キセキ食堂のおすすめメニューは?孤独のグルメにも登場した上尾の名店を紹介

2018年11月5日 (2018年11月7日最終更新)

埼玉県上尾市にある『キセキ食堂』は人気テレビ番組の孤独のグルメでも取り上げられたことのある名店です。もともと『キセキ食堂』はリーズナブルでボリュームたっぷりな定食が人気のお店でしたが、孤独のグルメをきっかけに予約必須の行列店へと変貌を遂げています。

目次

  1. キセキ食堂は上尾にある人気のお店
  2. 孤独のグルメにキセキ食堂が出演し話題に!
  3. キセキ食堂も登場した孤独のグルメとは?
  4. キセキ食堂の美味しさの秘密
  5. キセキ食堂のおすすめメニュー
  6. キセキ食堂は予約できる?
  7. キセキ食堂の店舗情報
  8. キセキ食堂に駐車場はある?
  9. 駐車場を使ってキセキ食堂へ行く際の注意点は?
  10. キセキ食堂は一度は訪れたい肉の名店だった!

キセキ食堂は上尾にある人気のお店

埼玉県の上尾市は県の中東部に位置している市町村です。埼玉県のグルメエリアと言うと浦和や大宮と言った場所が真っ先に頭に浮かぶ人も多いでしょうが、実はこの上尾市にも超が付くほどの人気店があります。今回は埼玉県上尾市にある『キセキ食堂』についてメニュー等にも触れながらご紹介します。

779986上尾周辺ランチまとめ!個室・安い・子連れもOKな店を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
埼玉上尾付近には、アリオ上尾など大人に嬉しい街で、また上尾丸山公園があり、子供にとっても楽し...

孤独のグルメにキセキ食堂が出演し話題に!

埼玉県上尾市にある『キセキ食堂』はトンカツを中心としたメニューが人気の定食屋さんです。この『キセキ食堂』はボリュームたっぷりの絶品メニューをリーズナブルな値段で食べられるとあってもともと上尾市民の間では有名なお店でした。

しかし『キセキ食堂』は人気グルメ番組の『孤独のグルメ』で取り上げられたことでその人気は上尾市を飛び出した瞬く間に全国区になりました。実際『キセキ食堂』には「孤独のグルメを見て来ました」というお客さんがかなりの数います。

キセキ食堂も登場した孤独のグルメとは?

人気グルメ番組『孤独のグルメ』とは個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎が主人公です。この井之頭五郎が仕事の合間にそのそれぞれの土地で立ち寄った飲食店での食事の様子を描いたドラマが『孤独のグルメ』です。

数あるグルメ番組のなかでも『孤独なグルメ』はかなり人気の高いドラマで、2012年にシーズン1が放送されたのを皮切りに驚くべき早さで続編が創られています。

それ故に『孤独のグルメ』の影響力はかなりのものがあります。テレビで『孤独のグルメ』が放送されると翌日から多くのファンが井之頭五郎が食べたメニューを求めて足を運びます。いわゆる「聖地巡礼」というやつです。

ちなみに『キセキ食堂』が登場したのは孤独のグルメのシーズン7の第1話です。期待が高かった孤独のグルメシーズン7の1番最初に登場したこともあって『キセキ食堂』は一瞬にして全国的なお店へと変貌を遂げました。実際孤独のグルメシーズン7の第1話が放送された夜にはSNS上が『キセキ食堂』関連のキーワードであふれたほどです。

キセキ食堂の美味しさの秘密

グルメ番組で特集された後に人気になると「話題性だけでは?」と思う人もいるでしょうが、埼玉県上尾市の『キセキ食堂』は味に関しても文句なしです。ここ『キセキ食堂』の特徴はトンカツやステーキなどの肉系メニューに低温熟成させたとっておきに豚肉を使っている点にあります。

低温熟成された肉

ちなみに「低温熟成肉」とは温度の低い状況のなかで長時間寝かせたお肉のことで、酵素の働きにより普通のお肉よりもアミノ酸などの旨味成分が強いと言われています。上尾市『キセキ食堂』ではこの低温熟成肉をたっぷりと惜しげもなくトンカツやステーキに使い、それも人気の理由のひとつです。

精肉店直営のレストラン

低温熟成肉はかなり手間暇がかかるので普通のお店だとかなり割高になります。しかし上尾市の『キセキ食堂』はかなりリーズナブルなメニューが多いです。

『キセキ食堂』は斉藤さんというご夫妻が二人三脚で営業されている定食屋さんなのですが、ご主人の実家が埼玉県さいたま市岩槻区で『斉藤ミート』という精肉店を営んでいるのです。

