神楽坂石かわはミシュランに選ばれた和食の名店!予約方法やおすすめメニューは?

2018年11月5日 (2019年9月1日最終更新)

神楽坂石かわはミシュランで連続星を獲得するほどの名店中の名店。本格的な和食が楽しめるお店でありながら店主の気さくな人柄がリラックスした雰囲気を作り出している知る人ぞ知る穴場スポットでもあります。神楽坂石かわの予約やおすすめのメニューなど詳しくご紹介します。

目次

  1. 一度は行ってみたい神楽坂石かわ
  2. 神楽坂石かわがミシュランをとる訳
  3. 神楽坂石かわの店主
  4. 神楽坂石かわのある神楽坂周辺
  5. 神楽坂石かわの食材とメニュー1「鮑」
  6. 神楽坂石かわの食材とメニュー2「筍」
  7. 神楽坂石かわの食材とメニュー3「雲丹」
  8. 神楽坂石かわの食材とメニュー4「昆布」
  9. 神楽坂石かわのコース料理
  10. 神楽坂石かわの外観
  11. 神楽坂石かわの店内
  12. 神楽坂石かわの営業時間
  13. 神楽坂石かわへのアクセス
  14. 神楽坂石かわの口コミ
  15. 神楽坂石かわの2号店
  16. 神楽坂石かわで優雅なひとときを

一度は行ってみたい神楽坂石かわ

神楽坂石かわは有名な和食店も多く立ち並ぶ神楽坂にあるお店。ミシュランでは最高評価の三つ星を獲得していて、しかも1度ならず2009年から連続して三つ星を獲得するという実力派のお店です。ちょっと背伸びしてでも来店したい神楽坂石かわについて和食のメニューやお店の詳細などをたっぷりご紹介します。

神楽坂石かわがミシュランをとる訳

徹底した仕事ぶり。決して手を抜かない接客。そして後進の育成などどれ一つとっても抜け目が感じられないのが神楽坂石かわ。素材を生かし、なおかつ創意工夫にあふれている日本料理は日本だけでなく、和食を求めて海外からのお客さんの脚も絶えません。

敷居が高く堅苦しいお店と思いきや、ちょっと緊張しているお客さんには店主が自ら接客してリラックスさせてくれるなど粋な配慮もミシュラン獲得の所以。美しい和食を本当に美味しく楽しめるというお店全体にあふれる雰囲気がミシュランの三つ星を獲得した神楽坂石かわです。

Original神楽坂のおすすめ和食!お得な美味しいランチや人気の個室も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本の昔ながらの風景が残る神楽坂は、日本人のみならず外国人にも人気のスポットです。今回はそん...
Original神楽坂の人気グルメ!おすすめの美味しいレストランは?コスパのよい店も! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
新宿区にある神楽坂は、さまざまな飲食店があつまる人気のグルメスポット。今回はそんな神楽坂でお...

神楽坂石かわの店主

予約必須の神楽坂石かわの店主は知る人ぞ知る石川秀樹さん。ミシュランを獲得する以前から日本料理の職人として高い評価を得ていた職人石川氏は確かな風格と実力を兼ね備えています。

しかしその出発点は意外にも口下手なフリーターの青年。美味しいものとは無縁の青年時代を過ごしていたのだとか。

料理の世界に入ってからは色々な店を転々と修行し、乃木坂にある神谷に弟子入り。24歳で赤坂の料亭きくみの料理長に就任して41歳で独立。

数々の苦難を乗り越えて2009年に初めてミシュランの三つ星をもらった時には思わず泣いたという石川氏。何よりもお客さんやスタッフが喜んでくれたことが一番うれしかったと語る姿に石川氏の人柄がうかがえます。

日本の旬を大切にした素材の力で豊かな時間を過ごし、それがいつしか和やかな記憶となることを願いっているという神楽坂石かわ。お店に来る人たちとの響きあいがが柔らかな円を描くような空間を生み出すこと、それが神楽坂石かわの願いであり料理人石川秀樹さんの思いでもあるようです。

神楽坂石かわのある神楽坂周辺

神楽坂は東京のど真ん中にある街です。JR,東京メトロ有楽町・東西・南北線や都営大江戸線の飯田橋駅、東京メトロ東西線の神楽坂駅、そして都営大江戸線の牛込神楽坂駅という3つの駅からのアクセスがとても便利でふらりと立ち寄るにはもってこいの立地です。

古い石畳や小さなショップなどが多くまるでパリの街並みを彷彿とさせます。実際にフランスからの観光客も多く、人気のパン屋さんをはじめ抹茶などを楽しむことができる和カフェなどが人気のよう。

もちろん本格的な割烹料理や懐石料理などの和食を食べられるお店も多く、ふらりと散歩しながら素敵なものを買い、美味しいものを食べる大人のグルメな街が神楽坂です。

神楽坂石かわの食材とメニュー1「鮑」

フォアグラやキャビアといった日本以外の食材を一切排除した料理を追求している予約必須の神楽坂石かわ。その分日本の食材の旬や産地には徹底的にこだわり、ひとつひとつ吟味しています。

