魚助食堂でオリジナル海鮮丼を堪能!新鮮なお刺身が味わえる人気メニューとは?

2018年11月17日 (2018年11月20日最終更新)

福岡の天神で、好きなだけお刺身を盛り放題の海鮮丼が食べられることで人気の魚助食堂。朝どれの新鮮なお刺身をどれだけでもご飯に乗せることができ、なんとおばんざいまで食べ放題なんです。そんな魚好きにはたまらない魚助食堂について紹介します。

目次

  1. 魚助食堂はオリジナルの海鮮丼が作れる人気店!
  2. 魚助食堂のメニュー
  3. 魚助食堂のルール
  4. 魚助食堂はおばんざいも取り放題
  5. 魚助食堂の店舗の雰囲気
  6. 魚助食堂の気になる口コミ
  7. 魚助食堂の店舗情報
  8. ランチにもおすすめの魚助食堂で海鮮丼を味わおう!

魚助食堂はオリジナルの海鮮丼が作れる人気店!

福岡はグルメの街だというイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。そんな福岡でお腹いっぱい海鮮丼が食べたくなった時におすすめのお店が「魚助食堂」です。自分で好きなだけお刺身を盛り放題できてオリジナルの海鮮丼を作ることができます。そんな福岡で人気の魚助食堂について紹介します。

Original福岡の海鮮丼が美味しい名店まとめ!大盛りで豪勢な美味しい店もいっぱい! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
あらゆる飲食店が集結する福岡は、九州屈指のグルメスポットです。とりわけ博多駅周辺や天神といっ...

魚助食堂のメニュー

まずは魚助食堂のメニューについて紹介します。魚助食堂のメニューは非常にシンプルで、並盛・中盛・大盛の3種類のみとなっています。丼の大きさとご飯の量によって値段が変わり、いずれを選んでもお刺身は盛り放題、おばんざいは食べ放題です。

ランチタイムでは、並盛の値段は980円、中盛の値段は1280円、大盛の値段は1480円です。お刺身もおばんざいもついてこの値段は非常にリーズナブルではないでしょうか。ディナータイムは全てプラス100円となっています。ちなみに15時を過ぎるとディナータイムとなります。

その他にもドリンクメニューもあり、生ビールやハイボール、焼酎にグラスワインなど様々なメニューが揃っています。お刺身やおばんざいをおつまみにビールを楽しむのもおすすめです。こちらはランチタイム・ディナータイム問わず同じ値段で注文が可能です。

お刺身取り放題の海鮮丼

魚助食堂のメニューは自分でお刺身を取り放題の海鮮丼です。ご飯の上に乗れるだけ、食べられるだけのお刺身を自分でどんどんと乗せていきます。沢山載せることで、今までに見たことがないほどのボリュームたっぷりの海鮮丼が誕生します。自分だけのオリジナル海鮮丼を作ることができるんです。

お刺身を丼にのせられるだけのせることができるので、ボリュームたっぷりの海鮮丼が完成します。ご飯と同じぐらいではないかというほどの量のお刺身をのせるというお客さんもいらっしゃるとのことです。お刺身好きな方にはたまらない最高の海鮮丼です。

お刺身は4種類取り放題

盛り放題のお刺身ですが、毎日4種類の魚があります。ブリやヒラス、鯛にカツオ、漬けなど内容はその日によって変わります。好きな種類のお刺身があるという方は全てそのお刺身だけで丼を作るという方もいらっしゃるようです。

魚助食堂で取り扱っているお刺身は、どれも朝獲れの新鮮な物ばかりです。リーズナブルな値段ながらもお刺身の質は非常にしっかりとしており舌が肥えている方でも充分満足できます。

なぜ新鮮なお刺身を食べ放題にできるのでしょうか。その理由は、魚助食堂は「長浜鮮魚」の直営店であるため仲買を通すことなく、直接仕入れることが可能なんです。そのため、毎日市場から直送される新鮮な魚介をお得な値段で提供することができます。

他店でこれだけの新鮮なお刺身を使った海鮮丼を食べようと思うと決してこの値段では食べることができません。福岡でも魚助食堂が非常に人気が高い理由はこの新鮮な刺身と値段にあります。

魚助食堂のルール

お刺身やおばんざいを盛り放題の魚助食堂ですが、食べるのには少々ルールがあります。もちろん厳しいものではありませんがみんなで美味しくいただくためにもぜひこれらの最低限のルールはしっかりと守って、お食事を楽しみましょう。ルールは3つです。

