富錦樹台菜香檳は台湾の人気レストラン!おすすめの料理やアクセスを紹介!

2018年11月6日 (2018年11月12日最終更新)

ローカルな屋台グルメもいいですが、台湾旅行の思い出の締め括りに、ちょっとリッチなランチやディナーはいかがでしょうか。富錦樹台菜香檳では、シャンパンと共に新感覚の台湾料理を楽しめます。今回は日本の有名タレントも行きつけという、富錦樹台菜香檳についてご紹介します。

目次

  1. 台湾のおしゃれな隠れ家レストラン富錦樹台菜香檳
  2. 富錦樹台菜香檳のコンセプトは「シャンパンと楽しむ台湾料理」
  3. 富錦樹台菜香檳の料理はヘルシーな台湾料理
  4. 富錦樹台菜香檳には日本語のメニューも
  5. 実は日本のタレントも富錦樹台菜香檳の常連
  6. 富錦樹台菜香檳のおすすめメニュー1:松花蒼蠅頭
  7. 富錦樹台菜香檳のおすすめメニュー2:油條蒜蓉鮮蚵
  8. 富錦樹台菜香檳のおすすめメニュー3:蜜棗煨肉
  9. 日本人が苦手な臭豆腐も富錦樹台菜香檳では美味しく食べられる
  10. 富錦樹台菜香檳のおすすめ調味料
  11. 富錦樹台菜香檳はランチとディナーで別空間に
  12. 富錦樹台菜香檳のランチは完全予約制
  13. 富錦樹台菜香檳はちょっとリッチな気分で
  14. 富錦樹台菜香檳のアクセス方法は
  15. 富錦樹台菜香檳の営業時間は
  16. 富錦樹台菜香檳で新感覚の創作台湾料理を

台湾のおしゃれな隠れ家レストラン富錦樹台菜香檳

台湾には魅力的なグルメが多く、ローカルな屋台グルメを楽しむことも台湾旅行の醍醐味です。そんな中、新鮮な食材とドライフルーツをふんだんに使った台湾料理とシャンパンを楽しめるレストラン「富錦樹台菜香檳」が話題となっています。今回は台北のおしゃれな隠れ家的レストラン「富錦樹台菜香檳」について、おすすめ料理やアクセスをご紹介します。

Original台湾料理を本場で食べよう!台北でおすすめの店を厳選して紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今大人気の台湾旅行。台湾といえば、美味しい料理が有名ですよね。今回は、台湾料理を本場で食べよ...

富錦樹台菜香檳のコンセプトは「シャンパンと楽しむ台湾料理」

台湾料理はどちらかと言えば庶民的な料理で、中華料理よりくせも強くなく、日本人にとても食べやすい料理です。そんな台湾料理のお供と言えば、ビールや紹興酒が定番ですが、「飲むこと、食べること」をもっと楽しんでもらいたいというオーナーの思いで作られた富錦樹台菜香檳では、シャンパンと共に台湾料理を楽しめます。

台湾では席に着くと同時にファーストドリンクのオーダーを取る習慣も、料理に合う飲み物をすすめる習慣もあまりないのですが、富錦樹台菜香檳はドリンクメニューも豊富で、しっかりとしたワインリストも用意されています。

シャンパンは10種類以上用意されていて、ボトルはもちろん、グラスシャンパンもあります。迷った場合でも、丁寧にその日におすすめの料理や飲み物を紹介してくれるので、気軽にスタッフに声をかけてみて下さい。

富錦樹台菜香檳の料理はヘルシーな台湾料理

中華料理や台湾料理は和食と比べると、どうしても油っぽい印象を否めません。しかし、富錦樹台菜香檳で提供される料理、は厳選された新鮮な食材を中心に、油をあまり使わずに調理を行っているので、しっかりとした美味しさがありながらもとてもヘルシーな仕上がりになっています。見た目がこってりしていそうな角煮も、くどくなくあっさり頂けます。

