浜松のフルーツパークで食べ放題&バーベキューを堪能!入場料やアクセスは?

2018年11月8日 (2018年11月9日最終更新)

浜松にあるフルーツパーク。自然豊かなフルーツのテーマパークであり、フルーツ狩りやバーベキューを楽しんだり、中の遊具で遊んだりと小さいお子さんから大人までみんなで一日中楽しく過ごすことができる施設です。そんな浜松のフルーツパークについて紹介します。

目次

  1. 親子で楽しめる浜松のフルーツパーク
  2. 浜松のフルーツパークって一体どんなもの?
  3. 浜松のフルーツパークのアクセス方法
  4. 浜松のフルーツパークの入場料・営業時間
  5. 浜松のフルーツパークは広大な敷地
  6. 浜松のフルーツパークのフルーツ狩り
  7. 浜松のフルーツパークのアクティビティ1:東エリア
  8. 浜松のフルーツパークのアクティビティ2:西エリア
  9. 浜松のフルーツパークのレストラン
  10. 浜松のフルーツパークではバーベキューもできる
  11. 浜松のフルーツパークのキャンプ・グランピング
  12. 浜松のフルーツパークのトンボの湯
  13. 浜松のフルーツパークのイルミネーション
  14. 浜松のフルーツパークはお土産も豊富
  15. 浜松のフルーツパークに行ってみよう

親子で楽しめる浜松のフルーツパーク

浜松にあるの人気のフルーツパーク。中にある遊具で遊んだり、フルーツ狩りをしたりバーベキューをしたりフルーツ食べ放題を楽しんだり、キャンプやグランピングで宿泊することもできるため多くの家族連れが訪れています。入場料もリーズナブルなのでリピーターも多い人気のフルーツパークについて紹介します。

Original浜松グルメランキング!口コミで人気のお店や名物をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
うなぎや餃子に代表される浜松のグルメ。確かに名店が目白押しで、行列の絶えない店がたくさんあり...

浜松のフルーツパークって一体どんなもの?

フルーツパークという名前の施設は全国にいくつかありますが、浜松のフルーツパークの正式名称は「はままつ フルーツパーク時之栖(ときのすみか)」です。一年中フルーツ狩りを楽しむことができる、日本最大級のテーマパークであり中では様々なアクティビティで楽しむことができます。

フルーツ狩りの他にも、レストランやワインセラー、バーベキューなどのお食事の他、キャンプやグランピングも行うことができます。

期間限定にはなりますが、イルミネーションも楽しむことができるため、家族連れだけではなくカップルや友人同士で利用しても楽しいのがはままつフルーツパーク時之栖なんです。

E6bb2c53ef56365fba99ed4e29b37048 s浜松の観光スポットおすすめランキング!人気グルメや名所を紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
静岡県最大の都市である浜松には、自然の見せる景色や体を動かして遊べる人気の観光スポットが数多...

浜松のフルーツパークのアクセス方法

まずは浜松のフルーツパークのアクセス方法について紹介します。フルーツパークは、車でも電車でも、バスでも非常にアクセスが便利な場所にあります。そこで、それぞれのアクセス方法について紹介していきます。自分の都合に合わせて便利なアクセス方法を選んでください。

車でのアクセス方法

まずは車で行かれる場合についてです。現在、新東名浜松SAからフルーツパークへの新道路が開通したことによってアクセスが非常に便利となっています。東京方面から行かれる場合は、御殿場JCTから新東名高速道路で浜松SAスマートICより一般道で約5分ほどで到着します。

名古屋方面からの場合は三ケ日JCTから新東名高速道路で浜松SAスマートICでこちらも一般道で5分ほどとなっています。

駐車場は無料で停めることができ、800台もの収容が可能となっています。満車になっていて停めることができないというケースはほぼありませんので、安心して車でアクセスしてください。

電車でのアクセス方法

続いて、電車でのアクセス方法を紹介します。天竜浜名湖鉄道「フルーツパーク駅」からフルーツパークまでは徒歩で約8分ほどとなっています。フルーツパーク駅までは、JR掛川駅から天竜浜名湖鉄道で約1時間、JR新所原駅からも天竜浜名湖鉄道で約1時間で到着します。

バスでのアクセス方法

最後に、バスでのアクセス方法についてです。バスで行かれる場合には、JR浜松駅から16番乗り場、路線番号46番もしくは46・テを利用します。遠州鉄道バス都田線で「フルーツパーク行き」に乗るとフルーツパークに直行できます。バスを降りるとすぐにフルーツパークの入り口に到着します。

浜松のフルーツパークの入場料・営業時間

こういったテーマパークで気になるのは入場料ではないでしょうか。浜松のフルーツパークの入場料は、大人と高校生が700円、中学生と小学生が350円、未就学児は無料です。

