モロッコの首都ラバトはおすすめの観光地!綺麗な海や世界遺産を堪能しよう

2018年10月28日 (2018年11月1日最終更新)

世界遺産都市のモロッコの首都ラバトは、まだ日本人にはあまり知られていませんが人気観光地です。そこで、世界遺産都市のモロッコの首都ラバトを大特集し、空港からのアクセスや治安等の諸情報に加え、世界遺産都市のモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットをご案内します。

目次

  1. 世界遺産都市のモロッコの首都ラバトを大特集
  2. モロッコの首都ラバトについて
  3. モロッコの首都ラバトは世界遺産都市
  4. 日本からモロッコの首都ラバトがある空港へのアクセス方法
  5. 空港からモロッコの首都ラバト中心街へのアクセス方法
  6. モロッコの首都ラバトの治安と注意点について
  7. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット1:ハッサン塔
  8. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット2:ムハンマド5世の霊廟
  9. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット3:ラバト王宮
  10. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット4:ウダイヤのカスバ
  11. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット5:ルワー門
  12. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット6:シェラ遺跡
  13. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット7:スーク(市場)
  14. モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット8:ラバト動物園
  15. 世界遺産都市のモロッコの首都ラバトで非日常を満喫

世界遺産都市のモロッコの首都ラバトを大特集

モロッコの首都ラバトは世界遺産にもなっている都市です。この世界遺産都市ラバトは空港も近代的に整備されており治安も良く、日本ではまだあまり知られていませんが観光地としても人気です。そこで、世界遺産都市のモロッコの首都ラバトの諸情報やおすすめの観光スポット等の情報も含めて、世界遺産都市のモロッコの首都ラバトの魅力をご紹介致します。

モロッコの首都ラバトについて

北アフリカに位置する国のモロッコにある首都ラバトをまだ日本ではご存知のない方も多いようですが、治安が良いことでも有名なこのモロッコの首都ラバトは、情緒あふれる歴史深い旧市街と設備が整った近代的な新市街からなる世界遺産都市です。

モロッコといえば多くの観光客が真っ先に訪れるのがモロッコで最も大きな都市のマラケシュや有名な大モスクがあるカサブランカ、そして美しい青い街として有名なシャウエンですが、モロッコの首都ラバトは日本人観光客にとっては意外と知られていない穴場な観光地です。

しかし、ヨーロッパ諸国からはLCCの航空会社がモロッコの首都ラバトの玄関にもなっている空港へも就航していることを見ても人気の観光地です。

このモロッコの首都ラバトには65万人もの人口があり、日本大使館もこの首都ラバトに置かれています。ラバトは現地の言葉で駐屯所という意味があるとのことです。モロッコの首都ラバトは、モロッコの中でも近代設備も整っており治安が良いことでも知られている都市で、緑も豊富にあるので庭園都市としても有名です。

また、モロッコの首都ラバトに暮らす人々は、穏やかで洗練されて上品な人が多いことでも知られていますので、観光客相手のしつこい行商人等に悩まされることもほとんどありません。

地中海性気候であるモロッコの首都ラバトの気候は、1番気温が高い8月でも平均気温は27度程で、逆に1番気温が低い1月でも平均気温は17度程と年間を通じて温暖で過ごしやすい観光客にとっても嬉しい気候です。日本のような梅雨の時期もなく、冬に雨は降りますが、夏はほとんど雨が降る日はありません。

モロッコの首都ラバトは世界遺産都市

モロッコの国には、9つもの世界遺産があります。このうちの1つの世界遺産が、モロッコの首都ラバトにあり、「近代的首都と歴史的都市をあわせもつ遺産ラバト」として世界遺産に認定されています。旧市街のみならず現代的な設備が整う新市街も一緒に世界遺産に登録されているのは、世界の様々な認定された世界遺産を見ても珍しいケースです。

こうして認定された世界遺産を見ても、モロッコの首都ラバトは、情緒あふれる歴史深い旧市街と近代的な設備が整う新市街から成り立っていますので、観光の際にも見どころや観光スポットも非常に豊富にあり、かつ治安も良く街の設備も整っていますので、安心して快適に観光を楽しめます。

D157 winchik20tobira thumb autox1600 15082モロッコの観光で世界遺産を巡る!名所スポットやベストシーズンも紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
モロッコは、アフリカ大陸の北西部に位置し、古来よりヨーロッパ、イスラム、アフリカの影響を受け...

