ホルモンまさるは予約必須の人気焼肉店!メニューやランチ情報を紹介

2018年11月6日 (2018年11月7日最終更新)

三田で人気のホルモンまさる。ランチでもディナーでもリーズナブルな値段で美味しい焼肉やホルモンが食べられると多くのお客さんが訪れています。ディナータイムには予約をしないと入れないほどの人気店ですが、そんなホルモンまさるについて紹介します。

目次

  1. ホルモンまさるは三田駅で人気の焼肉店!
  2. 店内はレトロな昭和の雰囲気が漂う
  3. ホルモンまさるの人気メニュー
  4. ランチもおすすめなホルモンまさる!
  5. ホルモンまさるではアルコールメニューも豊富
  6. ホルモンまさるの予約方法
  7. ホルモンまさるの店舗情報
  8. ホルモンまさるは昼も夜もお得に味わえる焼肉店だった!

ホルモンまさるは三田駅で人気の焼肉店!

三田駅から徒歩3分ほどの場所にあるホルモンまさる。リーズナブルな価格で美味しいお肉が食べられてコスパが最高だと非常に人気がある焼き肉店です。週末ともなれば予約をしないと入店できないというほどの多くのお客さんであふれているほど、三田の焼肉店といえばすぐに名前が挙がるほどのホルモンまさるについて紹介します。

Original東京で絶品焼肉ランチを食べよう!安い&美味しいおしゃれな店もあり! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
東京には焼肉ランチ店がたくさんあります。土日営業しているおしゃれなお店から、ラグジュアリーな...

店内はレトロな昭和の雰囲気が漂う

三田で人気のホルモンまさるですが、店内は一体どのような雰囲気なのでしょうか。お店自体は昭和な雰囲気が漂っており、初めて入るお店なのになんだか懐かしい気分になれます。常に満席のため店内は非常に活気があり、ワイワイと楽しく焼肉やホルモンを楽しむことができます。

座席はテーブル席のみで全部で62席、それぞれのテーブルに七輪がおいてありダクトもありますがそれでも煙が立ちのぼっています。スーツなどで行かれる場合には、しっかりと対策をしていかないと間違いなく匂いがついてしまいます。

レトロな雰囲気の店内ですが、お客さんは意外と女性が多いです。外から見ると男性ばかりのような雰囲気ですが、女性でも気軽に入ることができます。

ホルモンまさるの人気メニュー

ホルモンまさるでは様々なメニューが揃っており、どれも非常にリーズナブルなので色々食べたくなってしまいます。ホルモンや焼肉の他にもおつまみメニューやご飯ものなども揃っておりお腹いっぱい食べても安くてお会計のときに驚かれる方もいらっしゃるほどです。そんなホルモンまさるでの人気のメニューをそれぞれ紹介します。

シマチョウ

ホルモンまさるでの人気メニュー、まずは「シマチョウ」です。シマチョウはホルモンまさるでの人気ナンバーワンのメニューであり、多くのお客さんが注文しています。値段は590円でたっぷりと入っています。

シマチョウは大腸の中でも特に柔らかいといわれている部位であり、ホルモン初心者だという方でも気軽に食べることができます。味噌味がついており、ほどよい味付けでご飯にもぴったりです。ぷりぷりの食感のシマチョウはぜひ注文してほしいメニューの一つです。

名物まさるホルモン

続いて紹介するメニューは「名物まさるホルモン」です。値段は590円です。お皿にたっぷりとのったホルモンは食べごたえも抜群であり、数名で注文するのがおすすめです。

ホルモンといえばもともと味噌などで味付けをしてあり、焼いてからそのまま食べたり焼肉のタレにつけながら食べるのが多いですが、この名物まさるホルモンは粉唐辛子がついており焼いた後はこの粉唐辛子につけていただきます。

ぷりぷりの食感のホルモンと、粉唐辛子の辛味がしっかりとマッチしており初めて食べる味わいです。この粉唐辛子にはまって、名物まさるホルモンを毎回注文されるというお客さんもいらっしゃいます。

白レバ

レバーが生で食べることができなくなって数年たちますが、依然としてレバーは焼肉店では非常に高い人気のメニューとなっています。もちろんホルモンまさるでも例外ではなく、「白レバ」は多くのお客さんが注文しています。

白レバの値段は390円、角切りにされた白レバが5切れのっています。レバーといえば独特の臭みがあるということで苦手だという方もいらっしゃいますが、ホルモンまさるの白レバは全く臭みも感じられないためレバーが苦手な方でも食べることができるといわれています。

