りんご公園は青森弘前市の人気スポット!りんご狩りやアップルパイがおすすめ!

2018年11月3日 (2018年11月7日最終更新)

青森県の弘前市にある「りんご公園」は、りんご狩りや巨大アップルパイが登場する収穫祭イベントが人気のスポット。弘前市りんご公園の見どころやりんご狩りの情報などをご紹介しています。おすすめのお土産やアクセス方法もまとめました。

目次

  1. 弘前の人気スポット「弘前市りんご公園」ガイド!
  2. 「弘前市りんご公園」ってどんな場所?
  3. 弘前市りんご公園で「ニュートンの樹」を見よう!
  4. 弘前市りんご公園の春は「りんご花まつり」が楽しい!
  5. 弘前市りんご公園はりんご狩りがおすすめ!
  6. 弘前市りんご公園のりんご狩りシーズンと品種
  7. 弘前市りんご公園でりんご農家体験!
  8. 弘前市りんご公園の人気イベント「りんご収穫祭」
  9. 弘前市りんご公園で巨大アップルパイを食べよう
  10. 弘前市りんご公園でりんごランチやスイーツを
  11. 弘前市りんご公園でシードル醸造を見学しよう
  12. 弘前市りんご公園のおすすめお土産
  13. 弘前市りんご公園の基本情報
  14. 弘前市りんご公園へのアクセス方法
  15. 弘前市りんご公園のレンタサイクルで自転車観光へ
  16. 弘前市りんご公園でりんごを満喫!

弘前の人気スポット「弘前市りんご公園」ガイド!

りんごは青森県を代表する特産品です。青森のりんごを存分に楽しめるスポットが、弘前市にある「弘前市りんご公園」です。弘前市りんご公園とは一体どんな公園なのでしょうか。今回は、弘前市りんご公園の見どころをたっぷりご紹介。りんご狩りやイベントの情報、おすすめのお土産やアクセス方法などもご紹介します。

「弘前市りんご公園」ってどんな場所?

弘前市りんご公園は、弘前市が運営する施設です。広さはおよそ5.2ヘクタールで、園内には1500本ものりんごの木が植えられています。

弘前市りんご公園はりんごを栽培する農園としてだけでなく、りんごに関連したイベントが開かれたりりんごを使ったお土産の販売があったりと、観光客や地元の人々に親しまれているスポットです。

弘前市りんご公園では、青森の魅力もたっぷり楽しむことができます。園内の展望台からは、青森の名峰として名高い岩木山を一望できるほか、1800年代後半の津軽地方の代表的な農家住宅を復元した「旧小山内家住宅」も見学できます。

Images?1488279244弘前の観光スポットおすすめ21選!穴場やお土産情報あり!モデルコースも! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
弘前藩の城下町として栄えた弘前市は、歴史を感じさせる町並みと近代的な町並みを併せ持った魅力的...

弘前市りんご公園で「ニュートンの樹」を見よう!

弘前市りんご公園の奥、土蔵の横には特別なりんごの木があります。このりんごの木は、イギリス原産の「フラワーオブケント」という品種で、「ニュートンの樹」とも呼ばれています。

ニュートンがりんごの実が木から落ちるのを見て、万有引力を発見したというのは有名な話。そのりんごの木の子孫に当たるのが、ここ弘前りんご公園にあるフラワーオブケントなのだそうです。

ニュートンの万有引力の法則が発見されたのは1664年のこと。それから300年経った1964年に記念行事が行われた際、イギリスから日本へニュートンのりんごの木の苗木が贈られました。

その苗木は文京区にある東京大学付属の小石川植物園へ植樹されました。その苗木は大きく成長し、全国の植物園や研究施設などへ新たな苗木を分けているのだそうです。

ちなみに、青森県内でニュートンのりんごの木があるのは、弘前りんご公園の他に黒石市の「青森県産業技術センターりんご研究所」、北津軽郡板柳町の「ふるさとセンター」の2ヶ所だそうです。

弘前市りんご公園の春は「りんご花まつり」が楽しい!

りんごは4月から5月にかけて花が咲き、夏から秋にかけて実を結びます。弘前りんご公園では、りんごを味わう季節の前には可憐なりんごの花を楽しみます。

毎年5月上旬に行われる「りんご花まつり」は、りんごの花を愛でながら様々な催しが楽しめる人気のイベント。ご当地アイドルのライブや津軽三味線の演奏が楽しめるほか、りんご公園ならではのフードコーナーも充実しています。

弘前で人気のパン屋さんが続々出店するカフェコーナーは、りんごの木の下でパンやコーヒーをお花見気分で楽しめます。また、地元のりんご生産者自家製のアップルパイもぜひ食べておきたい弘前グルメのおすすめの一つです。

弘前市りんご公園はりんご狩りがおすすめ!

