米原ビーチは石垣島の人気シュノーケリングスポット!サンゴ礁と白い砂浜が魅力!

2018年11月26日 (2018年11月29日最終更新)

石垣島で抜群のビーチロケーションを誇る人気のビーチと言えば米原ビーチです。今回は米原ビーチのおすすめシュノーケリングポイントや魅力などをご紹介していきたいと思います。合わせてシュノーケリングする際の注意点や米原ビーチで気をつける事などもまとめて行きます。

目次

  1. 米原ビーチは白い砂浜とサンゴであふれるシュノーケリングスポット
  2. 米原ビーチの魅力とは
  3. 米原ビーチはシュノーケリングが人気
  4. 米原ビーチはサンゴ礁だらけの海岸
  5. 米原ビーチでシュノーケリングをする際に注意する事
  6. 米原ビーチの潮の流れは危険なのでよく観察しよう
  7. 米原ビーチは国立公園に指定されている
  8. 米原ビーチの近くにあるキャンプ場でキャンプをしよう
  9. 米原ビーチにあるマリンショップ「JellyFish(ジェリーフィッシュ)」
  10. 米原ビーチのすぐそばにあるマリンショップで機材を揃えよう
  11. 米原ビーチで思い出を作ろう
  12. 米原ビーチで箱メガネをつかってお子様と一緒に遊ぼう
  13. 米原ビーチの無料駐車所と有料駐車場のご案内
  14. 米原ビーチに隣接するカフェ「イマジン」
  15. 米原ビーチは絶景フォトスポット
  16. 米原ビーチのアクセス情報
  17. 米原ビーチで自然に触れながら遊ぼう

米原ビーチは白い砂浜とサンゴであふれるシュノーケリングスポット

石垣島にある米原ビーチは大人気ビーチです。米原ビーチはサンゴ礁が発達しており、広い範囲で遠浅リーフが広がっています。今回は、米原ビーチの魅力は勿論、人気のシュノーケリングスポットやお役立ち情報などをまとめいきます。アクセスや駐車場の情報も合わせてご紹介していきます。

11000000438901 t6aukxhj 4沖縄でシュノーケリング!おすすめの人気ポイントとビーチで熱帯魚を観察! | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
今年の夏は、透明度の高い沖縄の海でシュノーケルをしませんか。沖縄には、シュノーケルにおすすめ...

米原ビーチの魅力とは

米原ビーチの人気の魅力はシュノーケリング、夏場にはバーベキューなどを楽しむ事が出来ます。小さいお子様がいるご家庭の方は勿論、カップル、お友達と楽しめる場所です。遠浅なサンゴ礁とリーフに囲まれて、穏やかな波には、沢山の綺麗な熱帯魚がいます。

浜から200mほど離れると、リーフエッジサンゴ礁の谷に到着します。リーフ内には生息していない大型の魚を鑑賞する事が出来ます。沖合1キロの場所には、米原ダブルリーフダイビングのポイントがあります。リーフまでは大体泳いで15分くらいです。水深は10mになりますが海は綺麗で、運がよければマンタや海カメ、サメなども見る事が出来ます。

米原ビーチはシュノーケリングが人気

石垣島の米原ビーチはシュノーケリングで人気ですが、とにかく長く綺麗な白い砂浜が特徴的です。砂やサラサラとしていて手で積んでも滑り落ちていきます。またシュノーケリングエリアも広いです。小さな熱帯魚は勿論ですが、ギンガメアジ(幼漁)の群れを稀にリーフ内の浅瀬でみれたりします。

ビーチから150mくらいの範囲には、ハマサンゴやエダサンゴ、青色のルリスズメダイや、黄色のネッタイスズメダイが居ます。他にも、ツノダシ、ツユベラ、アオヒトデ、イソギンチャクと本当に沢山の生き物と出会う事が出来ます。

米原ビーチはサンゴ礁だらけの海岸

石垣島にある米原ビーチは、天気が良ければサンゴ礁の浅瀬ならではの綺麗な海とサンゴだらけの海岸をより実感する事が出来ます。シュノーケリングでは満潮の方が泳ぎやすくおすすめです。干潮だと岩やサンゴにぶつかってしまう可能性があります。

米原ビーチでシュノーケリングをする際に注意する事

石垣島にある人気の米原ビーチでシュノーケリングする前に、まずはネットにアクセスして満潮の時間と干潮の時間を調べてみる事をおすすめします。理由は満潮時間と干潮時間は毎日変わってしまうからです。

満潮から干潮に入れ替わる間の事を「潮止まり」と言い、言葉の通り潮の動きが止まるので、シュノーケリングのおすすめの時間帯なのです。潮止まりを過ぎると、再び潮の動きが早くなるのですが、干潮から満潮に潮の流れが変わる時は、いきなり急激な潮流に流されてしまう事もあるので気をつけましょう。

