を通り南下します。その後、日置川ICより国道42号線を南下し、約10分程度ですさみ町に到着します。大阪・松原JCTから日置川ICまでは約2時間、日置川ICからすさみ町までは約10分となっていますが、夏休みや年末年始などは渋滞を多くなるのでご注意ください。

名古屋方面から車でアクセスする際は、東名阪自動車道から伊勢道、紀勢自動車道を通り、尾鷲北ICより国道42号線を南下していきます。熊野、新宮、那智勝浦を通りすさみ町へ向かいます。名古屋方面から尾鷲北ICまでは約2時間10分、尾鷲北ICからすさみ町までは約2時間50分とかなりの長距離移動となるので適宜休憩を取るのをおすすめします。

Original和歌山のドライブスポット&コースまとめ!デートにおすすめの場所は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
和歌山でドライブに最適な人気スポットを紹介します。和歌山県には歴史なる町並みがあったり、おし...

高速バスを利用してアクセスする場合

近年、高速バスの便も増加しており、こちらを利用する観光客の方も多いようです。主要な便としては大阪ー白浜間、東京ー白浜間、東京ー和歌山間、東京ー那智勝浦間などです。どの高速バスも直接すさみ町へ向かう便はありませんので、白浜や和歌山市、那智勝浦などから公共交通機関またはレンタカーなどを利用して向かう必要があります。

なぜ海底にポストが?誰が設置した?

なぜ海底ポストが設置されることになったのか、その理由は遡ること約20年前の1999年4月に、和歌山県の南部地方で開催された南紀熊野体験博というイベントの際に、当時のすさみ郵便局長の発案によるものでした。このイベントは地方博覧会で、南紀熊野をアピールするものとして開催され、その中の自然体験型のひとつとして海底ポストが設置されました。

この後の項でご紹介する、CMによっても再度有名となった海底ポストですが、初めて海底ポストを見た人たちからは『なぜ海底にポストが?』という疑問を持つ人も多いようです。海底ポスト設置のなぜという理由の裏側には、和歌山の小さな町を盛り上げたいという地元を愛する人々の熱い想いと努力が隠されていました。

海底ポストを設置するまでの歴史

海底ポストの始まりは、すさみ町の郵便局長のふとした提案からでしたが、実際に設置に至るまでには沢山の努力がありました。当時、設置されたのは実際に地元で使用されていた郵便ポストで、廃棄寸前のものでした。しかし、このポストをそのまま海底に沈めるだけではポストとしての利用は困難と考え、様々な工夫を施しました。

水に浮かぶハガキを回収できるように、郵便ポストの上をノコギリで切り、更に特別に取り寄せた錆びにくい蝶番をそこに取り付け、郵便ポストの上から投函されたハガキが回収できる工夫が施されました。また、内部にはハガキがまとまるようにネットも装着され、更に海底で波に流されたりしないよう、コンクリートを郵便ポスト内部に流し込まれました。

海底のポストは実際に投函もできる!

この海底ポストはただのオブジェなどではなく、実際に本当に特別なハガキの郵便物を投函することが可能です。もちろん、投函された郵便物は確実に送り先へ届けてくれます。海底ポストは正真正銘の本物のポストなのです。この海底ポストへの投函を目的に和歌山を訪れる人も多くいます。

投函された郵便物は、毎日地元のダイバーによって回収されます。その後、投函された郵便物は実際に日本郵便株式会社を通じて全国各地は配達されています。投函される数は、もちろんその日の海の状態や天候にも左右されますが、平均して1日約10通が投函され、週末や夏休みシーズンなどでは多い日で50通程度投函されることもあるそうです。

海底ポストの年間投函数は約1000通近くにも及ぶそうで、その投函数は年々増加しており、ついに2002年6月9日には1万通、2005年12月25日には2万通、2011年10月1日には3万通に達したそうです。和歌山県の紀南地方を中心にダイビングをするダイバーでは海底ポストは非常に有名ですが、ダイバー以外からの知名度も徐々に高くなっています。

海底ポストで使うハガキも特殊仕様

海底ポストのため、普通の紙の郵便物は確実に濡れて破れてしまいます。そのため、この海底ポストを利用して郵便物を配達してもらいたのであれば、特殊仕様のハガキを利用することとなっています。このハガキはプラスチック製のもので、宛名やハガキ本文を書く際は必ず油性ペンを使用して書くようにと注意事項があります。

15035008 901821623283413 4673165193914613760 n
naaamiii329

ハガキの裏面には魚の絵がプリントされており、海底ポストにふさわしい、アンダーシーメールらしさが溢れるデザインとなっています。特製ハガキはすさみ町のダイビングショップ『クラブノアすさみ』で切手代込み1枚200円で購入することができます。また、毎日の海底ポストからのハガキの回収作業もこちらのスタッフダイバーさんが担っています。

海底ポストに投函する方法ご紹介

37984978 955564397958160 495572366202503168 n
noris_kobemaiko

では、どうすれば実際にこの海底ポストにハガキを投函できるのか、自力で泳いで投函しにいくことはかなり難しいです。なぜ難しいのか、その理由はご紹介している通り、海底ポストは海岸から100メートル、水深10メートルの場所に位置しているため、泳ぐには相当の体力と泳力を要し、一般的には危険とされています。

海底ポストへ投函したいのであれば、ダイビングで海底ポストまで向かい、投函する方法が一般的です。すさみのダイビングショップ『クラブノアすさみ』では、海底ポストへの手紙投函を目的としたビーチダイブのコースが設定されており、ショップでハガキを購入してそのまま投函することが可能となっています。

海底ポストへの投函は代行依頼も可能!

