サンホセ観光を満喫できるおすすめスポット紹介!素晴らしい絶景が見れる場所も

2018年11月19日 (2018年11月28日最終更新)

コスタリカの首都サンホセには、おすすめしたい観光スポットがたくさんあります!中米地域屈指のエコツーリズムの国コスタリカにおいて、首都サンホセを中心に見どころや、お買い物スポット、エコツーリズム観光地等おすすめ観光スポットをご紹介していきたいと思います。

目次

  1. コスタリカの首都サンホセの魅力
  2. サンホセってどこにある?
  3. サンホセへのアクセス
  4. コスタリカ基本情報
  5. コスタリカの首都サンホセの治安情勢
  6. サンホセのおすすめ観光スポット1【コスタリカ国立劇場】
  7. サンホセのおすすめ観光スポット2【中央銀行博物館】
  8. サンホセのおすすめ観光スポット3【国立博物館】
  9. サンホセのおすすめ観光スポット4【メトロポリタン大聖堂】
  10. コスタリカの教会を見るなら
  11. サンホセのおすすめショッピングスポット1【セントラル市場】
  12. サンホセのおすすめショッピングスポット2【民芸品市場】
  13. コスタリカは自然保護の先進国
  14. エコツーリズムってなに?
  15. サンホセから行くエコツーリズム観光スポット1【ポアス火山】
  16. サンホセから行くエコツーリズム観光スポット2【テノリオ火山】
  17. サンホセから行くエコツーリズム観光スポット3【アレナル火山】
  18. サンホセから行くエコツーリズム観光スポット4【モンテベルデ】
  19. コスタリカ・サンホセを満喫しよう!

コスタリカの首都サンホセの魅力

中米の自然豊かな国コスタリカ。「Costa Rica」はスペイン語で「豊かな海岸」という意味になります。そんな豊かな海岸を持つコスタリカの首都サンホセは、おすすめ観光スポットがいくつもあります。またサンホセを拠点として周辺の別の街へ行ったり、エコツーリズム観光スポットへ行ったり、と様々な楽しみ方ができるのです。

Img 3243コスタリカ観光!料理やおすすめスポット!お土産情報もご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今回ご紹介するのはコスタリカです!コスタリカで観光したくなること間違いなし!コスタリカでしか...

サンホセってどこにある?

まずはコスタリカの位置から確認していきましょう。世界地図を思い浮かべてください。北米大陸と南米大陸をつなぐ細長い地域、中米にコスタリカはあります。北はニカラグア、南は運河で有名なパナマと国境を接しています。

首都サンホセは、そのコスタリカの国土のちょうど真ん中あたりの内陸部、山岳地帯にあります。そのため町全体の標高も1170mと高め。コスタリカの国全体で考えると赤道も近いため暑い国を想像しがちですが、サンホセについては夏場でも涼しい高原にいるようなイメージです。

おすすめの服装としては、半袖の上に薄手の羽織る長袖、もしくは長袖のシャツ1枚。カバンには突然の雨に備えて薄手のウィンドブレーカー、で十分です。雨季乾季に分かれた気候ですが、ベストシーズンは12-3月の乾季が良いでしょう。

サンホセへのアクセス

日本からサンホセへの直行便フライトは残念ながらないため、乗り継ぎとなります。日本から出発する場合は、主に北米での乗り継ぎでの利用が多いでしょう。ダラスやヒューストン、ニューヨークなどで乗り継ぎ、トータルの片道フライト時間は17-18時間ほど。かなりの長旅となります。

コスタリカ基本情報

中米第二位の経済力を持つ自然豊かな国、コスタリカは国土面積としてはちょうど日本の四国と九州を足したくらいの広さで、人口は約490万人。福岡県の県民人口よりも少ないくらいの人々が暮らしています。公用語は、スペインの植民地時代があったことからスペイン語となっています。

コスタリカは、軍隊を捨てた自然保護の先進国、と言われます。軍隊は持たず、国内の治安は、警察で守ります。使わない軍事費は教育へまわり、識字率や教育の無償化など、未来を担う若者への大きな力となっています。

国土の1/4は国立公園などの自然保護区となっており、その自然保護の姿勢と軍備を持たない平和を目指す姿勢が評価され、首都サンホセには、国連平和大学が設置されています。