もし万が一流されてしまったら、焦らず浜辺に対して平行に泳いでみてください。流れから外される事で沖の方へ流される事から回避できます。一番危ないのは流れに逆らって浜辺まで泳ぐことです。流れに逆らってはどれだけ泳ぎが上手い人でも海の力にはかないません。

米原ビーチの潮の流れは危険なのでよく観察しよう

普段からシュノーケリングをしていたり、経験者の方は慣れているからと思ってしまいがちですが、海によって癖があり、潮の流れや波の特徴は全く変わってきます。急に海の潮の流れが変わる事もあるので、単独でのシュノーリングは危険なので厳禁です。

干潮時でもリーフのエッジ付近には強い波風が打ち付けられる事も多々あり危険なので注意しましょう。なのでたとえ干潮時でもシュノーケリングの際はライフジャケットを着用するなどをして、自分の命を守りましょう。駐車場には、潮の流れを示す標識などもありますので、参考にしてください。

米原ビーチは国立公園に指定されている

米原ビーチは、続く次の世代まで、自然を保ち保護をすると言う目的と役割を持った「国立公園」に指定されています。その自然の美しさは、人工的では決してなしえない魅力を持っているのです。エメラルドグリーンと言われる海の景観は、サンゴがあってこそです。そんな理由もあり、米原ビーチではお魚をはじめ、サンゴや貝などの採取は禁止されてます。

米原ビーチの近くにあるキャンプ場でキャンプをしよう

石垣島の米原ビーチには、隣接するキャンプ場があります。澄んだ海でのシュノーケリングは勿論、暑い太陽の日差しも、モクマオウ林の中でテントをはれば涼しい海風を感じる場所に変わります。夕方になれば海に映りこむ夕日を見ながら散歩をするのもおすすめです。

米原キャンプ場には、トイレ、シャワー等の設備はありますが、キャンプ用品の貸出はありません。ですが近隣のマリンショップなどでキャンプ用品をレンタルする事が出来るようになっております。遊びに来たついでに海で楽しむ際はぜひマリンショップの利用をおすすめします。営業時間は通常9時から17時です。

キャンプ場の設備を有効に利用しよう

米原キャンプ場には無料駐車場が30台あります。キャンプ場の使用量は大人400円、小人200円、日帰りキャンプ200円です。巡回中の管理人に使用料金を払って許可書を発行してもらいましょう。米原キャンプ場の設備は、管理棟、共同炊事場、売店、トイレ、温水、冷水シャワー10分200円です。バリアフリー設備も完備されています。

また盲導犬の受け入れや車いす対応トイレも設備されています。キャンプ場までのアクセスは石垣島空港から国道390号線へ交差点を左折、県道209号線を進み県道87号線、県道79号線と進みます。およそ22分程で到着します。

住所 沖縄県石垣市桴海466番地の2
電話番号 090-3079-3522

米原ビーチにあるマリンショップ「JellyFish(ジェリーフィッシュ)」

石垣島の米原ビーチのすぐ近くには、マリンショップ「ジェリーフィッシュ」があります。ジェリーフィッシュでは、海で楽しく過ごす事が出来るように色々なマリングッズのレンタルと、シュノーケリングツアーを開催してます。

シュノーケリングツアーでは海ガメや映画でおなじみのニモにも会えるのでアクセスしてみるのもおすすめです。シュノーケリングツアーのガイドさんは、石垣島の地元出身のガイドさんや、石垣島に長期的に住んでいるガイドさんがいます。

幅広い年齢の方に対応

シュノーケリングツアーガイドさんは、地元の海(米原ビーチ)を知り尽くしており、安全を第一に考え米原の海を楽しむ方法を教えながら楽しませてくれます。シュノーケリングは小さなお子様からご年配の方まで、幅広い人に楽しんで頂けます。

勿論、初心者の方でも丁寧に教えてくれます。ジェリーフィッシュのガイドさんの中には、女性スタッフも在籍しています。男性ツアーガイドさんより、女性ツアーガイドさんの方の方が良いと言う方にも人気です。なので、女性お一人様からでも気軽にアクセスできます。

営業時間のご案内

ジェリーフィッシュは9時から19時までの営業時間です。定休日は不定休になってます。ジェリーフィッシュでは青の洞窟に行くシーカヤックツアーなども開催しているので、カヤックに興味がある方はぜひおすすめです。

住所 沖縄県石垣市字桴海644-38
電話番号 0980-88-2386

米原ビーチのすぐそばにあるマリンショップで機材を揃えよう

思い立ってシュノーケリングをしたくなった時には、道具などもありません。そんな時にはマリンショップにアクセスしてみてはいかがでしょうか。米原ビーチのすぐ近くにあるジェリーフィッシュでは、色々な道具を取り揃えています。お値段の方もリーズナブルなので、人気のお店です。