日本からモロッコの首都ラバトがある空港へのアクセス方法

日本からモロッコの首都ラバトがある空港へのアクセス方法は、日本から飛行機でモロッコの首都ラバトの玄関口となるラバト・サレ空港まで行く必要があるのですが、現在のところ残念ながら日本から就航している飛行機の直行便は1本もありません。

これにより、ヨーロッパまたは中東の国でトランジットをしてモロッコの首都ラバトの玄関口となるラバト・サレ空港へ向かうことになります。フライトの所要時間は、最短コースで行った場合でも18時間は最低かかります。

日本からモロッコの首都ラバトの玄関口となるラバト・サレ空港までは、フランス経由で行かれる方が多いです。どこでトランジットをするにしても、フライトコースによっては30時間以上かかってしまう場合もありますので、トランジット地で1泊宿泊するのもおすすめです。

空港からモロッコの首都ラバト中心街へのアクセス方法

空港からモロッコの首都ラバト中心街へのアクセス方法は、タクシーまたはトラムで行くことができます。空港からモロッコの首都ラバト中心街へタクシーを利用した場合、所要時間は20分ほどでモロッコの首都ラバト中心街へ到着できます。

また、モロッコの首都ラバトは、街中を綺麗なトラムが走っており、トラムはラバト住民の大切な日常の交通手段にもなっています。

こうしたことからも、日中は10分間隔、夜は20分間隔で頻繁に出ているトラムは本数も多く、料金もタクシーに比べて非常に安い価格ですので、便利な交通手段です。モロッコの首都ラバトは治安も良いですし、路線図を見ればアクセスも簡単ですので、トラムでの移動もおすすめです。
 

モロッコの首都ラバトの治安と注意点について

モロッコ国内では治安が良くない場所や地域も結構ありますが、モロッコの首都ラバトの治安は、前述でも触れましたように、モロッコに中でも非常に治安が良いことでも有名ですのでかなり安心です。

しかし、治安が良い場所にもかかわらず、観光客相手のタクシーの料金のぼったくり、スリ、置き引き、ひったくり等も報告されていますので、必要以上に注意深くなりすぎる必要はありませんが治安が良いからと油断をするのも禁物です。

また、モロッコの首都ラバトはイスラム圏ですので宗教的な意味合いから男女共に肌を露出する服は敬遠されます。そして、街中で突発するデモ隊と治安当局の衝突にも気をつける必要があります。

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット1:ハッサン塔

まず、最初にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、ハッサン塔です。ハッサン塔は後述するムハンマド5世の霊廟の近くにありますので、両方セットにして見ることをおすすめします。

44メートルもの高さがあるハッサンの塔は、モスクと一緒に建造される世界で最も高い88メートルもの高さがあるミナレットという名前の塔になるはずでした。しかし、この建造を命じた権力者が建設途中に亡くなったので、建設も途中のままの未完の塔として現在ハッサン塔は残されています。

住所 Boulevard Mohamed Lyazidi, Rabat, Morocco
電話番号 643-41-9073

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット2:ムハンマド5世の霊廟

2番目にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、ムハンマド5世の霊廟で、新市街地区でも最大の見どころといっても過言ではない絶対に見逃せない観光スポットです。ムハンマド5世は、フランスからの独立を1956年に勝ち得た元国王で、この霊廟は1973年に建造されました。

幾何学的な美しい外観にも目を奪われますが、絶対に見逃せないのは、この建造物の美しい内部で、非常に手の込んだ見る者を圧倒させるほどの繊細で細かい装飾やステンドグラスなどで溢れています。この建造物の近くにある高さが異なる大量の柱やハッサンの塔も見逃せません。

