くり山は白楽にある行列必須の人気ラーメン屋!つけ麺が美味しすぎると話題!

2018年11月3日 (2018年11月4日最終更新)

ラーメン激戦区白楽の中でも連日人気で行列の絶えない「くり山」はつけ麺メニューが有名のラーメン店なります。今回は白楽にある人気ラーメン店「くり山」について、人気メニューのつけ麺をはじめとしたメニューや行列の秘密、アクセス情報についてご紹介します。

目次

  1. くり山は白楽にある人気ラーメン店!
  2. くり山の店主は「東池袋大勝軒」で修業を積んだ人物
  3. 人気メニューは「つけ麺」
  4. くり山メニューの中華そばも人気
  5. くり山の人気トッピングメニュー
  6. 不定期にくり山で味わえる「煮干醤油蕎麦」
  7. 自宅でくり山を味わえるお土産も有り
  8. くり山の基本情報
  9. 白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店1:ラーメン登良治郎
  10. 白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店2:家系ラーメン とらきち家
  11. 白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店3:ラーメン 末廣家
  12. 白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店4:ファットン
  13. くり山のつけ麺は行列に並んでも食べたい一品だった!

くり山は白楽にある人気ラーメン店!

白楽で人気のラーメン店「くり山」。連日行列ができています。今回はそんな白楽の「くり山」のつけ麺とラーメンメニューについてご紹介します。シンプルなつけ麺は通常の汁有ラーメンと同じように季節を問わず味わうことのできる一品。初めて「くり山」でつけ麺を食べる方はそのおいしさに感動すること間違いなしです。

くり山の店主は「東池袋大勝軒」で修業を積んだ人物

神奈川の横浜にある人気・行列の絶えないラーメン店「くり山」。創業当時は「仁鍛」という名前でした。店主は「東池袋大勝軒」というつけ麺発祥の人気店の最後の愛弟子になります。

実家が食堂を継ごうと修行や店の手伝いをしている間、大好きなラーメンの食べ歩きをしている中、無性に食べたくなる「東池袋大勝軒」の味をどうしても作りたいという思いが強まり弟子入り。「大勝軒」が立退きで閉店後は「六厘舎」でも修行をしています。

創業当時は「六厘舎」が経営していましたが、3年後に独立させるといわれていた通り独立後、現在の店名「くり山」に変わっています。店主の名前が栗山さんのため、店名も「くり山」に改名。2008年に創業、2011年に独立、そして現在に至るまで連日多くのファンの方たちに愛され続けています。

Original東池袋大勝軒本店で一度は食べたい!行列必至・つけ麵発祥の超有名店! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
つけ麵の元祖として知られる、東京都豊島区南池袋にある「東池袋大勝軒・本店」は、東池袋にあった...
Img 4?1499135764東京駅『六厘舎』の朝つけでモーニング!混雑時の待ち時間や行き方は? | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京駅構内あるにつけめんの人気店「六厘舎」は、モーニングつけめんがあるってご存知でしたか?「...

人気メニューは「つけ麺」

つけ麺発祥の人気ラーメン店「大勝軒」と「六厘舎」でも修行をされた店主が経営している「くり山」。人気メニューはなんといっても「つけ麺」になります。訪れた方ほぼ全員が頼む看板メニュー。麺の茹で時間があるため着席後20分後に食べることができます。そんなつけ麺の味の特徴、おいしさの秘密についてご紹介します。

豚骨魚介ベースのスープに太いストレート麺

基本的には「大勝軒」の味をベースとしています。ここに「六厘舎」の濃厚なスープをプラス。両者の中間をとったようなスープが特徴です。このスープに合わせる麺はがっしりと太く力強い麺でストレートになります。麺の量はオーダーできます。少なめでもボリューム感があり、女性客や少食の方は少なめがおすすめです。

大盛の麺の量は300g。国産小麦を使用した麺は自家製麺。色は少しそばのような色をしているのが特徴的です。紺の粉が1%ほど練りこまれているのが「くり山」の麺の色の秘密です。もちもちとした食感があり、まずは麺だけ味わってみるのもおすすめです。つけ麺発祥の「大勝軒」の麺を受け継いでいます。

昼と夜でスープの濃さが変わる

人気・行列の絶えないラーメン店「くり山」のつけ麺のスープは昼と夜でスープの味に変化があります。昼のスープは「中厚」で魚介の味が強く出ていてさらっとしているのが特徴になります。

夜のスープは「濃厚」ですがすこしあっさりとした感じもあるため、こってりが苦手な人にはちょうどいいと好評です。最後には柚子をきかせたスープ割を頼みさっぱりいただくのがおすすめです。

鶏ガラ、鶏の足もみじ、豚骨、煮干しやサバ、カツオなどの魚介類が配合されたスープの中には刻み葱、刻みチャーシュー、なると、焼きのりがトッピングされています。チャーシューには程よく脂がのっていてぷりぷりの食感です。