レンタル商品一覧

シュノーケルマスク600円、フィン700円、ライフジャケット1000円、マリンシューズ500円。米原ビーチではサンゴなどで足を傷つけない為に、必ずマリンシューズが必要です。尚、マリンシューズはお子様から大人用のサイズまでそろっています。

水着・ラッシュガード500円(各種サイズを揃えてます)ウエットスーツ1500円、2人から4人用のバーベキューグリル1500円。バーベキューグリルには、セットとして木炭3キロとトング、ライターがついています。

寝袋(190×75)一泊500円。アルミテーブル(90×60)一泊500円。サンシェイド800円、パラソル500円、クーラーボックス大・小(氷付き)1000円、500円。ラッシュガード500円、バスタオル300円、ヘアドライヤー100円、浮輪500円。レンタル料金は全て一日の料金になっております。

米原ビーチで思い出を作ろう

米原ビーチでは、見たこともない様な海の中の世界を感じる事が出来ます。夏休みの思い出に、親子でアクセスしてみるのもおすすめです。また、隣接するキャンプ場にアクセスしてみて、テントを張れば宿泊費も節約できます。天然の海の生き物に触れ合う事が出来る米原ビーチで、お子様と一緒に海の中の神秘に触れてみてはどうでしょうか。

米原ビーチで箱メガネをつかってお子様と一緒に遊ぼう

干潮時には、膝下程度の浅瀬でも十分鮮やかな熱帯魚を観察する事が出来ます。お子様と一緒に水中眼鏡や箱メガネなどを使ってみると、海の中がより鮮やかに見る事が出来るのでおすすめです。箱メガネはジェリーフィッシュで500円でレンタル出来るのでぜひアクセスしてみてください。シュノーケリングが出来なくても、お子様と一緒に楽しむ事が出来ます。

米原ビーチの無料駐車所と有料駐車場のご案内

米原ビーチにアクセスすると、無料駐車場と有料駐車場の2つがありますが、無料駐車場の方は5台程度しか停める事ができませんので、ご了承くださいませ。有料駐車場の方は1日500円になっており、シャワーなどがついています。まずは無料駐車場が空いてるかどうかを見てみるのも良いでしょう。

米原ビーチに隣接するカフェ「イマジン」

ビーチに隣接する場所にはカフェ「イマジン」があります。広々とした店内はザ・アメリカンテイストでとってもオシャレです。テラス席もありワンちゃんと散歩に来たついでにアクセスしてみてもいいでしょう。店内は水着着用OKなので、人気の米原ビーチでたっぷり遊んだ後に来るのもおすすめです。

入口付近には足洗い場も設置されています。オーナーはとても気さくな方で、おしゃべりも楽しいです。人気ハンバーグのロコモコには特製デミグラスソースがかかって思わず食欲を促進させます。

こだわりのアイスコーヒーが飲める

カフェ「イマジン」のアイスコーヒーは味が薄まらないように氷まで手作りと言うこだわりぶりで、その味を長く堪能する事が出来るのです。またテラス席でまったりと飲んでみてもいいでしょう。思わず立ち寄りたくなり、また来たくなるようなお店「イマジン」なのです。

石垣島の米原ビーチにアクセスした時は、ちょっと寄ってみるのはいかがでしょうか?海の世界を堪能したあとは、アメリカンな世界を味わいながら食事を楽しんだりお茶をするのもおすすめです。

住所 沖縄県石垣市字桴海644-41
電話番号 0980-88-2377

米原ビーチは絶景フォトスポット

米原ビーチのその海の澄んだ青さは、見る人の目を引くものがあります。たまたまドライブで通りかかった時に、思わず足をとめた、写真を撮ってしまったと言う方は本当に大勢います。それほどまでに米原ビーチは美しいのです。

カップルで米原ビーチで遊んでいる写真や、親子でビーチで砂遊びしている写真など、素敵な写真を一枚撮る時には、ぜひ石垣島の米原ビーチにアクセスしてみる事をおすすめします。

米原ビーチのアクセス情報

米原ビーチへのアクセスは、新石垣空港から車で約20分です。目印は「米原公民館」とよねはらマップの看板です。または石垣バスターミナルからバスで約50分です。西周り伊原間線西周り一周線「米原」下車。

住所 沖縄県石垣市桴海
電話番号 0980-82-1535

米原ビーチで自然に触れながら遊ぼう

いかがでしょうか?今回は米原ビーチのシュノーケリングポイントや隣接するスポットなどもご紹介していきました。米原ビーチは誰もが絶賛する海の世界を体験させてくれます。その反面、海のルールを守らなければ危険な事もありますので、しっかりと守りながら、人気の米原ビーチを楽しみましょう。

関連記事

Original
この記事のライター
蒲原夕紀美

本島周辺離島の人気ランキング

本島周辺離島の新着のまとめ