つまり精肉店直営のレストランのためほかのお店では考えられないような本格的な低温熟成肉がお手頃な値段で楽しめると言うわけです。もちろん精肉店から仕入れているお肉ですから味に関しても文句なしです。

キセキ食堂のおすすめメニュー

上尾市の『キセキ食堂』にはいろいろなメニューが用意されていますが、圧倒的に1番人気なのがきせき定食です。数あるメニューのなかで来店したお客さんの多くがこのキセキ定食を注文していきます。このキセキ定食の特徴としてまず挙げられるのがメインをトンカツとステーキから選べる点です。

キセキ定食

『キセキ食堂』のキセキ定食は豚肉の肩ロースを使っています。ただ普通の肩ロースではありません。低温熟成させたことでかなり柔らかめに仕上がった肩ロースがキセキ定食を注文すると出てきます。

そしてそれ以上にびっくりするのがそのボリュームです。キセキ定食はトンカツでもステーキでも豚肩ロースがたっぷり230gも使われているのです。

もちろん定食ですからトンカツ・ステーキのほかにご飯や汁物も付いていますし、千切りにしたキャベツも当然のごとく山盛りで付いてきます。値段とボリュームの関係性を考えるとキセキ定食はかなりコストパフォーマンスのいいメニューです。

牛タンすてーき定食

上尾市の『キセキ食堂』を訪れた孤独のグルメの主人公がキセキ定食を食べたことから圧倒的にキセキ定食を注文する人が多いですが、そのほかにも数多くの絶品メニューがラインナップされています。そのひとつが牛タンすてーき定食です。

この牛タンステーキ定食もとにかくボリュームがすごいです。普通の牛タンステーキは値段の関係上タンの一部分しか出てきませんが、ここ『キセキ食堂』ではタン先からタン元まですべてが一皿の上に乗っかって提供されます。

絶品の牛タンを贅沢に味わえる肉好きにはたまらないメニューと言えるでしょう。ただし牛タンステーキ定食は来店する2日前から予約が必要な限定メニューです。

キセキ食堂は卓上調味料も充実

『キセキ定食』は卓上の調味料がとても充実しているのも魅力のひとつです。低温熟成させたお肉は素材そのものに旨味がギュッと凝縮されており、何もつけずにそのまま食べても十分に美味しいのですがこの卓上の調味料を上手に使うと飽きることなくいろいろな味を楽しめます。

ただ初めて『キセキ食堂』へ来た人はまず何もつけずに素材そのものの味を楽しむスタイルがおすすめです。そこでベースの味を確認してから少しずつ調味料をプラスして自分好みの味にアレンジしていきましょう。

素材の味をチェックしたら今度はオーソドックスにとんかつソースをかけて食べてみましょう。ただしあまりソースをかけすぎてしまうと素材の味をぼやけさせてしまうため量には注意してください。

次におすすめなのが辛みそソースです。名古屋のご当地グルメに味噌カツがありますがイメージとしてはそれに近いです。ただ『キセキ食堂』の辛みそソースはピリッとしているのでご飯との相性は抜群です。

キセキ食堂は予約できる?

前述したように上尾市の『キセキ食堂』は現在全国からお客さんが押し寄せるかなりの繁盛店です。やはり人気番組の孤独のグルメで放送されてことに対する影響はすさまじく、休みの日にもなると『キセキ食堂』の軒先には行列ができることも珍しくありません。ですから予約の有無は気になるところでしょう。

予約は可能

『キセキ食堂』は事前に座席を予約することが可能です。ただし従来予約は待ち時間をショートカットするためにするものですが『キセキ食堂』は予約に関しても行列必須です。

上尾市の『キセキ食堂』はランチタイムの予約受付が午前9時からで、ディナータイムの予約が午後15時からとなっています。店舗前に名簿があるのでそこに名前を記入する形の予約スタイルになっています。

そして『キセキ食堂』ではこの予約もかなり競争率が高く、早い時には1時間以上も前から行列ができることも少なくありません。

遠方に住んでいる人からすると「電話やネットで予約できないの?」と思うかもしれませんが残念ながらそれはできません。『キセキ食堂』で事前に予約をしたいのであればかなり早くお店の前に並んで予約名簿に名前を書くしかありません。

現在『キセキ食堂』はあまりの盛況ぶりから予約のみでメニューが売り切れてしまうため予約はマストで、それを考えると二度来店することが必要になります。ただ『キセキ食堂』の予約は1週間分先まで承っているので確実にとんかつやステーキを食べたい場合にはこの制度を上手に使うことをおすすめします。

お持ち帰りも予約が可能

上尾市『キセキ食堂』ではお持ち帰りの予約も可能です。実は『キセキ食堂』ではお持ち帰りにしかないメリットがひとつあります。それはお持ち帰りの予約はメニューの指摘ができます。