その1「食べ残し厳禁!」

まず1つ目のルールは「食べ残し厳禁」です。食べ放題ではどれもこれも美味しそうに見えて、ついつい撮りすぎてしまうというケースも多いです。その結果、食べきれなくて残してしまうということもありますので、食べ残しはしないようにと多くのお店で注意されます。

魚助食堂でも他店と同様に食べ残しは厳禁というルールを設けています。食べ残した場合の罰金は1000円です。並盛を注文した場合の値段は980円、もし罰金になってしまうと1000円と注文した以上の値段を支払うことになってしまいます。

食べ残しにならないように、ぜひ自分の食べられる分だけお皿に盛って、美味しくいただきましょう。ちなみに制限時間は45分間です。

その2「お刺身を乗せれるのは1回きり」

続いてルール2つ目は「お刺身を乗られるのは1回きり」ということです。食べ放題の場合は何度も取りに行くことができるお店がほとんどで、そのため少し盛り付けて食べ終わったら何度も往復するという方もいらっしゃいますが、魚助食堂では盛り付けは一回のみとなっています。

一回のみの盛り付けとなりますので、ご飯の上に自分が食べられるだけたっぷりと乗せてください。食べ残しは厳禁ですので、沢山乗せられるからといって食べきれないほど乗せるのはNGです。自分で食べきれる分だけたっぷり盛りましょう。

ちなみに漬けを乗せる場合のみ、丼の上ではなく別皿に乗せることが可能です。味が混じらないよう配慮されているのも魚助食堂の魅力です。

好きなだけ盛り付けた後には海鮮丼のタレや薬味をかけていただきましょう。タレは、醤油の他にもポン酢やゴマダレ、コチュジャンなどもあります。韓国など海外から来られているお客さんも多いとのことです薬味はネギやワサビ、ゴマや生姜があります。このタレや薬味は取り放題なのでご安心ください。

タレや薬味の他に、お味噌汁やお漬物も食べ放題です。お味噌汁は席に着くとアツアツのものを持ってきてくださいます。このお味噌汁は魚介の出汁がしっかりと出ており非常に美味しいと好評です。

その3「支払いは先払い」

魚助食堂のルール3つ目は「支払いは先払い」です。入店してすぐの場所にあるレジで、並盛・中盛・大盛のいずれにするか選んでから支払いを済ませます。レジのところには見本の丼が置いてありますのそちらを見てから選ぶことができます。

支払いを終えると、選んだサイズに応じて、木のボタンを渡されます。カウンターでその木のボタンと交換にお盆に乗せられたご飯がいただけます。その後、自分でたっぷりのお刺身を載せていくというシステムになります。

魚助食堂はおばんざいも取り放題

魚助食堂では、お刺身以外にもおばんざいも取り放題となっています。お刺身だけでも充分満足できる内容となっていますが、このおばんざいも非常に人気が高いです。おばんざいだけでも充分ご飯のおかずとして成立するクオリティなんです。

おばんざいも日替わりメニュー

おばんざいのメニューは日替わりでさらにランチタイムやディナータイムなどの時間帯によっても変わりますので、毎回違うメニューを楽しむことができます。

人気のおばんざいも、お刺身同様に日替わりとなっています。毎日5種類から7種類ほどのメニューであり、唐揚げや手羽先煮などのメインにもなりそうばボリューム満点のメニューから、高野豆腐の煮物やポテトサラダなど野菜系、サラダコーナー、フルーツなど様々揃っています。

お肉もお魚も両方好きだという方でも充分満足できるおばんざいメニューとなっており、お刺身もいいけれども、このおばんざいも楽しみだとパルコに行かれる際には毎回訪れているという常連さんもいらっしゃいます。

おばんざいを取れるのは1回だけ

ちなみにこの人気のおばんざいですが、お刺身同様にとることができるのは一度のみとなっています。おばんざいを盛ることができるのは一皿のみとなっており、その皿にすべて盛ることになります。もちろんおばんざいも食べ残しは厳禁となっており、残したら罰金となりますのでご注意ください。

生野菜サラダのコーナーもありますが、サラダが食べたいという方には別のお皿が置いてありますのでこちらをご利用ください。同じ皿に盛ると味が混ざってしまうと心配される方も多いですが別皿が使えるので安心です。

魚助食堂の店舗の雰囲気

福岡で人気の魚助食堂ですが、店舗の雰囲気はどのようなものなのでしょうか。福岡パルコの中にある店舗ということで、ショッピングの途中にも気軽にランチで立ち寄ることができるため、特に土日祝のランチタイムには非常に多くのお客さんが訪れています。