くり山メニューの中華そばも人気

見た目も昔からよくある定番のラーメンといえる「中華そば」も人気メニューです。こちらのスープは豚骨魚介のベースのスープになります。かなり濃厚でスープによく絡む麺もおいしいと好評です。こちらのスープの濃さはリクエスト可能になります。つけ麺のスープよりもとろみが少なめです。

つけ麺同様トッピングはほぼ同じになります。ただ、チャーシューはつけ麺の時とは違い大きく1枚でカットされています。卓上には味の変化を楽しむことができるよう、麺に直接黒七味を入れることができたり、魚粉やお酢、ニンニクを入れることができます。

くり山の人気トッピングメニュー

つけ麺、中華そば絶対に注文してほしいトッピングが100円の味玉です。味がしっかり染み込んでいて、黄身がトロっと半熟状で好みの方が多い状態の卵です。この他のトッピングメニューは半チャーシュー150円、チャーシュー300円、メンマ150円になります。

不定期にくり山で味わえる「煮干醤油蕎麦」

つけ麺で人気・行列が絶えない「くり山」。定休日である毎週火曜日限定メニュー「煮干醤油蕎麦」を食べることができます。独立するスタッフのためにやり始めた火曜日のラーメンには隠れファンが多いです。メニューは煮干醤油蕎麦、一品のみです。スープにトロミはあまりなく濃厚な煮干しスープとなっています。

麺は「くり山」の太麺ではなく、煮干しがベースのスープに合わせるため、中細ストレートの麺が使用されています。硬めの食感で歯切れのいい低加水麺。小麦の旨味とスープの絡み具合は絶妙です。

おい玉(麺150g)を注文してラーメン丼に入って提供される麺と具、丼の底のカエシと香油をよく混ぜて和え麺のようにしていただくのもおすすめです。中華そばとトッピングされている具材は同じですが麺とスープがことなる、美味しいラーメンをいただくことができます。

「煮干醤油蕎麦」の料金は700円。特製(チャーシュー3枚、味玉1個、のり3枚)は250円。追い玉は150円。チャーシューは低温の赤身というものに変更することができます。低温のチャーシューはハムのような食感。普通のチャーシューは脂たっぷりの厚めのものになります。

自宅でくり山を味わえるお土産も有り

ラーメン店では珍しいお持ち帰りのつけ麺が販売されています。お土産1食箱なしは800円。お土産2食箱入りは1600円です。麺は250g。具入りスープでメンマ、豚チャーシューが入っています。お土産だけなら並ばないで購入することができます。お家でゆっくり食べることができるので、並びたくない方にはこちらのお土産つけ麺がおすすめ。

くり山の基本情報

横浜白楽で人気・行列の絶えないラーメン店「くり山」。「六角橋商店街」というメインストリートの近くにお店があります。昼時には長い行列ができています。人通りから少し離れているため、逆に行列がよく目立ちます。老若男女問わず食べやすい味となっています。

営業時間

営業時間は11時30分から21時。定休日は火曜日になります。神奈川大学の学生さんや男性客が多いです。以前は店員さんが店に入るタイミングで注文を聞きに来ていましたが、現在はお店入り口横にある券売機買うあるメニューの中から食券を購入後、列に並ぶ形式になります。

アクセス

道路の片側だけでなく、休日には両側にわたり行列ができる人気ラーメン店「くり山」。白楽駅から徒歩10分ほどになります。待つのが嫌なかたはオープン前か閉店ギリギリに並ぶと並ぶことなく入ることができます。メニューの種類は多くないため、夜お酒を飲んだ後のしめにもおすすめです。

住所 横浜市神奈川区六角橋1-17-29
電話番号 045-421-0537

白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店1:ラーメン登良治郎

白楽で人気ラーメン店「登良治郎」。二郎系のラーメンとして有名です。人気メニューは小ラーメン、大ラーメンの二つのみ。汁なしに変更も可能です。通常のメニューでのトッピングの豚チャーシューの量は2枚でとても大きく噛んだ瞬間に脂身の柔らかさと肉質の良さを味わうことができます。野菜はもやしとキャベツがたくさんのっています。

スープは非乳化で二郎系にしては珍しく油は控えめです。ですが、濃い味でしょっぱいのが特徴的です。麺は太麺のストレート。腰が強く、味の濃いスープとよく絡むようにつくられています。小の麺量は250g。大の麺量は400gです。無料トッピングには野菜、ニンニク、脂、辛めがあります。有料トッピングメニューには生卵、粉チーズ、とろろなどがあります。

「登良治郎」のアクセス情報

2017年4月に開業したという白楽の中でも比較的新しいお店です。営業時間は11時から21時です。定休日は火曜日です。白楽駅から徒歩5分とアクセスは非常に便利です。つけ麺とは異なった二郎系ラーメンならではのおいしさを楽しみたい方はぜひこちらの「登良治郎」のラーメンを食べてみることをおすすめします。