その他にも、15名以上だと団体割引となり600円、浜松市内の70歳以上の高齢者は無料、障がいのある方も無料です。入場料を払って一旦外に出てしまうと再入場はできないのでご注意ください。

園内は入場料だけで楽しめる施設も多いですが、入場料にプラスして料金を払って楽しむ場所も多いです。それでも、小さいお子さんの場合でしたら無料スポットだけでも充分に楽しむことができるといった口コミが多く見受けられます。

また、フルーツパークの営業時間は9時から18時までとなっています。ただし果樹園ゾーンは17時までなのでご注意ください。営業時間は季節によって変動することがありますので、行かれる前にHPでご確認ください。

浜松のフルーツパークは広大な敷地

浜松のフルーツパークには様々な施設が入っており、東京ドーム約9個分もの非常に広大な敷地です。東エリアと西エリアに分かれており、東エリアは自然が豊かなエリアでありフルーツ狩りなどを楽しむことができます。

一方西エリアでは、イルミネーションや大型の遊具、フードコートやバーベキュー、ショップなどが揃っておりエンターテインメントが中心のエリアとなっています。駐車場は西エリアに隣接されており、フルーツ狩りを行わないという方は西エリアだけでも充分の楽しめます。

また、東エリアは非常に広いため園内を「チューチュートレイン」という無料のバスが走っています。小さいお子さん連れには非常に便利なこのチューチュートレインは1時間に2~3本走っています。疲れて歩けないというお子さんにも、そうではない方でも誰でも利用することができます。

浜松のフルーツパークのフルーツ狩り

浜松のフルーツパークといえばやっぱりフルーツ狩りは外せません。年間で15種類ものフルーツ狩りをすることが可能で、時期によって収穫できるフルーツは変わります。定番のイチゴやリンゴ、ぶどうなどの他にも、珍しいものではアケビなどもあります。

フルーツ狩りでは、狩った分だけ計り売りとなっていますので一個からでも収穫することができます。沢山の種類を少しずつ収穫して楽しむことができるのもフルーツパークならではです。

一年を通して様々なフルーツが実っていますので、いつ行っても何かしらのフルーツを楽しむことができます。特にいちごは1月から5月末までと長い期間楽しむことができるため、フルーツ狩りが初めてという方にもおすすめです。

フルーツを取るだけではなく食べて楽しみたいという方にはレストランでのフルーツ食べ放題がおすすめです。この食べ放題については後述します。

浜松のフルーツパークのアクティビティ1:東エリア

浜松のフルーツパークでは様々なアクティビティが揃っています。そこで、東エリアと西エリアに分けて初会します。まずは東エリアでのアクティビティです。

東エリアでは「セグウェイ」を楽しむことができます。テレビでは見たことがあるけど実際に体験したことがあるという方はまだ少ないのではないでしょうか。そもそも日本でセグウェイを体験できるという場所は非常に少ないのですが、そのセグウェイにフルーツパークでは乗ることができます。

その他にも、小さいお子さん向けには「インモーション」もおすすめです。セグウェイは16歳以上での利用に対し、インモーションは6歳以上での利用になります。どちらも利用するのに入場料以外の料金がかかります。

浜松のフルーツパークのアクティビティ2:西エリア

続いて、フルーツパークの西エリアにあるアクティビティについてです。西エリアには小さいお子さん向けのアクティビティが多く揃っており、こちらのエリアで一日楽しむことも可能です。

まずは「フルーツオーケストラ」です。こちらはフルーツの形をした遊具が沢山揃っており、リンゴの滑り台やパイナップルのタワー、メロンのジャングルジム、カキのブランコなど見ているだけでもわくわくしてしまいます。ちなみに利用料はかからず、入場料だけで楽しむことができます。

その他にも、ふわふわマットやふわふわドームなどお子さんが楽しめる大型遊具も揃っています。これらは入場料の他に料金がかかります。

事前予約制とはなりますが、サッカー場も入場料以外は無料で利用することができるためサッカーの試合を行ってその後はフラワーパークで遊んで帰るというケースもあるようです。

浜松のフルーツパークのレストラン

浜松フルーツパークでの楽しみの一つがお食事です。フルーツパークには300席以上あるフードコートもあり、混雑しているランチタイムでも席に座ってゆっくりとお食事を楽しむことができます。

そんなフルーツパークではバーベキューを楽しんだり、本格石窯で焼けるピザを楽しんだりすることができますが人気なのがフルーツ食べ放題ができる「ペルレ」です。ペルレでは軽食を食べることもできますが。フルーツ&デザートの食べ放題を1000円で注文できます。

スイカやオレンジ、メロン、パイナップルなどのフルーツが食べ放題となっています。小さめにカットされているため少しずつ色々な種類を楽しみたというときにも食べ放題はおすすめです。フルーツだけではなく、一口サイズのケーキやプチシュークリームも食べ放題です。