富錦樹台菜香檳の料理には、自家製御調味料とドライフルーツが使われているという点も特徴的です。ドライフルーツを使うことで、食べやすく風味豊かでフルーティーな仕上がりになり、シャンパンにもよく合います。料理は全て専属の料理研究家が旬の食材を取り入れたメニュー開発をしているので、何度訪れても新しい美味しさに出会えます。

料理をオーダーすると、桜エビの入ったチヂミのような卵焼きや自家製の漬物、又はスライスしたマンゴーといったお通しのような前菜がサービスで提供されます。自家製のきゅうりの漬物は日本でお馴染みの「きゅうりのキューちゃん」に似ていて、ついつい箸が進みます。

芳ばしい桜エビの香りが食欲をそそるチヂミには自家製のラー油がついてきます。スライスしたマンゴーがお通しというのは斬新ですが、意外とお酒に合うので、ぜひ試してみて下さい。

富錦樹台菜香檳には日本語のメニューも

海外の旅行先でレストランに入った際、心配なのはオーダーの際のやり取りです。中国や台湾は漢字文化圏なので、メニュー表に綴られる漢字で料理のイメージはしやすいですが、日本では見慣れない漢字や違った意味で使われている漢字もあります。

その点、富錦樹台菜香檳には日本語メニューも用意されているのでオーダー間違いの心配はありません。又、オーナー夫妻は台湾人と日本人のカップルとあって、日本語が堪能なスタッフもいるので、オーダーに迷った際も気軽に相談ができます。

実は日本のタレントも富錦樹台菜香檳の常連

富錦樹台菜香檳は台湾で人気のレストランですが、実は日本でも密かに話題となっています。それは、お笑いタレントの渡辺直美さんがテレビ番組で台湾の行きつけレストランとして富錦樹台菜香檳を紹介したからです。渡辺直美さんはお父さんが日本人、お母さんが台湾人のハーフで、今では台湾でも活躍しています。

あるバラエティ番組内で渡辺さんが富錦樹台菜香檳と富錦樹台菜香檳のおすすめ料理を紹介したことをきっかけに、情報番組でも取り上げられ、渡辺直美さんが実際に富錦樹台菜香檳でランチをしている様子を見て、富錦樹台菜香檳を訪れたという人も多くいます。

富錦樹台菜香檳のおすすめメニュー1:松花蒼蠅頭

富錦樹台菜香檳のおすすめメニューをご紹介していきます。渡辺直美さんがテレビ番組でも大好きなおすすめ料理として紹介していたのが、松花蒼蠅頭です。蒼蠅頭(ツァンイントウ)は四川料理の名作で、台湾でも人気の料理で、より食べやすくアレンジされています。

ニラと豚ひき肉、ピータンを豆鼓で炒めた蒼蠅頭は、日本で言うニラたっぷりの肉そぼろで、ニラの香りが食欲をそそります。少しピリ辛の味付けで、ついついご飯を追加注文してしまうという人がほとんどです。台湾の人はモチモチとした歯ごたえのビーフンと合わせて食べることが多く、蒼蠅頭と旨味を吸ったビーフンを一緒に食べると止まらなくなります。

富錦樹台菜香檳のおすすめメニュー2:油條蒜蓉鮮蚵

おすすめメニューの油條蒜蓉鮮蚵についてご紹介します。油條はよくお粥にトッピングされている細長い揚げパンで、蒜はにんにく、蚵は牡蠣を意味します。つまり、台湾牡蠣と揚げパンのにんにくソースがけです。

牡蠣はぷりぷりで、揚げパンは小さく切ってカリッとした食感をアップさせています。何よりも、粗みじん切りのにんにくがたっぷり入った、パンチの利いたにんにくソースが絶品で、もりもりとご飯が進みます。

富錦樹台菜香檳のおすすめメニュー3:蜜棗煨肉

続いて、おすすめメニューである蜜棗煨肉についてご紹介します。蜜棗はナツメ、煨は煮込むを意味します。豚バラ肉となつめのハイビスカスソース煮込みは、日本で言えば豚の角煮のようなものですが、甘辛くこってりとした日本の豚の角煮とは全く別物です。