コスタリカの首都サンホセの治安情勢

外務省の海外安全情報によると、コスタリカ国内の治安について注意喚起がなされているのは、首都サンホセと周辺地域のみとなっています。しかも出されている治安情報は危険レベル1。つまり一番軽いものです。

サンホセの治安が多少悪化してしまったのは、その地理的要因にも寄るところが多くあります。南米地域からの麻薬密輸の中継地点なってしまい、麻薬組織による抗争や武器の流入などで凶悪犯罪が起きてしまい、治安が悪化する、という負の連鎖です。

基本的には治安は良い国ですが、サンホセについては一般的な海外旅行中の身の安全を確保する術を駆使して、慎重な行動を心掛けて楽しく観光をしていきましょう。夜間は出歩かない、持ち歩く貴重品は最小限に、など、自衛手段はあります。

90fe3f486bfe7442e3465aef154ea46b mコスタリカの治安は?軍隊が無い幸せの国の場所や物価をご紹介! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
軍隊のない幸せの象徴として知られるコスタリカには、世界中から多くの観光客が訪れています。治安...

サンホセのおすすめ観光スポット1【コスタリカ国立劇場】

サンホセの最初にご紹介するおすすめ観光スポットはやはりここ!Teatro Nacional de Costa Rica(コスタリカ国立劇場)です。1897年に建てられた国立劇場は、法律により一流の芸術作品しか上演が許可されておらず、国民の誇りとも言える存在です。外観は美しいルネサンス様式、内装も壁や天井のあちこちに素晴らしい装飾や芸術の展示がされています。

コスタリカ国立劇場をじっくり見学したあとは、劇場内のカフェでおいしいコーヒーでもいかがでしょうか。観光における食の堪能は欠かせません。中米で最初に栽培を始めたというコスタリカの名産品です。

また、辺りが暗くなったころにもう一度機会があれば訪れてみて下さい。ライトアップされた、さらなる美しさをまとう国立劇場の姿が見られます。

住所 Avenida 2, calle1, San José, Costa Rica
電話番号 +506 2010 1100

サンホセのおすすめ観光スポット2【中央銀行博物館】

コスタリカの中央銀行が運営している中央銀行博物館は、別名Museo del Oro(黄金博物館)とも呼ばれています。サンホセの中心地にあるPlaza de la Cultura(文化広場)の地下に作られたこちらの博物館では、貨幣の歴史とともに、コロンブス発見よりも前の時代の黄金の装飾品が主に展示されています。

見事な金細工の数々が、地下3フロアにわたって展示されています。金の絶景とも言えるこちらの博物館は、銀行が運営しているため、安全は銀行によって保障されている、という具合です。治安良好なコスタリカの中でもさらに厳重な安心を約束された場所とも言えます。

住所 Bajos de la Plaza de la Cultura. Avenida Central. Calle 5 San José Centro San José 
電話番号 +506 2223 0528

サンホセのおすすめ観光スポット3【国立博物館】

Museo Nacional de Costa Rica

こちらも同じく、サンホセの市内中心部にあるMuseo Nacional de Costa Rica(国立博物館)ですが、建物自体がなかなか特徴的。やさしいクリーム色の外壁ですが、実は以前は軍事要塞として使われていたもの。弾痕なども探すと見つかります。

先史時代から現代に至るまでの様々なコスタリカの姿を垣間見ることができます。ここでぜひ見て頂きたいのが「コスタリカの石球」です。国内の密林で発見された石でできた球体は、製作年代や作られた目的など一切不明で、それでいて完全なる球体、真球に限りなく近いとされ、いわゆる「オーパーツ」を見ることができるのです。

住所 Cuesta de Moras, San José
電話番号 +506 2211 5700

サンホセのおすすめ観光スポット4【メトロポリタン大聖堂】

国民の多くが信仰しているカトリック教会のサンホセにおける中心的な存在がメトロポリタン大聖堂(Catedral Metropolitana de San José)です。

このカテドラルの見どころは、その建築様式の多様性にあります。新古典主義やバロック、ギリシャ、コロニアル等、実に様々です。周辺地域の整備だったり地震で崩れてしまったところの修繕だったり、度々手が加えられた結果、今の姿になっています。