りんごの花の見頃が過ぎると、いよいよりんごの木はおいしそうな実をつけます。弘前市りんご公園の大きな見どころの一つがりんご狩りです。

弘前市りんご公園のりんご狩りは取り放題ではなく、収穫した分だけ料金を支払うシステムです。りんご狩りで収穫したりんごの料金は1kgにつき330円かかります。

品種にもよりますが、平均的なりんごの重さは1個300gと言われているので、1kgはおよそ3個分という計算になります。

弘前市りんご公園のりんご狩りは予約不要で、20分間隔で係の人がりんご狩りを行う木まで案内してくれます。昔のりんご農家の人が着用していたかすりの着物をレンタルすれば、りんご狩りも一層フォトジェニックになっておすすめです。

りんご狩りは小さな子どもでも体験できます。はしごに登って大きなりんごをもぎ取ってみましょう。はさみなどは使用せず、りんごの実についている「ギンボ」と呼ばれる小枝に指を添え、上にひねるだけで簡単に収穫することができます。

弘前市りんご公園のりんご狩りシーズンと品種

弘前市りんご公園のりんご狩りは、8月1日から11月中旬まで体験することができます。弘前市りんご公園にはたくさんのりんごの品種があり、それぞれりんご狩りに適した時期も異なります。また、その日に収穫できるりんごの品種は生育状況を見て決められます。

りんご狩りが始まる8月初旬には、爽やかな酸味の青りんご「夏緑」の収穫体験ができます。続いてフルーティーな「ちなつ」や、甘みと酸味のバランスの取れた「恋空」などが続々と登場。8月下旬には、ジューシーな「未希ライフ」や梨のような食感の「きおう」などが旬を迎えます。

9月に入ると、有名な「つがる」や果汁の多い「シナノドルチェ」、「千秋」が旬を迎えます。そして10月には甘みたっぷりの「昂林」、酸味が特徴の「紅玉」、黄色いりんご「トキ」、バランスの取れた甘さの「清明」、蜜が入りやすい「北斗」などが収穫できます。

11月には甘みの強い「王林」のほか、おなじみの「サンふじ」がおいしくなります。その日に最もおいしいりんごを収穫できるので、何度訪れても様々なりんごを味わうことができておすすめです。

弘前市りんご公園のりんご狩りは、期間中9時から16時まで実施しています。また、雨天でも体験できるそうです。

弘前市りんご公園でりんご農家体験!

弘前市りんご公園では、りんご狩りの他にもりんごができるまでの過程も体験できます。まず5月上旬には、りんごの摘花体験。りんごの花はいくつかまとまって咲くため、中心の花を残して周りの余分な花を摘み取ることで、栄養を1つの花に集中させる作業です。

そして5月下旬から7月上旬には、実選りという摘果体験ができます。摘果もりんごを大きく育てる大切な作業です。体験はいずれも9時から16時30分まで実施され、1回の所要時間は20分から30分です。

りんごの収穫を終えると、弘前は本格的な雪の季節です。寒さが厳しい冬でも楽しめるのが「かんじき体験」です。かんじき体験は1月初旬から2月下旬まで実施され、所要時間は10分から20分間です。体験はすべて無料です。

弘前市りんご公園の人気イベント「りんご収穫祭」

弘前市りんご公園では、りんご収穫の最盛期を迎える9月下旬に「りんご収穫祭」が行われます。りんご収穫祭は、青森出身のアーティストのステージやダンスのショーが楽しめてたくさんの人が訪れる人気のイベントです。

りんご収穫祭では、手作りりんごランタンやりんごの生搾り体験のワークショップが行われたり、謎解きゲームに参加できたりと大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさんです。もちろん地元の飲食店が出店する飲食ブースもおすすめです。

また、りんご収穫祭では、ドイツで有名なビールの祭典にちなんだ「津軽オクトーバーフェスト」も同時に開催。収穫祭では、りんごのお酒「シードル」の他、青森産のクラフトビールやワインなどを存分に堪能できます。

りんご収穫祭が近くなると、弘前市りんご公園や弘前市の主要な施設で津軽オクトーバーフェストの前売券が発売となります。前売券は飲食ブースで利用することができ、りんご収穫祭当日に現金を使うよりもお得な価格になっているそうです。

弘前市りんご公園で巨大アップルパイを食べよう

りんご収穫祭では様々なイベントが催されますが、スイーツ好きにおすすめのコーナーが「巨大アップルパイ」です。

弘前市は街を挙げてアップルパイ作りに取り組んでいます。弘前の有志で結成された「巨大アップルパイで世界に挑戦する会」が焼くアップルパイは直径2m。世界一のアップルパイのギネス認定を目指しているのだそうです。

ちなみに、直径2mのアップルパイに使われるりんごは400個。パイ生地の材料は卵80個、砂糖5kg、小麦粉30kg、バター10kgにもなります。

巨大アップルパイはりんご収穫祭開催中に目の前で焼き上げられ、焼きたてをカットして来場者に販売されます。また、巨大アップルパイは収穫祭の他にも、りんご花まつりを始めとした弘前の様々なイベントに登場するそうです。

Original弘前のアップルパイはおすすめ!りんごの街ならではの人気お土産やカフェ情報! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
言わずとも知れたりんごの街・青森県弘前は、アップルパイの街でもあります。ベーカリーやパティス...