台湾の豚の角煮と言えば、独特の風味と味わいの香辛料を使うことが多く、漢方のような味わいが苦手という人もいますが、こちらの角煮はハイビスカスティーの原料であるローゼルやナツメを使って甘酸っぱく仕上げてあり、日本人にもとても食べやすく、台湾人にも人気があります。

豚バラ肉はプルプルとした食感ながらも、油っぽさは全くなく、風味豊かで高齢の人でもあっさりと食べることができると評判です。

他にも、富錦樹台菜香檳では貝を使った料理もおすすめで、ハマグリの酒蒸しは山盛りの生姜の千切りと共に柔らかく蒸しあがっていて抜群と日本人のリピーターも多くいます。

芥菜蛤蜊鶏というアサリと地鶏のスープは同じく生姜がたっぷり使われ、あっさりとしていながらも旨味がぎゅっと詰まった一品で、富錦樹台菜香檳の料理をプロデュースしている料理研究家の一押しのおすすめのメニューです。

日本人が苦手な臭豆腐も富錦樹台菜香檳では美味しく食べられる

台湾人は美味しそうに食べているけれど、そのあまりにも強烈な臭いに日本人にはなかなか手が出せない臭豆腐も、富錦樹台菜香檳では美味しく食べられます。

徹底的に臭みを取ってある臭豆腐と、臭豆腐によく添えられている泡菜という台湾キムチとも呼ばれる漬物とが一緒に煮込まれています。あの強烈な臭みは一切感じられず、恐る恐る食べてみると、豆腐が美味しく、最終的には豆腐ばかり食べてしまったという日本人もいる程、あっさりと美味しく臭豆腐が食べられます。

屋台の臭豆腐は比較的食べやすいとされる揚げ臭豆腐でさえハードルが高く感じますが、富錦樹台菜香檳の臭豆腐なら日本人も抵抗なく食べることができるのでおすすめです。

富錦樹台菜香檳のおすすめ調味料

ドライフルーツをふんだんに使うことで風味豊かに料理を仕上げている富錦樹台菜香檳で、もう一つ欠かせない大事なものが、自家製調味料の数々です。

特に、一度食べると病みつきになってしまうと人気なのが日日辣油という自家製ラー油で、販売もされています。ラオス出身というスタッフのお母さんの秘伝の味を再現したもので、隠し味のレモングラスの爽やかな香りと味わいが特徴的な、他にはないラー油で、お土産にと購入して帰る人も多くいます。

富錦樹台菜香檳はランチとディナーで別空間に

富錦樹台菜香檳はランチタイムとディナータイムと時間を区切って営業していますが、ランチタイムとディナータイムでは同じお店でありながら全くの別の顔、別空間になります。

お店自体は天井に苔を利用した装飾がされていたり、壁にはドライフラワーやグリーンも多く飾られていて、木製家具に統一されたナチュラルテイストの、伝統的レストランというよりおしゃれカフェといった雰囲気です。

ランチタイムは大きな窓から自然光がたっぷりと差し込み、明るく温かな空間でゆったりと美味しい料理を楽しむことができます。気候の良い日はテラス席でランチをとることもでき、より心地良く富錦樹台菜香檳の料理と空間を味わうことができます。

陽が落ちると、キャンドルやランプに灯りが点され、ディナータイムの営業が始まります。自然光溢れた明るいランチタイムから一変、ディナータイムの富錦樹台菜香檳は、ぶら下がるドライフラワーやグリーンがランプに照らされ、独創的かつ幻想的な空間となります。

ランチタイムはもちろんですが、ディナータイムの富錦樹台菜香檳は特に、特別な人との大切な時間や記念日におすすめです。

富錦樹台菜香檳のランチは完全予約制

富錦樹台菜香檳には特に、ランチメニュー、ディナーメニューとメニューに区切りはなく、一日中美味しい台湾料理とシャンパンを始めとした飲み物を楽しむことができます。しかし、ランチタイムは完全予約制となっているので、通りがかったのでふらりとランチに入店するということはできません。