高級食材の代表である鮑もそのひとつ。季節ごとに最も良い状態の産地を選んで取り寄せる鮑の蒸し煮は絶品で。水と酒、そして昆布のみで1時間から1時間半も蒸し煮して仕上げるという徹底ぶりです。お店のメニューに鮑を見つけた時にはぜひおすすめです。

神楽坂石かわの食材とメニュー2「筍」

筍は出始めの甘みが凝縮したハシリと呼ばれるものを使っています。食材の一番美味しい時期を逃さず、最大限に引き出した調理方法は食べる者をうならせる美味しさ。

神楽坂石かわで今まで知らなかった食材の持つ美味しさに初めて出会えることも稀ではありません。

ハシリは筍でありながらまるでスイートコーンのような甘さがあり、甘鯛と一緒に汁椀メニューとして提供されることも。上品な美味しさはまさに悶絶!

ぜひ神楽坂石かわでは旬の食材を使った料理を堪能してください。食べ物の持つパワーはきっと元気を与えてくれます。

神楽坂石かわの食材とメニュー3「雲丹」

神楽坂石かわでは北海道や岩手から取り寄せた雲丹たちも様々な料理で登場します。時に毛ガニや焼きナスと一緒に先付として提供されたり、見た目にも鮮やかな利尻昆布と生雲丹を焚きこんだメニュー、釜炊きご飯としても提供されます。

丁寧に処理された雲丹は口の中でとろけ、濃厚な海の香りを運んでくれます。雲丹の美味しい季節にはぜひおすすめです。

神楽坂石かわの食材とメニュー4「昆布」

和食の命ともいえる昆布だしに使う昆布は北海道の天然真昆布3年ものをたっぷりと使います。冷たい海で育った昆布から醸し出される味わい深さが神楽坂石かわの料理に奥行きを出します。

体に染みこむような昆布だしの汁ものもぜひおすすめです。一つ一つの料理をしっかりと引き立てている昆布の存在は神楽坂石かわの色々な料理で感じることができるはずです。

神楽坂石かわのコース料理

華美せず、飾らない素材そのものの美味しさを探求しているという予約必須の神楽坂石かわの料理は何を食べても身体が喜ぶ贅沢なものばかり。料理は基本的に25000円からのコース料理です。季節に合わせた特別なコースも存在し、冬は活津合かにのコースが時価で提供されています。

飲み物のラインナップもとても豊富でワインの種類なども実にバリエーションに富んでいます。お酒が好きな人にとっては嬉しいポイント。最高の食事を楽しめること間違いありません。迷った時はお店の方に相談するのがおすすめです。

神楽坂石かわの外観

アクセスも便利、予約必須の神楽坂石かわの外観はまるで秘密基地への入り口であるかのような木製の塀で覆われています。そして看板は自宅の表札であるかのようなシンプルな「石かわ」と書かれた木の表札のみ。

ゆっくりと入り口から入ると石畳の風情ある細い道がお店へといざなってくれます。お店の中に入る前から始まるおもてなしを感じる店構えはかなり粋。

神楽坂石かわの店内

アクセスも便利、予約必須の石かわのお店の中はカウンター席が7席と個室のテーブル席が4室あり、全部で25名ほどが座れるような空間です。個室は2人から利用が可能で4名入れる部屋が3室、6名で利用できる部屋が1室あります。落ち着いた木で統一された和の空間は暗めの照明が料理を一層おいしく見せてくれます。

個室はそれほど広くなく、訪れた人たちと親密な良い時間を過ごすのにちょうど良い空間です。掛け軸や品のある絵画などもさりげなく飾られています。清潔感のある店内はもちろん完全禁煙です。

神楽坂石かわの営業時間

神楽坂石かわの営業時間は17時半から24時までで定休日は日曜・祝日です。完全予約制なので必ず予約してから来店するようにしましょう。コース料理は電話で問い合わせてください。

深夜遅くまで営業しているのでゆっくりと落ち着いた時間を過ごしたい人にはぜひおすすめです。心地良い接客は大切な接待にもぜひおすすめです。

神楽坂石かわへのアクセス

神楽坂石かわへのアクセスは都営地下鉄大江戸線の牛込神楽坂駅から徒歩4分。東京メトロ有楽町線・南北線の飯田橋駅から徒歩4分。JR中央線の飯田橋駅の西口から徒歩6分。東京メトロ東西線の神楽坂駅からは徒歩7分程です。駐車場がないので公共交通機関の利用がおすすめです。

住所 東京都新宿区神楽坂5-37 高村ビル1階
電話番号 03-5225-0173

Original高級レストラン特集!東京でおすすめの人気有名店をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
普段はなかなか行くことのできない高級レストラン。ですが、大切な記念日や誕生日など大切な人と大...