住所 横浜市神奈川区六角橋1-7-21
電話番号 不明

白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店2:家系ラーメン とらきち家

日々進化を続けている王道の味を守り続ける「とらきち家」。良質な豚と鶏の骨からとるスープは濃厚なパンチがあるのが特徴的です。一般的なラーメン店の倍量の鶏ガラを使用することから生まれています。また、自家製麺は味はもちろんですが、中太で歯ざわり、のど越しの良さが濃厚スープによく合っていると好評です。

人気メニューは「ラーメン」。黒い丼に入ったラーメン。スープの色は濃い茶色。トッピングにはスモークチャーシュー、ホウレンソウ、のりになります。「家系」の「王道」の見た目になります。チャーシューはスモークということもありしっとりしていて、肉厚でジューシーでありとても美味しいチャーシューです。

「とらきち家」のアクセス情報

東白楽駅から徒歩3分。カウンター席は15席。営業時間は11時から22時です。定休日は月曜日になります。ラーメン以外の人気メニューは「チャーシュー麺」「野菜増しラーメン」「つけ麺」になります。ホームページにはのっていないメニューもあるので、実際に足を運んでラーメン以外のメニューにも挑戦してみることをおすすめします。

住所 神奈川県横浜市神奈川区西神奈川3-1-1
電話番号 04-7125-5535

Original横浜の家系ラーメン!絶品太麺は観光客に人気!おすすめの人気店を紹介 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
横浜といえば家系のラーメンですよね。横浜の家系ラーメンを知らない方でも、今回は横浜の家系ラー...

白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店3:ラーメン 末廣家

2013年7月、白楽に創業した「末廣家」。店主はサラリーマンから転身した方で家系総本山吉村家直系の人気店になります。こだわりはすべての素材が生のものを使用している点。チャーシューはピンク色の帯びた薄切りの豚肉。もも肉をじっくり時間をかけて釜で調理することで生まれるしっとりとした食感が特徴です。

基本的には豚骨醤油ベースのスープに対し、トッピングを選ぶだけ。ラーメンとチャーシュー麺の並、中、大。トッピングメニューはニラもやし、海苔、味玉、温泉卵。ラーメン以外のメニューもあり、飯メニューもあり、温玉、ネギ玉、釜焼きチャーシューになります。丼とトッピングは券売機ではなく口頭で注文するスタイルになります。

麺は固、普通、柔。味は濃、普通、薄。脂は多、普通、少。自分の好みで注文することができます。人気メニューは「チャーシュー麺」。豚骨醤油スープですが油に頼りたくないという店主の想いから、脂などは一切使用していないため、濃厚ながらすっきりとした味わいのスープとなっています。麺はもっちりとした中太の縮れ麺です。

「末廣家」のアクセス情報

白楽駅から徒歩10分の場所にあります。週末ともなれば行列ができるので訪れる際にはいく曜日と時間帯を考えていくことをおすすめします。食券を先に購入してから列に並ぶスタイルになります。営業時間は11時から21時。定休日は日曜日です。チャーシュー丼の特製たれとマヨネーズ、チャーシューも人気メニューなのでぜひ頼んでみてください。

住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋1-14-7
電話番号 045-642-3400

Original横浜の「吉村家」は家系ラーメンの総本山!人気メニューや営業時間などを紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
ラーメン界で家系ラーメンの総本山といわれる横浜の「吉村家」を知らない人はいない。絶えず行列で...

白楽「くり山」に次ぐ人気ラーメン店4:ファットン

以前白楽にあった「豚星」という人気ラーメン店の跡地、2015年に開業した「ファットン」。脂と麺をコンセプトにしたがっつり系のラーメンを食べることができます。二郎系のラーメンですが割とさっぱりめで、野菜はもやしではなくキャベツのみとなっています。

メニューはラーメン、赤麺、辛みそ、みそがあり、それぞれミニ・並・大・特盛・丼大盛から選ぶことができます。また、赤そば、脂そば、懐そば、つけ麺や丼もののメニュー、トッピングには味玉、のり、チーズなどがあります。

濃厚な豚骨スープによく絡む平打ち麺はこしがありもちっとした食感。豚チャーシューは柔らかく箸で簡単に崩れるほどほろほろとした食感となっています。ニンニク増量で食べるのがおすすめになります。

「ファットン」のアクセス情報

営業時間は10時から24時。定休日は日曜日です。券売機で食券を購入してから列に並ぶスタイルになります。曜日限定メニューもあるので、通常メニューを食べた後には日替わり限定メニューを食べに通ってみるのもおすすめです。限定メニューはツイッターで確認できるようになっています。

住所 神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-10-1
電話番号 045-481-8100

くり山のつけ麺は行列に並んでも食べたい一品だった!

横浜白楽で人気・行列の絶えないラーメン店「くり山」のご紹介いかがでしょうか?白楽には人気のラーメン店が多くありますがこちらの「くり山」のつけ麺は一味異なります。「大勝軒」と「六厘舎」を掛け合わせた絶品の味をぜひ横浜白楽に来た際には食べてみることをおすすめします。

関連記事

Original
この記事のライター
イロナ

横浜の人気ランキング

横浜の新着のまとめ