甘いものが大好きだという女性や、小さいお子さんに人気が高いフルーツ食べ放題、ぜひフルーツパークに行かれた場合に楽しんでみてはいかがでしょう。

浜松のフルーツパークではバーベキューもできる

浜松のフルーツパークにはバーベキューガーデンがあり、気軽にバーベキューを楽しむことができます。また、屋根付きなので雨天時にも利用できます。バーベキューといえば準備が大変だというイメージがありますが、フルーツパークのバーベキューはコンロや食材など全て用意されているので手ぶらで参加することができます。

バーベキューの値段は一人2300円、飲み放題がつくと3600円、中学生までの限定のハーフバーベキューセットは1500円です。平日の場合は完全予約制、土日は予約制ではありません。

バーベキューで使用されている野菜は国内産のもの、お肉は牛肉や鶏肉、豚肉、そして海鮮がついています。ライスとスープはお代わり自由となっているので食べ盛りのお子さんの場合も安心です。

浜松のフルーツパークのキャンプ・グランピング

浜松のフルーツパークでは2018年7月に宿泊施設である「キャンプ&グランピング」をオープンさせました。昼はフルーツ狩りやフルーツオーケストラで遊んで、夕方からバーベキューで楽しんで最後はキャンプで、といったように一日中朝から晩まで楽しむことができます。

自分でテントを張って楽しみたいという方にはキャンプ、アウトドアのグッズなど持っていないけれどアウトドア気分を味わいたいという方には近年流行しているグランピングがおすすめです。

キャンプサイトは20区画あり、自分でテントやキャンプ用品を持参して本格的に楽しみたいという方向けです。リアカーなどは無料貸し出ししており、炭や紙コップなどの販売もありますので忘れてしまったという場合でも安心です。

ただし、前もって予約をしておくと夕食はバーベキュー、朝食は食べ放題とすることも可能です。2日前までの予約が必須です。

グランピングの場合は、園内の2カ所に5棟のテントが用意されています。テントの中にはベッドや冷蔵庫、扇風機も完備されています。テントなど何も持っていないという方でも手ぶらでキャンプ気分が味わえるグランピングは若い女性を中心に人気なんです。

また、グランピングの場合には夕食と朝食が用意されています。夕食はバーベキューですが食材なども全て要されており、火おこしもスタッフが行ってくれます。朝食は和食と洋食の食べ放題となっています。気軽に行えるグランピングはオープン以来非常に人気で早い時期に予約が埋まってしまうということもあります。

キャンプやグランピングの他にも、冷暖房完備のガレージもあります。小さいお子さん連れにはこのガレージもおすすめです。

浜松のフルーツパークのトンボの湯

フルーツパークの園内には温浴施設もあるんです。それが「ビオトープ トンボの湯」です。キャンプやグランピングをされている方が利用されていますが、それ以外にも一般の方も利用が可能です。

グランピングでの利用の方は料金はかかりませんが、それ以外の方の利用は料金がかかりますのでご注意ください。

浜松のフルーツパークのイルミネーション

浜松のフルーツパークでは毎年冬季にイルミネーションを楽しむことができます。園内は美しく彩られたイルミネーションで輝いており、昼間はもちろんのこと夜もこのイルミネーションを見るために多くのお客さんが訪れます。

イルミネーションは全長150メートルの光のトンネルや一日6回行われる噴水ショーなど見どころも沢山です。浜松市のゆるキャラである「家康くん」のイルミネーションなどもあり、写真スポットも盛りだくさんです。フォトジェニックなのでついつい写真を撮りたくなってしまいます。

ちなみに2018年のイルミネーションは11月10日から2月24日までとなっています。1月14日まではイルミネーションは全日開催となりますが、それ以降の日程ではイルミネーションは金土日祝のみの週末開催となります。

浜松のフルーツパークはお土産も豊富

せっかくフルーツパークに行ったのでお土産を購入したいという方も多いでしょう。フルーツパークではお土産も非常に充実しており、様々なものが販売されています。帰りにショップによってお土産を選ぶのも楽しみの一つです。

ショップにはフルーツパークでとれたフルーツを使ったスイーツが多く並んでいます。ドライフルーツやフルーツタルト、クッキーなど色とりどりで可愛らしいものが揃っています。

その他にも、ソーセージなどの加工食品やフルーツワインなどもあり、様々な世代で喜ばれるお土産があります。ぜひお帰りになる前にショップに寄ってみてください。

浜松のフルーツパークに行ってみよう

いかがでしたか。浜松で人気のフルーツパークについて紹介しました。小さいお子さんはフルーツオーケストラで楽しんで、美味しいフルーツ狩りを行ってワインやバーベキューを楽しんで、イルミネーションを楽しんでグランピングで気軽に宿泊、と朝から晩まで楽しむことができます。ぜひ一度フルーツパークに足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
reiko

浜松・浜名湖・浜松城・舘山寺の人気ランキング

浜松・浜名湖・浜松城・舘山寺の新着のまとめ