普通の観光スポットではなく、実際に使われている祈りの場でもあります。服装や態度に気を配りながら静かに観光しましょう。

住所 Calle Central, Avenida Segunda, Av. 2, San José
電話番号 +506 2221 3820

コスタリカの教会を見るなら

国民の85%が信仰しているのがカトリック、というコスタリカです。教会を見るならぜひおすすめしたい街があります。サンホセからは日帰りで往復できる距離にある「カルタゴ」です。ここはかつて長い間コスタリカの首都だった街。歴史ある建物があるのもうなずけます。カルタゴでは、上位教会であるバシリカをぜひ見てください。

天使のマリアのバシリカ

日本のお寺や神社にも格式の差があるように、カトリック教会に格式の差が存在します。バシリカとは、その上位にあたる教会の呼び名です。カルタゴにあるBasílica de Nuestra Señora de los Ángeles(天使のマリアのバシリカ)は、美しいドームと高窓を特徴とするビザンチン様式で建てられています。

また、天使のマリアのバシリカの美しさは外観にとどまりません。内部には、同じくビザンチン様式の特徴である木造小屋組みの屋根が施されており、ある意味絶景ともいえる様相を呈しています。この聖堂内地下に安置されている黒いマリア像の近くには聖水が湧き出ていて、容器に汲んで持ち帰ることができます。

romeria

コスタリカでは、毎年8月2日に各地からここ、カルタゴの天使のマリアのバシリカへ歩いて礼拝に訪れる巡礼が行われます。これはRomería a Cartago(カルタゴ巡礼)と呼ばれるのですが、カトリックの信仰篤い人々だけでなく、まるで国民行事かのような感覚で一体感を以って行われています。

住所 Calle 1, Provincia de Cartago, Cartago
電話番号 +506 2551 0465

サンホセのおすすめショッピングスポット1【セントラル市場】

地元の食材や、日常に触れるには市場が一番です。サンホセのセントラル通り沿いにあるMercado Central de San José(サンホセ中央市場)では、日用品から生鮮食品、土産物店やレストランなど、ありとあらゆる小売店舗が200店舗以上店を構えています。19世紀後半からの長い歴史を持つ中央市場は今も変わらず、活気にあふれています。

サンホセのおすすめショッピングスポット2【民芸品市場】

ばらまきお土産や自分用など、民芸品のバッグやカップ等のお土産物が探したいときには、Mercado Nacional de Artesanías(民芸品市場)がおすすめです。お土産品に限って言えば、空港内や、先にご紹介した中央市場で買うよりはお手軽な価格がついていることが多いです。また、彫刻や木工品に関しては専門の職人さんが出品していることもあります。

コスタリカは自然保護の先進国

エコ先進国でもあるコスタリカでは、エコツーリズムのメッカでもあります。生息生物種の豊富さ、火山や熱帯雨林などの自然の豊かな恵みなど、見どころや絶景に出会えるスポットはたくさんあるのがコスタリカの魅力のひとつです。

実際、コスタリカの自然環境はどのようにスゴイのかというと、先にもお伝えしたように、国土の1/4は国立公園などの自然保護区となっていることから、動植物の生息する種類がとても多いのです。世界中の全動植物の5%が生息し、鳥蝶類・蘭に限っては10%が自生しているのです。

そういった自然の絶景に出会うためには、あまり人の踏み入れないような地域が前提ですが、コスタリカでは国内全域で治安状況や政情が安定しているため、自然豊かな地域であっても治安に不安を覚えることはないでしょう。

エコツーリズムってなに?

そもそも、エコツーリズムとは何かご存知ですか?これは、自然との共存共生をしながら環境保全と観光とを結びつけることで、持続可能な観光を推し進める、という考え方から生まれた言葉です。自然を観光資源と考えることは簡単なのですが、その自然の絶景をいかにして守っていくのか、ということを観光客にも問題提起しています。

サンホセから行くエコツーリズム観光スポット1【ポアス火山】

首都サンホセから北西へ車で1時間半ほどの距離にあるのがVolcán Poas(ポアス火山)です。標高2704m。火口に大きなカルデラ湖があり、酸性度世界第2位の火口湖はターコイズブルーの美しい色合いです。火口湖を見下ろすことができる展望台があり、そこから眺める絶景は格別です。

世界最大級の火口を持つ火山として人気がありましたが、2017年の大規模な噴火以降、活発な火山活動が顕著となり、ポアス火山国立公園は閉鎖、入山規制が敷かれています。再開の目途は立っておらず、現状は直に見ることはできない、幻の絶景、という状態です。