弘前市りんご公園でりんごランチやスイーツを

弘前市りんご公園には「りんごの家」というレストランがあり、ランチやスイーツを楽しむことができます。ランチは弘前ならではのりんごを使ったメニューが豊富です。

おすすめは、バターで炒めたりんごとりんご果汁を加えた「りんごカレー」です。まろやかなコクと甘みが人気の定番メニュー。また、暑い時期にはりんごを麺に練り込んだ「りんご冷麺」もおすすめです。

スイーツのおすすめは「アップルパイ」です。キャラメルやシナモンのフレーバーなどバリエーションも豊富。また、りんごソフトクリームを使った「りんごサンデー」や「アップルパフェ」もおすすめです。

りんごの家の営業時間は9時から17時まで。ランチメニューは10時から17時までとなっています。定休日は弘前市りんご公園に準じます。

弘前市りんご公園でシードル醸造を見学しよう

りんごを発酵させて作ったお酒「シードル」は、すっきりした甘さが女性を中心に人気のお酒です。弘前市りんご公園にはシードル醸造所があり、園内で収穫したりんごを使ってシードルを作っています。

弘前市りんご公園のシードル醸造所「kimori」は、カフェのようなおしゃれな建物が印象的。ガラス越しに醸造の様子を見学したり、300円でシードルの試飲もできたりとミニ工場見学が楽しめます。

kimoriで作られたシードルは、キリっとした味わいの辛口からスイーツのような甘口まで充実のラインナップ。りんごの家のお土産コーナーで販売されています。

弘前市りんご公園のおすすめお土産

りんごの家のお土産コーナーには、シードルの他に様々なお土産が並んでいます。りんごのお菓子やりんごジュースはもちろん、りんごの木を使ったお箸やりんごの木の草木染ハンカチといったりんごグッズも豊富。

また、青森の民芸品「津軽塗」の食器や、弘前のご当地キャラクター「たか丸くん」グッズも充実しています。

4cbbf99b s青森の人気お土産ランキング・トップ11!おすすめの名産品をチェック! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
青森県には、津軽海峡や奥入瀬渓流など、人気観光地が多くあります。初めて青森県に行った方は、何...

弘前市りんご公園の基本情報

弘前市りんご公園の開園時間は9時から17時までとなっていますが、時間外でも園内を散策することは可能です。定休日はありません。

また、入園料金や駐車料金が無料なので気軽に立ち寄りやすいお出掛けスポットとして人気があります。

住所 青森県弘前市大字清水富田字寺沢125
電話番号 0172-36-7439

弘前市りんご公園へのアクセス方法

弘前市りんご公園へのアクセスは車が便利です。東北縦貫自動車道の大鰐弘前ICから国道7号線で弘前駅方面へ進み、弘前駅前から県道109号線および28号線を経由します。弘前駅前からのアクセス時間はおよそ20分です。

JR弘前駅からバスでアクセスする方法もあります。弘前駅から弘前市りんご公園へアクセス可能なバスは、弘南バス「相馬庁舎」行き、「西目屋役場」行き、もしくは循環バス「ためのぶ号」となっています。

弘前市りんご公園にアクセス便利なバス停は「常磐坂入口」です。バス停を降りて徒歩7分でアクセスできます。なお、りんご収穫祭の日にはシャトルバスが運行し、アクセスがぐんと便利になります。

弘前市りんご公園のレンタサイクルで自転車観光へ

天気の良い日には、ポタリングを楽しみながらの弘前観光もおすすめです。弘前市では、市内のアクセス便利な主要スポットでレンタサイクルを実施しており、弘前市りんご公園でも貸し出しを受け付けています。

弘前市内のレンタサイクルステーションは5ヶ所あります。弘前市りんご公園の他は、弘前市観光案内所、弘前市立観光館、弘前市まちなか情報センター、津軽藩ねぷた村です。

レンタサイクルの受付時間は9時から16時までとなっています。なお、弘前市観光案内所では8時45分から、津軽藩ねぷた村では8時30分から受け付けています。返却は当日の17時までで、借りた場所以外のステーションへ返却することも可能です。

レンタサイクルの料金は、普通の自転車が1回500円、電動自転車が1000円です。タクシーやバスを何度も乗り継いで観光するよりもアクセスが便利で、料金も安く収まることも。レンタサイクルの営業期間は、毎年5月上旬から11月下旬までとなっています。

弘前市りんご公園でりんごを満喫!

青森県の「弘前市りんご公園」をご紹介しました。1500本ものりんごの木が並ぶりんご公園では、りんご狩りやりんごのスイーツがたっぷり楽しめます。秋のりんご収穫祭を始めとしたイベントも盛りだくさんの弘前市りんご公園で、美味しいりんごを満喫してみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
LiberoSE

黒石・弘前の新着のまとめ