店内に入るとオープンキッチンが目に入ります。沢山のお刺身を作っている姿はどれもすぐにでも食べたくなってしまいます。明るい雰囲気の店内で、緑が飾られているテーブルもありついつい長居をしてしまいたくなる雰囲気となっています。

店内はテーブル席の他にカウンター席もあるため、一人でも気軽に入店することができます。買い物帰りの女性のお客さんたちの他にも、近隣で働いているサラリーマンのランチ姿も多く老若男女問わず人気が高いです。

アルコールメニューも揃っているため、ランチタイムでもお刺身やおばんざいをつまみにビールを飲んでいる方も見受けられます。ご飯を食べるのにも、お酒を飲むのにもぴったりの魚助食堂です。

また、観光に来られている海外のお客さんも多く、韓国料理専用の丼やスプーンなども用意されています。ご飯やお刺身を丼に移し替え、おばんざいも入れてタレをかけて混ぜて食べている方も見かけます。これは韓国風の海鮮丼の食べ方であり、こういった食べ方もできるということで人気が高いんです。

魚助食堂の気になる口コミ

人気の魚助食堂ですが、気になる口コミはどのようになっているのでしょうか。魚助食堂については多くの口コミがあり、いずれも新鮮なお刺身を食べることができて満足だというコメントが多いです。

特に福岡パルコは天神の中心部にありますが、街中でのランチとしてもリーズナブルな値段の上にお腹いっぱい食べられるということで天神に行く際には必ず訪れているという方もいらっしゃるようです。

また、丼のサイズが並盛・中盛・大盛と分かれていますが、丼だけのサイズで選んで注文した場合おばんざいもありますのでお腹が苦しくなるほどの量になってしまったという口コミも多く見受けられます。

お刺身はどれもこれも新鮮な物ばかりなのでたっぷりと食べたくなってしまいます。そしておばんざいもに日替わりで非常に美味しいものばかり、揚げ物などお腹にたまるものもありますのでついつい取りすぎてしまいます。

食べ残しは厳禁なので取った分はしっかりと食べきらないといけません。そのため動けなくなるほど満腹になってしまうという方もいらっしゃるようです。丼のサイズは自分が想像しているよりも一つ小さいサイズにするというのも美味しく食べられるコツの一つのようです。

魚助食堂の店舗情報

最後に、魚助食堂の店舗情報を紹介します。以前は同じ店舗では「フィッシャーズ」という店名で営業されていたお店ですので、魚助食堂には入ったことがなくても、フィッシャーズのときはご存知だという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

営業時間

まずは魚助食堂の営業時間についてです。ランチタイムは11時から15時までディナータイムは15時から23時までとなっています。ラストオーダーは22時です。通し営業にはなりますが、ランチタイムとディナータイムでは値段が違いますのでご了承ください。定休日は不定休になっており、福岡パルコに準じます。

アクセス方法

続いて魚助食堂のアクセス方法についてです。魚助食堂は福岡市中央区天神にある福岡パルコの地下2階にあります。福岡パルコは、地下鉄空港線「天神駅」の7番出口から直結しています。また、西鉄の天神大牟田線「福岡駅」の北口改札からもすぐであり、非常に利便性が良いです。

車で行かれる際には、近隣にあるパルコの提携駐車場をご利用ください、天神地下街駐車場やソラリアターミナル駐車場、竹堂パーキングなど周辺には様々あります。ご利用前にどこが提携しているかをチェックしてから行くことをおすすめします。

お会計合計が2000円以上の場合は30分無料、4000円以上の場合は1時間無料、といったように上限2時間でサービス券をいただけます。店舗ごとの合算は不可になりますのでご注意ください。

住所 福岡市中央区天神2-11-1 福岡PARCO新館B2
電話番号 092-235-7435

ランチにもおすすめの魚助食堂で海鮮丼を味わおう!

いかがでしたか。福岡で人気の魚助食堂について紹介しました。食べ放題のお店は福岡にも数多くありますが、お刺身を盛り放題のお店は珍しく非常に人気が高いです。値段もリーズナブルで新鮮そのもののお刺身をたっぷり食べられるお店です。気になる方はぜひランチでもディナーでも、魚助食堂に足を運んでみてはいかがでしょうか。

関連記事

Original
この記事のライター
reiko

福岡市(博多・天神)の人気ランキング

福岡市(博多・天神)の新着のまとめ