サンホセから行くエコツーリズム観光スポット2【テノリオ火山】

サンホセから車で約4時間。しかも、道中にはなかなかの未舗装道路も未だ存在するようなところなのですが、ぜひとも行ってみたいコスタリカの絶景の名所が、Volcán Tenorio(テノリオ火山)です。グアナカステ保全地域の北西に位置しているテノリオ火山は、標高1916m。周辺は国立公園になっていて、ここもエコツーリズムのメッカです。

Rio Celeste(リオセレステ)の滝

テノリオ火山を訪れる観光客のほとんどが目指すのは、最高の森林浴と世界一美しい滝と言われるRio Celeste(リオセレステ)の滝です。

Rioは川、Celesteは青空とか空色、といった意味を持つ言葉です。その名のとおり美しい水色の流れを持つRio Celesteは、その川の流れ自体も神秘的な色でとても素敵なのですが、その流れにある滝がまた一段と素晴らしいのです。

滝から落ちてくる水しぶきは白いのですが、水色の滝壺へ流れ落ちるうちに同じ水色になっていくのでしょうか。とても幻想的な絶景を見ることができます。最高の水色を見たいなら、ぜひお天気の良い日に訪れましょう。ただし、天候が変わりやすい地域ですので、雨具の用意をしていくことをおすすめします。

サンホセから行くエコツーリズム観光スポット3【アレナル火山】

サンホセから車で3時間ほどの距離にあるのが、Volcán Arenal(アレナル火山)です。実はこのアレナル火山国立公園には、2つの火山があり、より活発な活動を見せているのがアレナル火山なのです。円錐形の、まるで富士山のような形は、コスタリカをイメージする写真によく登場します。

上の画像のように、まるで絵画のような絶景が現実のものなのです。噴煙をあげる山、鬱蒼とした森林、シダ植物、鮮やかな草花。そのどれもが素晴らしい絶景を作り上げています。

ここまで首都周辺の国立公園をいくつかご紹介していますが、どのエコツーリズム観光スポットでも、治安面の心配はほとんど必要ありません。海外では、都市部から離れると危険、といったイメージが先行しがちですが、コスタリカに限ってはそういった心配はいらないのです。

Tabacon Grand Spa Thermal Resort in Arenal

アレナル火山の恵みを堪能できる極上の温泉が、高級スパリゾート、タバコンスパです。天然の温泉が流れる川を利用し、様々なアレナル火山からのミネラルを含んだ豊富な温泉が24時間流れ続けているのです。ろ過とか加水など不要。源泉(火山)に近い方では温かいお湯(41℃ほど)、遠い方(より下流)ではぬるいお湯(25-30℃ほど)となっています。

住所 Noreste de Centro de la Fortuna de San Carlos 13 Km, Provincia de Alajuela, Nuevo Arenal
電話番号 +506 2519 1999

サンホセから行くエコツーリズム観光スポット4【モンテベルデ】

最後にご紹介するのは、コスタリカ有数の観光地であり、エコツーリズム観光スポットの中でもバードウォッチングを目的とした方には外せないイチオシスポット、モンテベルデ自然保護区です。

モンテベルデのジャングルは、熱帯雲霧林と呼ばれる湿度の高い密林で、独特な生態系を持つことで知られています。オオハシやハチドリなど、野鳥の楽園ともいわれるほどの豊かな生息地には、様々なトレッキングコースや、地上50mの高さにかけられた細い吊り橋など、色々な角度から自然観察ができます。

幻の鳥ケツァール

野鳥の楽園モンテベルデに生息しているのが、国鳥quetzal(ケツァール)です。正式名称はカザリキヌバネドリと言い、手塚治虫の『火の鳥』のモデルにもなっている世界一美しい鳥と言われています。

サンホセから日帰りの距離にあるモンテベルデ自然保護区では、そんな幻の鳥が見られるかもしれないのです。その姿を見られたものは、永遠の幸せが訪れる、と言われています。これはぜひ行かなくては!

コスタリカ・サンホセを満喫しよう!

コスタリカの首都サンホセを中心に、おすすめの観光スポットをご紹介してきましたが、いかがでしたか?国土のほぼ中心に位置するサンホセからは、日帰りできるエコツーリズム観光スポットも多くあり、都市から自然まで様々な楽しみ方ができます。今度のご旅行には、ぜひコスタリカ、サンホセをいかがでしょうか!

関連記事

Original
この記事のライター
Maria