住所 Boulevard Abi Regreg, Rabat 10030, Morocco

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット3:ラバト王宮

3番目にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、ラバト王宮です。モロッコは王室国家で、この王宮には、実際に、1999年に即位しているムハンマド6世が住んでいます。当然、この建物の内部には入ることはできませんが、この美しい王宮の外観は見学できます。

この王宮は美しい庭園の中に位置しており、この庭園内の一角には、王室専用のアルファーモスクもあります。そして、このアルファーモスクに出向く毎週金曜日には、パレードも行われます。このアルファーモスクも非常に美しいので見逃せない観光スポットです。

また、この庭園内でも数々見ることができる美しい門もモロッコ特有の美術や文化が織り交ぜられている見どころも多い見逃せない観光スポットです。

住所 Cité Universitaire Rabat, Morocco

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット4:ウダイヤのカスバ

4番目にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、旧市街の北側にある地区ウダイヤにあるカスバです。カスバとは現地の言葉で要塞の集落を意味します。この地区は、厚みが2.5メートル程もあり、高さも8メートル以上もある城壁に周囲を覆われています。

このカスバを進むと美しい海に囲まれた展望台に到着。この展望台も見逃せない観光スポットです。また、ウダイヤのカスバには美しいウダイヤ庭園もあり、こちらもおすすめの観光スポットで、特に、この庭園北側にある壁が白と青に塗られたインスタ映えもする一角も見逃せません。

住所 Lot Abtal Numero 37 Temara، Rabat 12000

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット5:ルワー門

5番目にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、ルワー門です。ルワーとは現地の言葉で風を意味しています。800年以上前に作られたものですが、今も昔のままの姿をしっかり残しています。この門の中ではモロッコの現代美術作品を鑑賞できます。夜はライトアップされて、より荘厳に見えます。

住所 1 Avenue de La Victoire, Rabat 10090, Morocco

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット6:シェラ遺跡

6番目にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、シェラ遺跡です。このエリアは、シェラ遺跡とローマ時代の遺跡を含めて公園として管理されています。この遺跡の上はイスラムの墓地にもなっており、日本では考えられない不思議な空間です。

この遺跡の上には時代によって様々なものが築かれ続けており、広大な敷地にある一見廃墟のように見える遺跡ですが、よく見ると様々なものがありますので、じっくり時間をかけてみる価値がある、特に歴史好きにはたまらない観光スポットです。

住所 Rabat, Morocco

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット7:スーク(市場)

7番目にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、スーク(市場)です。市場というよりも迷路のように入り組んだ裏道に沢山お店が集中するエリアで、日本でも大人気のモロッコ雑貨の宝庫でもありますので、モロッコ観光のお土産探しにも最適です。

値段はあってないようなものですので、値段交渉も欠かせません。大体3倍から4倍位ふっかけた値段を最初に言われますので、値段交渉の際にはこの点も考慮して行なってみてください。

住所 Jemaa el Fna, Marrakech 40030, Morocco

モロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポット8:ラバト動物園

最後にご紹介したいモロッコの首都ラバトのおすすめ観光スポットは、ラバト動物園です。家族連れも多いこの人気スポットは、小さなお子様連れで観光の方にもおすすめの観光スポットです。この動物園は、アフリカのサバンナの地にいる動物の宝庫ですので、日本の動物園とは異なる新鮮な感覚で楽しむことができます。

住所 605 Rabat-Chellah, Temara, Rabat, Morocco
電話番号 537-29-3794

世界遺産都市のモロッコの首都ラバトで非日常を満喫

世界遺産都市のモロッコの首都ラバトの大特集はいかがでしたか。世界遺産都市のモロッコの首都ラバトは、歴史や情緒あふれる旧市街と現代的に整備が整った新市街があるので見所も多く、空港からのアクセスも良く治安も良いので人気急上昇中の観光地です。ぜひ、世界遺産都市のモロッコの首都ラバトへも訪れてみて非日常の時間を満喫してみてください。

関連記事

関連するキーワード

Original
この記事のライター
TabiNeco