普通は座席の予約はできてもメニューの予約はできないのですが、持ち帰りに関しては弁当メニューが指摘できます。ちなみに持ち帰り予約のできるメニューはキセキカツ弁当・ロースカツ弁当・ひれカツ弁当・キセキステーキ弁当の4つです。ですから持ち帰りなら「いざ行ったものの売り切れていた」なんて心配がありません。

ただし非常に便利な『キセキ食堂』の持ち帰りサービスにもいくつか注意点があります。まず持ち帰り予約は平日のみで土日は不可です。さらい1度に持ち帰り予約できるお弁当は1人当たり5食までとなっています。

またここが1番大事なのですが『キセキ食堂』は超人気店故に営業時間内に電話をしても取ってもらえません。ですから持ち帰りであっても一度来店して予約をする必要があります。

キセキ食堂の店舗情報

上尾市にある『キセキ食堂』はJR高崎線の上尾駅から少し歩いた場所に店舗があります。テレビで孤独なグルメを見ていた人であれば『キセキ食堂』の店舗が上尾市役所から歩いてすぐだということはすでにご存じだと思います。

ただし最寄りの上尾駅から『キセキ食堂』までは約850mとそこそこ距離があるので徒歩でアクセスする場合にはあらかじめその点を理解しておきましょう。

営業時間

『キセキ食堂』の営業時間はランチタイムとディナータイムの二部構成です。ランチタイムが午前11時から午後14時30分までで、ラストオーダーは午後14時です。これに対してディナータイムは午後17時から午後19時30分までで、ラストオーダーは午後19時となっています。

ただし『キセキ食堂』は連日長蛇の列ができるほどの人気店なのでいまご紹介した営業時間内にふらっと来店しても絶品のとんかつやステーキは食べられません。ですからどうしても食べたい場合は事前に行列に並んで予約名簿に名前を書くか、持ち帰りの予約をすることをおすすめします。

キセキ食堂の定休日は?

上尾市の『キセキ定食』は毎週日曜日が定休日となっています。ただし定休日とは関係なくッ不定期にお店がクローズになる場合があります。ちなみに『キセキ食堂』が営業しているかどうかはツイッターなどの専用のSNSアカウントに記載されているので事前にチェックしましょう。

アクセス方法

ここでは電車を使って『キセキ食堂』まで行く方法を簡単に解説します。まずJR高崎線の上尾駅まで行き、到着したら東口から外へ出ましょう。

上尾駅東口には大きなロータリーがあり、そこから延びるような形で県道133号線が走っていますからそれを沿うようにして東へ進みます。ちなみに県道133号線は途中で中山道をこえるのですがそこで県道150号線へと変わります。

ちょうど中山道の並びに上尾市役所があり、ここまで来たら目的地の『キセキ食堂』はもうすぐそこです。中山道をこえて2つ目の曲がり角を左に曲がって住宅街に入っていくとすぐに『キセキ食堂』が見えてきます。

住所 埼玉県上尾市本町3-11-13
電話番号 070-3529-8553

キセキ食堂に駐車場はある?

『キセキ食堂』へ行きたい場合には駐車場の有無も気になるところです。実際上尾市は都心寄りではありますが少し郊外にあるので駐車場があるなら自動車で行きたい人もいるでしょう。

ただ残念ながら『キセキ食堂』にはお客様用の駐車場がありません。ですからもし自動車で『キセキ食堂』へ行きたいなら自分で駐車場を探す必要があります。

幸い上尾市は駅前を中心に駐車場がたくさん見られます。ですから自動車でアクセスする際には上尾駅そばの駐車場に車をとめてそこから歩くことをおすすめします。

駐車場を使ってキセキ食堂へ行く際の注意点は?

ただし有料の駐車場を利用して『キセキ食堂』へ行く際にはいくつかの注意点もあります。まず相当な駐車場代は覚悟しておきましょう。駐車場から店舗までそこそこ距離がありますし、さらに行列に並ぶとなると駐車場代が跳ね上がることは目に見えています。故に駐車場がない点を考慮すると電車の方がおすすめです。

キセキ食堂は一度は訪れたい肉の名店だった!

埼玉県上尾市にある『キセキ食堂』はグルメ番組の孤独のグルメで取り上げられたことをきっかけに行列の絶えない超人気店になりました。あまりの人気から『キセキ食堂』は行列なしで味わうことはほぼ不可能ですが、低温熟成肉のとんかつやステーキは並んででも食べる価値があります。

関連記事

Missing
この記事のライター
おまあす

上尾・久喜・行田の新着のまとめ