ランチタイムの予約は席のみの確保となり、電話やWebサイトはもちろん、宿泊しているホテルのフロントから予約をすることも可能なので、宿泊中に思い立ったらフロントに問い合わせてみて下さい。

富錦樹台菜香檳はちょっとリッチな気分で

台湾は物価も安く、日本でも有名な台湾の国民食である魯肉飯(ルーローハン)は30元前後で食べられます。日本円でワンコインあれば満足できるのが台湾料理です。

しかし、富錦樹台菜香檳は一般的な台湾の大衆食堂と比べると、一品一品の価格がやや高めで、ここで挙げたメニューの価格も、一般的な蒼蠅頭が200元程度なのに対し、富錦樹台菜香檳の松花蒼蠅頭は大450元、小380元、油條蒜蓉鮮蚵も一般的な価格は290元程度なのに対し、富錦樹台菜香檳の油條蒜蓉鮮蚵は450元です。

シャンパンもボトルで15000元からとなっていて、約55000円という価格です。大衆食堂が500元で飲み食いできるのに対し、富錦樹台菜香檳では一品500元程度という価格設定ですが、料理にせよ、シャンパンを始めとしたアルコールにせよ、オーナーが厳選し、こだわったものばかりなので、実際に食べてみれば納得の価格と言えます。

Original台湾のお金の単位は元?両替するならどこがお得?比較して分析! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
海外旅行で人気のスポット台湾!旅行へ行く際にはお金を両替しないといけませんよね。台湾の単位は...

富錦樹台菜香檳のアクセス方法は

富錦樹台菜香檳へのアクセス方法をご紹介します。富錦樹台菜香檳は富錦街の中心部からは少し離れた、住宅街の中にあります。アクセス方法としては中心部からタクシーを使うのが一番早いのですが、台湾の地下鉄MRTの駅から散歩がてら徒歩でアクセスも可能です。

MRTを使ったアクセスは、MRT松山線台北小巨蛋駅(台北アリーナ駅)下車、5番出口から北へ徒歩10分ほどです。首都大飯店(首都キャピタルホテル)の角を左へ、簡素な住宅街を進みます。小学校を左にして歩いていけば、前方に見えます。

又、松山空港からのアクセスもしやすく、松山空港からまっすぐ続く敦化北路という通りを少し入った場所にあります。大きな看板もなく、アクセスがやや分かりにくいという声もあるので、タクシー、もしくはMRTを使った方がアクセスしやすく便利です。

Original桃園MRT開通!時刻表・路線図・料金まとめ!空港から台北駅がぐっと便利に! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
桃園MRTが開通してから、桃園空港から台北までの交通の便が大幅に改善されました!これまで空港...
Original台湾のタクシー事情!料金や乗り方の注意点は?安くておすすめ! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
台湾の面積は日本の九州より少し小さくて人口は約2400万人です。案外知られていない台湾のタク...

富錦樹台菜香檳の営業時間は

富錦樹台菜香檳の営業時間についてご紹介します。営業時間はランチタイム営業が完全予約制で12時から14時、ディナータイムは17時30分から22時までとなっていて、定休日は年中無休となっています。

アルコールと共に料理を楽しむお店ですが、特に深夜営業をしているわけではなく、一般的な台湾のレストランと閉店時間はほぼ同じです。MRTは23時30分から24時30分の間に全線終電となりますが、駅から10分から15分程でアクセスできる場所にあるので、地下鉄の終電にも十分間に合います。

住所 台北市敦化北路199巷17号
電話番号 02-8712-8770

富錦樹台菜香檳で新感覚の創作台湾料理を

以上、シャンパンと共に楽しむ新感覚の台湾料理のお店「富錦樹台菜香檳」についてご紹介しました。自家製調味料やドライフルーツをふんだんに使った台湾料理は日本人にも食べやすく、シャンパンにも合い、他にはない美味しさです。駅前ホテルや台北中心部からもアクセスしやすいので、富錦樹台菜香檳でちょっとリッチな台湾料理を味わってみて下さい。

関連記事

Missing
この記事のライター
田前希美

台北の人気ランキング

台北の新着のまとめ