生では食べることができないため、よく焼いてから食べるようにと言われますがこの白レバはよく焼いても硬くならず柔らかいまま食べることができます。また、ごま油で味付けられているネギが添えられていますが、このネギが白レバにぴったりで、濃厚な白レバをさっぱりと食べることができます。

切り落としカルビ

焼肉といえばやっぱりカルビは外せないという方も多いのではないでしょうか。ホルモンまさるでは「切り落としカルビ」が人気メニューとなっています。切り落としという名前ですが、驚くほどしっかりとしたお肉がのっており、これが切り落としなのかと信じられないレベルのカルビが食べられます。

切り落としカルビで使用されているのはブリスケ(肩バラ肉)であり、お皿からはみだしそうなほどのボリュームで提供されます。

薄切りなのですぐに火が通るためサッと焼いていただきます。柔らかくて脂もしっかりのっており甘みも感じることができます。ジューシーな薄切りカルビはホルモンまさるでぜひ一度食べてほしいメニューです。値段は690円です。

ランチもおすすめなホルモンまさる!

焼肉やホルモンが安くて美味しいと評判が高いホルモンまさるですが、ランチタイムも非常にお得なメニューが揃っています。近隣の方のみならず、遠方からも人気のランチを食べるために足を運ぶという方も多い、ホルモンまさるのランチメニューについて紹介します。

1000円以下で食べれるリーズナブルなランチ

ホルモンまさるのランチは、どれも1000円以下となっており三田にある他の飲食店と比較してもリーズナブルな価格設定となっています。そのため多くのお客さんが訪れており、ランチタイムには外に行列ができることもあるほどなんです。

定番の焼肉定食や牛すじ煮込み定食、牛鍋定食などがあり、早い時間に行かないと品切れになってしまっているというメニューもあります。そのため気になるメニューがある方は早めの訪問がおすすめです。ちなみにランチタイムはご飯のお代わりが無料です。

焼肉定食

ホルモンまさるのランチメニューはどれも人気ですが、やっぱり自分で焼いたお肉を食べたいという方に人気なのが「焼肉定食」です。値段は980円です。タレと塩の2種類から選ぶことができます。

焼肉定食を注文すると、お肉の他にもご飯と玉ねぎサラダ、わかめスープがついています。そして目の前に七輪が運ばれてきて自分で焼いて食べるというシステムとなっています。ランチから本格的な焼肉を楽しむことができるということが人気の秘密でもあります。

焼肉定食で提供されるお肉は30センチを超えるお皿いっぱいのカルビ肉であり、初めて注文される方はそのボリュームに驚かれる方も多いです。カルビ肉は一枚肉になっており、自分でハサミでカットしながら焼いていただきます。

炭火で焼いたお肉は香ばしく、程よく脂がのっておりタレがしっかりと絡まっておりご飯にぴったりです。もちろんビールとの相性も抜群で、ランチタイムはビールを200円で注文することができます。その他にもプラス60円で生卵をトッピングすることも可能です。

牛スジ煮込み定食

ホルモンまさるのランチでは「牛スジ煮込み定食」も人気です。値段は780円とこちらも非常にリーズナブルで、かなり早い時間に売り切れてしまうという人気のメニューです。牛スジ煮込みとご飯、サラダがついています。

牛スジ煮込みといえば和風の味付けのイメージが強いですが、ホルモンまさるの牛スジ煮込みはなんとデミグラスソースの味付けとなっています。見た目はまるでビーフシチューのようで、知らずに注文された方は驚かれるのではないでしょうか。

牛スジはしっかりと煮込まれておりトロトロになっています。一緒に入っている野菜もしっかりと柔らかくなっており、玉ねぎはすでに姿がなくニンジンも口に入れるととろけてしまいそうなほど柔らかいです。

ご飯ともぴったりで、ご飯にかけて食べているお客さんも多く見受けられます。ビーフシチューだとご飯にかけるのは抵抗があるという方でも、ホルモンまさるの牛スジ煮込みはかけて食べられるというケースが多いとのことです。

牛鍋定食

ランチでは「牛鍋定食」も人気が高いメニューの一つです。というのも、牛鍋定食は提供される数が決まっていて4食から5食ほどとなっており、早い時間に行かないと確実に食べられないメニューなんです。牛鍋定食を食べたいためにオープン前から並んでいるというお客さんもいるほどです。