神楽坂石かわの口コミ

神楽坂石かわの口コミでは料理の美味しさはもちろん、接客の心地よさを高く評価している人を多く見かけます。美味しい食事をリラックスしたムードで食べられるというシチュエーションが神楽坂石かわの料理を更に美味しくしているような印象を受けます。

更に先付の独創性に驚く人も多数見かけました。風味や香り、歯ごたえなどバラバラの食材を上手に組み合わせていて絶妙な美味しさを醸し出している!という声も。

初めて口にする料理も多く、その美味しさに驚いたという口コミも多数見かけました。2万円以上するコースですがこれだけの美味しさを提供するコースにしてはかなりリーズナブルと感じている人も多いようです。

ひとつひとつの料理から石川さんの人柄を感じて何度も足を運んでしまい常連になっている人の姿も!口コミを見れば見るほど少し背伸びしてでも来店する価値のあるお店であることは確かに思えてきます。

神楽坂石かわの2号店

神楽坂石かわには2店舗の姉妹店があります。門人が料理長として腕を振り、神楽坂石かわからの距離もそう遠くない店舗も。しかも姉妹店もミシュランの星を獲得しているというのだから驚きです。いつもとちょっと違う贅沢な食事を楽しみたくなったらぜひ神楽坂石かわの姉妹店へも足を向けてみてください。

独創的な料理が魅力の「虎白」

若く才能のある料理人が店主を務める魅力の和食屋さん、虎白。神楽坂石かわの近くにお店を構え、メニューには伝統的な和の技法にトリュフやキャビアなどの和食としてあまり使わない食材を取り入れた料理もあります。

伝統をベースにし、更にそこに斬新さが加わることでビジュアル的にも華やかで美しいメニューは女性客にも人気でミシュランも獲得しています

店内はカウンター席とテーブル席のある落ち着いた和の空間で、さりげなく飾られた書なども粋です。個室はありませんがゆったりとした気持ちで食事を楽しめるお店でぜひおすすめ。

おすすめ料理はコース料理でおまかせコースは19000円です。営業時間は17時半から24時まで。日曜と祝日が定休日です。

ミシュランも獲得している虎白へのアクセスは東京メトロ有楽町線・南浦苦戦の飯田橋駅から徒歩3分、JR中央線の飯田橋駅の西口から徒歩4分、都営地下鉄大江戸線の牛込神楽坂駅から徒歩6分、東京メトロ東西線の飯田橋駅から徒歩8分程です。駐車場はありませんので車での来店はおすすめできません。予約は毎月1日に翌々月までの予約が開始されます。

住所 東京都新宿区神楽坂3-4
電話番号 03-5225-0807

銀座にある姉妹店「蓮」

神楽坂から移転し、銀座にお店を構える和食店、蓮。店内はカウンターが7席と個室が2部屋のみのこじんまりとした空間。エントランスには金魚が泳ぎ、和の雰囲気を演出します。店主のおおらかな人柄も人気のようで若さあふれるお店です。

料理はお任せコース22000円。完全予約制でサービス料として10%が加算されるシステムです。営業時間は17時半から24時まで。日曜と祝日と8月下旬、年末年始が定休日となります。神楽坂石かわ同様旬の食材を大切にした丁寧なメニューが人気です。

お店へのアクセスは東京メトロ銀座線の新橋駅銀座口から徒歩4分、東京メトロ日比谷線の銀座駅のC2出口から徒歩5分、更にJR京浜東北線・山手線の新橋駅の銀座口から徒歩5分、東京メトロ有楽町線の有楽町駅のD7出口から徒歩9分です。地下1階にビルの入り口とは別の連の引き戸があり、そこが入り口になります。

住所 東京都中央区銀座7-3-13 ニューギンザビル B1F
電話番号 03-6265-0177

神楽坂石かわで優雅なひとときを

いかがでしたでしょうか。予約必須の神楽坂石かわはミシュランの三つ星をとる本格的な料亭でありながら店主の気さくな人柄が敷居を高くしない素敵なお店です。特別な日にはもちろん、気の合う友人と和食の美味しさや新しい食材への発見を求めて足をのばしてみてはいかがでしょう。楽しく優雅で贅沢なひとときを過ごせぜひおすすめです。

関連記事

関連するキーワード

1848.thumb
この記事のライター
nyaokaka
札幌在住のnyaokakaです。旅行やアウトドアなど、経験を活かしたわかりやすい記事をお届けできるよう心掛けています。どうぞよろしくお願いします!

四谷・市ヶ谷・飯田橋・水道橋の人気ランキング

TravelNoteの公式SNSをフォロー

公式SNSではおすすめの特集記事やトレンドを発信中!こちらもチェックしよう!

Instagram logoInstagramをフォローLine友達登録する

四谷・市ヶ谷・飯田橋・水道橋の新着のまとめ