海底ポストからアンダーシーメールを出してみたいけれど、泳ぎに自信がない、ダイビング経験などが無い方などは、『クラブノアすさみ』のスタッフダイバーさんに代行して投函してもらうことも可能です。家族や友人へ、または旅先から自分へ送る方も多いようです。その珍しさから喜ばれることは間違いなしです。

とはいえ、『クラブノアすさみ』ではダイビング経験のない方でもできる体験ダイビングも行っており、この体験ダイビングでは手取り足取りダイビングのノウハウを教えてくれると同時に、しっかりサポートもしてくれるので安心してダイビングが楽しめます。その中で海底ポストへの投函もできますので、できるならば挑戦してみることをおすすめします。

海底ポストは世界的に有名なギネススポット!

この海底ポストは、2002年のギネスブックに『世界一深いところにあるポスト』として登録されました。海中ポスト自体は今回ご紹介している和歌山県すさみ町の他にも、沖縄県那覇市と静岡県伊東市にもありますが、最も深い場所にあるとしてギネス認定されたのがこちらの和歌山県すさみ町の海底ポストでした。

ギネスブックに登録されたことでも有名となり、世界のギネスブックが認定する『世界一深いところにあるポスト』に興味を持った人が今日でも多く訪れています。ギネスにも認定されたほどの深さにある海底ポストを一目見ようと、ダイバーはもちろん観光客、取材なども多いです。

海底ポストが登場するCMとは?

また、海底ポストはCMに登場したことでも有名となりました。ダイハツの『キャスト・アクティバ』のCMです。このCMには人気俳優の山崎賢人さんが出演されており、話題にもなりました。『君に手紙を出したくなった』と言いながら海中へ潜る山崎賢人さんの姿が話題となり、CMの海底ポストが本当に実在するのかと検索する人も増加しました。

このCMによって全国で一躍有名となった海底ポスト、CMの中では『日本のおもしろいスポット』として紹介されています。CMを作成にあたった担当者の意向でそのような紹介となり、実際にはこのCMの効果もあり、日本のおもしろいスポットである海底ポストを訪れる人が増加しています。

海底ポストでは季節のイベントの開催!

海底ポストでは、定期的に季節のイベントに合わせて装飾や海底ポスト独自のイベントなども行っています。年末年始には年賀状、夏には暑中見舞いなどのハガキを受け付けています。また、七夕やクリスマスなどには海底ポストに飾りが施され、観光客が参加できる型のイベントなども行われます。

すさみ町には海底ポスト以外の見どころも!

和歌山県すさみ町には、海底ポスト以外にもいくつか観光スポットとして人気の場所があります。海底ポストに無事にハガキを投函した後、もしくはその前の空き時間などで訪れてみるものおすすめです。すさみ町自体は小さな町ですが、公共交通機関は少ないので車での移動が理想的です。

すさみ海立エビとカニの水族館

33703136 539311413132253 61567308216139776 n
ikeku3

その名の通り、エビとカニがたくさん紹介されている少しマニアックな水族館です。かなりの種類のエビとカニが紹介されており、その紹介の仕方はとても楽しくユニークなもので全く飽きることなく楽しむことができます。エビとカニを愛しているからこその紹介がなされている珍しい水族館は、すさみ町では一押しの観光スポットです。

道の駅すさみ

22857633 152175478853831 7579663962204012544 n
takayan009_

上でご紹介したエビとカニの水族館は、この道の駅すさみに併設されています。こちらの道の駅自体もちょっとした観光スポットとして人気です。すさみIC開通に間に合わせて建設された道の駅は非常に新しく、夏休みや年末年始などのシーズン時には非常に賑わっています。休憩はもちろん、お土産を買いに立ち寄る方も多いです。

すさみ町は古くから、イノシシとブタを交配させて生まれた『イノブタ』が非常に有名で、この道の駅でもイノブタモチーフのキャラクターが紹介されていたり、イノブタ料理を楽しむこともできます。比較的あっさりした味となっているので、こちらも興味がある方は是非試してみるのがおすすめです。

Fb5b8b81a0fbd0be307f46265f5edb01和歌山の観光旅行特集!おすすめスポット・絶対外せない見所を一挙ご紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
和歌山の観光旅行に最適なおすすめスポットをご紹介!国内屈指の高さの滝、日本とは思えない風景、...

和歌山の海底ポストを訪れてみてはいかがでしょうか?

なぜ海底ポストが設置されたのか、その歴史から投函情報、ギネス認定の理由などまでご紹介いたしました。世界一深いとギネス認定されるほどの深さにある海底ポストから、大切な人へ手紙を出してみるのも素敵な贈り物になること間違いありません。興味を持った方はぜひ和歌山県すさみ町の海底ポストを訪れてみてください。

関連記事

Original
この記事のライター
Lete