牛鍋定食はカセットコンロの上で一人分の鍋として作って食べるというシステムになっており、牛肉がたっぷりと入った鍋を独り占めして食べるという贅沢な気分を味わうことができます。牛鍋定食の値段は980円とリーズナブルな価格なのも人気の秘密です。

一人分の鍋なので、小さめのサイズを想像される方も多いでしょうがホルモンまさるの牛鍋定食は数人で取り分けできるのではないかというほどの大きさのもので作られます。その鍋の中にはたっぷりの野菜が入っておりその上には野菜が見えないほど敷き詰められた牛肉がのっています。

しばらく煮立てておくと野菜が柔らかく、お肉には火が通っていきます。自分の好きなタイミングで食べられるのが一人鍋の良いところで、好きな加減で食べることができます。生卵もついており、煮たお肉や野菜をつけて食べると最高の美味しさです。

牛鍋は甘辛い醤油味で味付けされており、まさにすき焼きの味です。鍋の底にはうどんも敷き詰めてあり、お肉と野菜の旨味をしっかりと吸い込んだうどんを最後の〆にいただくことになります。

牛鍋定食ももちろんご飯のお代わりが無料なので、お肉や野菜に合わせてご飯をどんどん食べてしまうと、せっかくのうどんが食べられなくなってしまうというケースもあり得ます。ぜひ最後まで美味しく食べられるように調整しながら食べるのがおすすめです。

ホルモンまさるではアルコールメニューも豊富

焼肉にはご飯もいいけれど、ビールもぴったりでせっかくなのでお酒と一緒に楽しみたいという方も多いのではないでしょうか。ホルモンまさるでは生ビールの他にも焼酎や梅酒、ハイボールやサワー、マッコリなど様々なメニューが揃っています。

また、店内の雰囲気にぴったりのホッピーもあります。ホッピーを飲みながらホルモンを食べると昭和にタイムスリップしたような気分を味わうことができます。

アルコールが飲めないという方には、コーラやウーロン茶、炭酸水などのソフトドリンクのメニューも揃っています。

ホルモンまさるの予約方法

ホルモンまさるは常に満席であり、最近ではディナータイムは予約をしないと待ち時間が非常に長くかかってしまうということも多いほどなんです。そんなホルモンまさるの予約方法について紹介します。

ホルモンまさるの予約は、一か月前から可能となっています。一か月以上先の日程で予約をすることができないためご注意ください。また、店内は時間制になっており2時間のみの利用となっています。

電話での予約となりますが、ランチタイムやディナータイムはなかなか電話がつながりにくいことが多いです。15時から17時の間が比較的つながりやすいためその時間に電話をするのがおすすめです。

予約をしなくても、店頭で待てば入店できることもあります。ただし、非常に混雑しているため予約しないと入れないというケースもありますので、日程が決まっているという方はぜひ予約をしてから入店することをおすすめします。

ホルモンまさるの店舗情報

それでは最後に、三田にあるホルモンまさるの店舗情報について紹介します。営業時間や店舗へのアクセス方法など、初めて行かれるという方はぜひ参考にしてください。また、車で行かれる場合には、専用の駐車場はありませんので近隣近くにある有料駐車場をご利用ください。

住所 東京都港区芝5-21-14
電話番号 03-6435-1990

営業時間

ホルモンまさるの営業時間は、ランチタイムは11時半から23時半まで(ラストオーダーは23時まで)です。昼の定食の注文は11時半から13時まで、また11時半から17時までは昼飲みが可能です。ディナーの注文は17時からとなっています。

定休日は毎週日曜日ですが、月曜日が祝日の場合には日曜日は営業して月曜日が定休日となります。

アクセス方法

最後にホルモンまさるのアクセス方法についてです。JR都営浅草線「三田駅」のA3出口から徒歩2分、JR山手線「田町駅」の三田口から徒歩4分ほどとなっています。三田・田町の慶應中通りから少し入ったところにあり、近くまで行くと焼肉の良い香りが漂ってくるのですぐにわかります。

ホルモンまさるは昼も夜もお得に味わえる焼肉店だった!

いかがでしたか。三田で人気のホルモンまさるについて紹介しました。昼でも夜でもコスパ抜群、リーズナブルで美味しいホルモンやカルビなどのお肉を楽しむことができる焼肉店です。ぜひ三田に行かれる際にはホルモンまさるに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
reiko

浜松町・虎ノ門・神谷町・三田の人気ランキング

浜松町・虎ノ門・神谷町・三田の新着のまとめ